FC2ブログ

珠城りょう×愛希れいかで『雨月物語/浅茅が宿』が観たい【妄想劇場】

珠ちゃぴがコンビを組んだのは7作。
一度は結ばれながらも破局(どちらかまたは双方の死)したのが『激情』『アーサー王伝説』『グランドホテル』の3作。
愛が成就したのが『All for One』『鳳凰伝』『カンパニー』『エリザベート』の4作。

前者の変形として観たい演目があります。
それは「幽霊妻または夫」。
上田秋成の『雨月物語』より『浅茅が宿』を珠ちゃぴで観たかったですね。

* * *

<浅茅が宿>

一攫千金を夢見て京に上った勝四郎。
戦乱に巻き込まれ、ようやく妻・宮木の待つ家に帰ったのは七年後。
一夜明けてみると、昨夜、勝四郎を迎えたのは妻の亡霊であった。

“さりともと思ふ心にはかられて世にもけふまでいける命か”
ところどころかすれて読めなくなった、妻が遺した歌を読み、涙にむせぶ勝四郎。


勝四郎=珠様(珠城)、宮木=ちゃぴちゃん(愛希)。
ちゃぴちゃんのご卒業により叶わぬ夢となりましたが。

「幽霊妻」の物語は古今東西ありますね。
帰らぬ夫を信じ、待って待って待ち続け、この世の者でなくなってもなお、待ち続ける妻。

『浅茅が宿』の宮木もそのひとり。
荒れ果てた家で独りぼっち、狐やふくろうを友にして、ただ待っていた。
「[さりともと…]夫はきっと帰って来ると自分に言い聞かせ、今日まで生きながらえ待ち続けたこの身の愛しいことよ」

今更ながらに妻の深い愛を知り、泣き崩れる勝四郎。
だが、時すでに遅し。
妻はもういない。

* * *

キュートなルックス、三拍子揃った実力が魅力のちゃぴちゃん。
なかでも心惹かれるのはお芝居です。

時に、宝塚の娘役の枠をはみ出すような多彩な役を演じこなしてきたちゃぴちゃん。
彼女の演技に注目したのは『NOBUNAGA』の信長の正妻、帰蝶が最初でした。
あの役で、ちゃぴちゃんの魅力に目覚めたと言っても過言ではありません。

短く細切れの登場シーンながら、きちんと一人の女性の生涯を描き出す。
素晴らしいお芝居でした。
その後もグィネヴィア、エリザヴェッタ、おしま…幾多の女性を演じてきましたが、帰蝶には特別な思いがあります。

帰蝶も帰らぬ夫をひたすら待ち続けた女性です。
かつて夫と駆けた野に、愛馬を放つシーンは心に染みました。

『浅茅が宿』の一番恐ろしいところは「今は長き恨みもはればれとなりぬることの喜しく侍り。逢ふを待つ間に恋死なんは人しらぬ恨みなるべし」。
ようやく会えた今は、長い間の恨みもすっかり晴れて嬉しく思います。
会うのを待つうちに焦がれ死にしてしまったら、あなたに私の心が分かってもらえず、さぞ口惜しいことでしょう。

「私はずっと待っていた」
そのことを、あなたにはしかと知っておいてもらいたい。
あなたが私を忘れ、都でふわふわ遊び暮らしていたときも、私はひとときもあなたを忘れず、ひたすら待ち続けた。

これは怖いですね。
純粋に夫を愛し、待ち焦がれていた気持ちがいつしか別の感情にすり替わっていく。
戦乱の世、女一人で家を守り抜くことの難しさ。
そんな事情もあったでしょう。

しかし一方、霊魂になってからでも、夫の顔を見たら長年の恨みが消え、愛が甦った。
自分の真心、誠実をしかと伝えられた。
宮木の魂は安らげたことでしょう。

そして、勝四郎の心から宮木の面影は決して消えることはない。

帰蝶を演じてから2年。
一段と力を増したちゃぴちゃんなら一歩踏み込んだ宮木の情念を演じてくれたのではないかと思います。

※参照 改訂 雨月物語 現代語訳付き/上田秋成著[鵜月洋訳注]/角川ソフィア文庫 ISBN:9784044011024

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
珠城りょう×月城かなとで『雨月物語/菊花の約』が観たい【妄想劇場】
珠城りょうで和物が観たい!川霧の橋、あかねさす紫の花、心中・恋の大和路…そして光源氏?
宝塚で『さらば、わが愛/覇王別姫』を演るなら?明日海・珠城・愛希・鳳月【妄想キャスティング】
月組うるさらセブン妄想│決め台詞は勿論「とどめです!」
北翔海莉トートが観たい【エリザベート妄想キャスティング】
珠城ロルテスファン必読!?火坂雅志著『壮心の夢―花は散るものを』
宝塚で『日出処の天子』を上演するなら?山岸凉子展「光-てらす-」に行って来ました!
今の宙組で『はいからさんが通る』が観たい!-妄想キャスティング-
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**