FC2ブログ

池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?―東京建物Brillia HALLの座席・トイレ事情など│ロックオペラモーツァルト

『ロックオペラ モーツァルト』開幕まで2週間に迫りました。
関西は「梅田芸術劇場メインホール」、関東は池袋に新しく出来た「東京建物Brillia HALL」。

礼真琴さんは2017年の日本青年館リニューアルに続き、二度目のこけら落とし主演の大役。
新劇場オープンと新トップコンビお披露目。
二重の喜びに包まれた幸先の良いスタートですね。

なぜ、池袋にタカラヅカ?


12月の星組『ロックオペラ モーツァルト』を皮切りに、来年2月に月組『出島小宇宙戦争』、12月に雪組(演目未定)と利用予定が目白押しの「東京建物Brillia HALL」。

一体どんな劇場なのか?
宝塚別箱公演の会場として定着していくのか?
その疑問に答える記事がありましたのでシェアします。
NIKKEI STYLE│えっ、宝塚歌劇が池袋に? 夢かなえた豊島区の奮闘

豊島区長の高野之夫氏によると、新劇場計画はそもそも宝塚ありきだったようです。

若年女性の人口減少により東京23区で唯一「消滅可能性都市」の評価を下された豊島区。
池袋に対するマイナスイメージを払拭した明るい街づくりを推進するため、旧豊島公会堂の建て替えに伴い「タカラヅカを呼べる劇場を」と考えた高野区長。

「常に新しいファン層を開拓していきたい」と考える宝塚歌劇団の小川友次理事長と利害が一致し、「池袋でタカラヅカ」が実現したのです。

明るく、美しく、健全な都市づくり。
未来志向な豊島区再生の一助に宝塚歌劇が選ばれたことは、いちファンとして誇らしいですね。
(もちろん、宝塚招致が即問題解決に結びつくわけではありませんが、「都市再生の助けになりうる魅力的なコンテンツである」との評価は喜ばしいものです)

礼真琴×舞空瞳に寄せられる期待


豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして2020年7月に本格開業する複合商業施設「Hareza池袋」。
大小8つの劇場のメインホールとなるのが「東京建物Brillia HALL」。
栄えあるこけら落とし公演のひとつに選ばれたのが宝塚の『ロックオペラ モーツァルト』。

小川理事長から星組新トップコンビへ向けた「二人とも若手ながら『超』の付く実力派」「礼と舞空のコンビは期待に十分応えてくれるはず」のコメントが嬉しいですね。

人気ミュージカルの宝塚初演であり、実力派コンビのお披露目である『ロックオペラ モーツァルト』をこけら落としに提供する。
「池袋でタカラヅカ」に尽力された高野区長の熱意に対する最大の返礼のように思えます。

館内設備(座席・トイレなど)について


新劇場で最も気になるのが、客席からの舞台の見え方。
内覧会にいらした方の感想はさまざま。
「舞台と客席の距離が近い」「1階前方の傾斜が緩い」「2階も3階も観やすい」「柵が邪魔で見えにくい」などなど…賛否両論。

こればかりは自分の目で判断するしかありませんね。
これから長くお世話になる劇場ですので、入念にチェックしたいと思います。

もうひとつ気になるのが、お手洗いの数。
劇場内に42室、劇場の2階とつながる「としま区民センター」に35室、合計77室の女性用トイレがあるそうです。
区民センターのお手洗いへ行くには、4~7階の客席から2階の劇場エントランスまで降りないといけないのですね。
休憩時間は大移動になりそうでちょっと心配です。

1,300席に対して77室。
トイレの充実にはかなり力を尽くしたそうですが、これは十分な数と言えるのでしょうか?

ある資料によれば、劇場トイレの適正個数は600人想定(男女比 4:6/240人:360人)のホールで女子便器は14個。
これならほとんど待たずに使える数だそう。

360人で14個は、1,300人で50個相当。
そう考えると77個は破格です。
およそ半数を占める区民センター内トイレへの移動が楽なら申し分ありませんね。
ここも要チェックポイントです。

池袋は宝塚歌劇の聖地になるか?


さまざまなカルチャーの発信地である池袋。
そこへ新たに「宝塚歌劇」が加わる。
わくわくしますね!

池袋は宝塚歌劇の聖地になり得るのか?
新天地開拓の先駆けに礼真琴×舞空瞳コンビ率いる新生星組ならば申し分なし
「池袋×宝塚歌劇団」の良好な関係が末永く続きますよう、晴れやかなこけら落としになりますよう願っています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ロックオペラ モーツァルト』関連記事はこちら↓
『ロックオペラ モーツァルト』宝塚星組版・人物相関図を作りました―「星組×ロックオペラ」に高まる期待
いいね!観劇意欲を刺激する『ロックオペラ モーツァルト』配役発表
野に放たれる若き虎、礼真琴―星組新トップコンビおめでとうございます!
スポンサーサイト



プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**