FC2ブログ

木村信司に捧ぐ歌―「演劇の力」「言葉の力」について

前回の記事で、老若男女のタイプ別で「宝塚ビギナーにお勧めしたい作品Best3」を選びました。
宝塚ビギナーにお勧めしたい作品―老若男女・観劇スタンス・タイプ別Best3

観劇に対する相手のスタンスによって、おおまかに4タイプに分け、それぞれにお勧めを3作品づつ挙げる。
ターゲットは、
A)歌舞伎・文楽・落語などを好む70代男性(実父)
B)可愛い・綺麗・ロマンティックが大好きな40代男性(友人)
C)ディープな演劇マニアだけど宝塚未体験の40代女性(友人)
D)観劇デビューの10代前半女子(友人の娘)

なかでも頭を悩ませたのがCとD。
D(観劇デビュー)の作品は、その後の観劇人生を左右しますので慎重なチョイスが必要です。
下手をすると舞台鑑賞そのものに興味を失ってしまう可能性がありますので。

そして、C。
演劇マニアのCとは、かれこれ30年来の付き合い。
学生時代に同じ演劇部で青春を送り、卒業後は自分の劇団を立ち上げた彼女。
もちろん他の劇団の公演も観に行きますが、不思議なことに宝塚は未体験。

演劇を心から愛する彼女に観てもらうなら」の視点で選ぶとき、真っ先に浮かんだのは木村信司先生の作品でした。

演劇とは人生を肯定するものである


「演劇とは人生を肯定するものである」が信念の私。
木村作品をつらぬく「生きること」「愛すること」への絶対的な信頼と肯定を愛しているのです。

舞台からほとばしる前向きなエネルギー。
アドレナリンが湧き、鼓動が高まり、目に映る景色は彩度を増し、キラキラ輝きだす。
のほほんとした日常を送る私には必要な刺激です。

さらに魅力を深めるのは、強烈な「生」のまばゆさと裏腹の無常観。
『鳳凰伝』のテーマ 〽すべてこの世は夢 に象徴される諦念。

生きて、愛して、砂に還る。
その繰り返しが人の世の常。

泣いても一生、笑っても一生。
ならば、精一杯に笑って命を燃やし尽くそうよ。

メビウスの輪のようにぐるぐると、光と影のメッセージが交錯する木村作品。
その最大の武器は「生きる力」を呼び覚ます「言葉の力」なのです。

いつまでも心に残る作品を観られる幸せ


外部でも活躍される木村先生。
かつて演出を手がけられた『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』終演後のコメントに木村作品のエッセンスが凝縮されています。

今、これで緞帳は下りた。まだお客様は帰ってない。でも、リボンの騎士はどこに行ったかというと、もうどこにも無い。形としてのリボンの騎士はもうどこにも無い。もう一回繰り返そうとしてももう無いんだ。これが演劇。でも、じゃあ完全になくなったか?といったらそうじゃない。みんなの心の中に残ってる。それが演劇の感動なんです。1回こういう感動を得たらば、お客様というのはずっと墓の中まで持っていく。お爺さんお婆さんになるまで。『あの舞台は良かった。未だに忘れられない。細かいことは忘れてても、本当に良かった』っていう。これがみなさんが生きてきた舞台という空間なんです。[Wikipediaより抜粋]


「本当に良かった」と思える作品。
墓の中まで持っていける感動。
そんな舞台にめぐり逢えたら幸せです。

今となっては贔屓組であれば二桁観劇も当たり前の私ですが、何十年も前、ただ一度観た限りの舞台の感動は今も鮮明です。

もちろん、木村先生が仰るように細部まで覚えているわけではありません。
しかし、もやっとした灰色の霧の向こうにくっきりと、最も印象に残るシーンが極彩色で浮かんでいる。
役者の瞳の輝きまでが鮮明に。

決して上書きされることのない感動。
そんなピースが、ひとつ、またひとつ積み重なっていくのが芝居見物の醍醐味です。

大好きな友人と、この感動を分かち合いたい。
木村先生に全幅の信頼を置く私が選んだのは『蘭陵王』と『不滅の棘』。
褪せることない煌めきをもって、いつまでも私の心に残る作品です。
宝塚歌劇を知り、木村作品にめぐり逢えた私は幸せです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト

コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**