FC2ブログ

宝塚歌劇に“まだ”再開してほしくない理由―新型コロナウイルスによる公演中止について思うこと

一昨日、虫の知らせか珍しく昼休みに公式サイトを覗いたら、再度の公演中止発表が。
やはり…
覚悟はしていたものの、やるせない気持ちに襲われます。

宝塚歌劇団│宝塚歌劇の公演中止について

宝塚歌劇、3月31日まで全公演中止決定


本日、3月27日より宝塚大劇場・東京宝塚劇場ともに公演再開の予定でしたが、31日までの全公演が中止となりました。
再開に向け尽力された劇団の方々、生徒さん。
祈るような気持ちで待っていたファン。
宝塚を愛するすべての人にとって残念な発表です。

花組の本拠地お披露目。
星組の東京お披露目。
宙組の新作2作品。

私もいくつかの観劇機会を失いました。
お約束していた方々と連絡を取り合ったり、スケジュールを組み直したり。

手帳に×をつけるたびに、心が刻まれるようです。
前回の中止に続き、ひとつ、またひとつ…
これからいくつの×で埋まっていくのか、空恐ろしい気持ちになります。

なぜ宝塚は中止と再開を繰り返すのか


一昨日、東京都に「週末の不要不急の外出自粛要請」が出ました。
そして昨日、首都圏の各県へ向けて往来自粛の要請が。

「自粛」「要請」「不要不急」。
判断を個人に委ねる曖昧な言葉による規制が、どこまで功を奏すのか。

より強い実効性を持たせるのであれば「強制」するのが自明の理。
「強制」には「補償」と「支援」がセット。
なんの補償も約束されない“自粛要請”に対し、エンターテイメント業界が興行を敢行するのは、そうせざるを得ない理由があるからです。

しかし、細切れに中止と再開を繰り返す宝塚には、もうひとつ大きな理由があります。
政府や自治体の“要請”の間隙を縫うように行われた星組千穐楽と雪組大千穐楽。

「強行」と非難を浴びながらも、なぜふたつの千穐楽の幕が上がったのか。
宝塚ファンなら分かるはずです。
千穐楽、特に退団者がある場合の「その日」が本人や関係者、そしてファンにとって、どんな意味を持つか。

とはいえ、ウイルスは「初日だから」「千穐楽だから」といって鳴りを潜めてくれるわけではありません。
劇場にいるすべての人々に「もしものことがあったら」の不安は消えません。

26日、東京都で新たな感染者が47人となりました。
前日の41人を上回る最多更新です。
心情としては「一日も早い再開を」と願っていますが、現実はその局面を通り過ぎました。

今はただ、感染拡大が最小限に抑えられるよう行動し、そして、祈るばかりです。

厳戒態勢の観劇―劇場で何があったか、何を感じたか


のたうち回るように中止と再開を繰り返していた3月上旬、雪組の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』を観劇する機会がありました。

2日間だけ再開されたうちの最後の一回。
3月11日の13:30公演。
既に翌日以降の再休演が発表されている状況でした。

劇場前にテレビクルー。
改札にサーモグラフィーと消毒液。
すみれの花園に似つかわしくない厳戒態勢の中、幕が上がりました。

しんと静まり返った劇場。
舞台の上で起こるすべてを目に焼き付けようと息をこらす観客が生み出す緊迫した空気の中、全身全霊の限りを尽くす雪組子たち。
いつも以上に物語がぐんぐん身体に染み込む感覚がありました。

しかし、ふとした瞬間に頭をかすめるのがウイルスのこと。
劇団は現状出来得る限りの対策をとって幕を上げましたが、目に見えぬ災厄に対する不安はどうしたって拭えません。

2,000人を超える観客の中に無症状の保菌者がいない保証はない。
自分もそのひとりかもしれない。

宝塚歌劇に“まだ”再開してほしくない理由


不安や罪悪感を抱えながら観る舞台は楽しくないのです。
楽しくない、というと語弊がありますね。
余計な感情に邪魔され、集中力に欠けた状態で観ても、作品の良さを味わい尽くせないのです。

何かに気を取られ、ハラハラしながら観るのはもったいないし、真摯に舞台を作る人たちに申し訳が立ちません。
舞台は心身共に健康な状態で観てこそ楽しめるのだと、つくづく身にしみました。

なにより、生徒さんにもしものことがあったらと思うと、とても今の状況での再開は望めません。

舞台人は舞台に立ってこそ。
贔屓が舞台で輝く姿を観たいです。
しかし、やるからには何の心配もない晴れやかな気持ちで舞台に立ってほしい。

だから、まだ幕を上げてほしくない。

事態はいつ終息するのか。
私たちは以前の生活を取り戻せるのか。
それは誰にも分かりません。

しかし、再び劇場の扉が開くとき、心からの拍手を送る準備はできています。

『はいからさんが通る』『眩耀の谷/Ray』『FLYING SAPA』『壮麗帝』が一日も早く上演されますように。
皆さまもどうぞ、ご自分の身を守ることを第一にお過ごしください。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**