FC2ブログ

言葉の貯金をしませんか?齋藤孝と浦松佐美太郎│『語彙力こそが教養である』読書記録

声に出して読みたい日本語』や『三色ボールペン情報活用術』などの著書でおなじみの齋藤孝さん。
彼の『語彙力こそが教養である』が面白いと聞き、早速読んでみました。

あなたの語彙レベルはどれくらい?


日本語の90%を理解するのに必要な語彙数はおよそ1万語だそう。
ところが、英語は日本語の三分の一にも満たない3000語。
スペイン語やフランス語に至っては2000語足らずで用が足りるそうです。

なぜ、日本語はこんなにたくさんの語彙が必要なのか

・片仮名を持っているため、外来語を取り入れやすい。
・日本古来の言葉の大和言葉(和語)と、外国から伝わった漢語が入り混じっている。
・造語がしやすく、次々新しい言葉が生み出される(例:咲き乱れる=咲く+乱れる)。

日本の大学生の語彙の平均は約5万語だそう。
自分はいくつの言葉を知っているのか?
書き出すのは難しいですね。
日常生活には困らないので人並みの語彙を有していると思いますが…

言葉は自己と外界をつなぐ架け橋である


本の帯に書かれた宣伝文句はストンと腑に落ちるものでした。

思考は、頭のなかで言葉を駆使して行われます。
つまり、何かについてじっくり考えて意見を持つためには、先にたくさんの言葉をインプットすることが必要不可欠です。
英語が苦手な人は、英語で深く思考することはできないでしょう。
それと同じように、乏しい語彙力では、それをとおした狭い世界しか見ることができません。


なるほどー。
「自分の思考は自分が持つ語彙の範囲にしか広がらない」
なかなかショッキングな言葉ですね。

自分の胸にある名付けようのない感覚に名前がついたとき、未知の正体が明らかになるのです。
例えば「寂寥感」。
心の空洞を乾いた冷たい風がカラカラと音を立てながら吹き抜ける感じ。
身の置き所がないような寂しさを表す言葉が見つかった時、目の前の霧が晴れる気持ちがしたものです。

この感覚には名前がある。
つまり、この虚しさは自分特有の感覚ではない(みんなも感じている)という、ある種の心強さもあったかもしれません。
このように、言葉は自己と外界をつなぐ架け橋となるのです。

言葉なしには何も考えられない


『語彙力こそが教養である』を読み進めていた同じ頃、たまたま手に取った雑誌に載っていたのが、浦松佐美太郎のエッセイ『言葉について』。
1977年、ちょうど40年前に書かれた文章ですが、似たような内容が論じられていました。

私たちが、ものを考えるのは、言葉を使って考えるのであって、言葉なしには、何も考えられないはずである。
人間がものを考えることが、できるようになったのは、言葉というものを造り出したためである。(中略)
一番いけないのは、どんな言葉を使って、ものを考えたらいいのか、その使う言葉が分からないために、頭の中が混乱してしまうのだと思われる。
つまり考えるためには、それに必要な言葉の、それぞれの意味を、はっきりさせ、それを記憶しておくことである。


語彙が表す「概念」が乏しければ、自己の「観念」までが狭められる
また、他者の言葉を正しく理解する機会が失われる可能性がある。
「語彙を増やさなくちゃ!」という気分にさせられます。

美しく、豊かに、言葉の貯金を増やしませんか?


『語彙力こそが教養である』に書かれた語彙を増やすトレーニング法の章は正直物足りなく思う部分もありましたが、効果的なアウトプット法などは参考になりました。

より多くの語彙を身につけることは、手持ちの絵の具が増えるようなものです。
8色の絵の具で描かれた絵画と、200色の絵の具で描かれた絵画。どちらの絵が色彩豊かで美しいか?(略)
語彙力を身につけることは、いままで8色でしか表現できなかった世界が、200色で表現できるようになるということなのです。[語彙力こそが教養である 角川新書 p.5]


なるほどー。
より多くの語彙を身に着けて、200色から500色、500色から1000色、そして更に上の世界を目指したいものです。

最後にまた、浦松佐美太郎の言葉。

自分の使う言葉については、その意味を十分に知り、それをいつも間違いなく使う、というところから、人格が作られていくのだと言っても、間違いないようである。
なぜならば、その人の人格とは、なんのかかわりもないような言葉は、どんなに巧みに、使いこなしたように見せかけても、それは必ず破綻するに違いないからである。
昔の人は、「文は人なり」と言っている。
これを「言葉は人なり」と、言い替えてもいいのではないか。


「言葉は人なり」。
強く頷ける言葉です。
Twitterなどでの短い言葉でも、発信者の人柄が如実に表れます。
いわんや、より多くの語彙が含まれる会話・文章をや。

「言葉が人格を作る」。
身の丈に合った言葉を選び、使いこなすことによって、中身も磨かれていったら素晴らしいですね。
美しく豊かな言葉の貯金を増やし、正しく活用していきたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**