FC2ブログ

珠城りょうで和物が観たい!川霧の橋、あかねさす紫の花、心中・恋の大和路…そして光源氏?

「珠城りょうで和物が観たい!」
って、観たじゃん!長崎しぐれ坂を忘れたの!?と仰らないでくださいね。
これはブログを初めてすぐの頃(2016年10月2日付)に書いたまま、下書きフォルダで埋もれてた記事なのです。

『カンパニー』で突如現れた、着流し姿の珠様が美しすぎて!!

胸の奥でくすぶっていた“和物珠様熱”が再燃してしまったのです。
私同様、着流し珠様にノックアウトされた方は多いと思います。
よろしければ、しばしお付き合いくださいませ。

* * *

◇珠様で観たい演目シリーズ:その2◇

珠様主演で観たい演目といえば、和物!
マゲ物も王朝物も、古代史がテーマの作品もいいなぁ。

珠様って和物似合いますよね?
涼しい目元が際立つお化粧も、すっとした佇まいも。
なにより日本物の主人公に課せられがちな“辛抱”が似合います。
愛する者のため、忠義のため、己の矜持のため、ぐっと堪える男。

○川霧の橋 (原作:山本周五郎 /脚本・演出:柴田侑宏)
ウタコさん(剣幸)とミミさん(こだま愛)の退団公演でした。
ほのかな想いを抱き合いながらも、周囲の思惑や災害によって引き裂かれた幸次郎とお光。
互いに別な伴侶を得、もう共に歩むことは叶わないと思われたが…
紆余曲折を経て、結ばれる2人。

珠様に「もう、どこへも行くな!」なんて言われたら、もう!

『JIN-仁-』全国ツアー公演で火消しの千吉がぴったりだった珠様。
大工姿もカッコいいだろうなぁ、と思います。

娘役さんの役が多いのも嬉しい演目ですね。
独特の声質が好きだった舞希彩さんの夜鷹、すさんで崩れた妖しい美しさが忘れられません。

○あかねさす紫の花 (脚本・演出:柴田侑宏)
中大兄皇子と大海人皇子と額田王の三角関係。
珠様は中大兄か?大海人か?
皆さまはどちらがお好みですか?

私は、今の珠様なら中大兄かな?

強引な珠様が観たいです。

同じ柴田先生の作品『あしびきの山の雫に』『たまゆらの記』『飛鳥夕映え』。
これもいいですね。
艶やかな古代の装束が似合う珠様。
おおらかでダイナミックな芸風が活きる古代ものは、ピタリとハマるジャンルです。

古事記関連なら田辺聖子さん原作の『隼別王子の叛乱』も。
だいぶ以前に月組の大々先輩の榛名由梨さんが演じられました。

○心中・恋の大和路 (脚本:菅沼潤/演出:谷正純)
宝塚のお芝居で一二を争うほど大好きな演目『心中・恋の大和路』。
どうしようもなく堕ちていく梅川忠兵衛。

破滅する珠様が観たいです。

丹波屋八右衛門は、まゆぽん(輝月ゆうま)で。
CS番組『音楽の宝箱』で聴かせた「この世にただひとつ」には心を揺さぶられました。
舞台で八右衛門として生きたならば、更に素晴らしい歌声を響かせてくれるでしょう。

○忠臣蔵~花に散り雪に散り~ (脚本・演出:柴田侑宏)
大好きだったカリンチョさん(杜けあき)のご卒業公演『忠臣蔵』。
珠様の温かみある誠実な男役像は、どこかカリンチョさんをしのばせます。

「もはや、思い残すことはござらん!」
珠様にはまだ、この台詞を口にしていただきたくはありませんが…

こうして見ると日本物は柴田先生の作品が多いですね。
柴田先生の脚本×寺田先生の音楽は最強です。
うちでは“タッキー”と言えば“寺田瀧雄”さんのことです。
珠様って、柴田先生の苦みや渋みのある作風が合うんですよね。
『激情』のやるせなさ、ままならなさがとてもしっくりきていました。

* * *

『春の雪』の続編、『豊饒の海』四部作も。
かつて演じた本多繁邦の一生を通しで観てみたいですね。
転生を繰り返す清顕は、もちろんみりおさん(明日海りお)で。
実現不可能な美しい夢です。

三島作品なら『潮騒』もいいですね。
伊勢湾に浮かぶ小さな島で漁師を営む新治が、ひとりの少女と出会う。
純朴なふたりが紡ぐ、真っ直ぐで清らかな恋。

珠ちゃぴで観たい!

「その火を飛び越して来い」はスミレコードかな?

そして、和物の究極はやはり“光源氏”でしょうか?
個人的には珠様には薫を演じていただきたいです。
『夢の浮橋』再演なんていかがでしょう?
色好みで奔放な匂宮と、控えめで実直な薫。
正反対のふたりが、同時にひとりの女性を愛してしまう―。
匂宮はみやさん(美弥るりか)に決まりですね。

上田秋成の『雨月物語』も観たいですが、これは長くなりますので後日改めて。
と言うか、ここまでで十分長いですね。
珠様妄想キャスティングはとどまるところを知りません。

珠様で観たい演目シリーズ:その1 はこちら。
わかばちゃん(早乙女わかば)が卒業を発表され、叶わぬ夢となりました。
珠城りょう×早乙女わかばで『華麗なるギャツビー』が観たい!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**