FC2ブログ

圧巻!団体賞間違いなし!月組渾身の「月」に魅了される│WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-

坂東玉三郎監修とのことで、演目発表時から楽しみにしていた『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』。
こんな状況でなければ歌舞伎好きの友だちも誘えたのに、と残念でなりません。

初日明けの先週に沢山お声がけいただいてたんですけど、稼働4日+繁忙期で泣く泣くあきらめ…
仕事も一段落つき、週末にようやくMY初日を迎えられました!
すっごく良かったです!
こんな素晴らしい舞台が一週間も私の横を通り過ぎていたなんて…無念!

圧巻!団体賞間違いなし!月組渾身の「月」に魅了される


久しぶりの月組観劇。
ピアスもスカートもマスクもイエローでまとめ、仕上げにさくらちゃん(美園さくら)の役・ガブリエルにちなんで、CHANELのGABRIELLEをつけて…(形から入るタイプ)
やっぱり宝塚はいいですね!
うきうきわくわく、気持ちが華やぎます。

ときめきが最高潮に達したのは幕開き!
チョンパで眼前に広がる絢爛豪華な絵巻物。
これぞTAKARAZUKA!
この世のものとは思えぬ綺羅びやかさに溜め息がこぼれます。

大劇場でご覧になった方の「2階がいい」とのアドバイスに従い、2階席を確保しましたが大正解!
マスゲームの醍醐味、フォーメーションの変化を余すところなく味わうには上から眺めるのが最高!

どのシーンも素晴らしいですが、圧巻は「月」
鳥肌が立ちました。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」に乗せて舞う月組子。
息をするのもためらうほどの静謐。

音は鳴っていますが、なぜか「静か」なのですね。
ひたひたと身に沁みる青ざめた静寂は月の光そのもの。

粛々とした舞から、ゆるやかに組子が入れ替わり立ち替わり、次第に熱を帯びた総踊りへ。
あえかな三日月から馥郁たる満月への変貌。
月組の未来を寿ぐ演出。
堂々たるクライマックスでした。

このシーンだけでチケット代の価値がありますね。
団体賞ものです!

緑の宝石「ボレロ」と、金蒔絵の「月」


似たような反復とクレッシェンドで構成されたシーンとして、『Éclair Brillant』の「ボレロ」を思い出しました。
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant

「ボレロ」が宝石なら、「月」は蒔絵。
満天の星空に煌めく緑の貴石。
漆黒の闇夜に浮かぶ黄金の月。
どちらもファンの心に長く残る名シーンですね。

「雪」「花」も秀逸。
すっかり満足して、うっかり一幕で帰りかけるところでした 笑
(歌舞伎の一幕見と勘違いした)

このうえ芝居まで観られるなんて!
なんて贅沢な二本立て!
月組子の愛すべき役者っぷりが存分に引き出された『ピガール狂騒曲』。
さらに後物のフィナーレまでつくなんて…
満漢全席お代わり+デザートブッフェってくらい満腹!満腹!
大満足でした!

お芝居の感想は、また改めて。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲』関連記事はこちら↓
またしても、やられた!「今回は普通?」からの…大逆転!│ピガール狂騒曲
松本悠里先生ご卒業―「聖」と「魔」が同居する『白鷺の城』
スポンサーサイト



『エル・アルコン/Ray』千穐楽おめでとうございます!│ざっくり感想 Part2

『エル・アルコン/Ray』千穐楽おめでとうございます!
このような状況だからこそ、ひとときの夢を求めて劇場に集う人々に、熱い愛と元気をくださった星組生35名とスタッフの皆さま。
心より、ありがとうございました!

これだけの力作が西のみ、たった13公演なんて、もったいなさすぎる!
なんとか東も…と思いますが、プログラムの青池保子先生のコメントに「大阪だけで」とありましたので、やはり難しいでしょうか?
とても残念ですが、梅芸だけでも実現した奇跡に感謝しています。

『エル・アルコン』実は一本物疑惑?


再演が決まり、初めて原作を読んだ私。
面白い!面白いんだけど、これ90分に収まるの?という不安が 笑

『七つの海 七つの空』から読み始めたんですけど、待てど暮らせどギルダもペネロープも出てこない!
「なこちゃん(舞空瞳)は?くらっち(有沙瞳)は?」って言ってる間に、主人公(ティリアン)が爆死しちゃった!!

