FC2ブログ

浮世絵と宝塚歌劇│『浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…』展感想

町田市立国際版画美術館で開催中の『浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…』を観てきました。
img-20180611_5.jpg
江戸期に隆盛を極めた浮世絵版画。
しかし明治に入ると新聞や写真などに押され、衰退していきました。
そんな状況を救ったのが、オーストリア出身の版画家フリッツ・カペラリを始め、ヘレン・ハイドやエミール・オルリックら、ジャポニズムの影響を受けて来日していた外国人たち。
彼らと、「渡辺版画店(現:渡邊木版美術画舗)」を営んでいた渡辺庄三郎の協力により、浮世絵の近代化、復興が実現されたのです。

「新版画」と呼ばれるそれらの作品、前後期合わせて約300点を集めたのが今回の展示。
せっかくなので、宝塚歌劇や歌舞伎など舞台芸術に関わりのある作品を中心に取り上げます。
(一部作品撮影可)

まずはサブタイトルにもある「深水の美人」。
深水とは、宝塚歌劇団の娘役として活躍された朝丘雪路さんのお父様でいらっしゃる伊東深水画伯のこと。
深水の美人画の特徴は匂うような健康美。
湯上がりの上気した肌や襟足、乳房の柔らかさ。
触れれば体温を感じられそうなぬくもりは木版ならでは。

橋口五葉の『浴場の女』。
img-20180611_10.jpg
同じ橋口の『夏衣の女』の顔が当代の坂東玉三郎そっくりで驚きました。
「絵に描いたような美しさ」という言葉がありますが、玉三郎をモデルに描いたかと思うほど。

玉三郎つながりで、山村耕花(豊成)の『梨園の華 十三世守田勘彌のジャン・バルジャン』。
img-20180611_7.jpg
玉三郎の養父が十四世守田勘彌、十四世の養父が十三世ですので、玉三郎は十三世の孫にあたるのですね。
鬼気迫る表情、一瞬を見事に捉えた一枚です。

こちらも耕花(豊成)の『四世尾上松助の蝙蝠安』。
img-20180611_11.jpg
他にも、大橋月皎の『六世尾上梅幸(?) お富』のゾクッとするような色気。
役者の人格まで写し取るような役者絵の数々は見応え充分。

小早川清の『ダンサー(レヴュー)』。
1932年の作品です。
img-20180611_6.jpg
関東大震災から復興を遂げた新東京で流行したレヴュー。
浅草松竹座や東京宝塚劇場のダンサーがモデルとされています。

同じく、小早川の『近代時世粧ノ内 六 口紅』。
img-20180611_9.jpg
バラのかんざし、棒紅、指輪、腕時計…
「モガ」と呼びたくなるような風情。
襟元にパイナップルらしき模様が見えるのも面白いですね。
その時代の風俗を写すのが“浮世”絵の使命とすれば、この美人画はまさにその役割を果たしていると言えます。

* * *

サブタイトルのふたつめ「巴水の風景」。
実は私の第一目的はこちらでした。
川瀬巴水、大好きなのです。

『東京十二題 深川上の橋』。
img-20180611_12.jpg
『旅みやげ第一集 十和田湖千丈幕』の深い湖水、『旅みやげ第二集 小千谷旭橋』の水面に映る月影、水をかく櫂の音すら聞こえそうな静けさ。
『東京二十景 神田明神境内』、同じく『桜田門』、『荒川の月(赤羽)』、『馬込の月』、いずれも深い青が印象的。
この馥郁とした青色は、印刷では決して再現できるものではありません。
是非、本物をご覧ください。

『日本風景集 東日本篇 平泉中尊寺金色堂』の冴え冴えした月明かりの表現も見事。
巴水は撮影不可の作品が殆どでしたので、よろしければこちらをどうぞ。
渡邊木版美術画舗│川瀬巴水
ため息が出るばかりです。

* * *

思いがけず嬉しかったのは、最後に大好きな橘小夢の作品を見られたこと。
淫靡で悪魔的な美しさをたたえた『唐人お吉』、『お蝶夫人』、『澤村田之助』の三作。
とどめは、突き抜けた妖しさが魅力の小村雪岱で幕を下ろします。

新版画誕生のキーマンとなったカペラリやハイド、全盛期を築いた深水や巴水、そして、小夢や雪岱。
新版画の成り立ちから発展までを辿った『浮世絵モダーン』展、おすすめです。

東京は今週末までですが、三重県のパラミタミュージアムで巡回展示が行われます。
12月6日(木)から2019年1月14日(月・祝)まで。
お近くの方、どうぞお運びくださいませ。

○浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…
会期/2018年4月21日(土)~ 6月17日(日) ※月曜休館
開館時間/平日10:00~17:00(入場は16:30まで)、土日祝10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場/町田市立国際版画美術館(東京都町田市原町田4-28-1)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは!

浮世絵展、面白そうですね!
300点もあるなんて、ひとつひとつの作品に見入っていたら
あっという間に閉館になっちゃいそうです。
町田かー、、、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら。

Re: No title

>黒猫さん

こんばんは!
面白いですよー!

着物のデザインや小物合わせなど、黒猫さんならすごく楽しめると思います。
トランプ柄の着物がすごく可愛かったですよ。

絽や紗の着物の表現も美しくて、見応えありました。

前期後期合わせて300点なので、実際はもう少し少ないかな?

駅からちょっと歩くので、歩きやすい靴がおすすめです(^o^)
非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**