FC2ブログ

驚きのスーパーリアリズム!『驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ』展感想

最近、ほぼ毎週末通っている展覧会があります(既に3回め)。
日本橋の三井記念美術館で開催中の『驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ』展です。
三井記念美術館公式サイト
img-20170928_8.jpg
江戸時代、徳川政権下で大きな発展を遂げた日本の工芸。
幕末の開国で将軍家や大名の後ろ盾を失った工人たちは、明治政府の殖産振興政策に活路を見出します。

七宝、金工、牙彫、木彫、 漆工、刺繍絵画…
武具や調度品の制作で培った技術。
外貨獲得のために作られた作品は世界で歓迎され、各国で催された博覧会でも称賛されました。

近年、日本国内でも明治工芸再評価の機運が高まり、まとまった展示を観られるようになりました。
今回の展示は2014年に同美術館で行われ、好評を博した『超絶技巧!明治工芸の粋』展の第二弾です。

自然を写し取っただけでなく、様々な技巧を凝らし、自然以上の自然を描き出した作品の数々。
とても見応えがありました。

初代宮川香山作『猫ニ花細工花瓶』。
猫の耳の中、薔薇の花芯に至るまで緻密に再現されています。
img-20170928_6.jpg
これは現代の作家(髙橋賢悟)の作品『origin as a human』。
本物の花で型取りし、アルミニウムを流し込んで作られています。
img-20170928_5.jpg
明治の作品だけでなく、現代まで脈々と受け継がれてきた日本の技術、工芸の素晴らしさを一堂に観られるのも嬉しいところ。
(展示前室の2作品のみ撮影可能)

特に素晴らしいのが、こちら!
展覧会のメインヴィジュアルにも採用された、安藤緑山の『胡瓜』。
象牙の彫刻に彩色したもの。
img-20170928_7.jpg
葉の薄さ、葉脈の一本一本、胡瓜のトゲひとつひとつも忠実に再現され、我知らず手に取り、かじってみたくなります。
青臭い香り、パリッとした歯応えまで感じ取れそうではありませんか?
是非実物に触れて、その瑞々しさを体感していただきたいと思います。

他にも10点以上の安藤作品を楽しめます。
『トマト』『パイナップル、バナナ』『玉蜀黍』『焼き栗』『松竹梅』『松茸、しめじ』『葡萄』『柿』『兜虫と南瓜』『干柿』『干鱈に鼠』など。
象牙とは思えぬ、艶やかな質感、瑞々しさ。
手に取れば、ずしりと水分を含んだ重さ、野菜や果実の香りまでが感じられそうな彫刻。

特に素晴らしかったのが『パイナップル、バナナ』。
するりと剥きかけた皮のしなやかさ、わずかに覗く果肉の柔らかさ、甘い南国の芳香。
指でつまめば、そのままするんと剥いて食べられそう。

惚れ惚れするようなスーパーリアリズム。
思わず“明治の食品サンプル”という言葉が思い浮かびました。
当時珍しかった外来の果物がモチーフであることも含め、時代を超越した印象を受ける作品です。

松ぼっくり・筍・梅の実で『松竹梅』を表すウィット。
干柿や焼き栗など身近な素材に対する深い観察。

じっと眺めると、わずかづつ萎み、腐敗が進み、甘酸っぱい香りを放って崩れ落ちていくのではないかという錯覚すら覚えます。
単に本物そっくりに形作るのではなく、対象が生きた一瞬を切り取り、永遠に留めるような作品。
時を忘れて見入ってしまいます。
素晴らしい展示でした。

殆どの作品を提供した京都の清水三年坂美術館も機会があれば是非訪れたいと思います。

○驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
会場/三井記念美術館(東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号 三井本館7階)
期間/2017年9月16日(土)~12月3日(日) ※月曜日休館
時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)
※リピーター割引有(半券持参で団体料金適用)

