FC2ブログ

愛希れいかはどこまで翔ぶのか?―狂女から青年王まで―│All for One

『All for One』MY初日まで極力内容に触れないよう、必死に“見ざる聞かざる”していた私。
とは言え、ちらりちらりと視界をよぎる「ルイ」「ルイーズ」の文字。

てっきり、ちゃぴちゃん(愛希れいか)が男女の双子を演じ分けるのかと想像してました。
で、珠タニアンは妹のルイーズと結ばれるのかなー、なんて。

…ぜーんぜん違うお話でしたね!

それはさておき、宝塚ファンの間で、よく聞かれる表現に「今の○組にしかできない演目」がありますが、小池三銃士はまさにコレ。
誇張なく、この言葉そのままの物語が繰り広げられました。
ルイ(ルイーズ)は、ちゃぴちゃんの元男役のキャリアをフル活用した役どころでした。

ルイが下着姿で「私は女です!」と叫んだのには、ぶったまげました!

いやー、もう小池先生の思惑通りです。
見事に驚かされました。

ちゃぴちゃんの転向前はヅカ離れしていた時期と重なるので、男役声を聴いたのは初めて。
なかなか良い声ですね。
回を重ねるにつれ段々声が太くなっていったような…?

初めて、女の子として他者と触れ合う。
その瑞々しい戸惑い。

ルイとルイーズの切り替え、これが絶品。
声色から仕草まで徐々に、男から女へ、その逆へ。
軽やかに飛び越える様には畏敬の念すら抱きます。

特筆すべきは、ダルタニアンと出会い、恋をし、ぐんぐん女の子らしい可愛さが勝っていく姿。
不思議と、ルイに戻った時にもそれまでの生硬さが影を潜め、潤いが増しているのが感じられるのですよね。
女性としての自我の目覚め、内面が外面に滲み出す様子が手に取るよう。

舞台以外の場面、公の場でのトークなどではあどけなく、頼りないような印象を受けることもあるちゃぴちゃんですが、舞台に乗れば豹変!!

新コンビお披露目からバラエティに富んだ役柄が続きました(中には、いわゆる主演娘役の枠から外れるような役も)。
夫に背いた狂女、落ち目の中年バレリーナ、すれっからしの色芸者、そしてついには青年(!)王。
しかし、全ての役、全ての場面で想像を越えるパフォーマンスを提示し、観客を魅了しました。

芝居・ダンス・歌、どれも高いレベルで安定するちゃぴちゃん。
パフォーマーとして、とても好きです。
「次は何を観せてくれるのか?」
「どんな高みまで私たちを導いてくれるのか?」
常に“Next One”が気になる役者です。

彼女には、舞台の中心に立ち、ひとつの場面を牽引できる輝きがあります。
例えば『GOLDEN JAZZ』のアフリカ、『カルーセル輪舞曲』のニューヨーク。
技能も存在感も“愛希れいかありき”のシーンでした。
男役を従えて踊る娘役、これは稲葉先生の好みなのでしょうか?

しかし、観客は決して宝塚の舞台にアマゾネスを求めているわけではありません。

お芝居のラスト。
「俺は生き方を曲げない」
「私も生き方を曲げない。どこまでもあなたに付いていく」
この結末は、宝塚における愛、その描き方にまたひとつの新しい型が加わった瞬間だと感じられました。

強く、逞しく、自分の足で立つことのできる女性像を体現するちゃぴちゃん。
そんな彼女が、相手役(珠城りょう)に向き合う時に浮かべる初々しく可憐な表情。
フィナーレのデュエットダンスは比翼の鳥のごとく。

自由に羽ばたく強い娘役を、おおらかに包み込む度量を持ち合わせた珠城りょう。
素晴らしいバランスで成り立つ月組トップコンビ。
その持ち味が存分に活きたからこそ『All for One』は好評を博したのでしょう。

それぞれが別の場所でいい仕事をして、ふたり並んだ時に観客の胸をときめかせるような、愛に溢れる場面を作れるコンビ。
ふたりに望むのは更なる高み。
次に彼らが見せてくれるのは、どのような景色か。
心待ちにしております。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『All for One』関連記事はこちら↓
1.One for all,All for one!やったー!月組にぴったり!浪漫活劇!三銃士!!
2.月組演目発表から一夜明け…皆さまのストーリー予想鋭すぎ!
3.予想通り『ちゃぴちゃん=ルイ14世』でしたね│ALL FOR ONE
4.珠様に惚れ直す!All for Oneのヴィジュアルがカッコいい!
5.【ヒゲ・ロンゲ・チョンマゲ】3つの毛が似合う男(役)珠城りょう│All for One
6.ちゃぴちゃんの奥様がくらげちゃん!?紫子的展開なのか!?│All for One
7.All for One│大劇場 歌劇の殿堂 衣装コレクション
8.私も食べたいよう!ダルタニ杏仁│All for One
9.千海華蘭・輝月ゆうま・月城かなと…護衛隊は顔採用なのか?│All for One
10.満足度無限大∞!月組に新たなる傑作誕生!│All for One
11.ようやく珠ちゃぴでハッピーエンド!(長かった…)│All for One
12.ダルタニ杏仁&Soleil~たべてみたよう・のんでみたよう~│All for One
13.珠ダルタニアンの好きな台詞Best3「俺はここだよ」「ごめん」…そして1位は?│All for One
14.世紀の壁男、ベルナルド=美しき変人、月城かなと│All for One
15.愛(希れいか)あればこそ、小池三銃士+宝塚“キスの流儀”│All for One
16.長くヅカ離れしてた方と『All for One』観劇!お気に入りはアラミス様ですって!
17.キーワードは5つの“快”!大スペクタクル月組版三銃士、面白さの秘密│All for One
18.目が足りないってこういう事!?All for Oneのおかげで動体視力が良くなった(気がする)話
19.“鋼鉄の天使”千海華蘭から目が離せない│All for One
20.くらまがグラマー!なぜモンパンシェ公爵夫人は20年もルイを想い続けたのか?│All for One
21.百花繚乱、月組の女優たち―娘役の理想形とは?│All for One
22.All for One/鳳凰伝│日比谷シャンテ 宝塚歌劇 月組ステージ衣装コレクション
23.愛希れいかはどこまで翔ぶのか?―狂女から青年王まで―│All for One
24.珠タニアンの好きなところ、仕草、衣装など、まとめ│All for One
25.13日の金曜日なので、夢奈瑠音マチューについて語ります│All for One
26.美弥アラミス・宇月アトス・暁ポルトス・蓮パスカル・風間ジョルジュの好きなところ│All for One
27.恐るべし、世紀の色男アラミス。またひとり、女性を虜にした│All for One
28.【公演ドリンクレビュー】月組『All for One』 ベルフォンテーヌ/Soleil(太陽)☆☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト



コメント

※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**