FC2ブログ

キャスト個別感想(美弥/輝月/暁/風間/結愛)│エリザベート

気づけば、国立科学博物館リピーターズパスの有効期限が切れてました。
今年はヅカ活動に熱心すぎて2~3回しか使わなかったのですよね。
もったいないので、ご贔屓の卒業までは年パスのたぐいは買い控えようかな。
と言いつつ、トート閣下のお迎えが来るまでずっと宝塚ファンで居続けそうなので、年パスとはご縁がないままかもしれません。

むしろ、宝塚の年パスが欲しいですね。
野球みたいに年間シートがあったらいいのに。

* * *

○フランツ・ヨーゼフ(美弥るりか)
元々フランツ贔屓な私ですが、血の通ったフランツ像で、登場第一声からドーンと引き込まれます!
特に好きなのが、この2曲。
「エリザベート ―愛のテーマ―(扉を開けてくれの歌)」と「夜のボート」。

ハプスブルクの屋台骨を一身に背負い、疲れ果てたフランツ。
ほんのわずか妻のぬくもりを求めるも、得られない。
涙なしには観られないシーンです。

思えば、珠様(珠城りょう)と、みやさん(美弥)が、ちゃぴちゃん(愛希れいか)を巡って争う関係って今回が初めてでしょうか?
霊廟の最終答弁は双方一歩も引かず、見応え充分。
『夢現無双』の武蔵VS小次郎が俄然楽しみになってきました!

○マックス公爵(輝月ゆうま)
シシィが憧れる自由の象徴であり、懐深く愛情深い父親であり。
シシィの人格形成に大きな影響を与えた人物。
温かな持ち味、芝居巧者なまゆぽん(輝月)の起用は的確でした。

娘の相手をしながら、髪やヒゲをちょいちょい整える姿がカッコ可愛いというか、色っぽいというか。
現役感もありつつ、娘への愛情を感じさせる優しいマックスパパ。

娘の結婚を憂える父親の顔を覗かせる「結婚式」のシーン。
歌声の刃で斬り合うようなゾフィーとの掛け合いは聴き応え十分。

太く、温かく、安定した歌声。
歌唱力は折り紙付き。
エリザベートマニアの連れ合い曰く、「歴代のマックスで一番しっかり低音が出てる」そうです。

○ルドルフ(暁千星)
不安定で、壊れそうなルドルフ。
センシティブでエキセントリックな母エリザベートの息子であり、ひとりぽっちの寂しがりやだった少年ルドルフ(蘭世惠翔)の成れの果てという確かな説得力がありました。
革命の幻想に囚われ、死神に付け入られ、自ら引き金を引く。
痛々しくて、観ているのが辛くなるようなルドルフでした。

○ルドルフ(風間柚乃)
舞台に現れた瞬間、圧倒的なオーラに呑み込まれそうになりました。
「目を引く」なんてものではありません。
「華がある」とは、このことかと唸らせる存在感。

短い登場シーンながら、野望に燃える青年の高揚と絶望をしっかり描き出し、舞台に奥行きを与えました。
堂々たる芝居、安定した歌声、気品ある顔立ち、がっしりみっちりした体つき。
文句なしの素晴らしいスターさん。

役替りは役者のアプローチの違いを観るのも楽しいですが、一部の変更が舞台全体にもたらす変化を感じるのも楽しいですね。
暁ルドルフの回は繊細で透明な悲しみが勝り、風間ルドルフの回は重苦しく無残な痛みが増したように思います。

○結愛かれん
エリザベートの親戚の女の子。
マダム・ヴォルフのコレクションの娼婦マリー。
どこにいても目を引く可愛らしさ。
とろけそうな甘い笑顔。
宝塚の娘役さんには希少な小悪魔タイプ。
彼女の個性が活きる役をもっと観たいです。
『ON THE TOWN』ではチップ(暁)かオジー(風間)どちらかの恋人役だったら嬉しいですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(更新情報メイン)
‎@noctiluca94

○月組エリザベート関連記事はこちら↓
多面体の魅力、珠城トートのカッコいいところ(ほんの一部)│エリザベート
「新しい珠城りょう」の出現│エリザベート
選ばれし者、月城ルキーニ│エリザベート
珠城りょうの「役者の目」―お茶会備忘録
『エリザベート』最大の謎!トートとシシィはどこへ向かうのか?
「トート(死)」とはなにものか?-珠城トートとギリシャの神々│エリザベート
「黄泉の国」はどこにある?ANOTHER WORLDの「あの世」、MESSIAHの「ハライソ」との関係は?│エリザベート
覚えておいでですか?(この味を)│月組『エリザベート』公演ドリンクレビュー
誕生日プレゼントは『エリザベート』観劇旅行
「好き」がどんどん育っていく―月組と珠ちゃぴ
エリザベート!カンパニー!BADDY!宝塚のアミューズメントパーク「歌劇の殿堂」に行って来た!
珠城りょう×愛希れいか、魂を分け合ったトートとシシィ│エリザベート
月組に、いい風が吹いている│エリザベート
久々の聖地巡礼!宝塚大劇場月組『エリザベート』公演メニューレビュー
「父なるトート、母なるトート」圧倒的な力強さと包容力を併せ持つ珠城トート│エリザベート
どこのミュージアムですか!?―「死と乙女」珠ちゃぴエリザベート画像解禁
翔ぶがいい、カモメよ―愛希れいかの卒業
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**