FC2ブログ

タイムリー!読売新聞夕刊に実咲凜音さんの記事

いよいよ明日、人生初の生エリザ!
一足先に観てきた友人の熱ーーーい感想を聞いて、イメージトレーニングを積んでた私。
果たして一回で全部観きれるんでしょうか?

観るべきところも、聴くべきところも沢山ですよね?
なにはともあれ、エリザベートの世界そのものを全身で受け止めて来たいと思います!
楽しみー!!
と、浮かれながら夕刊を開くと、赤いワンピースのスレンダー美女が目に飛び込んできました。
みりおんちゃん(実咲凜音)だー!

毎月第三水曜日掲載の読売新聞夕刊『タカラヅカ 新たなる100年へ』というコーナー。
いつも楽しみにしていますが、まさに明日『エリザベート』を観に行くタイミングで、みりおんちゃんの記事が読めるなんてタイムリー!
お稽古中に迷いが生じた時は過去の公演の映像を観て勉強したこと。
『私だけに』の歌の難しさ。
日々深みを増しているまぁ様(朝夏まなと)トートのこと。
自身の退団のこと。
舞台の必需品について。
短い記事ですが、充実した内容でした。

特に興味を引かれたのは、この部分。

エリザベートは、木登りでスリルを味わうなど小さい頃から死に興味があったと思います。死との近さを感じやすい2幕だけでなく、1幕中にも死を感じていた部分を持っていなきゃいけない。だからこそ、生きるエネルギーも一緒に持っていた人だと感じます。


意識的か無意識的か分かりませんが、幼い頃より“死”に親しみがあったのではないか、と考えるみりおんちゃんのエリザベート。
そんなところがトートを呼び寄せたのかもしれないなぁと思いました。
明日は、そのあたりを意識して観てきます!

ナイスタイミングな記事のおかげで益々観劇が楽しみになりました。
『最後のダンゴは俺のもの♪』も食べなきゃ!
キャトルレーヴにも寄って、珠様表紙のGRAPHを買わなきゃ!
TCAオンラインで見ましたが、メイクのせいかいつもより鋭い印象で素敵ですね。
七三分けも新鮮。
秋らしい別珍のジャケットもいいですねー。
(七三だの別珍だの昭和な言い回しでごめんなさい!いまどきはなんて呼ぶんでしょうね?)

あぁ、明日が待ち遠しい!
とりあえず、公式サイトのかけるちゃま(風馬翔)とそらちゃん(和希そら)のスチールを眺めて寝ます。
今回は留依蒔世ちゃんも含めて、好きなジェンヌさんが殆ど黒天使に配役されているので、観るのが忙しくなりそうです。
それぞれ工夫を凝らしたメイクやヘアスタイルで楽しいですね。
蒔世ちゃんはどんな扮装なのかな?
明日、確認してこよう。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**