FC2ブログ

『あかねさす紫の花』ゆかりの地を訪ねて―万葉ロマンの里、奈良・明日香村漫遊記

先週末、花組博多座公演『あかねさす紫の花/Santé!!』を観てまいりました。
みりおさん(明日海りお)の大海人皇子、ゆきちゃん(仙名彩世)の額田女王、ちなつさん(鳳月杏)の中大兄皇子、れいちゃん(柚香光)の天比古。
ハマりにハマったキャスティングで大満足!
大好きな万葉ロマンの世界を、宝塚の舞台を通して味わえる喜び!

というわけで今日の記事は、『あかねさす紫の花』ゆかりの地、奈良県明日香村について。
宝塚作品との関わりを織り交ぜながら進めます。
(画像は5年前、2013年の秋に訪れたときのもの。まさか今になって日の目を見るとは)

蘇我氏の邸宅があったという「甘樫(あまかし)の丘」から明日香村を一望。
img-20180516_1.jpg
花野じゅりあさんが演じた皇極(斉明)天皇の住まい『飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)』跡も見えるはず。
中大兄皇子らが蘇我入鹿を討った『乙巳の変』の舞台ともなった場所です。

允恭天皇の時代にはここで盟神探湯(くがたち)が行われたそう。
盟神探湯と言えば、花組ファンにはおなじみですね。
『邪馬台国の風』で、みりおさん演じるタケヒコが見事、身の潔白を証明しました。
どうしてタケヒコは火傷もせず、平気でいられたのでしょうか??
妙に耳に残る「♪くがたーちー、くがたーちー」のメロディと共に忘れられない場面です。

ちなみに允恭天皇は、『月雲の皇子』の木梨軽皇子(珠城りょう)と穴穂皇子(鳳月)の父でもあります。

飛鳥板蓋宮近くの田んぼの中に素朴な石積みの塔がポツンと立っています。
入鹿の首塚です。
1,400年近くも昔の名残りと現代が何気なく隣り合っているのが、なんとも不思議な気分です。

北に目を向けると、大和三山を一目で見渡せます。
北西の方向に畝傍山。
img-20180516_5.jpg
北に耳成山、その手前が香久山。
img-20180516_4.jpg
「香久山は 畝傍を愛しと 耳成と あい争いき 神代より かくなるらし いにしえも しかなれこそ 現身も 妻を争うらしき」
畝傍山の女神に恋した香久山と耳成山の神に、自分たちの関係をなぞらえた中大兄皇子。
「畝傍(額田女王)も困ったろうな」という中大兄の台詞、突き刺さるようでしたね。

『百人一首』でおなじみの「春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣干したり 天香具山」は、持統天皇(鵜野皇女:華優希)が詠んだ歌ですね。

甘樫の丘の東に入鹿の首塚。
さらに東に入鹿の祖父、蘇我馬子が開いた飛鳥寺(法興寺)があります。
こちらの御本尊「飛鳥大仏」は、天比古が憧れた止利仏師(鞍作鳥)が手がけたと伝えられています。

馬子の墓と言われる「石舞台古墳」。
img-20180516_2.jpg
中に入ることもできます。
石に覆われた内部はひんやりとして、古代とのつなぎ目に立ったような厳粛な気持ちになります。

奈良県桜井市の談山神社にある『多武峰縁起絵巻』には、入鹿暗殺の場面が生々しく描かれています。
クーデターは皇極天皇の目の前で行われました。
血しぶきを上げる胴体から離れた首は、天皇との間を隔てる御簾に噛み付いているようにも見えます。
入鹿は彼女の寵愛を受けていたとする説を思うと、やるせない気持ちになりますね。
栄華を誇った蘇我四代の幕切れは酷く儚いものでした。

乙巳の変後、皇極天皇は退位し、弟の孝徳天皇が即位しますが、孝徳天皇が崩御すると、皇極天皇が再度天皇の位に立ち(重祚)、斉明天皇となります。
やがて時代は中大兄(天智天皇)と大海人(天武天皇)のものに。

かつて激動の舞台となった場所に自分が立っていること。
蘇我馬子や入鹿が見たであろう、同じ景色を眺める不思議。
歴史を肌で感じられる大好きな場所です。
img-20180516_3.jpg
最後になりましたが、奈良市内から明日香村へ向かう近鉄橿原線にある「新ノ口駅」。
近松門左衛門が書いた人形浄瑠璃『冥途の飛脚』の主人公、亀屋忠兵衛の故郷「新口村」の入り口です。
宝塚では『心中・恋の大和路』として再演を重ねています。
新ノ口駅の線路沿いに「梅川忠兵衛」のモニュメントがありますので、是非チェックしてみてくださいね。

奈良国立博物館で開催される『正倉院展』に合わせて旅するのもおすすめ。
会期中の金土日祝日は20時まで開館していますので、昼間は明日香村を訪れ、夕方から正倉院展というコースもありです。

余談ですが、この時代を取り上げた読み物としてお気に入りなのが、哲学者の梅原猛先生が書かれた『隠された十字架―法隆寺論』。
エキサイティングな内容で、古代史に興味を持つきっかけになりました。

長くなりましたので、『あかねさす紫の花』の感想はまた後日。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**