FC2ブログ

礼真琴、こけら落とし三冠達成!ロクモ 池袋初日感想│ロックオペラモーツァルト

『ロックオペラモーツァルト』東京公演初日おめでとうございます!
公演初日+新生星組お披露目+東京建物Brillia HALLこけら落とし。
いくつもの喜びが重なるおめでたい一日、私もお祝いしてまいりました。

雲ひとつない青空!
img-20191203_2.jpg
絶好のお披露目日和!
img-20191203_3.jpg
無限の可能性を秘めた新トップコンビへ寄せられる期待。
豊島区が目指す「リアルな劇場都市」の重要な拠点となる新劇場への期待。

高まる想いに胸が弾んで、どきどきわくわく。
皆さま同じお気持ちなのか、開演前のホワイエはいつにも増して熱っぽく華やいだ雰囲気。
私は、この日のために用意したロクモ色のワンピースで心ばかりのお祝いの気持ちを表現してみました。

○ブリリアホール劇場情報はこちら↓
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト

礼真琴、こけら落とし三冠達成!


今回でなんと新劇場こけら落としが3回目となる琴ちゃん(礼真琴)。
主演5作中3作がこけら落としって凄くないですか!?
日本青年館、全国ツアーの北海道、そして東京建物Brillia HALL。
琴ちゃんに任せておけば間違いない!という揺るぎない信頼を感じますね。

大役を預かる感謝を述べつつ、「宝塚としては皆さまは初めてのお客様です」と琴ちゃん。
そういえばそうですね 笑
演じる側が初めてなら、観る私たちも初めて。
特別な日を一緒に祝える幸せに感謝です!

最っ高に充実した舞台!
梅芸からの短期間で更に進化し、結束を強めたロクモメンバー。
客席の熱気に呼応するように、舞台も熱い!熱い!

中心となる琴ヴォルフィはもちろん絶好調!
明るく伸びやかに、どこまでも響く歌声が気持ちいい!
本っ当に活き活き楽しそうで、舞台に立つのが大好き!な気持ちが伝わってきます。

サリエリ(凪七瑠海)を笑わせるアドリブは豚鼻からの鶏?鳩?の真似。
(手をくちばしにして首を前後にカクカクするアレ)
池袋の象徴といえばフクロウですが、もしかしてフクロウのつもりだったのかも??

そして、サリエリについて懺悔いたします…
前回の客席降りの記事で、かちゃさん(凪七)は「Le bien qui fait mal 切り刻まれたプライド」」で客席へ、と書きましたが、正しくは「L'Assasymphonie 殺人交響曲(殺しのシンフォニー)」でした!
誠に申し訳ございません!

どこぞの司教様に「悔い改めよ!」と叱っていただかなくては…
現在は修正済です↓
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト

誕生日+初日+お披露目+こけら落とし―喜びの四重奏


トップ就任後、東京では初となる琴ちゃんの初日ご挨拶。
宙組へ異動される紫藤りゅうさんと、専科へ異動が発表されたばかりの星蘭ひとみさんについて触れられました。
「今の星組にしかできない舞台で、いっぱい暴れます!!!」と元気いっぱいな琴ちゃん。
可愛い~~

そして、スタンディングオベーション。
琴「3階席の皆さーーん!」
3階席「フゥゥーー!」
琴「(一瞬考え込んで)1階からやり直しますね」「1階席の皆さーーん!」
1階席「(??と、なりつつ)フゥゥーー!」
琴「2階席の皆さーーん!」
2階席「フゥゥーー!」
琴「3階席の皆さぁーーーん!!」
3階席「フゥゥゥゥーーー!!!」
3→2→1の順でよかった気もしますが、琴ちゃんがめちゃ嬉しそうだったので結果オーライ!

初日前日の12月2日は琴ちゃんのお誕生日。
ぐるりと組子の顔を見回しながら「星組の皆さんに祝っていただきました」「ひとつ大人になった礼真琴をよろしくお願いします」。
客席から温かな拍手が送られました。
誕生日の翌日に初日+お披露目+こけら落としなんて凄すぎません!?
喜びの四重奏じゃないですか!
琴ちゃん持ってますね~~

4回目のカーテンコールでお開き。
琴ちゃんの「気をつけてお帰りください」の声に送られ、ロクモ池袋初日の幕が下りました。
礼真琴さん、星組と専科の皆さま、スタッフの皆さま、最高の一日をありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!
スポンサーサイト



東京建物Brillia HALL情報まとめ―舞台の見え方・客席降り・アクセス・館内施設など│ロックオペラモーツァルト

宝塚ファンがこれから沢山お世話になるであろう「東京建物Brillia HALL」。
舞台の見え方は?館内設備は?
気になるところをチェックしました。
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト

