FC2ブログ

私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに

まもなく待ちに待った新年初観劇。
今年も新鮮な気持ちで宝塚を応援するために、自分なりの指針を記しておきます。

長くファンを続けていると、ときに応援の仕方に迷いが生じたり、本筋から外れそうになったりすることがあります。
そんな心の手綱を締める意味でも、たまに「本当にこれでいいの?」と我が身を振り返ることも必要かな?と。

決意表明なんて大げさなものではありませんが、宝塚を愛する上での心構え=「私的・宝塚ファンの心得」ですね。

たかが趣味、されど趣味


基本的には「舞台がすべて」。
自分の目で観て、心と体で感じた生の舞台の感動に勝るものはありません。

しかし、もしも宝塚を観て「楽しい」と思えなくなったら?

誰かが言ってました。
「コンテンツに興味を持てなくなったり、何か違う、と違和感を覚えたら、それはコンテンツに問題があるのではなく、自分がターゲットから外れたということ」
趣味に限らず、人間関係やすべての物事に当てはまる言葉ですね。

たかが趣味、されど趣味。
楽しめなくなったら本末転倒です。

万が一、興味が薄れたら一度離れればいい。
また観たくなったら戻ればいい。

宝塚とは「付かず離れず」が、ちょうどよい距離


私は過去に一度ヅカ離れをしています。
決して宝塚が嫌いになったわけではなく、進学や就職によって環境が変わり、いつの間にか足が遠のいてしまったのです。

ずっと集めていた『歌劇』や『グラフ』も手放し、宝塚の「た」の字も忘れかけていた頃、ひょんなことから復活し、今に至ります。

十数年ぶりに観た宝塚の輝きと言ったら!
こんな素晴らしい世界を忘れていたなんて信じられない!

やっぱり私は宝塚が大好き!

宝塚愛を再確認することができたのは、一度離れた時期があったからこそ。
宝塚の良いところも、そうでないところもひっくるめて好きになりました。
今は自分にとって一番心地よい距離感で宝塚を楽しめています。

長いスパンで見れば、宝塚とは「付かず離れず」がちょうどよい。
そう思います。

もっとも、今のところ離れそうな気配はこれっぽっちもない私ですが。
(むしろ宝塚が好きな気持ちは強まる一方)

私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに


誰が言ったか、「一度宝塚から離れ、復活した人は二度と離れることはない」。
妙に説得力のある言葉です。
私のヅカ愛が、この先どうなるかはヅカ神様のみぞ知る。

いつも素晴らしい舞台をみせてくださる生徒さんとスタッフの皆さまへ感謝の気持ちを忘れずに。
仲良くしてくださるヅカ友さんとの関係を大切に。

「清く正しく美しく、朗らかに」の精神で、これからも楽しく劇場に通いたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**