FC2ブログ

現代の“異類婚姻譚”『白鷺の城』がハッピーエンドである理由

宙組創設20年にして、初めての本格的な日本物レヴュー。
なぜ今まで一度も機会がなかったのか不思議ですが…

満を持しての作品は、陰陽師と妖狐の因縁をオムニバス形式で描く『白鷺の城』。

玉藻前や妲己、保名に葛の葉に富姫…
おなじみの人物が入れ替わり立ち替わり現れては歌い、踊る。
名場面の美味しいところをアラカルトで楽しめる。
歌舞伎で言うところの「見取り狂言」的な趣向ですね。

きらびやかな映像、華やかな舞台装置を駆使したスピーディーな展開。
雅やかな衣装をまとった見目麗しい宙組生たち。
駆け足ながら、バラエティに富んだ内容を45分の枠内によく収め、「宙組初日本物レヴュー」のタイトルに相応しい豪華絢爛な作品となりました。

* * *

千年に亘り、転生を繰り返す陰陽師(真風涼帆)と妖狐(星風まどか)。
時系列は以下の通り。

(1)紀元前11世紀頃の古代中国【妲己:星風】

(2)奈良時代【吉備真備:真風、妲己:星風】

(3)平安時代中期【安倍保名:愛月ひかる、葛の葉:松本悠里】

(4)平安時代後期【安倍泰成:真風、鳥羽上皇:凛城きら、玉藻前:星風】

(5)室町時代【栗林義長:真風、岡見宗治:芹香斗亜、八重:天彩峰里】

(6)江戸時代初期【幸徳井友景:真風、宮本無三四:桜木みなと】

(7)江戸時代初期【幸徳井友景:真風、宮本無三四:桜木、玉藻前:星風、富姫:松本】

(8)江戸時代初期【男:真風、女:星風】

舞台進行上は、(6)→(4)→(3)→(1)(2)→(5)→(7)→(8)となるので、ややこしいですね。
なにしろ流れが早いので、理解が追いつきません。

プログラムではちゃんと解説されてるのでしょうか?
私同様、プログラムを読んでいない方にはとっつきにくいのでは…と思います。

とはいえ、このようなオムニバス形式は嫌いではありません。
むしろ好き。

プロローグで謎が提示され、徐々に謎の正体が明らかにされる。
萩尾望都の『ポーの一族』を思わせる構成です。

「すきとおった銀の髪」に始まり、「エディス」で幕を下ろすバンパネラの一族の物語。
幸徳井友景の夢語りから始まり、奈良時代から江戸時代を巡る陰陽師と妖狐の物語。

断片をつなぎ合わせて、ひとつの物語を紡ぐ手法は幻想性が高まりますね。

夢はおぼろに頼りなく、つかみかけてはするりと逃げる女の面影。
あの女は誰なのか?
自分にとってどういう存在なのか?

すべてが明らかになったとき、女は命を落とす。
「二度と決して、あなたを手放さない」
そう誓った男は自刃し、女の後を追う。

美しくも妖しい、上田秋成の怪異小説を思わせる味わいがあります。

* * *

「異類婚姻譚」という物語のジャンルがあります。
人と、人ならざる者との恋愛や婚姻が描かれる「物語の型」のひとつで、世界各地に伝承されています。

上田秋成が著した『蛇性の婬』ならば人間と蛇。
『白鷺の城』では人間と狐。

人間の相手となるもの(動物/妖怪/物の怪など)は異民族を表す、という説があります。
つまり、「外から来た者」「自分たちとは異なる常識を持つ者」の象徴ですね。

『蛇性の婬』は蛇が封じ込められて終わりますが、『白鷺の城』は人と狐が結ばれる。

「今ひとたびの…」で、折り重なって倒れ伏す友景と玉藻前が蘇るシーンはドラマティック。
因縁から解き放たれ、ようやく結ばれる二人。
比翼の鳥となって羽ばたく姿に涙しました。

『雪女』や『鶴の恩返し』など、悲しい結末を迎えることが多い“昔ばなし”。
かたや、ハッピーエンドの『白鷺の城』は、グローバル化が進む現代ならではの「異類婚姻譚」であり、現実社会への呼びかけでもあります。

自分たちと異なる存在と、上手く調和し、共存していくこと。
人間と狐が手を取り合うラストはそのような関係を示唆している、と捉えました。

もう、人と狐が引き裂かれたり、人と狐の間に生まれた子が泣くような時代に後戻りしてはならないのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『白鷺の城/異人たちのルネサンス』関連記事はこちら↓
東宝デザート「酢×ゼリー」に外れなし!│宙組『白鷺の城』公演デザート「美人たちも来るねッ酸酢」レビュー
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**