えーーーーっ!?!?
どういうこと??
…と思ったら三部作なんですね、これ。
続編の『エル・アルコン』でペネロープ、『テンペスト』でギルダがヒロインになります。
びっくりしたわー!
齋藤吉正先生、上手いことまとめたなーと 笑

で、思ったんですけど、実は『エル・アルコン』は一本物のつもりだったんじゃないか?と。
中盤のティリアン(礼真琴)・ギルダ(舞空)・レッド(愛月ひかる)の三重唱って、いかにも一本物の一幕ラストシーンっぽくありません?
あそこで一回幕が下りて休憩に入るかと思いましたもん。

内容的にも明らかに一本物のボリュームですよね?
なにしろ展開がスピーディー&情報量が多い。
原作を読んだおかげで、なんとか脳内補完しつつ観られましたが…
そうでなかったら置いてけぼりを食らってたと思います。
(原作を貸してくださったHさん、ありがとうございます!)

ティリアンの船が嵐に襲われたとき、ペネロープのドレス生地を帆の代わりにして難破を免れるシーンや、シグリット(音波みのり)との野外授業など、琴ちゃんで観たかったエピソードはいっぱいありますが…
どちらもスミレコード完全アウトなんですよね 笑

宝塚オリジナル設定としては、夢妃杏瑠さんを間諜のスサーナとして登場させ、筋運びがスムーズになったのがよかったと思います。

『Ray』一年間ありがとう!


梅芸は銀橋がない分、舞台が近いのが嬉しいですね。
『Ray』の琴VS愛フレグランス対決もばっちり!
ぶわーっ!と包み込むような香りに魅了されました。
今回の愛ちゃんの香り、めちゃ私好み☆*。

『Ray』梅芸バージョンは「目の幕」がなくなったんですが、終演後の「レーーイーー…」は健在なので、なんとなく面白いことになってますね。
なんとも言えない間が生まれ、初見の人は「??」ってなるんじゃないかなー?と思います。
とはいえ、客席の皆さまが「レーーイーー…」が終わるのを、ちゃんと待ってから拍手されるのがツボ。
愛ですね!
というか、アレを聞かないと観た気がしないんですよね 笑
丸一年間どっぷり浸かった『Ray』、これにて見納め!
楽しかったーーー!

あれもこれも残しておきたい感想が多すぎて、何から書いていいやら。
ストーリーやキャスト個別感想は、年内いっぱいくらいにゆっくりまとめていきます。

5ヶ月遅れでしたが、この素晴らしい舞台を自分の目で観て、肌で感じることができて本当に幸せでした!
星組の皆さま、ありがとうございました!
ファンの皆さま、お疲れさまでした!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『エル・アルコン -鷹-/Ray -星の光線-』関連記事はこちら↓
乙女心がピンクに染まる!『エル・アルコン/Ray』ざっくり感想
星組梅芸観劇+αのお楽しみ―「星の光線」から「光の饗宴」へ│エル・アルコン
『エル・アルコン』初演再演・配役比較/あれから13年、あの人は今
『エル・アルコン』人物相関図できました!―この話って90分に収まるの?(不安)
エル・アルコン!シラノ!ロミジュリ!生きる希望が湧くリスタート!
噂をすれば…星組振り分け│私的ドリームキャスト『エル・アルコン』&美しすぎる『シラノ』
愛月ひかるが光ってる!小桜ほのかさんおめでとうございます!│2020年初夏星組一部の配役決定
劇団からのクリスマスプレゼント!?温故知新、星から星へ受け継ぐ2つのドラマ│2020年初夏星組ラインナップ発表

乙女心がピンクに染まる!『エル・アルコン/Ray』ざっくり感想

乙女心をピンクに染めてきましたーーー!!!
星組梅芸公演『エル・アルコン/Ray』最高!!!

お芝居もショーもエネルギッシュ!
組子大活躍で目が足りない!
体感20分!?ってくらいスピード感あふれる充実した二本立て!
大満足!
めちゃめちゃ幸せでした!

乙女心がピンクに染まる!


