FC2ブログ

観劇マナーは誰のため?―劇場にいるすべての人(役者も観客も)が気持ちよく過ごせるように

以前、宝塚歌劇団の著作権と肖像権について書いた記事。
「好きだから」は理由にならない―“善意”による無邪気な侵害│宝塚歌劇団の「著作権」と「肖像権」

予想外に多くの反響と、さまざまなご立場からのご意見を賜りました。
宝塚のみならず、一般のミュージカル俳優やアーティストのファンの方から反応をいただけたことにも感謝しております。

記事中にも書きましたが、「権利に対する感覚は個人差が大きく、疑問を持ち、自ら探した(検索した)人にしか届かない」のは問題です。

皆さまのおかげで、「見えにくい情報を多少なりとも見えるようにしたい」という当初の目的は十分に果たされました。
公式からの「お願い」と、どのように向き合っていくかは個人の裁量。

ご意見をくださったり、いいねやリツイートしてくださった皆さま、誠にありがとうございました。

宝塚歌劇団からのお願い―観劇マナーについて


情報を広めついでに、もうひとつ。
宝塚歌劇団の公式サイトに、観劇マナーについてのページがあるのをご存じでしょうか?
とても分かりやすい良質なページなのに、これまたひっそりなのですよね…

宝塚に限らず、歌舞伎でもバレエでも一般の演劇でも通用する、ごく基本的な観劇マナーが紹介されています。
公式サイト│マナーをまもって、楽しいひと時を。お客様へのおねがい

「前のめりにならない」「前の座席を蹴らない」「携帯電話やスマートフォンの電源は切る」「上演中の会話や飲食は控える」などなど…

「大荷物はロッカーへ」「チケットは忘れない」はさすがに過保護では?と思いますが、啓発せざるを得ないのはそれだけトラブルが多いのでしょう。

開演前や幕間に、劇場ロビーのモニターで観劇マナー映像を流すのはいかがでしょう?
(飛行機の機内安全ビデオみたいに)
生徒さんがレクチャーしてくださったら真剣に観ちゃいますよね!

歌舞伎をモチーフにしたANAの「機内安全ビデオ」が良くできているので、こんな感じで。
歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人│【動画掲載】歌舞伎がANAの機内安全ビデオに登場
星組『霧深きエルベのほとり』大劇場公演の行き帰りに何度この映像を観たことか…
細部まで凝った作りで、観ていて飽きない!

ちなみに歌舞伎公式サイトは、携帯電話、私語、撮影・録音についての簡単な注意のみ。
歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人│観劇マナーについて

誰のためのマナーか?


そも、「マナー」とは何でしょう?
一般に「行儀や作法」を指しますが、決して堅苦しいものでも、強制されるものではなく、ましてや少々枠から外れたくらいで責められるものではありません。

マナーとは「互いに気持ちよく過ごすための気遣い、思いやり」です。

狭い空間で見知らぬ大勢が数時間じっと息を潜める劇場空間。
ほんの少しの心配りで、お互いが過ごしやすくなります。
ノーストレスで舞台に集中できれば、作品の理解も深まり、一段と有意義な時間になるでしょう。

観劇マナーは個人の裁量によるものが多いですが、携帯電話・スマートフォンの扱いは話が別。

携帯電話・スマートフォンの電源は必ずOFFに!

静まり返った場内に響く着信音やバイブ音。
どなたにも経験がおありかと思います。

周囲の観客の迷惑になるばかりでなく、舞台を作る側の人々にも失礼です。

無遠慮な騒音によって集中が途切れるのは観客も役者も同じ。
携帯電話やスマホを鳴らすのは、夢(虚構)の世界に現実を持ち込む行為に他ならない。

「音」も迷惑ですが、厄介なのは「光」。

携帯電話やスマホで時間を確認される方。
暗闇に走る閃光。
集まる視線。
あなた、トップスターばりに目立ってらっしゃいますよ。

バッグの中でご覧になる方もいらっしゃいますが、左右の方に迷惑ですので、おやめになったほうがいいですね。
(光が漏れてます)

そもそも、誰か(劇場ならば役者)と向き合うときに時間を気にするのは「早く終わらないか」「私は退屈している」のアピールとなりますので、これまた失礼な話です。

観劇マナーを守るのは客席にいる観客同士のためだけでなく、舞台の上の役者も含めた劇場全体が気持ちよく過ごすための気遣いと思いやりなのです。

“マナーをまもって、楽しいひと時を。”

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!

タカラジェンヌがマナー指南する動画、いいですね!
映画館の開始前の動画みたいに、NGパターンも演じてもらって、観劇マナーポリスに連行されるところも見たいです!笑
ポリス役は華形 ひかるさん(「カルーセル輪舞曲」の警官役が印象に残っているので)で是非!

気になるマナーといえば、遅れて入場してくるひともかなーり嫌ですね。
いいシーンなのに視界を遮られたりしたら、本当にゲンナリします。。。
途中入場者は休憩まで最後尾で立ち見!くらいにしてほしいです。
そうなれば、私たち観客側も「絶対遅れてなるものか!」って早め早めを意識するようになると思いますし。

Re: No title

黒猫さん、こんばんは!


NGパターンでマナーポリスに連行!いいですね!
みんな華形さんに叱られたくてわざとマナー違反しちゃうかも? 笑

途中入場も困りものですよね…
どうしても暗い中での移動となりますのでスムーズにはいきませんし。

お仕事の都合や交通機関の遅れなど個々の事情はあるかと思いますが、劇場側も対応を考えて欲しいですよね。
途中入場者の待機場所を用意するとか?
※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**