FC2ブログ

世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY

としさん(宇月颯)との出会いは、第二次ヅカブームのきっかけとなった『アルジェの男』のラストシーン。
主人公は霧矢大夢演じるジュリアン。
貧民街に生まれ、女性たちの愛を踏み台にのし上がり、栄光を目前にして、愛のしっぺ返しを食う男。

〽泥にまみれた俺の青春 暗い惨めな俺の青春

叩きつけるような影ソロ。
鼓膜を突き抜け、ダイレクトに脳を刺激する力。
「この歌手は誰?」

いつか陽の当たる道を登っていこう、輝くような黄金の道を…
志半ばにして空しくなったジュリアンの無念が、聴く者の胸に染みとおる。
その歌声の持ち主が、としさんだったのです。

あれから、7年。
宝塚生活最後の公演を迎えられたとしさん。
お芝居でもショーでも美声を披露されていますが、圧巻はデュエットダンスの影ソロ。

初めて聴いたときの衝撃は、体が覚えています。
背中が椅子に押しつけられるような圧。

劇場を赤く染め上げるエモーショナルかつドラマティックな歌声。
燃え尽きて崩れ落ちる寸前のアジトで、ぶつかり合い、命と引き換えにひとつに溶け合おうとする男と女。

互いに銃を突きつけ合っても、引き金を引くことはできず。
ついには銃を捨て、素手でつかみ合う。
かつてないほど激しく、愛憎渦巻く、芝居仕立てのデュエットダンス。
ただでさえ濃密な感情に支配された場面に、としさんの歌声が拍車をかけます。

身じろぎひとつせず、息を詰めて見守る観客。
目はダンスへ、耳は歌声へ。
空気の密度が変わり、劇場がひとつになります。

クライマックス。
〽善と悪よ 抱き合え 地獄に落ちても 共にゆけ 罪人 ふたり

すべてが解き放たれ、爆発音すらかき消すように響き渡る歌声。
炎の中に姿を消すふたり。

激しい高揚からの沈静。
一本のお芝居を観終わったような充足感。
素晴らしいドラマでした。

音響の具合もあるのでしょうが、大劇場で聴いたときは劇場内壁に反射した音に包み込まれるよう。
東宝では体の中を気持ちよく吹き抜けるように感じました。

宇月颯の集大成である『罪』の歌声。
としさんが今まで演じてこられたすべての役が息づいているように感じられます。
クール、阿久津、アトス、運転手、浅井長政、ヴィトー、飯沼…

渋くて、温かくて、知的で、頼り甲斐があって、時々やんちゃで…
全体をピリッと引き締めるスパイスのような役者ぶり。
キレよく、しなやかで、言葉より雄弁なダンス。
磨き上げられた、美しい男役さんです。

そして、ラストダンスは『魂』。
重力を感じさせない軽やかな身の運び。
満面に浮かぶ透き通った笑み。
何もかもが削ぎ落とされた清々しさ。
こんなにも満ち足りた時間を共有できることは、観客にとっても大きな喜びです。

「颯」のお名前通り、力強く爽やかな風のような男役さん。
風薫る5月、ご卒業の日まで健やかに舞台を務められますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○宇月颯関連記事はこちら↓
美弥アラミス・宇月アトス・暁ポルトス・蓮パスカル・風間ジョルジュの好きなところ│All for One
大劇場と東京は別物!?│グランドホテル台詞追加・演出変更点
「○○しちゃいなさいよ」不気味な存在感が光る宇月颯│グランドホテル
金で幸せは買えないが、金で手に入る幸せはある│グランドホテル
“運転手=宇月颯”にガッツポーズ!そしてダメンズ(?)珠様の魅力―『グランドホテル』配役発表

○BADDY関連記事はこちら↓
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**