2月末の大劇場以来、久々の遠征でしたが、やはり西はいいですね。
人も空気も温かく迎えてくれ、訪れるたびにホッとします。
大阪、大好き!

会いたかった方&初めましての方、色んな方に会って、観光を楽しんで、美味しいものを沢山食べて、大・大・大満足の三連休!
楽しかったーー
二泊三日なのに、一週間くらい滞在したような満足感!

なんと言っても、星組さんの舞台が最高!
頭の中がキラキラ!ピカピカ!ピンク色のミラーボールが回ってます☆*。

『エル・アルコン』初めて観ましたが、面白いですね!
原作のエピソードを活かしつつ、宝塚版ならではのアレンジを取り入れ、原作とは一味違う新しい『エル・アルコン』として楽しむことができました。

なにより、キャストがドンピシャ!
これまでのイメージを覆す琴ちゃん(礼真琴)、なこちゃん(舞空瞳)、愛ちゃん(愛月ひかる)のピラミッド。
配役発表のときは琴ちゃんと愛ちゃんが逆では?と思いましたが、いい意味で予想を裏切られました!

黒い琴ちゃん、白い愛ちゃん、強いなこちゃん。
三人の新鮮な顔を見られて満足!
予定調和でなく、ぐんぐん新境地を開拓していく琴×なこ×愛。
すっごくいいです!

彼らを取り巻くキャストもハマり役!
ティリアンの腹心の部下・ニコラスを演じたさんちゃん(咲城けい)や、少年ティリアンのにじょはなちゃん(二條華)。
見事に抜擢に応えました!

海戦シーンはディズニーシーのアトラクションみたいでワクワクしますね!
大砲を撃つたびにズズズーーンっと椅子から振動が伝わって迫力満点!
自分も戦艦に乗ってる気分に浸れました!

よりフレッシュに、よりロマンティックに生まれ変わった『Ray』。
デュエットダンスの「星に願いを」は反則!
琴なこがミッキー&ミニーみたいで、こちらもディズニー感満載!?

心臓が止まるかと思うほど嬉しいサプライズもあり、ピンクに染まった私の乙女心 笑
一日経った今も、ふわっふわ夢心地です☆*。

星組の皆さま、あふれんばかりの愛と幸せを、ありがとうございました!
もっともっと沢山の幸せを振りまきながら、千穐楽まで駆け抜けてください!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『エル・アルコン -鷹-/Ray -星の光線-』関連記事はこちら↓
星組梅芸観劇+αのお楽しみ―「星の光線」から「光の饗宴」へ│エル・アルコン
『エル・アルコン』初演再演・配役比較/あれから13年、あの人は今
『エル・アルコン』人物相関図できました!―この話って90分に収まるの?(不安)
エル・アルコン!シラノ!ロミジュリ!生きる希望が湧くリスタート!
噂をすれば…星組振り分け│私的ドリームキャスト『エル・アルコン』&美しすぎる『シラノ』
愛月ひかるが光ってる!小桜ほのかさんおめでとうございます!│2020年初夏星組一部の配役決定
劇団からのクリスマスプレゼント!?温故知新、星から星へ受け継ぐ2つのドラマ│2020年初夏星組ラインナップ発表

またしても、やられた!「今回は普通?」からの…大逆転!│ピガール狂騒曲

東西で初日を迎える今日、もはや祝日では!?
月組東京公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲』、星組梅芸公演『エル・アルコン -鷹-/Ray -星の光線-』ダブル初日おめでとうございます☆*。

またしても、やられた!「今回は普通?」からの…大逆転!


東宝初日のお楽しみ、ダジャレデザート!
今回は予想が立てづらくありませんでしたか?
「WELCOME TO TAKARAZUKA」から取るか、「雪と月と花と」か、「ピガール」か…
ネタ元が多すぎて分からない 笑

いつもは盛り上がるTLも心なし静か。
皆さまも悩んでる??

注目のネーミングは「タベール カプリチョコ」
ピガール→タベール?
今回は普通だなー

宝塚歌劇団│東京宝塚劇場 月組公演デザートのお知らせ

ところで、カプリチョコって何?
説明書きによると…

濃厚なカシスゼリーの上にホイップクリームとチョコレートソースをかけ、巻きチョコをトッピングしました。
カシスとチョコレートのカプリチオ(狂騒曲)を是非お楽しみください。(税込420円)[公式サイトより抜粋]


カプリチオ(狂騒曲)→カプリチョコ!!

