FC2ブログ

笑っちゃうくらい心地いい!望海風斗の美声に酔う│凱旋門

巧いです。
だいもんさん(望海風斗)の歌、「巧い」以外の言葉が見つかりません。

心地よさに脳がリラックスし、思わず笑いがこぼれるほど巧い。
技術はもちろんのこと、とにかく声がいいんですね。
幾度となく聴いているはずなのに、毎回改めて「いい声だなぁ」と新鮮な感動を覚えるのです。

なにより素晴らしいのは、雪組トップコンビはふたり揃って巧いこと。

真彩希帆ちゃんはとにかく声が美しい。
南国の花のようにあっけらかんと明るく、強く、逞しい舞台姿。
その印象に反して、声は小さな銀の鈴の音を思わせる涼やかさ。
まさに天使の歌声。
どこまでも清らかに透き通る美声。
しかし、決してか細くはありません。

圧倒的な力強さを持つだいもんさんとのデュエットでも一歩も引くことはありません。
声と声のぶつかり合い。
喧嘩しているわけではなく、見事に溶け合い、厚みと深みを伴ったなめらかな襞となって客席を柔らかく包み込む。
そんな印象です。

「よくぞ、このふたりを組ませてくれました」
近年稀に見る大成功のカップリングだと思います。
って毎公演ごとに書いてますね、私。
役者の命は“声”―美声の“希望”コンビ誕生に快哉を叫ぶ│ひかりふる路
何度だって書きたいくらい、そう思うのですから仕方ないですね。

* * *

ショーでの客席降りなどは席種により不平等が生じますが、歌声だけは劇場のどこにも平等に分配される。
最前列のSS席でも最後列の立ち見席でも等しく享受できるタカラジェンヌの魅力。
歌こそ、だいきほコンビ最大の武器なのです。

ショーの終盤『サバンナ』。
真っ白な衣装のだいもんさんが大階段にひとり立ち、歌う。
しんと静まり返る劇場いっぱいに響き渡るアカペラ。
祈りにも似た歌に固唾を呑み、ただ、身を委ねる心地よさ。
素晴らしいシーンでした。

きーちゃん(真彩)について。
これは前回の記事にも書きましたが、彼女の声あってこそのジョアンですね。

『ひかりふる路』のマリー=アンヌ役でも感じたのですが、彼女の声質は上田久美子作品のヒロインにぴったりなのではないかと。
どんな声かというと、「か細く、ひっそりと、聴く者の脳髄に染み透るような声。周囲の喧騒から浮かび上がる、ある種の異質を感じさせるような密やかな声」。
※詳しくはこちら↓
上田久美子作品、ミューズたちの“声”―イリナという女│神々の土地

『凱旋門』観劇後、連れ合いに「真彩希帆ちゃんの声が良かった」と話しましたら、やはり「ヒロインの声は真彩希帆ちゃんが好き」と申しておりました。
「あと花組の…」「仙名彩世ちゃんでしょ?」とかぶせる私。

最も多くの台詞、最も多くの歌を割り当てられるトップコンビ。
彼らの声の美しさは、観劇後の満足度に大きく影響します。
これからも素晴らしい声で観客を魅了し続けて欲しいものです。

○凱旋門/Gato Bonito!!関連記事はこちら↓
愚かしさゆえに君を愛す-可愛いファム・ファタール、ジョアン(真彩希帆)について│凱旋門

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**