FC2ブログ

宝塚歌劇公演中止―いまの気持ちと、これからのこと│眩耀の谷

ご無沙汰しております。
2月は観劇ラッシュに繁忙期が重なり、更新がおろそかになってしまいました。

ようやく仕事も落ち着き、ゆっくり公演の感想を…と思った矢先、宝塚歌劇公演中止の発表がありました。

宝塚歌劇公演中止


数日前から各地の興行中止のニュースを見聞きし、宝塚も時間の問題と覚悟していました。
四季に続き、東宝、松竹…
宝塚は?
まさかこのまま続けるの?

どんなときも決して劇場の扉を閉ざすことのなかった宝塚。
しかし、今度ばかりは事情が違います。
目に見えない災厄に、どう対処していくのか?

昨夜ようやく公式サイトに公演中止のお知らせが上がったとき、「やはり」の思いと共に、どこかホッとした気持ちもありました。
もちろん、心待ちにしていた観劇の機会を失ったことは寂しく、悲しく、無念です。
胸にぽっかり穴が空いたようです。

命がけで舞台を作り上げる生徒さん、スタッフや劇場の方々にとっても不本意な決定でしょう。
今回の決断は宝塚歌劇団のみならず、エンターテインメント業界にとって苦渋の選択です。

続けるのか?続けないのか?
他の劇場が相次いで休演を決めるなか、「なぜ宝塚は閉鎖しないんだ」との厳しい声もあったでしょう。

私は“宝塚なら、もしかして”の一縷の望みを胸に抱いていました。
ならばせめて客席降りは中止してほしい。

観たい気持ちと、大切な方を危険にさらしたくない気持ちがぐるぐる…
そして、自分の身の安全も。

未曾有の事態に、どう対処するか?
劇団には観客と生徒と社会に対する責任があります。
“宝塚が提供する、あらゆること”に対するBestを探り、ギリギリまで協議を重ねてくださったであろう劇団、公演を続けてくださった現場の方々には感謝しかありません。

いまの気持ち


久しぶりの記事がこんな内容になるとは予想だにしていませんでした。
しかし、良しにつけ悪しにつけ「記録」は大切です。
2020年に何があったのか、自分のために残しておきたいと思います。

公演中止は以下の5作(発表順)。

○月組御園座公演/赤と黒/2月29日(土)~3月4日(水)
○轟悠ディナーショー(パレスホテル東京)/2月28日(金)
○星組宝塚大劇場公演/眩耀の谷 ~舞い降りた新星~/Ray -星の光線-/2月29日(土)~3月8日(日)
○雪組東京宝塚劇場公演/ONCE UPON A TIME IN AMERICA/2月29日(土)~3月8日(日)
○月組東京建物Brilliaホール公演/出島小宇宙戦争/2月29日(土)~3月1日(日)


ノンストップの宝塚に「延期」はありません。
基本的にすべて「中止」です。

卒業する方、卒業を発表された方、組子として最後の大劇場公演となった方、最初で最後の新人公演主演の方…
さまざまな事情を抱える生徒さんがいます。
もちろん観客も、ただ一度の機会、たった一枚のチケットだった方も大勢いらっしゃるでしょう。

私自身も3月7日と8日に星組の観劇予定がありました。
先週末、観劇とお茶会で幸せいっぱいだったのが遠い昔に思えます。
「また来週」と宝塚を後にしたのに、まさか、あの日が大劇場MY楽になるとは。

幸い東京でも観劇の機会はありますが、舞台はなまもの。
二度と同じものはありません。

観れば観るほど感動が深まる『眩耀の谷』。
大勢の生徒さんに見せ場がある『Ray』。
お蔵入りとなった9日間の公演。
一体どんな世界が広がっていたのか。

たったいまの正直な気持ちは…

観たかったーーー!!!

生徒さんへのお手紙やTwitterなんかでは「致し方なし」なんて聞き分けいい子ぶってますが、本音は「やだやだやだー!観たいよー!行きたいよー!生徒さんに会いたいよー!」です。
(皆さまも同じ気持ちですよね?)

とはいえ、心のどこかで今の事態を察していたような気もします。
2月24日の舞台が凄かったんです。
生徒さんたちの並々ならぬ気迫。
もちろん、彼女らはいつだって全身全霊ですが、それだけでは収まらない“何か”を感じたんですね。
「熱」というか、「圧」というか。

印象的だったのは、ある生徒さんの目。
言葉にならない想いが溢れるような…
薄氷を踏むような日々、ただならぬ緊張感のなか、立派に舞台を務め、いつもと変わらぬ愛をくださったこと。
決して忘れません。

これからのこと


再開後すぐに『ONCE UPON』の観劇予定がありますが、そのとき状況はどうなっているのか。
先が見えない状態は不安ばかりが募り、嫌なものです。
娯楽に限らず、私たちの暮らし全般にかかわることですが…

劇場に行けばいつでも宝塚はそこにある。
そんな日常は決して当たり前ではないと、改めて身にしみました。

やり場のない気持ちはまだ消えませんが、劇場再開の日まで引き続き体調管理に努め、次の観劇日を笑顔で迎えようと気持ちを切り替えました。

皆さま、元気出していきましょう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷/Ray』関連記事はこちら↓
礼真琴×カンフー(中国武術)!そんなの「最高」に決まってる!│眩耀の谷
礼!麗!令!…霊!?さまざまな“Ray”に期待が高まる『Ray -星の光線-』
無邪気な笑顔でプロテイン補給する礼真琴???―眩耀の谷 稽古場キャストボイス
ネタバレ全開!?妄想に拍車がかかる『眩耀の谷』人物相関図
星組名物!?客席降り連続記録更新!『Ray -星の光線-』稽古場キャストボイスにわくわく!
丹礼真(礼真琴)は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?―漢字でひもとく眩耀の世界│眩耀の谷
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目、は星尽くし☆彡│眩耀の谷
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**