そう来たか!
またしても、やられたー!
「普通」とか言って、ごめんなさい!
私が浅はかでした!
やはり東宝デザート部には天才がいますね。

×になった巻きチョコはムーラン・ルージュの風車のイメージかな?
冬らしいカシスとチョコレートの組み合わせも楽しみ!

月組さんも星組さんも、どうかご無事の千穐楽を迎えられますように。
ご観劇の皆さまも、くれぐれもお身体に気をつけて…
楽しみましょう!!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

時には「黙る」ことも必要です―その情報を不特定多数に広めるメリットは?│私的・宝塚ファンの心得Part5

見ざる、言わざる、聞かざる。
宝塚ファン生活を気持ちよく過ごすために、時として必要になる3つのアクション。
前回の記事は「見ざる」がテーマでした。

時には「見ないふり」も必要です―「カネになる」と思わせてはいけない│私的・宝塚ファンの心得Part4

今回のテーマは「言わざる」。

時には「黙る」ことも必要です


SNSで以前から気になっていた、生徒さんの目撃情報や、後援会の情報漏洩。

劇場内はさておき、生活圏内での目撃情報はアウトです。
職住近接な彼女らに安心して暮らしてもらうためにも、見かけてもそっとしておくのが礼儀でしょう。
盗撮やリアルタイムでの情報拡散はもってのほかです。

また、生徒さんの後援会(いわゆる“会”)はあくまで非公式の組織。
そこで知り得た情報は一部の例外(レポ可のお茶会など)を除き、基本的に口外すべきではありません。

おおかたのファンは規約に則り、きちんと活動しておられますが、まれにとんでもない情報を目にすることがあります。
(詳しくは書きませんが、感染症が蔓延する今、特にセンシティブに扱うべき事柄でした)

そもそも、そのような情報は必要な人のもとには、きちんと届くようになっています。
知る資格がない人は知らなくていいのです。

むやみに内情を暴露したがる半可通ほど厄介なものはありません。

その情報を不特定多数に広めるメリットはあるのか?
SNSに書き込んだり、拡散したりする前に、一呼吸置いて考えることが大切です。

軽はずみな言動が、巡り巡って生徒さんのご迷惑になるかもしれません。
想像力を鍛えましょう。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
時には「見ないふり」も必要です―「カネになる」と思わせてはいけない│私的・宝塚ファンの心得Part4
「宝塚が楽しい」と思えなくなったら│私的・宝塚ファンの心得Part3
宝塚ファンが決して「してはならないこと」│私的・宝塚ファンの心得Part2
私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに

まだ咲き初めし蕾の…華優希さんご卒業│はいからさんが通る

昨日、花組トップ娘役・華優希さんの退団発表がありました。
さまざまな苦難を乗り越えた末の『はいからさんが通る』大千穐楽の余韻冷めやらぬタイミングで驚きました。

まだ、これからなのに。
衝撃の大きさに何度も公式サイトを見返しました。
宝塚歌劇団│花組トップ娘役・華優希 退団会見のお知らせ

固く閉じた薄桃色の蕾がようやくほころび、ほんのり甘い香りを漂わせ初めたばかりの花のような華ちゃん。

『はいからさん』で見せた柚香光さんとの絶妙なコンビネーション。
宝塚のトップコンビに求めるものを余すところなく形にしてくれる二人のこれからに期待を膨らませていた矢先でした。

「ふたりの二人三脚は始まったばかり」と書いた、わずか半年後に華ちゃんの卒業を知るとは夢にも思いませんでした。
柚香光×華優希、二人三脚は始まったばかり│はいからさんが通る

まだ咲き初めし蕾の…華優希さんご卒業


コロナ禍真っ只中に迎えたお披露目。
想像を絶する重圧と戦いながらの公演だったでしょうに、そんなことはおくびにも出さず、沢山の愛と笑いをときめきをくれた、れい華コンビと花組生と専科の皆さま。