○関連記事はこちら↓
超絶技巧!東京芸大美術館『驚きの明治工藝』展観覧記

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

超絶技巧!東京芸大美術館『驚きの明治工藝』展観覧記

先日、三井記念美術館の特別展『驚異の超絶技巧!-明治工芸から現代アートへ-』を観て来ました。

タイトルに偽りなし!
鋭い観察眼と緻密な技術に感服する自在置物、明治の食品サンプルと呼びたくなるスーパーリアリズムな象牙彫刻、繊細な七宝や金工。
時を忘れて見入ってしまう展示でした。

詳しい感想はまた後日。
今日は、昨年上野の芸大美術館で行われた明治工芸展のレポートを。
img-20171030_1.jpg
長く続いた徳川幕府の庇護により発展した日本の工芸。
しかし、明治期に入り将軍家や大名などの後ろ盾を失うと、それまでとは違った方向に活路を見出します。

それが今回出品された作品たちに見られる写実や技巧、そして自然に対する深い観察なのです。
当時各地で開かれた万国博覧会で、これらの作品を目にした人々はさぞ驚いたことでしょう。
もちろん、現代に生きる私たちも!

ちなみに、本展覧会の作品はすべて台湾のコレクター宋培安氏のコレクション。
散逸しがちな工芸品をこうして一堂に観られるのも偉大な収集家のおかげ。
ありがたいことですね。

会場は撮影可(一部作品除く)。
まずは全長3メートルの『自在龍』がお出迎え。
img-20171030_3.jpg
img-20171030_4.jpg
『自在○○』は、生きているかのように動く作品を指します。
うろこや関節もビックリするくらい滑らかに動きます。
龍の他にも、ヘビや伊勢海老や鯉など様々な生物が展示されています。

『自在蛇』の動きは圧巻です!
こちらの動画ではニョロニョロくねる様が観られます。
※爬虫類苦手な方は注意!

【驚きの明治工藝展】「自在置物」のへびが動き出すコマ撮り動画 「じざいヘビ、にょろニョロ」【明治工芸】

宮川香山の『色絵金彩鴛鴦置物』。
夫婦円満のシンボル、おしどりのつがい。
愛らしく仲睦まじい姿。
今回、香山は5点ほど出品されています。
img-20171030_2.jpg
♪チャラッチャチャラララ~♪とBGMが流れそうな『ちょっとだけよ、狸』(勝手に命名)。
ポスターにも使われている大島如雲の『狸置物』。
とぼけた表情、お色気たっぷりの仕草が可愛いですね。
img-20171030_5.jpg
img-20171030_6.jpg
img-20171030_7.jpg
以下の2点は、個人的なお気に入り。

亮之の木彫『髑髏に蛇』。
しゃれこうべにまとわりつくヘビ。
ヘヴィメタルのCDジャケットに使われそうなヴィジュアルではありませんか?
骨の質感、ヘビの生々しさ。
恐るべき技術です。
img-20171030_8.jpg
img-20171030_9.jpg
img-20171030_10.jpg
恵順の『山姥香炉』。
痩せさらばえた老婆、浮き出たあばら骨にへばりつくような乳房で辛うじて女性であることが窺えます。
今にも恨み言が洩れそうに開かれた口元。
ここから、エクトプラズムよろしくお香の煙を吐き出すのです。
悪趣味ですね―。
しかし、妙に人間臭い不思議な魅力があります。
身近には置きたくありませんが(夜中に動き出しそう)。
img-20171030_11.jpg
img-20171030_12.jpg
工人たちの超絶技巧と、そこはかとないユーモアが楽しめる展示でした。

展覧会を満喫した後は、谷中の『カヤバ珈琲』へ。
大正初期に建てられた民家を利用したレトロなカフェです。
おやつ代わりに『たまごサンド』を。
ゆで玉子ではなく、関西風のオムレツサンドなのが嬉しい。
カフェの側にある『カヤバベーカリー』のパンも美味しくてオススメです。