方向音痴でも迷わない!最短4分で劇場へ


まずは、池袋駅からのアクセス。
超方向音痴な私が迷いなく辿り着けた道順をお教えしますね。
池袋駅東口を出る→左方向に進む→「池袋駅東口北交差点」から明治通りに入り、道なりに進む→2つ目の信号を右折するとブリリアホールの前に出ます。
(東口からの所要時間は3~4分ほど)
img-20191203_1.jpg
雨の日用ルートなど詳しくはこちら↓
五・七・五で語る宝塚│星組 モーツァルトの劇場「東京建物Brillia Hall」(池袋)の下見をしてきました。

動線はいまいち?余裕ある行動を!館内設備について


コンパクトな劇場のため、入場・退場に時間がかかります。
終演後はエスカレーターもエレベーターも階段も非常に混み合います。
外に出るまでかなり時間がかかりますので、観劇後に予定がある方はお気をつけください。

建物1階は入口のみ。
2階に上がると、左手が劇場エントランス、右手が「としま区民センター」につながる渡り廊下です。
エスカレーターなどで2階分上がった4階が1階席入口。
6階が2階席と3階L/R席入口。
7階が3階席入口。

私が動いたエリア(1・2・4階)には飲み物の自動販売機は見当たらないようでした。
幕間にちょっと喉を潤したいという方は事前に調達されることをお勧めします。
1階席にバー&軽食コーナーがありますので、そちらもどうぞ。

質・量ともに満足!お手洗い事情


トイレが自慢(?)のブリリアホール。
1階席フロアは20室ほどあるそうですが、せっかくなので隣の「としま区民センター」へ行ってみました。
まずは建物2階のエントランスフロアへ降ります。
幕間はエスカレーターが上り専用なので階段で。
そして、渡り廊下へ。
img-20191203_4.jpg
この渡り廊下、なんと屋根がございません。
吹きさらしです。
初日は風がなく穏やかな陽気で快適でしたが、雨や雪、暴風の日は大変かも。
通路自体が狭いので、傘を差してすれ違うのは厳しそうです。
そのうち屋根がつくのでしょうか?

お手洗いは劇場と同じフロア(4階)と、ひとつ下の階にもあります。
係の方が「3階の方が数が多いです」と誘導してくださったので、そちらへ降りました。
客席から階段を2階分降りて、渡り廊下を渡って、また階段を降り…ぐるぐるぐるぐる。
観劇中は座りっぱなしなので、いいトレーニングです。

たどり着いたお手洗いはガラガラ、個室選びたい放題。
ここまで来た甲斐がありました。

内部は一方通行。
奥(トイレ)から入って手前(パウダールーム)に抜ける感じです。

移動距離を抜きにすれば「としま区民センター」のトイレはお勧め。
質・量ともに満足です。

劇場1階入口を入ってすぐ(エスカレーター横)にも小さなお手洗いがあります(個室2つ)。
チケットをもぎる前に利用されたい方はこちらがおすすめ。

観やすい?観えにくい?舞台の見え方チェック


当ブログの検索ワードで最近多いのが「ブリリアホール 見え方」。
1位の「礼真琴 ブログ」についで2番目の多さ。
皆さまの関心の高さがうかがえます。

気になりますよね、舞台の見え方
特に内覧会の評判が「否」に傾いた賛否両論で心配していましたが…

結論から言うと、とても見やすく、快適でした。
1階前方センター寄りからの見え方は、ちょうど目の高さに舞台が来る感じ。
程よい傾斜で、前列に誰もいないかと思うほど視界がよく、ノーストレスで観られました。

座席は固すぎず柔らかすぎず、いい意味で椅子の存在を感じないので、舞台に集中できます。
シートピッチが広く、ゆったりした作りで、2時間半座ってても疲れません。

位置によってかなりバラつきがあるそうなので、他の席からの見え方は改めて確認してみます。

音響は◎。
柔らかく、クリアに抜ける感じで心地いいですね。
ベースの響きがよく、個人的にはかなり好き。

客席降りについて


結婚式のシーンの客席降り。
確認できた範囲で、上手は先頭から漣レイラさん、音咲いつきさん、朝水りょうさん、星蘭ひとみさん、湊璃飛さんでしたので、梅芸から大きな変更はないようです。
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト

劇場については以上です。
これから動線が改善されるとよいのですが…

アクセスがよく、大人数をコンパクトに収容する「東京建物Brillia HALL」。
ここから沢山の名作が生まれることを願っています!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
【ロクモ客席降り図】舞台との一体感を味わえる特別な瞬間│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part3 ウェーバー4姉妹(音咲・小桜・舞空・星蘭)―歌は生きる力│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part2 小桜ほのか―天使の微笑・悪魔の歌声、アロイジア│ロックオペラモーツァルト
この曲を聴け!Part1 凪七瑠海―劇場をライブハウスに変える男、サリエリ│ロックオペラモーツァルト
圧巻、ただただ圧巻―礼真琴×舞空瞳コンビ│ロックオペラモーツァルト
舞台の神様に愛されし者、礼真琴│ロックオペラモーツァルト
池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**