FC2ブログ

2020年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」―ファンが守るべき“すみれコード”

新年おめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
旧年中は多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。

今年の抱負は「朗らかに、熱く激しく面白く」。

元ネタはもちろん宝塚歌劇のスローガン「朗らかに、清く正しく美しく」。
特に、リズミカルな三四五調の「清く正しく美しく」は宝塚を観たことがない方でも一度は耳にしたことがあるはず。

いかにも乙女の花園にふさわしい、潔癖な清々しさを感じる言葉です。
黒紋付に緑の袴の正装でキリリと立つタカラジェンヌの姿が思い浮かびますね。

ファンが守るべき「すみれコード」


宝塚歌劇団創設から100年余。
時代は変われど「清く正しく美しく」の理念は決して形骸化してはいません。
構成員すべてが女性という特異な芸能集団を守る最後の砦であり、指標となるべきもの。
そこが崩れてはいけません。

もちろん、これは劇団側だけに求めるものではありません。
ファンも「清く正しく美しく」を守らなくてはなりません。

自分は「すみれコード」を踏み越えていないか?
考えてみることが必要です。

一例としては、
・公式発表以外の生徒さんの個人情報の暴露
・生徒さんのプライベートの詮索
・生徒さんの肖像権、劇団発行物等の著作権の侵害

他にも、
劇場で観劇マナーを守ること。
ファン活動の決まり事を守ること。
「夢の世界」を壊さないためには、ファンの協力が必要不可欠です。

いつも心にすみれコードを!


宝塚が宝塚らしくあり続けるのに必要なのはファンの姿勢なのです。
相手にだけ自律を求めるのは片手落ちです。

いつも心にすみれコードを!
清く正しく美しくあれ!

しかし、「清く正しく美しく」を「べきである」と位置づけては、互いに息苦しいことになります。
言葉の意味を必要以上に限定的に捉え、逸脱を許さない頑なさの象徴にしてしまっては、誰のための、何のためのスローガンか分からなくなります。

小林一三先生のお言葉のエッセンスを汲み取るには、むしろ英訳の方が優れているかもしれません。
“Modesty, Fairness and Grace”

いかなるときも、謙虚に偏りなく、品のある態度を保つ。
自省を感じられる素敵な言葉ではありませんか?

朗らかに―晴れ晴れと明るい気持ちで


本来の「清く正しく美しく」は頭に「朗らかに」がつきます。
いつの間にか「朗らかに」が外れてしまいましたが、当初はこの文面だったそう。
しかし、この「朗らかに」こそ宝塚を愛する者にとって最も大切な精神が込められているように思います。

「朗らか」とは、心にこだわりがなく、晴れ晴れと明るいさま。

「朗らかに」と「Modesty, Fairness」に共通するもの。
それは他者への「赦し」。
おおらかな「お互いさま」の精神。

相手を尊重し、自分の考えを押しつけず。
これからも朗らかに心豊かに、人として宝塚ファンとして、あり続けたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**