FC2ブログ

ファム・ファタール比較│『激情』の愛希れいかと『凱旋門』の真彩希帆、そして『マノン』のマノン

愛月ひかる主演公演『マノン』。
久々にドハマリしそうな匂いがプンプンする作品です(気が早い)。

20年前の初演は観ていませんが、あらすじを読むだけで面白そうな予感がむくむく湧いてきます。
ファム・ファタールもの大好きなんです。

「にもかかわらず」の女、カルメンとジョアン


強い自我を持ち、男を惑わし、狂わせる女。
いわゆる“ファム・ファタール”。

宝塚作品でパッと思いつくのは『激情』のカルメン。

カルメンほどの毒はありませんが、さらにタチが悪い(?)のが『凱旋門』のジョアン。
ふわふわと無邪気に男を翻弄する女。

「おまえよりいい女はいくらでもいるのに」と男に言わせる女。
なのに、愛さずにいられない。

カルメンもジョアンも「なのに」「にもかかわらず」の女。
欠点を補って余りある魅力に満ちているのですね。

ちなみに私、宝塚の全作品・全ヒロインで一番好きなのが『凱旋門』で真彩希帆さんが演じたジョアン・マヅーなのです。
きぃちゃん(真彩)の持ち味からは遠いようでいて、ピタリとハマる。
天衣無縫な透明感はファム・ファタールたる説得力がありました。

愚かしさゆえに君を愛す-可愛いファム・ファタール、ジョアン(真彩希帆)について│凱旋門

他にジョアンがハマりそうなのはどなたでしょうか?
難しいですね。
ジョアンは作為があってはいけないのです。
無垢だからこそ抗えない魅力が他者を捕らえるのです。

ファム・ファタールに望むもの


ジョアンと同じく「無垢」がキーワードならば、植田景子先生の『舞音-MANON-』で愛希れいかさんが演じたファン・トゥイ・リエン(通称:舞音)が近いですね。
タイトルから分かるように、今回の『マノン』同様、アベ・プレヴォーの『マノン・レスコー』を下敷きとした物語です。

しかし、『マノン』のマノンは『激情』のカルメン型ファム・ファタールのようです。

2021年星組版の解説で描かれるマノン像は…
「しかし、享楽的な生活を求めるマノンは、お金の為に平然とロドリゴを裏切るような真似をするのだった」
いいですね、いいですね!最高です!
身近に居たらイヤですが、芝居となるとグンと面白くなるタイプのヒロイン。

しょせん芝居は他人事。
観て楽しむものですから、ドラマがある方が面白いですね。
品行方正な登場人物ばかりでは事件性がありません。

ファム・ファタールのタイプ「カルメン型」と「ジョアン型」の違いは何か?
自覚的か無自覚的か。
能動的か受動的か。

ではないでしょうか?

自分の魅力(主に性的な)を十二分に心得て、積極的に誘惑しに行くカルメン。
自然体に振る舞って周りの男たちを惹き寄せてしまうジョアン。

カルメンの人生の主体はカルメン自身にあり、ジョアンの主体は他者にある。
カルメンにとって男は添え物だが、ジョアンは支えてくれる男なしでは生きていけない。
そんな違いを感じます。

先ほどマノンはカルメン型と書きましたが、カルメンより最悪(最高)な女のようです。
スカイ・ステージの作品紹介によると「一方、マノンはロドリゴを愛しながらも、遊ぶ金に窮すると平気でロドリゴを裏切るような真似をするのだった」。
公演解説よりも具体的ですね。

ロドリゴを愛しながらも、遊ぶ金に窮すると裏切る。
自堕落、不誠実、享楽的、刹那的な女。
しかし、ロドリゴの心を捕らえて離さない女。
(組を問わなければ、現役随一の小悪魔役者・月組の結愛かれんさんで観てみたい)

マノンの「にもかかわらず」要素が強ければ強いほど物語は面白みが増します。
ロドリゴ(愛月)を破滅に追いやる宿命の女を演じるのは誰か?
キャスト発表を楽しみに待ちましょう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『マノン』関連記事はこちら↓
星組の両極端!礼真琴・舞空瞳コンサート&愛月ひかる主演で今年の夏もアツい!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いつもながら、切り口が冴えてます!

ファムファタール、永遠の憧れ。
もう一人付け加えるとしたら。。。
私は柴田先生の名作『琥珀色の雨に濡れて』のシャロンを。

初演の若葉ひろみさんは声を発した瞬間から、まさしくシャロンそのものでした。魅力的で誰に対しても優しく、でも誰のものにもならないシャロン。
マヌカンというのが高級娼婦を意味するのかわかりませんが、筋立てを見るかぎり、そうなのではないかと。つまりシャロンもマノンのような受動的な女性なんですね。


『マノン』は、お芝居の上手な愛ちゃんがどう翻弄される役を演じるのか、考えただけでもわくわくします。そして、相手役はだれ?
くらっち、はるこちゃん、あいこちゃんあたり?中でも、モーツァルトを翻弄する女性アロイジアを演じたあいこちゃんを推したいです。

Re: No title

ゆずゆず様、こんばんは!
嬉しいお言葉ありがとうございます!

『琥珀色の雨に濡れて』をお勧めくださり、ありがとうございます。
実は未見なのですが、ゆずゆず様のコメントを拝見してますます観たくなりました。
先年雪組さんで再演されましたね。
きぃちゃんはジョアンとシャロン、二人のファム・ファタールを演じられたのですね…

きぃちゃん自身のイメージは元気はつらつ!という感じですが、真逆の受動的・運命の女を演じられるのは、やはりあの透明感あふれる美声あってこそかと思います。

『マノン』はタイトルロールの出来栄えによって作品全体の評価が定まりそうですね。

あいこちゃんのアロイジアは素晴らしかったですねー!
特に「Bim Bam Boum」で見せた蠱惑的な表情、モーツァルトをとろかしそうでした。
あいこマノン観たいですね~~
> 初演の若葉ひろみさんは声を発した瞬間から、まさしくシャロンそのものでした。魅力的で誰に対しても優しく、でも誰のものにもならないシャロン。
> マヌカンというのが高級娼婦を意味するのかわかりませんが、筋立てを見るかぎり、そうなのではないかと。つまりシャロンもマノンのような受動的な女性なんですね。
>
>
> 『マノン』は、お芝居の上手な愛ちゃんがどう翻弄される役を演じるのか、考えただけでもわくわくします。そして、相手役はだれ?
> くらっち、はるこちゃん、あいこちゃんあたり?中でも、モーツァルトを翻弄する女性アロイジアを演じたあいこちゃんを推したいです。
※任意
※任意
※任意
※任意
※任意
非公開コメント
※必須

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**