FC2ブログ

宝塚、我が心の故郷│宙組『NICE GUY!!』Xmasイブ特別バージョン

2011年月組の『アルジェの男』でヅカ復活した私。
2作目は宙組の『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』。
100周年前は慢性的チケット難の今と違い、なんのツテがなくてもチケットが手に入りやすかったのです。

春に起きた東日本大震災の影響もありました。
当時もエンタメ業界は打撃を受けましたが、復活への道筋は明確でした。
以降の宝塚の隆盛ぶりはご存じの通り。

しかし、現在の新型肺炎の蔓延がエンタメ業界の未来に及ぼす被害は甚大です。
その影響は既に阪急阪神ホールディングスの数字に表れています。

感染症という見えない敵にどう立ち向かうのか、または共存していくのか。
舞台芸術に限った話ではありません。
すべての人が等しく当事者なのです。
他人事ではなく自分事として考えねばなりません。

クリスマスイブ特別バージョン『NICE GUY!!』


一回目の観劇でいきなり大空祐飛さんに心奪われた私。
即、二回目を確保したのが12月24日の15:30。
クリスマスイブ公演でした。

妙に中毒性の高いテーマソング(ワイ・ワイ・ワイ!)。
やたら顔がよく、スタイル抜群な男たちがひしめき合う舞台。
謎のサブタイトル(その男、Yによる法則)に疑問を抱きつつ、「なんか分かんないけどカッコいい!」と楽しみました。

お気に入りは美穂圭子さんが特出された退廃的な薔薇のシーン。
大空祐飛と凰稀かなめという二大陰性男役の魅力をこれでもか!と引き出した、当時の宙組らしさ満点の場面でした。

かと思えば、コメディタッチの「イケメンオークション」も。
この日はクリスマスイブ特別バージョンでした。
全員クリスマスにちなんだ格好で面白かったー!

頭にクリスマスツリーを乗せた人(鳳翔大さんだったかな?)やら。
鞭の代わりにモールを振り回すミスター・アメリカ(悠未ひろさんでしたっけ?)やら。
紗幕に映るシルエットに、客席から笑いが起こります。
生舞台ならではのサービスは嬉しいですね。

〆はピンクアイドル(大空)。
「俺だけを見ろ!」が「メリー・クリスマス!」に。
拍手喝采でした!

宝塚、我が心の故郷


当時の宙組は76期の寿つかささんと鈴奈沙也さんが組長・副組長を務めてらっしゃいました。
唯一、第一次ヅカブームの頃に初舞台を踏まれた方々です。
(まだ宙組はなかった)

ヅカファン復帰した当初、全員の顔と名前を一致させるなんて無理…と思いましたが、彼らが記憶の取っ掛かりとなり、芋づる式に若い生徒さんを覚えられました。

久しぶりに会う親戚のお兄さんお姉さんのように懐かしく思えたすっしーさん(寿)とあゆみさん(鈴奈)。
花組には同期のさおたさん(高翔みず希)。
専科にも見知ったお顔が大勢いらして嬉しくなりました。

東京生まれ東京暮らしで故郷らしい故郷がない私にとって、宝塚こそ“我が心の故郷”なのかもしれません。

今までと何ひとつ変わらない世界に戻ることは困難かもしれませんが、ファンの“心の故郷”宝塚は少しくらい形が変わったとしても生き延びて欲しいと願います。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**