FC2ブログ

交錯するジェンダー、ルイ(愛希れいか)とリュリ(佳城葵)│All for One

私にとって月組の珠城りょう×愛希れいか時代の最高傑作『All for One』。
トップコンビのみならず組子全員がどんぴしゃ当て書き。
誰も死なず、誰も傷つかず。
最高に幸せなハッピーエンド。

成功の要因はキャラクター造形の確かさ。
なかでも、ルイ14世を演じたちゃぴちゃん(愛希)の功績は大きいです。
男役から娘役に転向した彼女ならではの“ヒロイン”ルイ14世がどのようにして生まれたのか?

「もしも、ルイが男女の双子だとしたら?」
「しかし、誰がルイ(ルイーズ)の二役を演じられる?」
「そうだ、愛希が居る!」
小池先生の頭に、男女の双子という構想が先にあったのか?
それとも、愛希れいかという役者ありきだったのか?
いずれにせよ、ちゃぴちゃんが作家の想像力を掻き立て、多大なインスピレーションを与える役者であることは間違いないでしょう。
わくわくするような大スペクタクル“小池版三銃士 All for One”の誕生です。
愛(希れいか)あればこそ、小池三銃士+宝塚“キスの流儀”│All for One より抜粋


“役割としての男性”を演じるルイ(愛希れいか)


男装の女性である「男役」が演じるダルタニアン(珠城りょう)と、本来の性が女性である「娘役」が男装した女性を演じるルイ14世(愛希れいか)の恋。
一見ややこしいですが、物語としてはシンプル。

ルイの肉体と性自認は女性、恋愛対象は男性。
一般的なシスジェンダーの恋愛劇に過ぎません。

家庭の事情により、望まぬ「男の生活」を余儀なくされただけのルイ(ルイーズ)。
“役割としての男性”を演じていただけなのです。

生まれたときから男として育てられたルイに、女性の自我が目覚めたのはいつだったのか。
どこかの時点で「あなたは女だ」と告げる者があったはず。

公の場では男性、私の空間では女性の二重生活を送っていた彼女。
しかし、結婚適齢期を迎え、これ以上のごまかしは無理と爆発します。

女の姿で王宮を逃げ出し、飛び込んだ酒場で出会ったのが、三銃士の一員ダルタニアン。
ルイーズとして出会ったダルタニアンと再会したのがルイだったことが騒ぎの始まりです。

「男装の麗人」ものはなぜ面白いのか?


男性として生きるヒロイン。
宝塚ではそう珍しくはありません。
『ベルサイユのばら』のオスカル、『紫子』の紫子など。

なぜか?
単純に「物語として面白い」からでしょう。
「男装の麗人」が「男装の麗人」を演じる宝塚歌劇においては尚更です。

ショーやレヴューで男役の女装がもてはやされる理由と根っこは同じでしょう。
固く閉じた男の鎧の隙間からこぼれ出す女の色香。

男役ד男装した女性を演じる男役”のラブシーンは、男役×娘役のそれとは異なる倒錯したエロスがあります。

男性の主人公が、相手(ヒロイン)を同性と思い込むことで生じる誤解や混乱も作品のスパイスになります。
『All for One』でもルイが女性と知ったダルタニアンが起こす騒動が物語を動かす起点になります。

また、男装のヒロインはあるがままの姿で生きられないことに苦悩し、そこにドラマが生まれます。
きっかけは自発にしろ、強要にしろ、どこかで必ず自身の女性性に目覚めるのです。

ルイの場合はダルタニアンと出会って一気に開花したと考えられます。
すったもんだの末、女の姿に戻り、恋人とハッピーエンドを迎えて、めでたしめでたしとなる『All for One』。
カラリと明るく健康的な珠ちゃぴコンビにふさわしい物語でした。

交錯するジェンダー、ルイとリュリ


男として育てられた女は必ず女に戻り、男を求める。
そしてふたりは結ばれ、ハッピーエンド。
結末の固定化には異論がありますが、『All for One』はそれに当たりませんので別な機会に。

