FC2ブログ

興奮冷めやらず…サンファン個別感想(紅ゆずる/綺咲愛里)+小ネタあれこれ│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

サンファン(原作/宝塚版)についてあれこれ、思いつくままに。

○凜雪鴉/鬼鳥/掠風竊塵(紅ゆずる)
終始絶やさぬアルカイックスマイル。
胡散臭さギリギリの食えない男っぷりが際立つ台詞回し。
原作より得体の知れない感じが強い。

ゆったりと、動きの少ない役ながら、表情や目の使い方で「凜雪鴉」というキャラクターを描き出して秀逸。

たとえば天刑劍の鍔をねめ回す目つき。
原作と違い、凜自身が剣を振るうシーンはほぼ無いが、殤不患の剣を受けて不敵に笑う視線の鋭さに、秘めた力を感じさせたのはさすが。

○丹翡(綺咲愛里)
まさに生き人形。
ヴィジュアルだけでも100点満点。
体が埋もれるほど大きな衣装を着けての立ち回りもよくこなした。

使命を全うしようとする強い意志、やや強情だが、可愛げもあるヒロイン。
捲殘雲との初々しい恋のやり取りは殺伐とした物語に軽やかさを与えた。

* * *

原作を通して観たおかげで、宝塚版ではいまいち分かりにくかったところがクリアになりました。
凜が他者の「覇者の気風」を欲する動機もより明確に。
宝塚版では省かれた蔑天骸・刑亥・殺無生の個々のエピソードも深く書き込まれ、一層魅力的に感じられましたね。

他、思いつくままに。

捲殘雲(礼真琴)が人差し指で前髪をちょろっと触るクセなど、上手く原作の味を活かしてますね。
狩雲霄(輝咲玲央)がアゴヒゲを撫でるのとか。
殤不患(七海ひろき)が親指を立てながら「刃無鋒」と名乗るのとか。
原作ファンの方はこういう細かい部分の再現も嬉しいのではないでしょうか。

捲殘雲といえば、「チャラい」や「ちぃーっす」に驚きましたが、原作のままなのですね。

食べ物がやたら美味しそうなのもポイント。
鬼鳥一行が泊まる宿屋の食事や、七罪塔で蔑天骸の饗宴。
宝塚版の焼餅も美味しそうでした。

互いの呼び名が安定しないのはなぜでしょう?
狩雲霄から捲殘雲への呼びかけは「捲」だったり「殘雲」だったり。
宝塚版では一貫して「殘雲」でしたが。
とくに深い意味はないのかな?
雲霄の中の人は「ケンちゃん」呼びでしたね。
ちょっと可愛い。

雲霄のマントが原作の白から宝塚版では黒に変わってましたね。
悪者感が増してる?
マントさばきもカッコいいですね。
「行くぞ、奴が来た」と身を翻すシーンがお気に入り。

* * *

映像をずっと観ていると、ふとした拍子に人形が本物の人間に見える瞬間がありますね。
ちょっとした仕草がとても人間くさいというか…
人形遣いの方の技術、素晴らしいです。

逆に宝塚版では、人形劇の一座で人形(人間)を演じた生徒さん(紅咲梨乃・澄華あまね)が本物の人形に見えて驚きました。
うつろに見張った目、マネキンのようなメイク、ぎこちない動き、こちらもまた素晴らしかったです。

ところで、殺無生(麻央侑希)が誰かに似てるなーと思ったら、BUCK-TICKの櫻井敦司さんでした。
似てません?視線の鋭さ+目と眉の近さ+彫りの深さ。

「十に一つ…合わせて千に一つの可能性があれば」という台詞。
やけに理屈っぽい人だと思ったら、終始そんな喋り方でちょっと面白かったです。
死の間際まで理路整然としてましたね。
生真面目さゆえに、凛につけ込まれてコロリと騙されてしまったのかしら?

大胆に開いた胸元から覗く胸筋と腹筋も気になります。
これはさすがに宝塚では再現不能ですね(すみれコード)。

* * *

殘凶(大輝真琴)の生首は3Dプリンターで作ったのでしょうか?
それとも小道具さんの手作り?
あのヴィジュアルは結構刺激的でしたね。
凋命(天華えま)が布をペロンとめくって生首が現れた絵面が目に焼きついています。
『阿弖流為』に続き、星組の青年館公演は生首登場率が高いですね。

ずっと気になっていたのですが、宝塚版サンファンの凋命。
センターパートの右目側の毛が一部チョロンっとなってるのも原作に忠実なんですね。
「魂は細部に宿る」と言いますが、本当に再現度が高い!

Twitterでシェアしていただき、布袋劇人形製造工程の動画を拝見しました。
粘土(?)の塊に徐々に表情が刻まれ、瞳がはめ込まれ、メイクが施されにつれ、人形が呼吸を始めたような錯覚を覚えるのです。
「製造工程」という無味乾燥な言葉がはばかられるほど、生き生きと美しい様子に感動しました。
まさにひとつの生命が産まれ落ちる瞬間を目にしたような、そんな気がいたします。

『Killer Rouge/星秀☆煌紅』仕様の凜雪鴉。
ぷるんと柔らかな唇の質感に見惚れます。
img-20180921_5.jpg
どうして凜が二体あるのかと思いましたが、殤不患が化けたときのものでしょうか?
img-20180921_4.jpg
小柳奈穂子先生がプログラムに「国内においては、このような機会を頂いた『Thunderbolt Fantasy』というコンテンツを広めて恩返しができればと思っている」と書かれていますが、その願いは十二分に果たされたと思います。
本当に素晴らしい世界を教えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです!

○Thunderbolt Fantasy関連記事はこちら↓
『宝塚版サンファン』を成功に導いた3つの決め手とは?│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
平成最後の夏、完全燃焼しました!サンファン青年館千穐楽おめでとうございます│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
大好きな紅子さんにまた会えた!新たに強力な助っ人、愛子&礼子も仲間入り!│Killer Rouge/星秀☆煌紅
星組×齋藤吉正は相性抜群!キラキラ☆ギラギラ☆の星空を爆走するジェットコースター│Killer Rouge/星秀☆煌紅
本日より期間限定配信『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』―華麗で鮮烈な世界に魅了される全13話
「雲」がつなぐ師弟の絆―捲殘雲(礼真琴)と狩雲霄(輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
予習嫌いの私が、初心者殺しの『星組サンファン』に挑んだ話│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
異色のヒーロー凜雪鴉(紅ゆずる)率いる絶品ピカレスク・ロマン│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
めちゃくちゃ面白い異世界ファンタジー!サンファン個別感想(七海ひろき/輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
私のハートも射抜いて!輝咲玲央が「弓の名手の豪傑」狩雲霄(シュウンショウ)に!│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**