FC2ブログ

“ノブレス・オブリージュ”マインラート夫人(白妙なつ)と、お歴々(大輝/漣/ひろ香/極美/星蘭)│霧深きエルベのほとり

今週火曜日からカールがカールしてますね(髪の毛)。

土曜日の観劇ではストレートでしたから、休演日(月曜)に美容室へいらしたのかな?
ストレートの濡れ髪も素敵でしたが、パーマヘアもワイルドさが増して「すてきぃ~」(マルギット似の女風)。
特にショーでは動きがあっていいですね。

『ANOTHER WORLD』のときはチョンマゲで隠れるのをいいことに(?)、めちゃくちゃ自由な髪色にされていた星男さんたち。
見た目からファンを楽しませようというお気持ちが嬉しいですね。

カールを阻む見えない壁―階級の差


前回の記事で「上流階級の人々の装いを通して、目に見えぬ「階級」という壁に阻まれたカールとマルギットの悲劇が浮かび上がる」と書きました。
ファッションからひもとく『エルベ』の世界(1)―おしゃれ番長・ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり

恋人たちを取り巻く有象無象が、彼らを無残に引き裂いた。
なかでも厳然としてあるのが「階級の差」。

今回は「有象」を形作る「上流階級の人々」に焦点を当てます。

実のところ、お歴々メンバーが大好きな私。
愛を込めて「お歴々ーズ(オレキレキーズ)」と呼んでいます。
(字面がオレキザキに似てる)

なにしろ皆さま、キャラクターが濃い!!!
お歴々の存在感が強ければ強いほど、シュラック家サロンでの寸劇の効果が高まるのです。

ノブレス・オブリージュの権化、マインラート夫人(白妙なつ)


なんと言っても、なつさんのおっかないオバサマっぷりが最高!
まずはカールに対する一撃。
「そちらの方は…面白そうなお方ですこと」
嫌味ですね~~

「おかしな人間がうろつき回る」
「何処の馬の骨」
いっそ清々しいほど高飛車な物言いです。

しかし、単なるスノビズムではありません。
「時代がどうあれ、私どもは私どもの良識に従いましょう」
「私どものような立場の者は、社会のお手本として振る舞わねばならないのです」

自分たちは下々の者に対し、社会の規範となるべき存在である。
マインラート夫人は『エルベ』における「ノブレス・オブリージュ」の象徴なのです。

これもまたひとつの人間の在り方です。
社会はひとつの価値観によってのみ成り立つものではない。

短い間に似たような台詞を繰り返すマインラート夫人。
菊田一夫先生が彼女に担わせたのは「絶滅寸前の封建社会の最後の砦」としての役割です。

確固たる意志、矜持あふれる姿。
彼女が強くあればあるほど、カールが崩せなかった壁の厚さを思い知るのです。

マルギットが属する社会はこういうところだ、と暗に語るマインラート夫人。
なつさんの芸の厚みをたっぷり味わえるお役ですね。

スノビズムの権化、エドガー(漣レイラ)


観劇を重ねるごとに、じわじわと好きが増してきました。

「今度はその水夫を放り出して、どんな男を連れてくるやら」
いるいる、こういう人!
ちょいと気の利いたことを言ったつもりで悦に入ってるんですね。

ま、正直と言えば正直な人物です。
スノビズムの権化なエドガーにとって水夫風情は物の数ではありません。
彼はマインラート夫人とは別な意味で、上流階級の一面を映す鏡なのです。

シニカルな目を持つ彼だからこそ、フラットに先を見通すのでしょう。
「君がマルギットを不幸にする」
誰もがおためごかしに口にしなかった言葉をズバリ言ってのけます。

一歩も引かず、己の主張を通す。
自信に満ちた皮肉屋、揺るぎない意志を持ったおとなの男性。

誤解されることが多そうな人柄ですが、なかなか魅力的なキャラクターです。
かなえさん(漣)のニヒルな持ち味がよく活きてますね。

お歴々の良心、フリードリヒ(ひろ香祐)


フリードリヒの存在は、伏魔殿の中のわずかな救いです。
彼だけが孤軍奮闘するフロリアン(礼真琴)に真心と友情を持って接するのです。

「フロリアン、できることがあれば言ってくれ。マルギットも君も僕らの友人だ」
地獄に仏。
どんなにかフロリアンの胸にしみたでしょう。

芝居を観る上で、中の人を関連付けるのは褒められたことではありませんが…
それでもやはり、琴ちゃんとヒーローさん(ひろ香)の同期の絆に思いが至り、じんわりします。

ヒーローさんはこういう温かみがあって誠実なお役をされると天下一品。
ご本人のお人柄が忍ばれます。

お歴々ーズあれこれ


エルメンライヒのマイケルさん(大輝真琴)。
カールに掴まれた腕を心底嫌そうにパッパッと払う仕草がツボ。

エルメンライヒの息子アドリアン(極美慎)。
エドガーの揶揄にホイホイ乗っかり「ジゴロとか?」なんて言っちゃうあたり、軽率なお調子者感が出ています。
極美君は何をやっても嫌味にならない、あっけらかんとした個性がいいですね。

アドリアンの婚約者ローゼマリー(星蘭ひとみ)はマインラート家の娘。
あの親にしてこの子あり。
「私のことはご心配なく」の一言で、完璧な教育が施されていることが分かります。
彼女は決してマルギットのようにはならないでしょう。

お歴々がシュラック家へ向かう道すがら、ベティとすれ違うときの反応が可笑しいですね。
珍獣を見るような目。

さらなる珍獣(カール)を見る目の冷たさと言ったら…
カールが姿を現した途端、ピタリと静まり返るサロン。

ある者は嫌悪、ある者は好奇。
それぞれの感情が針となってカールを突き刺す。
仮にシュラックとの養子縁組が成立したとしても、カールが生涯を針のむしろに座って暮らすだろうことは想像に難くありません。

木はやはり芽吹いた場所で育つのが良いようです。
無理に土を変えれば根が腐る。
お歴々を通して観れば、また違った感想が浮かぶ『エルベ』でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
ファッションからひもとく『エルベ』の世界(1)―おしゃれ番長・ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり
トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**