ひとつ気になるのは、わーわー大騒ぎの人々をよそにダルタニアンへ熱い視線を送る青年。
やすちゃん(佳城葵)演じる作曲家リュリの存在です。

快男児ダルタニアンに心惹かれた様子のリュリ。
彼は三銃士の一員アトス(宇月颯)に対しても「タイプ」という言葉をかけています。

この台詞は『Le CINQ』に載っていません。
やすちゃんの役作りの一環なのか、後から付け足された設定なのか。

同様の役を演じた『A-EN』の脚本の意図は明確でした。
まゆぽん(輝月ゆうま)演じる大型犬男子マイルズに恋する少年アダム。
恋の芽生えから成就を丁寧に描いたやすちゃん。

やすちゃんの不思議なところは、どんな人物を演じても、ふわっとそこにいてしまうこと。
力みなく、自然体に。

ことさら強調しなくても、視線や身のこなしでリュリという人物を観客に印象づけられるやすちゃん。
もしかしたら「タイプ」という台詞すら必要なかったかもしれません。

ルイとダルタニアンの恋と同時進行するリュリの恋。
多様なジェンダーが交錯し、宝塚歌劇の可能性が広がったのも『All for One』の面白さのひとつです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『All for One』関連記事はこちら↓
1.One for all,All for one!やったー!月組にぴったり!浪漫活劇!三銃士!!
2.月組演目発表から一夜明け…皆さまのストーリー予想鋭すぎ!
3.予想通り『ちゃぴちゃん=ルイ14世』でしたね│ALL FOR ONE
4.珠様に惚れ直す!All for Oneのヴィジュアルがカッコいい!
5.【ヒゲ・ロンゲ・チョンマゲ】3つの毛が似合う男(役)珠城りょう│All for One
6.ちゃぴちゃんの奥様がくらげちゃん!?紫子的展開なのか!?│All for One
7.All for One│大劇場 歌劇の殿堂 衣装コレクション
8.私も食べたいよう!ダルタニ杏仁│All for One
9.千海華蘭・輝月ゆうま・月城かなと…護衛隊は顔採用なのか?│All for One
10.満足度無限大∞!月組に新たなる傑作誕生!│All for One
11.ようやく珠ちゃぴでハッピーエンド!(長かった…)│All for One
12.ダルタニ杏仁&Soleil~たべてみたよう・のんでみたよう~│All for One
13.珠ダルタニアンの好きな台詞Best3「俺はここだよ」「ごめん」…そして1位は?│All for One
14.世紀の壁男、ベルナルド=美しき変人、月城かなと│All for One
15.愛(希れいか)あればこそ、小池三銃士+宝塚“キスの流儀”│All for One
16.長くヅカ離れしてた方と『All for One』観劇!お気に入りはアラミス様ですって!
17.キーワードは5つの“快”!大スペクタクル月組版三銃士、面白さの秘密│All for One
18.目が足りないってこういう事!?All for Oneのおかげで動体視力が良くなった(気がする)話
19.“鋼鉄の天使”千海華蘭から目が離せない│All for One
20.くらまがグラマー!なぜモンパンシェ公爵夫人は20年もルイを想い続けたのか?│All for One
21.百花繚乱、月組の女優たち―娘役の理想形とは?│All for One
22.All for One/鳳凰伝│日比谷シャンテ 宝塚歌劇 月組ステージ衣装コレクション
23.愛希れいかはどこまで翔ぶのか?―狂女から青年王まで―│All for One
24.珠タニアンの好きなところ、仕草、衣装など、まとめ│All for One
25.13日の金曜日なので、夢奈瑠音マチューについて語ります│All for One
26.美弥アラミス・宇月アトス・暁ポルトス・蓮パスカル・風間ジョルジュの好きなところ│All for One
27.恐るべし、世紀の色男アラミス。またひとり、女性を虜にした│All for One
28.【公演ドリンクレビュー】月組『All for One』 ベルフォンテーヌ/Soleil(太陽)☆☆☆☆☆
スポンサーサイト



プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**