○驚きの明治工藝[終了しています]
会場/東京藝術大学大学美術館 本館
会期/2016年9月7日(水)~10月30日(日)
時間/10:00~17:00

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

奇想、そして知の集積―『アルチンボルド展』感想+快適に鑑賞する方法3つ

“ジュゼッペ・アルチンボルド”の名を知ったのは、かれこれ30年以上前。
学校の図書室に置かれた画集で目にした一枚の奇妙な絵。

果実や野菜や穀物で描かれた“顔”。
グロテスクなようで、不思議に惹きつけられる、いままで見たこともない絵。
「これは一体なに?」

“顔”を構成するパーツひとつひとつに注目すれば、それは単なる農作物。
なのに集合すると、ヒゲを生やした男性の顔が浮かび上がる。

人間の目の錯覚や顔認証能力を手玉に取った技法は幼心に衝撃でした。
それが彼の代表作『ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世』だったのです。

以来ずっと気になる存在だった画家。
上野の西洋美術館で大々的な展覧会が催されると知り、心待ちにしておりました。
img-20170815_1.jpg
アルチンボルドの代名詞といえば、動植物や書物など様々な物体で合成された頭像(寄せ絵)。
いわゆる“だまし絵”で、人を驚かせ、面白がらせる…
しかし、彼の作品の魅力はそれだけではありません。

アルチンボルドの作品と彼を取り巻く人々との関わりから、印象深かった事柄を残しておきたいと思います。

* * *

まずは展覧会の目玉となる連作『四季(春・夏・秋・冬)』と、対になる『四大元素(空気・火・土・水)』から。

頬をピンクに染めた若者の肖像『春』(看板の右側の絵)。
これは80種を超える花々から成っています。
耳はシャクヤク、耳飾りはオダマキ、襟はジャスミンやマーガレットなどの花々。
面白いのは、その瞳。
横向きに描いたパンジーで黒目と白目が表現されています。

なぜ、顔でない物体の集合が顔に見えるのか?
目と脳の自動補正機能が働いているから。
それは人間の生存本能と深い関わりがあります。

生まれたての赤ん坊が母の顔を識別し、命を守ってもらうのも、この本能によるもの。
これについてはNHKで放送された『(^o^)顔面白TV』の『日本の顔認証技術は世界一?清水ミチコが開発現場に潜入』が詳しく扱っています。

アルチンボルドは顔認証の視覚と知覚のメカニズムに早くから気がついていたのです。

* * *

よく見ると当時の欧州には存在しなかったはずの動植物などが描かれています。
なぜアルチンボルドはそれらを詳細に知ることができたのでしょう?

答えは20世紀初頭までヨーロッパを支配したハプスブルク家との関わり。
ウィーンやプラハの宮廷で、フェルディナント1世、マクシミリアン2世、ルドルフ2世ら3代の神聖ローマ皇帝に仕えたアルチンボルド。

なかでもフェルディナント1世が創設した、膨大な自然物と人工物のコレクションによる知のアーカイブ『クンストカンマー(Kunstkammer)/クンスト・ウント・ヴンダーカンマー[芸術と驚異の部屋]』が、彼の創作に多大な影響を与えました。
近代以降のミュージアムの原型ともなったクンストカンマー。
また、宮廷付属の動植物園での観察が写実の源となったのです。

さて、今回の展示で最も深い印象を残したのは“IV.自然の奇跡”に出品された『エンリコ・ゴンザレス、多毛のペドロ・ゴンザレスの息子』(作者は南ドイツの画家、とだけ)と、アゴスティーノ・カラッチによる『多毛のアッリーゴ、狂ったピエトロと小さなアモン(※)』の2点。
※アッリーゴ=エンリコ

タイトル通り、『多毛の』とは遺伝性の多毛症を指します。
1547年パリ、フランス国王アンリ2世のもとにカナリア諸島出身の多毛症の男性ペドロ・ゴンザレスが連れて来られます。
アルチンボルドが生み出した作品は画家による“人工的な驚異”ですが、ゴンザレスの姿は“自然の驚異”と捉えられました。
常人とは異なる外見や内面によって“自然の奇跡”と称された彼らを所有することは宮廷に名声をもたらすものでした。

教育を受け、王の世話係を務めるようになったペドロはフランス人女性と結婚し、子どもにも恵まれます。
しかし、多毛が遺伝した子どもたちを含めた一家の肖像画はヨーロッパ各地の宮廷から求められ、やがて彼らはあちこちの宮廷への贈り物とされるのです。

一連の展示を前に感じた言い様のない感情。
人間に対する傲慢と、自然に対する無邪気な驚き。
現代の倫理観に照らし合わせると到底容認できる感覚ではありません。

彼らはクンストカンマーに集められた珍しい動植物と同じなのか?
では、彼らと蒐集品の違いは何か?

