FC2ブログ

百花繚乱、月組の女優たち―娘役の理想形とは?│All for One

『All for One』の何が楽しいって、演じ手自身が舞台を楽しんでる様子がダイレクトに伝わってくること。

特に、娘役さんたちがいつも以上に生き生きしている!
ヒロインのちゃぴちゃん(愛希れいか)始め、満開の花園を見るようです。

【月組娘役三羽烏│憧花ゆりの・白雪さち花・夏月都について】
任せて安心!歌に、芝居に、抜群の安定感を誇る三人。
『芝居の月組』に欠かせない役者たち。

* * *

まずは、すーちゃん(憧花)。
聡明で、したたか。
大きな愛を胸に秘めた女性、アンヌ。
ラストシーン、ふたりの子どもたちに注ぐ視線の限りない優しさ。

張りのある明晰な台詞が場面を引き締めます。
彼女の声、好きです。
一言発しただけで「○○さんだ」とわかる声は、役者として得難い財産。

笑いのコントロールも絶妙。
月組生全員に言えることですが、大仰に笑いを取ろうとせず台本に書かれた台詞と間合いのみで、観客の心を揺すぶるのが素晴らしい。

* * *

お次は、さちかちゃん(白雪)。
剣戟一座のおかみさん、シモーヌ。
拾い子だったジョルジュが実は…という役どころ。
息子を拾った時の状況説明では、背景に暗い森と幼子が眠る籠が見えるような錯覚を覚えます。
ここにも温かな情愛に溢れた母親がいます。

エトワールは胸のすくような歌声。

* * *

ルイ(ルイーズ)を見守る乳母マドレーヌは、なつこさん(夏月都)。
ラストシーン、ルイーズの背中を押すように黙って両手を差し伸べる。
アンヌやマドレーヌの胸から羽ばたき、愛する人との一歩を踏み出すルイーズ。
一抹の寂しさを抱えながらも、ルイーズへ贈る精一杯のエールのようで胸に迫ります。

【可憐な花々│早乙女わかば・海乃美月・美園さくらについて】

マリア・テレサのくらげちゃん(海乃美月)、最高ですね!
突き抜けたコメディエンヌっぷりが清々しい!
初登場時からジョルジュに視線釘付けでしたものね。
思いがけず、理想の“筋肉もりもり君”と添えることになり、私まで嬉しくなってしまいました。

マザランの姪では、マリーアンヌの美園さくらちゃんがパッと華やかで目を引きます。
愛くるしいお顔に、抜群のスタイル。
押し出しも良く、大輪の薔薇のよう。

さくらちゃんがゴージャスなピンクの薔薇なら、マリー・ルイーズのわかばちゃん(早乙女わかば)は可愛らしい紅薔薇。
くるくる変わる表情の豊かさが魅力。
ふくれっ面も憎めないですね。

同じ花でも個性の異なる彼女たち。
ちゃぴちゃんやさくらちゃんは、舞台の真ん中に立って、周囲をぐいぐい引っ張れる立役系娘役。
わかばちゃんは、男役さんに寄り添うことで一層輝きを増すタイプの娘役さんでしょうか?
可憐な美女がなよやかに寄り添えば、男役がより強く頼もしく見える。

どちらのタイプがより良い、ということはありません。
男役さんも様々、娘役さんも様々。

しかし、「娘役は添え物、かすみ草であれ」という考えには賛同しかねます。
舞台を盛り上げる役者同士、ぼんやりしていると食われかねないくらいの緊張感をはらんだ関係が望ましいですね。
ただし、あくまでもたおやかに。

女性が男性を演じる宝塚。
男役とは、男性を一度分解し、その美点のみを抽出し、再構築した“超男性”であると言えます。
そんな男役と並ぶには、娘役もまた生身の女性を超えた“超女性”であることが求められるのです。

男役と娘役、それぞれのあらまほしき在り方とはどのようなものか?
娘役は男役をよりカッコよく、男役は娘役をより美しく見せられること。
互いの良さを引き立て合う関係が理想的と考えます。

* * *

…と、書いておいてなんですが、今回は戦う娘役さんも見どころのひとつ。

ロシュ城では看守を絞め落としたり、クライマックスの王宮シーンでは護衛隊士に鮮やかな飛び蹴りをお見舞いするシモーヌ(強い)。
他の娘役さんも負けてません。
彼女らの蹴りに合わせて、それらしいSEが入るのも可笑しいですね。
羽交い締めされたロベール(千海華蘭)にパンチを入れる娘役さんを観た時はびっくりでした。

丸腰で護衛隊と互角に戦うなんて…
『最強』の称号を戴くのは、ダルタニアンでも銃士隊でも護衛隊でもなく、ひょっとして女性たちなのでは?と思いますよね…

逞しい娘役に、か弱い(?)男役。
これもまた月組のひとつの伝統なのかしら?
(カルーセル輪舞曲のニューヨークのシーンも大好きでした)

○モンパンシェ公爵夫人についてはこちら↓
くらまがグラマー!なぜモンパンシェ公爵夫人は20年もルイを想い続けたのか?│All for One

『All for One』関連記事はこちら

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。^^
昨日「AfO」のマイ楽を迎えました。

白雪さんのエトワール素晴らしかったですね!
ジョルジュが本当のルイとして認められてみんながハッピーな一方で、
育ての親が綾月さんと白雪さんがそれを遠くから見ているのが切なくて、
最後綾月さんに抱きかかえられるようにはけていく白雪さんの姿を見たときは胸が詰まりました。。。

マザランの姪、可愛い子揃いでいいですよね!^^
ただ早乙女わかばさんのお芝居のヅラがあまり好みでなく、
フィナーレのショーでタイトなまとめ髪をしていた早乙女わかばさん見て
「これよ、これ!
やっぱり美人だなー!」
とひとり興奮してました!笑
早乙女さんは隣に立つ男役をさらにカッコ良く見せる可憐さの持ち主ですよね。^^

Re: No title

>黒猫さん

こんばんは!
『AfO』楽しんで来られましたかー?
まだ興奮冷めやらずかと思いますが…

ねー、あのシーンは毎度しんみりしていました。
ルイの育ての親ということで、時々会えるように計らってくれてたりしたらいいなぁ…なんて思いながら観ていました。

そうそう、マザランの親族は男も女も美形揃いですごいですよね!
わかばちゃんの髪型は当時の流行に合わせたのかなー?と思いましたが、なかなか難易度高いですよね。

個人的に、わかばちゃんの黒っぽい髪色が好みなので、本編もフィナーレもひたすら「可愛い…可愛い…」と愛でてました(笑)

ねー、どんな男役さんとの並びも素敵ですよね。
特に今回は、美弥さんとのシーンが眩しいくらい華やかでしたー!
※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**