FC2ブログ

轟悠のラヴィックについて。彼の選択は正しかったのか?│凱旋門

医師であり、命を救うべき立場であるラヴィック(轟悠)。
メスで人の命を奪うことはなかったが、別なところで故意にふたりの命を奪った。
仇敵、シュナイダー(奏乃はると)を。

そして、愛するジョアン(真彩希帆)を。

シュナイダーに対する動機は明確で、ただ復讐のため。
しかし、ラヴィックがなにゆえジョアンの命を絶ったかは、はっきり説明することはできない。
愛する女が撃たれ、死の床にいる。
助かる見込みは到底無い。

ジョアンは負の感情に耐えられる女ではなかった。
痛いのも、苦しいのも、寂しいのも、怖いのも嫌い。
彼女の苦しみを取り除くため、無我夢中で手に取った一本の注射器。

ジョアンの腕に薬剤を流し込んだとき、彼は何も考えていなかったに違いない。
ただ、彼女に無用な苦しみを与えたくない。
「苦しまずに逝きたい」という彼女の最後の望みを叶えてやりたい。

男にそのような選択を強いるジョアンはやはり身勝手で酷い女かもしれない。
しかし、彼女はいつもどおり自分の気持ちを素直に口にしただけなのだ。

ラヴィックは後悔しただろうか?
それとも、あれで良かったと納得しただろうか?
答えは出ないだろうし、出るはずもない。

ラヴィックがその生涯を終えるまで、ジョアンの存在は決して彼の心から消えることはないだろう。
彼がジョアンの面影をまぶたに浮かべ、その命のろうそくの最後の火を吹き消したことを思い続ける限り、ジョアンはラヴィックと共にある。
ジョアンはラヴィックとひとつになったのだ。

愛する人に自らの手で永遠の安らぎを与える。
医者として、人として、正しいのか、正しくないのか?
しかし、それ以外、彼に何が出来ただろう?

迫り来る死、苦痛にもがき、のたうつ恋人。
命が尽きるまで、ただ側にいて手を握り、「愛している」と言葉をかけるのか?
…それとも?
生殺与奪の力は自分の手にある。
恋人の願いは確かに聞いた。

「おまえならどうする?」という問いを突きつけられた気がした。

誓いの凱旋門の前を、虚脱したかのようにさまよい歩くラヴィック。
しかし、なにがしかの明るさが滲み出るように思えたのは、彼の中に棲みついたジョアンのぬくもりゆえだろうか?

○凱旋門/Gato Bonito!!関連記事はこちら↓
笑っちゃうくらい心地いい!望海風斗の美声に酔う│凱旋門
愚かしさゆえに君を愛す-可愛いファム・ファタール、ジョアン(真彩希帆)について│凱旋門

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
3位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**