FC2ブログ

「黄泉の国」はどこにある?ANOTHER WORLDの「あの世」、MESSIAHの「ハライソ」との関係は?│エリザベート

今更ですが「黄泉の帝王」って何でしょう?
またの名を「死」。
擬人化された「死」が、人間の女性を愛する『エリザベート』の物語。

実は私、観れば観るほど「トート」がよく分からないのです。
ある日に掴めたと思っても、別の日には違う顔を見せる。
捕らえたと思ったら、するりと逃げていく。
トートのお衣装のモチーフにある玉虫色のように、観る角度によってまったく違った姿で現れる。

「舞台はなまもの」という言葉が、いつも以上に強く感じられる今回の月組『エリザベート』です。

あえて、「トートとはこういうものである」と決めつけなくても舞台は面白く観られますが、せっかくなのであれこれ思い巡らせたことを残しておきます。

『エリザベート』という作品を紐解くには様々な方面からのアプローチが可能ですが、まずはこの3点。
(1)「黄泉の国」とはどこか?
(2)「トート」とはなにものか?
(3)トートとエリザベートはどこへ行くのか?
長くなりますので前中後編に分けて書きます。

* * *

(1)「黄泉の国」とはどこか?

そもそも、『エリザベート』という作品世界の「黄泉の国」はどこを指すのか?
最近宝塚で上演された作品と比較しながら、トート閣下の居場所である「黄泉の国」の場所を探っていきます。

まずは、星組。
恋煩いで死んだ康次郎(紅ゆずる)が「あの世」で巻き起こす、温かくも愉快な騒動を描いた『ANOTHER WORLD』。

そして、花組。
島原の乱の指導者として伝説な存在である天草四郎時貞(明日海りお)を、新たな視点で描いた『MESSIAH』。

いずれも「あの世」「ハライソ(天国)」が重要なモチーフとなります。

『エリザベート』の「黄泉の国」と『ANOTHER WORLD』の「あの世」、そして『MESSIAH』の「ハライソ」とは何なのか?
いずれも「死後の世界」ではありますが、(元になる教えの違いはさておき)これはすべて同じところを指すのか?

* * *

「あの世」は、善なる者も悪なる者も区別なく行き着くところですね。

「ハライソ」はその一歩先の「パラダイス(楽園)」。
神の祝福を受けた者だけに開かれた場所です。
『ANOTHER WORLD』で言うところの「極楽浄土」。
白妙なつさん演じる天女に導かれる先。

「天国(ハライソ)」の反対は「地獄(インヘルノ)」。
『ANOTHER WORLD』では、閻魔大王(汝鳥伶)のお裁きにより、お仙さん(紫月音寧)や右大臣(漣レイラ)・左大臣(紫藤りゅう)が地獄に堕とされました。
『MESSIAH』の松倉勝家(鳳月杏)は間違いなくインヘルノ行きでしょうね。

「あの世」は死者たちの「待合所」のようなものでしょうか。
閻魔大王の沙汰を待ち、地獄か極楽か、行き先が決まるまでのかりそめの居場所。

※『ANOTHER WORLD』の作中では、「あの世」=待合所も地獄も極楽もひっくるめた「死後の世界」を指すように思いますが、主に康次郎たちが活躍した場所ということで、この文中では「待合所」のみと定義します。

「ハライソ」は「煉獄」で罪を清めた者たちが辿り着く楽園。

* * *

すると、「黄泉の国」とはなんでしょう?
「天国」「地獄」「煉獄」ならば分かりますが、「黄泉」とは?
大雑把に「死後の世界」を指すのでしょうか?
中部ヨーロッパを舞台にした『エリザベート』の作品世界においての「黄泉」の定義がいまいち不明瞭なのです。

「黄泉」と聞けば、真っ先に日本神話の死者の世界「黄泉の国」が思い出されます。
ルキーニは「煉獄」で裁判にかけられているのですよね?
裁判長に追い詰められ、トート閣下に口添えを求める。
ルキーニの求めに応じて姿を現すトート。

トートはどこからやって来るのか?
黄泉の国?
トートがいる「黄泉」と、ルキーニがいる「煉獄」の関係は?

よく分からないので、「黄泉」について調べてみました。
すると…
『新約聖書』の中の「ハデス」という言葉が「黄泉」と訳される、とありました。
「ハデス」の定義は様々あるようですが、そのひとつ「死から最後の審判、復活までの期間だけ死者を受け入れる中立的な場所」との記述が目に止まりました。

「ハデス」といえば、子どもの頃に親しんだギリシャ神話に登場する冥界神ハデスと同じ名前ではありませんか。
なんとなく頭の中のモヤモヤが晴れてきました。

ところで、なぜトートは「黄泉の帝王」なのでしょう?
私としては、またの名の「死」の方がしっくりくるのですが。

エリザベートマニアの連れ合いに訊いたら「宝塚的に“死”はNGだったんじゃない?」と。
今でこそドル箱作品の『エリザベート』ですが、初演当時は賛否両論だったそうで…さもありなん。
(「初演は何回も観れたよ」と信じられないことを申します)

苦肉の策としての「黄泉の帝王」呼びだったのかもしれません。
「あの世の王様」ではカッコがつきませんものね。

それはさておき、ギリシャ神話の冥界神ハデスの名前が出たことで私の長年の鬱屈を解きほぐす手がかりが得られました。

※(2)「トート」とはなにものか?に続く。

○月組エリザベート関連記事はこちら↓
覚えておいでですか?(この味を)│月組『エリザベート』公演ドリンクレビュー
誕生日プレゼントは『エリザベート』観劇旅行
「好き」がどんどん育っていく―月組と珠ちゃぴ
エリザベート!カンパニー!BADDY!宝塚のアミューズメントパーク「歌劇の殿堂」に行って来た!
珠城りょう×愛希れいか、魂を分け合ったトートとシシィ│エリザベート
月組に、いい風が吹いている│エリザベート
久々の聖地巡礼!宝塚大劇場月組『エリザベート』公演メニューレビュー
「父なるトート、母なるトート」圧倒的な力強さと包容力を併せ持つ珠城トート│エリザベート
どこのミュージアムですか!?―「死と乙女」珠ちゃぴエリザベート画像解禁
翔ぶがいい、カモメよ―愛希れいかの卒業

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

w様

素敵な情報をありがとうございます!
「すみれ」で「スイートハート」と「ラブリームーン」だなんて最高ですね!
とても複雑で美しい色合いです。
スイートハートさんにぴったりのお花ですね~~
「GOODY」ならあるかも!?
非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**