FC2ブログ

「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双

今朝は一気に気温が下がりましたね。
涼風に乗って漂う葛の花の甘い香りに、早くも秋の訪れを感じます。

さて、秋といえば食欲?芸術?
今年の私は「読書の秋」!
早速こちらを手に入れました。
img-20180912_1.jpg
来春の宝塚月組公演『夢現無双』の原作、吉川英治の『宮本武蔵』です。
新作は予備知識なしで観るのがモットーですが、これは知ってる話なのでガンガン読んじゃいます!

めちゃくちゃ面白い!
平易で読みやすく、生き生きと躍動する文章。
読みだしたら止まりません。

珠様(珠城りょう)を思い浮かべながら文字を追うと更に引き込まれますね。
「よくぞ珠様に武蔵を当ててくださいました!」と言いたくなるハマりっぷり。
舞台化を抜きにしても面白いですが、どこを切り取って90分にまとめるか気になります。

長野剛氏の表紙絵も素敵。

この荒ぶった武蔵を珠様(珠城りょう)が!!!

むさ苦しいワイルド系珠様が大好きな私。
ロルテスの衝撃は忘れられません。
なので、武蔵(たけぞう)のヴィジュアルもドストライク!

蓬髪、浅黒い肌、無造作に抜き身をひっさげた武蔵。
なにより、この「やってやるぞ!」という目つき。
珠様で観たいですねー。
野望に濡れて光る珠様の瞳、大好きなのです。
齋藤吉正先生、どうかこのヴィジュアルを再現してくださいませ。

「くそ坊主、助けてくれ!俺は生きて、出直したい」
これを珠様の口から聞けると思うと、ぞくぞくします。

身の内に巣食う悪鬼を抑えきれず、当たるを幸いなぎ倒し、血と汗と泥にまみれ、のたうち回る男。
しかし、けだもののような武蔵の内側には、誰よりも柔らかく瑞々しい少年の心が潜んでいる。
父母や姉への思慕、乙女への初心、友への親しみ、他者への無邪気と寛容。

粗にして野だが卑ではない。
吉川英治描く宮本武蔵の印象は、珠様の男役像にしっくりきます。

どんなときも決して失われない澄んだ輝き。
それこそが「卑にあらず」。
粗野な男を演じても、その奥底に潜む高潔な魂。
それこそが「男役・珠城りょう」の真髄であると思うのです。

少年の成長を描いて筆が光る齋藤先生。
武蔵が、誰と出会い、何を成し、どのように「人間」となっていくのか。
野獣のような少年が一枚一枚薄皮をはぐように自我に目覚め、ひとりの男として、剣豪として、洗練されていくさまを追うのも楽しみです。

『夢現無双』からは新しい相手役さんを迎え、一層男役の完成へ近づいてゆく珠様。
このタイミングで今までにないお役を演じられることにより、ますますスケールアップしていかれることと期待が高まります。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**