FC2ブログ

すみれカレーだったかもしれない!?すみれシチュー誕生秘話―第2弾も登場(予定)

宝塚歌劇105周年を記念したトンデモ特別メニュー「すみれシチュー」。
皆さま、もう召し上がりましたか?
公演メニューファンの私はもちろん頂きましたよ!
美味しかったです!
百年(ももとせ)の 夢のひと皿 すみれ色―念願の「すみれシチュー」いただきました!
おまえが食べたシチューなら 私も食べてみせよう すみれシチュー

すみれシチュー誕生秘話


9月9日付の朝日新聞デジタルで「すみれシチュー」が取り上げられました。
宝塚名物?すみれ色のシチュー 付け合わせはあの5色

宝塚大劇場内のレストラン「フェリエ」で供される「すみれシチュー」。
統括マネージャーの戸田展史(ひろふみ)さんによると、新たな定番メニューを作ろうと、昨年の夏からプロジェクトが動き出したそう。

当初考えられたのは「すみれカレー」。
しかし、カレーで「すみれ色」を出すのは難しく、シチューに落ち着いたのです。
それがこちら。
img-20190814_2.jpg
紫芋ペーストで色づけしたホワイトシチュー。
優しくまろやかなお味です。
紫カレーも食べてみたかったですね。

紫シチューより宝塚ファンの目を釘付けにしたのは星組カラーの青いうずら卵と小玉ねぎ。
もっと控えめなパステルブルーだったら、ここまでのインパクトはなかったでしょう。
思いきって鮮やかなドラえもん色に染め上げたのが成功要因ですね。

戸田さん曰く、「賛否両論ありましたが、インパクトがあってこそ名物になれる」。
ですよね~~

狙い通り「映(ば)える」「不気味な色」などと反響を呼び、販売開始時は他の通常メニューの倍以上の注文があった。
第2弾のメニューも検討中だ。[朝日新聞デジタルより抜粋]


通常メニューの倍以上の注文!
宝塚ファンは物好き進取の気風に富んでますね!
プロジェクトの皆さまのご苦労が報われて良かったです!

なにより嬉しいのは「第2弾のメニューも検討中」の一文!
え~~?なになに~~?
楽しみ~~!!

私とすみれ色の食べ物の記憶


なぜか紫色の食べ物に惹かれがちな私。
最も古い記憶は7歳頃の「すみれの砂糖漬け」。
何かの本で読んで、なんともロマンティックな響きに魅了されたのです。

甘いお砂糖のドレスをまとったアメジスト色の花。
お姫様のおやつみたい!と、おさな心に憧れをつのらせた私。

思い立ったら即実行!
早速、庭のすみれを摘んで、砂糖をまぶし一晩放置。
(仕上がりはご想像にお任せします)

満漢全席の作り方さえクックパッドで調べられる(byホン・シンシン)今と違い、なんの情報源もなかった当時。
めちゃくちゃやってましたね~~

『若草物語』のエイミーが学校へ持っていって没収されちゃった「ライムの砂糖漬け」も作りました。
(なぜか「砂糖漬け」というワードにときめきがちな私)

物語の中の食べ物ってどうしてあんなに美味しそうなんでしょうね?
内容そっちのけで素敵なご馳走の描写に夢中になったことを思い出します。

今でも好きでよく読み返すのは、森鴎外の娘・茉莉さんの随筆集『私の美の世界』。
卵料理の作り方が美味しそうで…
おかげで10歳の頃から私の目玉焼きの食べ方は茉莉さん流一筋です。
森茉莉著/私の美の世界/新潮文庫

卵をこよなく愛した茉莉さん。
あのドラえもん色の卵をご覧になったら、なんと仰るか…
ぜひ伺ってみたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



【宝塚ブログ】テーマの取捨選択=書き手の良識と判断力の表れ

「三島由紀夫の少女歌劇観」の記事にコメントをくださったR様へ
はじめまして。
いつもご訪問くださり、ありがとうございます。
温かいお言葉、なにより嬉しいです。
三島ならではの視点で描かれた少女歌劇の魅力に興味をそそられ、思わず記事にいたしました。
R様もお楽しみになれますように!

自分の「面白い」が、誰かの「面白い」になること


「三島由紀夫の少女歌劇観」について書いた記事が思いのほか反響をいただき、喜んでいます。
(いつになく沢山の「拍手」をいただけて嬉しい!)
三島由紀夫の少女歌劇観=想像力の共感(男役を味わうための暗黙の了解)│短編『真夏の死』より

実は書いてからずっと寝かせっぱなしだった記事なのです。
タイムリーな話題でもなく、観劇記録でもなく。
内容が内容なだけに、いつ公開しようか悩み続けて、はや2年。
ようやく日の目を見ることができました。

自分の「面白い」が、自分以外の誰かの「面白い」であること。
「共感」を得られるのは嬉しいものです。

テーマの取捨選択=書き手の良識と判断力の表れ


毎日更新とはいきませんが、細く長く続けているこのブログ。
宝塚は公式非公式問わず、常に新鮮な話題が提供されるコンテンツなので、書くテーマには困りません。
しかし、玉石混交の情報から何を取り上げ、何を書くべきかは悩みどころです。

ブログを含めた著作物は書き手の思考そのもの。
テーマの取捨選択は表現する人のセンスが問われます。
この場合のセンスとは「良識/判断力/思慮」ですね。

選び取ったものの積み重ねが、そのブログ独自の味になると思っています。

私が好きで読ませていただいているブログの共通点は、自分の言葉で綴られていること、新しい視点を示してくれること
なにより、愉しんで書いてらっしゃるのが伝わること。
そんな記事を見つけると嬉しくなります。