新たなファンも増え、大成功の喜びと、無事完走の達成感で迎えた千穐楽。
幸せの絶頂から急転直下、まさかの退団発表。

平時ならば入出待ちやお茶会などで何らかの予兆を受け止めることもできますが、それすらも叶わない今、寝耳に水だったであろうファンの気持ちを思うと胸が痛みます。

また、華ちゃんご自身やれいちゃん(柚香)が日々どんな想いを抱えながら、紅緒さんと少尉として生き抜いていたのか。
「あなたの受けた運命を、僕も一緒に」の台詞が、殊更に深い感慨を持って胸に甦ります。

あと2作品を共に生きるふたり。
新年幕開けにふさわしいロマンティック・コメディと、娘役・華優希の集大成となる歴史ドラマ。
タカラジェンヌとして、花組トップ娘役として、満開の華を咲かせてくださることを楽しみにしています。

春風は花の無き間に吹き果てね


2021年は雪組と月組のトップコンビ、そして華ちゃんと、退団公演が続きます。
その頃コロナはどうなっているのか。

春風は花の無き間に吹き果てね
咲きなば思ひなくて見るべく

せめてファンの皆さまが心置きなくお見送りできるほどに収まっていてくれ、と願わずにはいられません。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『はいからさんが通る』関連記事はこちら↓
はいからさんが通る│個別感想(音くり寿/朝月希和/華雅りりか/飛龍つかさ/聖乃あすか/泉まいら)
はいからさんが通る│個別感想(華優希/瀬戸かずや/水美舞斗)
柚香光さん、宝塚に入ってくれてありがとう!│はいからさんが通る
光を求めて、劇場へ。みんな“タカラヅカ”に飢えている│はいからさんが通る
愛情たっぷり!「茶茶うまムース」で公演がうまくいきますように!│はいからさんが通る
花組はいからさん公演デザート予想は「○○○」!ピタリ賞なるか!?
はいからさんチケット取れました!―はじめての「宝塚歌劇Webチケットサービス」
花組再開おめでとうございます!/新人公演実施見合わせ・販売座席再考について
はいからさん完走を願う―宝塚を愛するすべての人の祈りよ、届け
\宝塚再開/おめでとう!ありがとう!―同じ空の下で宝塚が上演されている幸せ
柚香光×華優希、二人三脚は始まったばかり│はいからさんが通る

時には「見ないふり」も必要です―「カネになる」と思わせてはいけない│私的・宝塚ファンの心得Part4

誰もが自由に、簡単に、意見を発信できる今。
ウェブを通じて誰とでもつながれる。
同じ意見の人と議論を戦わせ、意気投合して。
楽しいですね。

しかし、自由には責任が伴い、簡便には落とし穴が潜みます。
ウェブは文字通り世界とつながっているのです。
あなたと仲間内だけの閉じられた世界ではありません。
取り扱いには注意が必要です。

時には「見ないふり」も必要です


以前、ある雑誌が現役タカラジェンヌの人気投票を行ったことがありました。
これだけなら楽しいものですが…
問題は“不人気投票”も同時に行われたことです。

人気商売ですから一番を競うのはわかります。
しかし、あえて不人気を明らかにする意図がわかりません。

「敵がいない者には味方もいない」と言いますが、外野が面白おかしく取り上げることではありません。
誰にだって、その人を愛し、応援するファンがいるのです。

このテの企みに対抗する唯一の手段は、完全無視です。

義憤に駆られたとて、反応しては相手の思うツボ。
リンクをたどって、記事を読んで、リツイートして。
あるいは抗議の声を上げて。

これらの行動はSNSでは逆効果です。
実際、私はシェアされた記事や反論のつぶやきによって概要を知りました。

愛する世界を汚されてお怒りになる気持ちはわかりますが、くれぐれも乗せられてはいけません。
あなたのところで止めれば、それ以上は広がりません。
ぐっとこらえて闇に葬ってください。

「カネになる」と思わせてはいけない


くだんの雑誌は、ある出版社を代表する週刊誌です。
鋭いスクープを次々と世に送り出すメディアの剛でもあります。
彼らに“聖域”はありません。

「カネになる」と思わせてはいけないのです。
味をしめてエスカレートされては大変です。
すみれの花園に土足で踏み込まれ、生徒さんのプライベートまで嗅ぎ回られては、たまったものではありません。

