FC2ブログ

美園さくら、満開になる!+キャスト個別感想(光月/鳳月/風間/夏月/輝月/暁)│I AM FROM AUSTRIA

一日遅れのクリスマスプレゼントは月組の『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』。
これにて2019年の観劇納め。
月組(ON THE TOWN)で始まり、月組(IAFA)で終わった一年。
今年も沢山の素晴らしい作品に出会えて幸せでした。

一年の締めくくりにふさわしいハッピーストーリー。
登場人物の誰もが愛しくなる『IAFA』のざっくり感想を。

美園さくら、満開になる!


いやー!もう!
今までどこに隠れていたの!?ってくらい美園さくら全開でした!
あなたは「エマ・カーター」という役を待っていたのね、と腑に落ちました。
それほどエマとさくらちゃんがぴったりフィット。

周囲と一線を画す、歯切れよくウィットに富んだ台詞回し。
“女優”を感じさせるゴージャスな仕草。
なにより、歌!

一曲目の歌い出し。
え?何?何?誰が歌ってるの?
さくらちゃん!?

こんな声が出せるの?
こんなふうに歌えるの?

いわゆる“娘役歌唱”とは完全に別物。
『IAFA』のナンバーをモノにし、エマと同化するまで、どれほどお稽古を積まれたか…
思わずそんなことに思いが至ってしまうほど、今までと格段に違う、新しいさくらちゃんでした。

まさに「飛躍」という言葉がぴったり。
いいお役に出会え、役者冥利ですね。

愛すべきエードラーの住人たち


○エルフィー・シュラット(光月るう)
るみこさん(光月)最高ですね!大好き!
「だって、ミュージカルだもの!」の象徴のようなキャラクター。

彼女は何者ですか?
みんなを幸せにする妖精?魔法使い?

気になって調べてみたら、ドイツ語の女性名「Elfi」には「妖精、不思議な力」の意味があるらしく…
えーっ!?もしかして本当に…?
まあ、あれこれ追求するのも野暮ですね。
だって、ミュージカルなのですから!

事あるごとに繰り出されるオーストリアン・ギャグ。
個人的にはヨハン・シュトラウス父子のくだりでありえないくらい笑っちゃいました。

彼女のようにチャーミングに年齢を重ねていきたいものです。

○ヴォルフガング・エードラー(鳳月杏)
高田純次風味なパパ。
ちなつさん(鳳月)は舞台にいるとき、「あ、ちなつさんだ」と思わないんですよね。
「○○さんが演じてる役」ではなく、その人物が居る。
イメージの固定しない役者、好きです。

○フェリックス・モーザー(風間柚乃)
可愛い人たらし。
あのほっとけない感が演技だとしたら恐ろしい。

“そこに居る”人々


○ヘルタ・ヴァルトフォーゲル(夏月都)
なつこさん(夏月)が現れた瞬間、「おぉっ!」とのけぞりました。
なんなんですか、あの実存感。
いるいる、こういう人!
エマの名前を聞いて、キオスク(なのかな?)から出てきたときのただならぬ空気。
「この女性はエマにとって深い関わりのある人物に違いない」と瞬時に悟らせる力。

山小屋からの電話を受け、ささやくようにつぶやく「アデーレ…」の限りない温かさ。
あれは“母親”の声です。
(無性に自分の母の顔が見たくなりました)

母子の間に何があったか、そして何が起きようとしているのか。
おぼろげながらすべてを観客に納得させ得る芝居。

『IAFA』のMVPは、なつこさんに決定!

○ライナー・ベルガー(輝月ゆうま)
この人はどうして何を演ってもカッコいいんでしょうね~~
ピンクの長髪とか…反則。
(「ちょうはつ」と入力したら「挑発」と出たけど、あながち間違いではない)

どんなにゲスな男を演じても、にじみ出る知性と艶。
なぜゴシップ記者になったのか、彼の半生が気になります。
だって絶対只者じゃない!
人生に倦んだような態度の源はどこにあるのか…
『IAFA サイドストーリー・ライナー編』希望。

○パブロ・ガルシア(暁千星)
繊細でとてもいいお役でしたね。
「エマ、好きな人がいるんでしょ?」
「僕は君の味方だよ」

傷ついたエマの心に優しく沁み入る言葉。
他者に対する誠実。
ありちゃん(暁)の澄んだお芝居がピタリとハマったパブロ。

フェリックスへ向ける視線も情熱的でありながら、こまやかに優しく、パブロの愛の形を物語ります。
ラストはふたり並んで生きる未来が思い浮かぶような素敵なシーンでした。

怒涛の発表あれこれ


昨日から怒涛の発表ラッシュ。
ちょっと早い劇団からのお年玉でしょうか!?

なかでも注目は『ピガール狂騒曲』のヴィジュアル解禁。
深呼吸してから見てね、な画像

珠城りょうが新しい扉を開いた!

男と女のあわい、ギリッギリの妖艶を突いてきましたねぇ…
本当にあのジョージお坊ちゃまと同一人物ですか??

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『I AM FROM AUSTRIA』関連記事はこちら↓
五つ星獲得なるか!?話題作『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』に月組が挑む!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**