FC2ブログ

いつ演るの?今でしょ!―神がかり的キャスティングのAパターン│博多座 あかねさす紫の花

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」

“古代において、異性に向かって手(袖)を振るのは、恋しい人の魂を自分の方へ引き寄せようとする愛の仕草であった。”
授業で習ったとき、たちまち色鮮やかな情景が目に浮かび、胸をときめかせたものです。

一面の紫草の花畑。
人目もはばからず、いとしい相手に向かって袖を振るひとりの男性。
喜びを覚えつつ、誰かに見られたらと心穏やかでない女性。
このふたりは一体どんな関係なのか?

「紫の 匂える妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに われ恋ひめやも」

女性は額田女王、男性は彼女のかつての夫である大海人皇子。
万葉集に収められた歌のなかで最もよく知られた二首です。

一見、相聞歌のようですが、そうではありません。
蒲生野の薬狩行事の後の宴席で詠まれたものなのですね。
もちろん、宴の主役である額田の現在の夫、中大兄皇子(天智天皇)もその席にいます。

額田は「君」を特定の誰、と想定していなかったのかもしれません。
場を盛り上げる座興として、当代一流の歌人が詠んだ、何ということない歌のひとつ。
対する返歌も、ちょっと際どい大人の味。
そんなに深い意味はありませんよ、宴の席のほんの戯れなのですよ、と。

しかし、果たしてふたりの間にどんな想いがあったのか、今となっては知り得ぬことです。

若き日の愛の嵐も、時を経て優しい凪となったのか。
それとも、わずかなきっかけで再び燃え上がる熾火を、まだ互いの胸に秘めているのか。

* * *

残された三十一文字(みそひともじ)に込められた想いを形にしたのが、柴田侑宏先生の『あかねさす紫の花』。
配役発表されたときの喜びと言ったら!

みりおさん(明日海りお)の大海人皇子。
ゆきちゃん(仙名彩世)の額田女王。
ちなつさん(鳳月杏)の中大兄皇子。
れいちゃん(柚香光)の天比古。

「いつ演るの?今(の花組)でしょ!」というハマりっぷり!
この布陣での上演を待ち望んでいたかのような、神がかったキャスティングです。

妻と兄の板挟みになる大海人が素晴らしくて…
耐え難きを耐え、悶え苦しむ様すら美しいみりおさん。
ぴったりの言葉が見つからず、もどかしいのですが、あえて表すなら「最高!」でした。

そして、ちなつさんの中大兄。
これまた「最高」!
私の周りのヅカ友さんたちは口を揃えて「ちなつさんの色気が凄かった」と仰るのですが、本当に色気が凄い!
ほとばしるような「陽」の色気ではなく、しっとり滲み出るような「陰」の色気。
自信に満ちた大人の男の色香を醸し出せる、貴重な男役さんです。

大海人と中大兄の違いは、それぞれの歌にある「君を恋い 君を慕い(大海人)」と「私はあなたが欲しい どうしてもあなたが欲しい(中大兄)」に端的に表れていると思います。

やや消極的とも思える大海人に対して、非常に能動的な中大兄。
額田を優しく包み込み、彼女の心変わりを悟っても、表面上は黙って受け容れる大海人。
実の弟の妻であってもお構いなし、強引に奪い取る中大兄。
現代の感覚では馴染みにくいですが、古代の高貴な人々の間ではタブーではなかったのですね。

替わりに、大海人には中大兄の娘が与えられます。
のちに持統天皇となる鵜野皇女(華優希)を始め、彼はじつに4人も兄の娘を娶っているのですね。
「額田と交換ですか?」と詰め寄る弟に、「そうではない」と答える中大兄。
さらに、中大兄の息子である大友皇子(愛乃一真)は、大海人と額田の一人娘、十市皇女(音くり寿)と結婚。

血縁の結びつきをより強固にしようとする中大兄。
政略結婚とはそのようなものと分かっていても、個人の心が無視され、物のように扱われるこの場面は観るのが辛いですね。

兄に妻を譲る替わりに、兄の娘をあてがわれる。
政治的意味合いが強いにしても、非道な話です。
「はい、そうですか」と簡単に切り替えられるものではありません。

行き場を失った大海人の愛はどこをさまようのか?
時が経てば、愛は形を変え、心は凪いでいくのか?
否、そうではありません。

いかに遠く離れても、時が過ぎても、絶えることはない炎。
子まで成した妻を理不尽に奪われた苦しみ。
かつての妻への愛は、いや増すばかり。
「人妻ゆゑに われ恋ひめやも」
そこにドラマが生まれます。

大海人・額田・中大兄・天比古の四角関係。
主要キャスト以外もそれぞれがハマりにハマった配役で、存分に万葉ロマンの世界に浸ることができました。
生徒さん個別の感想はまた後日。

○『あかねさす紫の花/Santé!!』関連記事はこちら↓
美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座『Santé!!』
『あかねさす紫の花』ゆかりの地を訪ねて―万葉ロマンの里、奈良・明日香村漫遊記

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**