つまらない煽りに乗せられて、下衆のカモになってはいけません。
刺激的なタイトルで読む人の不安や下世話な好奇心を煽ってアクセス数を稼ぐウェブ記事も同じですね。
スルースキルを身に着けましょう。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
「宝塚が楽しい」と思えなくなったら│私的・宝塚ファンの心得Part3
宝塚ファンが決して「してはならないこと」│私的・宝塚ファンの心得Part2
私的・宝塚ファンの心得=清く正しく美しく、朗らかに

【宝塚】アクリルカード大喜利、優勝は瀬戸かずや?(正しい使い方を知りたい)

一昨日再販されたアクリルカード。
ほぼ瞬殺でしたね。
皆さま、ご贔屓のカードは手に入れられましたか?

アクリルカード大喜利、優勝は瀬戸かずや!?


Twitterでは発売当初から大盛り上がりでしたね。
「開演に遅れそうで花のみちをダッシュするあきらさん(瀬戸かずや)」
「とりあえずビール!ジョッキに飛びつくあきらさん」
などなど…大喜利大会が繰り広げられてました。

あきらさんが大人気の私のTL 笑
絶妙なポージングがネタ作りに一役買っているようです。
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/瀬戸かずや【SOLD OUT】

何かに驚いているような華ちゃん(華優希)も企画の趣旨をよく心得てらっしゃるなーと思います。
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/華優希【SOLD OUT】

楽しいネタをご披露くださる皆さま、いつもありがとうございます!
たくさん笑わせていただいてます☆*。

次の大喜利覇者は誰!?


他に「いいなぁ(ネタ的に)」と思ったのは…

エレガントにエスコートする真風くん(真風涼帆)。
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/真風涼帆【SOLD OUT】

セクシーにのけぞるキキちゃん(芹香斗亜)。
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/芹香斗亜【SOLD OUT】

「さあ、どうぞ!」と言わんばかりのせおっち(瀬央ゆりあ)。
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/瀬央ゆりあ【SOLD OUT】

彩凪翔さん、月城かなとさん、永久輝せあさんの指差しポーズもいいですね(すべてSOLD OUT)。

ガッツポーズの愛ちゃん(愛月ひかる)も好き。
なこちゃん(舞空瞳)とジャンケンさせてる方がいらっしゃいましたが、一番のお気に入りです。
なこちゃん(パー)×愛ちゃん(グー)で、なこちゃんの勝ち 笑
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/愛月ひかる【SOLD OUT】
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/舞空瞳【SOLD OUT】

逆に、シーンを選ぶ生徒さんもいらっしゃいますね。
お色気ムンムンのあーさ(朝美絢)は夜限定??
>キャトルレーヴ オンライン│アクリルカード/朝美絢【SOLD OUT】

アクリルカードの正しい使い方を知りたい


ところでアクリルカードって本来どうやって使うものなのでしょうか?
大喜利を見るまでは、てっきりタカラジェンヌと自分がツーショットになるように写すものと思ってました。

一緒にフレームに収まるようにして、誰かに撮ってもらうのかな?って。
公式サイトの「好きな場所を背景にスターとの記念撮影が楽しめます♪」って、そういう意味ですよね?

だとしたら、あきらさんやキキちゃんのポーズは攻め過ぎ?
やはりネタで楽しむのが正解ですね 笑

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

原田マハ『暗幕のゲルニカ』読書記録―どんなときもアートは人を支える

ここ数日、一気に気温が下がりましたね。
東京は明朝、今季一番の冷え込みだとか。
冬はすぐそこです。

桜の盛りにすべての予定がキャンセルになり、ずっと空白の時間を生きているような虚しさがありましたが、世の中が少しづつ動き始め、前向きな気持ちが湧いてきました。

宝塚作品の中で一二を争う大好きな作品『ANOTHER WORLD』の台詞、「生きてさえいれば、どんな苦労も乗り越えられる。この世は極楽。命に感謝や」が頭に浮かびます。

