FC2ブログ

康次郎はお澄のどこに惚れたのか?│ANOTHER WORLD個別感想娘役編(万里/音波/夢妃/綺咲)

主役の康次郎さん(紅)を筆頭に、周りを固める生徒さんの巧いこと。
どこにも引っかかりのないつるつるした進行で、ストレスなく物語に身を任せることができました。

面白いのは登場する女性の強さ。
可愛い顔して最恐のお澄さん(綺咲愛里)。
素っ頓狂な茶屋娘、初音さん(有沙瞳)。
したたかな三芸者、染次(紫りら)、蔦吉(白鳥ゆりや)、菊奴(小桜ほのか)。
男性陣がたじたじになる勢いで舞台をかき回します。

とくに気になったのは、康次郎の母の於登勢(万里柚美)と、奪衣婆の艶冶。

○於登勢(万里柚美)
皆から恐れられる閻魔大王を一撃で倒し、本物の鬼たちからも「鬼」呼ばわりされる於登勢。
康次郎が生き返ったとき、父親の金兵衛(美稀千種)は「幽霊やー」と逃げたのに対し、迷うことなく息子にすがりつく於登勢。
母の愛、母の強さがよく表れたシーンでした。

○艶冶(音波みのり)
奪衣婆にして閻魔大王の愛人、艶冶。
その正体は傾国の美女、虞美人。
康次郎お澄の純愛にうたれ、閻魔に囚われた二人を逃してやる役どころ。

白桃のように、しっとり瑞々しい美貌。
憂いを帯びた表情が、お澄の言葉により次第にほどけていくさまは花が開くよう。
かすかな笑みを浮かべて歌う『赤いけしの花』は深い余韻を残しました。
豊かな味わいのある、いい娘役さんです。

* * *

○お澄(綺咲愛里)
登場人物のなかで最も掴みどころがないお澄さん。

康次郎さんが一目惚れしたのも納得の、人形のような可愛らしさ。
虫も殺さぬ顔をして実は…というところに物語の面白さがあるのですが。

さて、どうして康次郎さんはお澄さんに心を奪われたのでしょうか?
高津の社で、ほんの一瞬すれ違っただけの二人。
言葉すら交わさなかった女性に恋煩いして死ぬなんてあり得ますか?

恋に理屈は無用。
それを分解しようなんて野暮の骨頂ですが…

ひとつには、お澄さんの才気にうたれたのかな?と。
『ANOTHER WORLD』の重要なモチーフとなる崇徳院の歌「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」。
名前すら知らぬ、しかし一目で心を通い合わせた男性に上の句を贈る。

贈られた相手にも相応の機知が求められます。
すぐさま下の句と結びつけ、そこに込められた女性からのメッセージを的確に受け取る力。
「いまは本意ない別れをいたしますが、いずれまた嬉しくお目にかかりましょう」

奥ゆかしくも、エスプリに富んだやり取り。
相手の顔も見ぬうちから恋歌を取り交わしつつ想いを深めていった王朝人のような恋の始まり。
恋煩いに胸を焦がし、やがて息絶えてしまっても不思議ではありません。

もうひとつ、奪衣婆の艶冶と対峙する場面。
「力拔山兮氣蓋世 時不利兮騅不逝 騅不逝兮可柰何 虞兮虞兮奈若何」
『垓下の歌』を聴き、艶冶の正体が虞美人であると悟ったお澄。
『史記』にまで通じているとは驚きです。

大店の娘であるお澄は絵草紙や芝居見物などで故事に触れる機会も多かったのでしょう。
しかしなにより、蓄えた知識をとっさに応用できる機転こそ、お澄さんの魅力のひとつなのです。
とてつもなく肝が座ってるところも含め、康次郎と二人、立派に誉田屋を切り盛りしていけるのではないかと思います。
義父の金兵衛さん以上に厳しい取り立てをしそうですが…

* * *

美人座の座長阿漕(夢妃杏瑠)と木戸番の小五郎(十碧れいや)の淡いロマンスも良かったですね。
ご卒業されるポコちゃん(十碧)と同期のあんるちゃん(夢妃)。
素敵なシーンでしたね。

ちなみに私、お澄さんの薄紫色の打掛がお気に入り。
ふわふわキラキラ、お花や蝶々がこれでもかと盛られ、とどめは三色団子のかんざし!
「宝塚だわー」としみじみ思える、夢々しくて可愛い大好きなお衣装です。

それにしても、お澄さんの打掛や、阿漕さんの「美人座」刺繍の俎板帯、康次郎さんのキラキラ天冠やコテコテ死装束は今後どうするんでしょうね?
使い回せるのかな…

○ANOTHER WORLD関連記事はこちら↓
生きている喜び、鮮やかに命の証を舞い踊れ│Killer Rouge個別感想
星男はチョンマゲの下に凄いものを隠してる―『Killer Rouge』の「色」について
私は「あの世」に恋してる│ANOTHER WORLD
いい仕事してますねぇ!鉄壁の二番手、礼真琴について│ANOTHER WORLD
身は離れても絆は消えぬ―幸せな時間をありがとうございました!│ANOTHER WORLD
「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD
“星組のブラックホール”輝咲玲央に吸い込まれる│Killer Rouge
源頼光様(輝咲玲央)に恋わずらい!│ANOTHER WORLD
あの茶 和~るど―ありがたや うんまいだ―【ANOTHER WORLD公演デザートレビュー】
限りなき愛の賛歌、谷正純先生の大傑作誕生!│ANOTHER WORLD

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**