FC2ブログ

「雲」がつなぐ師弟の絆―捲殘雲(礼真琴)と狩雲霄(輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

『サンファン』の感想を書きながら感動したこと、その一。
「凜雪鴉(りんせつあ)」が一発変換できたこと。
もちろん他のキャラクターも。
「Google日本語入力」凄い!

「蔑天骸(べつてんがい)」に至っては、私が間違えて覚えた「べってんがい」でも変換できました!
なんて優秀なIME!
ありがたや~~なんまいだ~~

それにしても、悪そうな役はいかにもなネーミングですね。
殺無生とか蔑天骸とか殘凶とか、ひどくないですか?
「名は体を表す」と言うじゃありませんか。
こんな名前をつけられたらグレて悪の道に入ってしまいたくなる気持ち分かります。

殤不患のネーミングも謎。
「殤」の訓読みは「わかじに」ですって。
若死に、って…

姓は「若死に」?名は「病気しない、心配しない」?
これはどういうことでしょう?
豊臣秀吉が息子(鶴松)を「棄丸」と名付けたように、おまじないや魔除け的意味合いがあるのでしょうか?

* * *

ちなみに私、玲央様(輝咲玲央)のおかげで、生まれて初めて「霄(そら/みぞれ/あられ)」という字を書きました。
登場人物の名前を紙に書きながら予習したのですけど、よくよく考えたら、舞台なんだから文字でなく音で覚えればいいのでした。
でも漢字の意味を知った方が記憶に残りやすいのですよね。

ちょっと気になったのが、キャラクターのネーミングに雨冠の字が多く使われていること。
「雪」や「雲」、玲央様の狩雲霄(シュウンショウ)に至っては「雲」と「霄」のダブル。
そもそもタイトルからして「Thunderbolt/雷」ですね。

人智の及ばぬ自然現象を名前に取り入れることにより、キャラクターの人間離れした能力を表しているのでしょうか?
漢字の国の物語ですから、色々深い意味があるのかもしれませんね。

狩雲霄の舎弟、捲殘雲(礼真琴)の名にも「雲」があります。

浅からぬ縁(えにし)で結ばれた二人。
その名に同じ「雲」の字が使われているのは偶然でしょうか?

雨冠の文字なら他にいくらだってあります。
雫、雰、雹、霞、霧、霰…
なぜよりによって、こんなにも近しい関係の二人に「雲」の字を与えたのか?

その字が象徴するもの。
まじない的な意味合い。
古くより諱/忌み名の文化(言霊思想)があったことを考えると、「ただなんとなく」名付けられたとは到底思えません。
そこには必ず理由があるはずです。

「雲」がつなぐ二人の絆。
雲霄と殘雲が、その名に同じ文字を共有することには、何かしらの意味が含まれていると想像します。
雲霄→大空に浮かぶ雲。
殘雲→名残の雲、または雲の名残。

師である狩雲霄の志が弟子の捲殘雲へ引き継がれたことを、「雲」の字が象徴しているとも考えられます。

二人の名前は本名(生まれついてのもの)なのだから師弟関係とは無関係である、と思われるかもしれません。
確かに、これでは原因と結果が逆転した単なるこじつけとなってしまいます。

この考えに至った理由はひとつ。
「宿命」です。

師弟の出会いと別れ、そしてその後に至る道筋は、あらかじめ定められていた。
宿命づけられた二人の因縁。
そのキーワードとなるのが「雲」の字なのではないか?

狩雲霄の志は、残された捲殘雲の内に息づいています。
少年が一人前の男に成長するために必要なもの。
それを殘雲は雲霄から受け継いだ。
彼が真の英雄として歩んでいこうとするとき、傍らには常に師の教えがある。

二人の関係には善悪、好悪、曲直正邪を越えた、断ち難い縁を感じるのです。

原作と宝塚版では狩雲霄の最期の描かれ方にかなりの違いがあると伺いました。
この改変に原作ファンの方は色々と思うところもおありでしょう。
しかし、元の話を知らず今回の宝塚版で初めて『サンファン』の世界に触れた私には深く心を動かされるエピソードでした。
よろしければ、原作ファンの方のご意見・ご感想なども伺えましたら嬉しく思います。

ネタバレありの師弟の物語の感想については後ほど改めて。

○Thunderbolt Fantasy関連記事はこちら↓
予習嫌いの私が、初心者殺しの『星組サンファン』に挑んだ話│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
異色のヒーロー凜雪鴉(紅ゆずる)率いる絶品ピカレスク・ロマン│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
めちゃくちゃ面白い異世界ファンタジー!サンファン個別感想(七海ひろき/輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
私のハートも射抜いて!輝咲玲央が「弓の名手の豪傑」狩雲霄(シュウンショウ)に!│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**