「人生は美しい」稀代のつっころばし、紅ゆずるが紡ぐ優しい世界│ANOTHER WORLD

夏真っ盛りだった『ANOTHER WORLD』。
併演のショー『Killer Rouge』が輪をかけて熱かったですね。
このテのショーを演らせたら右に出る者はいない星組。
火に油を注ぐ勢いでめちゃくちゃ熱く、格別に思い出深い夏だったなーと懐かしく思い出します。

楽しかったあの頃を取り戻すことはできませんが、これから先を楽しくすることはできます。
どれほどかかるか分かりませんが、自分ができる範囲で少しづつ動いていこうと思います。
 

『暗幕のゲルニカ』感想―どんなときもアートは人を支える


先日、原田マハさんの『暗幕のゲルニカ』を読みました。

ピカソのゲルニカを巡り、絵が描かれた当時と現在を行き来する物語。
「戦争」を「感染症」に置き換えて読むと、怖いほど今の状況に重なります。

テーマは「どんなときも、アートは人を支える」。
宝塚を含む舞台芸術も、そのひとつですね。

闘うべき相手は政府でもファシズムでもなく、戦争、暴力、憎悪である。武器を持たず、思想と文化と芸術の力、そして人々の結束で、それら負の存在と闘う。
それこそが、私たちに真の勝利と自由をもたらすのだ。


私たちは未知のウイルスに打ち克ち、再び芸術を愛する自由を取り戻せるでしょうか?
宝塚がくれた数えきれないほどの思い出と幸せ。
そして、いつかまたいつもどおりに楽しめるだろうという希望が私を支えてくれます。

ゲルニカからエルベ連想


ゲルニカが描かれた1930年代は、上田久美子先生が脚色なさった2019年星組版「霧深きエルベのほとり)」の時代ですね。
『暗幕のゲルニカ』を読みながら、時折エルベの住人たちの姿が頭の片隅をよぎりました。

彼らはどうなったのか?
カールは、マルギットは、フロリアンは。
無事に生き延びられたのか?
それとも?

読書の楽しみは、未知の刺激によって自分の中のさまざまな物事が呼び起こされること。
ゲルニカとエルベがぼんやりつながり、連想が広がる面白さもありました。

激動の1930年代―『エルベ』の時代背景と、登場人物たちのその後│霧深きエルベのほとり

各地でジリジリと感染者が増えています。
引き続き、手洗い・うがい・マスクを怠りなく。
ちょっと寒いですが、換気と加湿を忘れずに。
美味しいものを食べて、ぐっすり眠って、元気にお過ごしくださいね。

暗幕のゲルニカ/原田マハ/新潮社

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

DANCE OLYMPIA(柚香光/華優希)│日比谷シャンテ 宝塚歌劇 花組ステージ衣装コレクション

2020年の幕開けにふさわしいエネルギッシュな舞台を見せてくれたプレお披露目『DANCE OLYMPIA』。
あれから11ヶ月。
コロナ禍による公演中止を乗り越え、本お披露目の『はいからさんが通る』が、ようやく千穐楽を迎えようとしています。
あと5日間、何事もなく、晴れやかな大楽を迎えられますように。

踊る喜び―柚香光の命の輝きに魅了される│DANCE OLYMPIA

DANCE OLYMPIA ステージ衣装コレクション


れいちゃん(柚香光)。
img-20201104_2.jpg
img-20201104_3.jpg
華ちゃん(華優希)。
img-20201104_4.jpg
img-20201104_5.jpg
れいちゃん。
img-20201104_6.jpg
img-20201104_7.jpg
はなちゃん。
img-20201104_8.jpg
img-20201104_9.jpg
img-20201104_10.jpg

柚子香る「茶茶うまムース」


img-20201104_1.jpg
『はいからさんが通る』東京宝塚劇場の公演デザート「柚子香る 茶茶うまムース」。
「柚子香る」というだけあり、口に入れた瞬間、爽やかな柚子の香りが広がります。
さっぱりと甘さ控えめな焙じ茶ムースや、甘酸っぱい洋梨との相性も◎

公演デザートの再開は当分先かと思いましたが、意外に早く復活し、ダジャレデザートファンとしては嬉しい限りです。
気が早いですが月組の『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲』は、どんなネーミングになるでしょうか?
楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**