このようなことが当然のように行われていた時代があったこと。
長い時間をかけて、差別や偏見の垣根が取り払われつつあること。

一方、ハプスブルク家の強大な権力と、潤沢な財力によって整えられたクンストカンマーという“知の集積”が、後世の自然科学等の学問の発展に与えた恩恵は計り知れません。

物事の表と裏、明と暗、善と悪。
様々な思いが浮かんでは消え、しばし絵の前で佇んでしまいました。

* * *

“V.寄せ絵”に出品されたバルトロメオ(バルトロ)・ボッシの『女性の頭部』『男性の頭部』。
裸の人間を寄せ集めてひとつの大きな顔を形作る。
歌川国芳の『みかけハこハゐがとんだいゝ人だ』や『としよりのよふな若い人だ』が浮かびます。
洋の東西を問わず、このモチーフに魅力を感じる画家は少なくないようです。

人体で最も多くの情報量を抱える“顔”。
画家たちは解きほぐしては組み立て直す作業を繰り返しています。
“顔”に対する飽くなき探究心。

“顔”はどこまで分解しても“顔”と認識されるのか?
∵ このような記号にすら“顔”を感じてしまう人間の目と脳。
一番興味深いのは人間の頭の中なのかもしれません。

* * *

夏休み中ということもあり、かなりの混雑だった本展示。
少しでも快適にスムーズに鑑賞いただけるよう、気づいたことをまとめました。

【アルチンボルド展を快適に鑑賞する方法3つ】
(1)チケット売り場は大変混雑します。公式サイトやプレイガイドで事前に購入されることをお勧めします。
(2)作品保護のため、会場内はかなり冷えています。上着をご持参ください。
(3)併設のレストラン『CAFÉ すいれん』は11:00から食事メニューが提供されます。時間帯によってはかなり並びますのでお早めにどうぞ。

アルチンボルド展
会期/2017年6月20日(火)~9月24日(日)
時間/9:30~17:30(金・土曜日は21:00まで)
休館日/月曜日、他
会場/国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

歌劇の魅力満載!KITTEの宝塚スカイ・ステージ15周年イベントに行って来ました

開局15周年を迎えるタカラヅカ・スカイ・ステージとKITTEのコラボイベント『15th Anniversary フェスタ in KITTE』に行って来ました。

衣装や映像展示、レストランやカフェとのコラボメニュー、スタンプラリーなどのイベントも盛り沢山。
最終日(18日)には、れいちゃん(柚香光)を迎えての番組公開収録も行われるそう。

1Fアトリウムの舞台衣装展示の様子。
ステージに近い方から順に、雪、月、花、宙×2、星。
img-20170815_3.jpg
雪組『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』より、ゆうみちゃん(咲妃みゆ)と、ちぎさん(早霧せいな)の衣装。
img-20170815_9.jpg
月組『Apasionado!!』より、ちゃぴちゃん(愛希れいか)と、珠様(珠城りょう)の衣装。
img-20170815_4.jpg
花組『仮面のロマネスク』より、かのちゃん(花乃まりあ)と、みりおさん(明日海りお)の衣装。
img-20170815_6.jpg
宙組『エリザベート-愛と死の輪舞-』より、みりおんちゃん(実咲凜音)と、まぁ様(朝夏まなと)の衣装。
img-20170815_10.jpg
同じく宙組『王家に捧ぐ歌』より、みりおんちゃんと、まぁ様の衣装。
img-20170815_11.jpg
星組『ロマンス!!(Romance)』より、ふうちゃん(妃海風)と、みちこさん(北翔海莉)の衣装。
img-20170815_12.jpg
衣装のチョイスに偏りがあるようですが、今後スカイ・ステージで放送予定の作品より選ばれたそうです。

