FC2ブログ

瀬央ゆりあが輝咲玲央のひいおじいさん―『鎌足』と『たまゆらの記』相関図

星組シアター・ドラマシティ公演『鎌足』初日がまもなくに迫りました。
どんな素敵な物語をみせてくださるか、楽しみに胸をときめかせております。

飛鳥・奈良時代の予習ということで、輝咲玲央さん、紫りらさん、彩葉玲央さんが出演された、タカラヅカ・スカイ・ステージの「名作 ことばの泉#28 『たまゆらの記』」を見直しました。
主演男役賞、輝咲玲央!主演娘役賞、紫りら!優秀助演賞、彩葉玲央!│名作 ことばの泉#28 『たまゆらの記』

いろはす君(彩葉)が演じた首皇子(おびとのみこ:後の聖武天皇)は、紅ゆずるさん演じる中臣鎌足の息子、藤原不比等(咲城けい)の孫にあたります。

他にも、あの人とこの人がつながっていたり…
というわけで、『たまゆらの記』と『鎌足』の相関図を組み立てました。

瀬央ゆりあが輝咲玲央のひいおじいさん


幼い頃から共に育ち、やがて恋に落ちる安宿王(あすかのきみ:輝咲)と安宿媛(あすかのひめ:紫)。
安宿王の想いを知りながらも、安宿媛を妻に迎える首皇子。
奈良の都を舞台に描かれる三角関係。

タイトルにも取り上げましたが、玲央さんは瀬央ゆりあさんのひ孫、有沙瞳さんにとっては玄孫(やしゃご)にあたります。
りらちゃんは紅ゆずるさんの孫
いろはす君は紅さんのひ孫
図にすると、こう。
img-20190424_3.jpg
『鎌足』で、瀬央さん演じる中大兄皇子により死に追いやられる玲央さん(蘇我蝦夷)が、『たまゆらの記』では瀬央さんのひ孫というのも面白いものです。

『鎌足』ご観劇の折には、『たまゆらの記』に思いを馳せるのも一興かと思います。
歴史は続くよ、どこまでも。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『たまゆらの記』関連記事はこちら↓
主演男役賞、輝咲玲央!主演娘役賞、紫りら!優秀助演賞、彩葉玲央!│名作 ことばの泉#28 『たまゆらの記』
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

Re: No title

omachi様

興味深い情報をありがとうございます。
※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**