FC2ブログ

はいからさん完走を願う―宝塚を愛するすべての人の祈りよ、届け

『はいからさんが通る』東京公演初日が10月10日に決まりました。
昔の体育の日ですね。
56年前の第一回東京オリンピック開会式の日。

本来なら明日7月24日、第二回となる東京オリンピックの幕が上がっていたはずでした。
2020年がこんな状況になるなんて、一体誰が予想していたでしょう?

たとえ自分が劇場に足を運べなくても


先週金曜日、長い中断を経て、ようやく本拠地で初日を迎えた花組『はいからさんが通る』。
宝塚筆頭組の花組が先陣を切り、歌劇復活の狼煙を上げたことに意味があります。

新トップコンビお披露目、そして公演再開。
翌日のボヤ騒ぎには肝が冷えましたが、とにもかくにも、この世界のどこかで宝塚が上演されている。
それを観て楽しんでいるファンがいる。
そう思えるだけで幸せです。
たとえ自分が劇場に足を運べなくても、心が温かいもので満たされるのです。

柚香光×華優希、二人三脚は始まったばかり│はいからさんが通る
舞台の醍醐味はコール&レスポンスにあり―宝塚が劇場に帰ってきた!

去った時間の重み


やるべきはずだった公演が中止になる。
舞台芸術にとって計り知れない打撃です。

のたうち回るように中止と再開を繰り返した3月。
宝塚はこれからどうなってしまうんだろうと不安に駆られました。

生徒さんにとっては尚更だったでしょう。
いつまた中止になるか、先が見通せない。
それでも一回一回の公演に全力を尽くす。

心身にかかる負担は想像に難くありません。
長期の休止が決まったときは正直ホッとしたものです。

生徒さんの苦しみ、ファンの悲しみ。
あんな思いは二度と味わわせたくないし、味わいたくありません。

宝塚のない4ヶ月は長かったような、過ぎてしまえば、さほどでもないような。
私は東宝組ですので、まだ劇場に足を踏み入れていません。
まもなく再開の東京宝塚劇場の客席で、去った時間の重みを実感するのでしょう。

宝塚を愛するすべての人の願いと祈り


公演中止の間も寂しさを感じずに済んだのは、絶え間なく届けられた劇団や生徒さんからのメッセージのおかげです。
4ヶ月の間に劇団が示してくださった数々の温情は決して忘れません。
前向きな励ましの言葉、新しいグッズの販売、そしてほぼ全生徒による大合唱。

FOREVER TAKARAZUKA
FOREVER
永遠の願い 永遠の祈り

“宝塚よ、永遠に”
宝塚を愛するすべての人の願いと祈りは、これに尽きますね。

『はいからさんが通る』フィナーレのデュエットダンスはウエディングバージョンだとか。
さすが!小柳奈穂子先生はファン心を分かってらっしゃる!
これ以上ない温かな演出は、これから共に歩むれい華コンビへの何よりの餞ですね。

苦難を乗り越え、たくましく生きる人々を描いた『はいからさんが通る』。
今の状況にぴったりの演目です。

“はいからさん完走”は、すべてのファンの願いであり、後に続く組の希望です。
どうか立ち止まらずゴールにたどり着けますように。
どうか千穐楽まで誰ひとり欠けることなく、全日程を全うできますように。
東京宝塚劇場で待ってます!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**