FC2ブログ

迷作?珍作?奇作?怪作?その正体は…「大傑作」キターーー!│蘭陵王

かちゃさん(凪七瑠海)専科異動後、満を持しての主演となる『蘭陵王 ―美しすぎる武将―』。

木村信司先生の大傑作キターーー!!!

正直、ツッコミどころは100万回あったけど!
(○る○ン○ャクとか…誰かあのシーンの存在意義を教えて)
それを差し引いても、間違いなく今年の宝塚オリジナル作品で一二を争う出来栄えです。

幕開きから高緯(瀬戸かずや)登場シーンまでは「近来稀に見る珍作か!?」と思いましたが、とんでもない!

役者良し、脚本良し、音楽良し、衣装良し、装置良し。
重いテーマを抱えつつ、エンタメとしても絶品!
めちゃくちゃ良かったです!!

ところどころ珍作・迷作の香りが漂いますが、それもまた良いスパイス(?)。
キャラクター設定や演出の珍奇さだけで判断してはいけません。

「キワモノ・イロモノ」という色眼鏡越しに観ては、あまりにもったいない。
演劇という「生の芸術」ならではの面白みを存分に味わえる素晴らしい舞台でした。

役者と同じ空間で、その息遣いを感じること。
役者が役の人生を生きるのを、共に感じること。

蘭陵王や洛妃と共に生きた2時間あまり、幸福なひとときでした。

* * *

テーマは「生きること」「愛すること」。
人間の根源的な欲求を描いた木村先生らしい物語です。

凪七瑠海さんの気品。
音くり寿さんの美声。
瀬戸かずやさんの新境地。
帆純まひろさんの美貌。
専科さんや上級生の皆さまの技術。

下級生に至るまで沢山の活躍の場があり、人数の少なさをこれっぽちも感じさせません。
花組4分割とは思えない、見応え充分のステージでした。

当初予想していたストーリーとはまったく違う、想像をはるかに上回る刺激。
些末にとらわれず、芯となるメッセージをしっかりキャッチできれば、こんなにエキサイティングな舞台はありません。

以上、ざっくり感想でした。
作品全体及び個別キャストについては改めて。

* * *

ドラマシティもKAATも公演期間が短くてもったいないですね。
もっと多くの方に観ていただきたい舞台です。

演目発表時、「宝塚(木村信司)×雅楽(東儀秀樹)」ならば面白くないわけがないと確信し、複数回のチケットを確保した自分グッジョブ!
何度でも繰り返し観たくなる、不思議な中毒性のある作品です。
早くも次の観劇日が待ち遠しい!

○『蘭陵王』関連記事はこちら↓
新ジャンル「プログレ雅楽」?ストライクゾーンど真ん中な『蘭陵王』開幕が待ち遠しい!
東儀秀樹(雅楽)×木村信司(宝塚)!大好きコラボにわくわく!│蘭陵王

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**