FC2ブログ

そこにあるのは、ただ「美」のみ│BEAUTIFUL GARDEN−百花繚乱−

野口先生、ありがとうございます!

花組公演『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』。

最高のエンターテインメント・ショーでした!

そこにあるのは、ただ「美」のみ。
耽美な夢です。

「美しいものを見ることは価値がある」
ふと、『神々の土地』の台詞が頭をよぎりました。

「美しいものそのもの」にも「それを見ること」にも価値がある。
本当にそのとおりです。

黒と紫とマゼンタピンクを基調にした、濃密で豪奢なオープニング。
花よりもいっそ花らしい、満開の乙女たちが、純白の羽根扇を揺らめかせながら、無限にくるくる回り続ける…

悪趣味の一歩手前、キッチュなデコレーションケーキに眩惑される幕開き。
この先にどんな世界が待ち受けているのか、胸が高鳴ります。

色とりどりの傘の花、惨劇に散る紅薔薇、咲き誇る南国の花々。
クライマックスは宝塚を象徴する「すみれ」。

次々繰り出される「夢」の数々。
このショーには、宝塚の「夢」がすべて詰まっています。

「綺麗」「素敵」「カッコいい」「可愛い」「美しい」
浮世の憂さを忘れ、ただただ美に耽り、溺れることができる。
そんな非現実を現実にする夢の世界、宝塚。
『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』は、宝塚の「美」の結晶なのです。

* * *

「美」の立役者はコスチューム。
衣装そのものの美しさもさることながら、タカラジェンヌのみめかたちの麗しさを一層引き立てる優れたデザイン。

惚れ惚れしたのはゆきちゃん(仙名彩世)の身ごなし、ドレスの着こなし。
プロローグのロココ風ドレス。
左右に張った巨大なパニエから見え隠れする脚線。
折り重なる黒とピンクの花びらから覗く花芯のようでもあります。
エロティックで過剰な美。

マタドールを惑わすファム・ファタール。
熟れきって甘酸っぱい匂いを放ちながら崩れ落ちる寸前の果実を思わせる爛熟した美。

男役を引き連れて歌い踊るガーシュイン。
キャリアに裏打ちされた自信、輝くような大人の色気に彩られた美。

打って変わって、フィナーレのデュエットダンス。
幾重にも重なる柔らかな淡紫の衣をまとった妖精が、すみれの花束を手に銀橋に舞い降りる。
心憎い演出です。

このお衣装が一番好きですね。
リボンをあしらったヘッドドレス、しなやかな背中を覗かせるバックスタイル。
清楚と可憐の中に、しっとりした色気が滲む、秀逸なデザイン。

みりおさん(明日海りお)とのデュエットが最高なのです。
優しく包み込むようなみりおさんの表情。
穏やかに微笑み返すゆきちゃん。
ゆるやかにふんわりした空気を切り裂く、一瞬のアクロバット。
互いへの信頼が垣間見え、トップコンビのダンスとしても見応え十分。

* * *

色合いの美しさも、私たちの官能に心地よい刺激をもたらします。
ストーリーを印象づける配色、場面の空気を支配するトーン。
色相・明度・彩度がぴたりと噛み合い、観客の視野を染めるのです。

そこには、場にそぐわぬけたたましい蛍光色も、スターを引き立たせるための無分別な色分けもありません。
同じ色調のグラデーションならまだしも、色味やトーンの異なる衣装で秩序なく埋め尽くされた舞台の醜悪さは耐え難いものがあります。

「宝塚のショーとはこういうもの」「色分けなんてしなくてもスターは輝いているのに」
あきらめ半分の気持ちを抱いていた私の目に、『BEAUTIFUL GARDEN』は鮮烈でした。

野口先生は色彩が持つ力を操るのに長けてらっしゃいますね。
「色」が語る意味、メッセージを十二分に活かした配色。
スターの格は、光を添えるビジューでさりげなくアピール。

一枚の絵を描くように舞台を組み立てる。
その神経の細やかさで、ストレスなく、素直に舞台の「美」に酔うことができるのです。

* * *

ステージから馥郁たる香りが立ち昇るような『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』。
軽く爽やかなオーデコロンというより、深く濃密なパルファム。
こってり鼻腔を刺激する香水を何本も振りまいたようなショーです。

傘の花、マタドールと死、黒燕尾とケーン。
どれも使い古されたモチーフではありますが、ひとつひとつが野口先生の鋭い「美のやすり」で再研磨されることにより、新鮮な輝きを取り戻したのです。

花よりなお芳しい、みりおさん率いる「花美男子/はなおとこ)」、ゆきちゃん率いる「花美乙女/はなおとめ」の競演。
素晴らしい舞台でした!大満足!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**