また、ステージ脇ではトップスターさんの等身大パネルとツーショット撮影することができます。
パネルは日替わりで、こちらのアトリウムと4Fの旧東京中央郵便局長室にも展示されています。
1Fアトリウム→17日(木)朝夏まなと、18日(金)明日海りお
4F旧局長室→17日(木)珠城りょう、18日(金)望海風斗
4Fのカフェ『マルノウチリーディングスタイル』では期間中ずっと、みりおさんと彩世さん(仙名彩世)のパネルが置いてあるそうです。

旧局長室は『絵葉書で見る懐かしの宝塚少女歌劇』。
歌劇の歴史を追うのが楽しく、一枚一枚見入ってしまいました。
この展示はオススメ!
img-20170815_7.jpg
期間限定で『マルノウチリーディングスタイル』が『タカラヅカ・スカイ・ステージカフェ』に。
ひと休みしていこうかと思ったら満席でした…残念!
img-20170815_8.jpg
様々な側面から宝塚の魅力を取り上げた本展示。
とても見応えがあり、大満足!(教えてくださったG様、ありがとうございます!)
このイベントで歌劇に興味を持ってくださる方が更に増えたらいいなぁと思いました。

TAKARAZUKA SKY STAGE 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」
期間/2017年8月11日(金)~18日(金)
会場/JPタワー商業施設「KITTE」(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

ファン必見!ふたりが集めた“ステキ”にうっとり│黒柳徹子×田川啓二SUTEKI!展

友人のお誘いで日本橋高島屋の『黒柳徹子×田川啓二SUTEKI!展 ふたりが集めたステキがいっぱい』に行って来ました!

トーク番組『徹子の部屋』でおなじみの女優・黒柳徹子さんと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さん。
『徹子の部屋』で出会ったふたりが集めた数々の衣装、工芸品、アンティークなどのコレクションが一堂に会した展示。

ビーズ刺繍を施したドレスや着物、ゴッホやモネの絵画の模写、花の姿をガラスに閉じ込めたペーパーウェイト、シノワズリの陶磁器、清時代の宮廷衣装…

徹子さんもビーズアートも大好きな私には夢のような催しです。
どれも両人の美意識にかなった素晴らしい品々ばかり。

きらめく星屑のようなビーズ、艷やかで繊細な刺繍…
人の手が生み出す美に酔いしれました。

最も心奪われたのは、枝垂れ桜の刺繍を散らした総疋田絞りの訪問着に、八重桜の刺繍を施した帯。
怖いくらいに揃った絞りの目、ひとつひとつの花の表情豊かなこと。
息を詰めて作業する職人の姿が目に浮かぶようです。

田川さんの叔母様のお嫁入り道具のひとつだそう。
中には戦争で四散した品もあったそうですが、芸術品のようなこのお着物が失われず、本当に良かったです。

保存状態もたいへん良く、素晴らしい品々を堪能させていただき、目の保養になりました。
展覧会オリジナルグッズやビーズ刺繍商品の販売もあります。

日比谷からも近いので観劇の前後にいかがでしょうか?
9月には高島屋京都店でも開催されます。

ついでに立ち寄ったGINZA SIX。
お目当ては『草間彌生』と『千年こうじや』。
img-20170812_2.jpg
img-20170812_1.jpg
それでは、これから『邪馬台国の風/Santé!!』を観に行って来ます!

○黒柳徹子×田川啓二SUTEKI!展 ふたりが集めたステキがいっぱい
会場/日本橋高島屋 8階ホール
会期/8月3日(木)~8月16日(水)
時間/10:30~19:30(入場は19:00まで)
※最終日は18:00(入場は17:30まで)
※高島屋カード提示で入場料が半額(800円→400円)になりました。

会場/京都高島屋 7階グランドホール
会期/9月13日(水)~9月25日(月)
時間/10:00~20:00(入場は19:30まで)
※最終日は17:00(入場は16:30まで)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**