せっかく書くなら、自分も愉しみたいし、誰かを楽しませたい。
そんなテーマを探して、また明日から更新していきます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

三島由紀夫の少女歌劇観=想像力の共感(男役を味わうための暗黙の了解)│短編『真夏の死』より

三島由紀夫自選の短編集『真夏の死』。
20年ぶりくらいに読み返したら、購入当時は読み飛ばしていた部分に目が止まりました。

キーワードは「少女歌劇」。
三島の目を通した少女歌劇とはどのようなものか
なかなか興味深いテーマです。

三島由紀夫と少女歌劇―『真夏の死』より


「少女歌劇」の文字を見つけたのは、短編集のタイトルにもなった『真夏の死』。
戦後間もない昭和27年(1952年)10月の『新潮』に掲載されました。
“伊豆今井浜で実際に起った水死事故を下敷きに、苛酷な宿命とそれを克服した後にやってくる虚しさの意味を作品化(内容紹介より抜粋)”。

海水浴中の事故により、ふたりの子どもと義妹を喪った生田朝子(ともこ)。
良心の呵責を紛らわすように享楽にふける朝子。
そこで、少女歌劇が取り上げられるのです。

朝子は漠然と新らしい興行物や活動を見てまわり、良人が留守のあいだの連れを、昔の学校友達の閑(ひま)な夫人たちの中からえらんだ。ある夫人は少女歌劇の男役に夢中になっていた。それを莫迦(ばか)らしいと思いながら、朝子はそういう一組と一緒に食事をした。[p.181 l.7-9]


「少女歌劇」とは、どの団体を指すのか
昭和27年当時存在した主な少女歌劇団は「宝塚歌劇団」、「大阪松竹歌劇団(現:OSK日本歌劇団」、「松竹歌劇団(SKD)」の3つ。
さて、どれでしょう?
ヒントは少し後に出てきます。

楽屋を訪れることがある。男役は白の燕尾服を着て、友禅の座布団の上に横座りに座っている。まわりの壁には第二場以降の西班牙(スペイン)風の衣裳が掛け並べられ、その下に目白押しに崇拝者たちが居並んでいる。彼女たちは殆ど一語も発しない。男役の一挙一動を凝視して、息を殺しているのである。[p.181 l.12-15]


楽屋着ではなく衣裳で座布団に座るなんてことがあるのか(シワになりそう)?
オープニングが白燕尾で次の場面がスパニッシュ(マタドール?)ならば、演目はレビューなのか?
無言で座り込んでいる崇拝者たちとは、楽屋見舞いに来た熱烈なファン?追っかけ?それともお付きの下級生なのか?

三島は少女歌劇にどれほど親しんでいたのでしょうか。
楽屋の様子は三島の創作なのか。
もし、これが事実なら当時の様子を窺い知ることのできる資料としての価値もあります。

歌舞伎に詳しい三島なので、その楽屋の様子を少女歌劇に当てはめたのかもしれません。
さすがに彼にとって少女歌劇の楽屋は禁断の花園ですから、詳しい女性にでも取材したのでしょうか。

三島由紀夫の少女歌劇観―“想像力の共感”


朝子が少女歌劇を好まないのは、その俳優と観衆のほとんどが処女だというところにあるらしかった。友達の夫人のような異例も多い。しかし少くとも俳優のほとんどが処女であることは疑いを容(い)れない。[p.181 l.16-18]


「団員=処女」の記述は、当時の一般的な認識によるものなのか?
「歌劇団=花嫁修行学校」であることに照らし合わせてのことなのか?
または、三島の個人的な感覚を登場人物(朝子)の口を借りて語らせたのか?

この白い燕尾服の男役は処女である。彼女は何も得ず、何も失わない。手鏡を見て、細い指先で口紅を直しながら、借り物の男の中へどうして身を投げ入れようかと苦慮している。ここの観衆が男を想像するように、彼女自身も男を想像しており、そこには錯覚以上のもの、想像力の共感が成立つにいたり、宣伝文はこうした心理作用を「夢」という言葉で一括するのがならわしである。[p.182 l.1-5]


「手鏡を見て、細い指先で口紅を直す」。
極めて女性的な仕草に潜むアンビバレンツ。
すなわち「借り物の男の中へどうして身を投げ入れようかと苦慮する」。

続く一文に、三島の少女歌劇観が端的に表されます。

「観衆が男を想像するように、彼女自身も男を想像する」
「そこには錯覚以上のもの、想像力の共感が成立つにいたる」
「宣伝文はこうした心理作用を『夢』という言葉で一括する」


「想像力の共感」。
女性が男性を演じる少女歌劇に欠かせない要素ですね。
「男役」という存在を味わうための暗黙の了解
三島がこれを正確に理解していたことに驚きました。

今も昔も変わらぬ歌劇の魅力―夢、美、憧れ


非現実の舞台で紡ぎ出される「夢」。
その「夢」が内包するものは「美」であり、「憧れ」であり、劇団と観客が長年追い求めたものと言えるでしょう。
実際に少女歌劇の舞台を観たことがある者の感覚と、それによって生み出される描写だと直感しました。

舞台裏を抜けて客席へかえるために、朝子と友達の出足はすこし遅すぎた。階段を下りて来た半裸の踊り子たちの間に揉まれて、二人はお互いに相手を見失った。朝子はこの白粉の匂いと絹のざわめきの中に、自分が享楽と呼んでいるものの救いがたい混乱と雑駁を見出した。[p.183 l.10-12]


どの劇団がモデルなのか、ヒントはこれ。

踊り子たちは短い大阪弁の会話を投げ合いながら舞台のほうへ雪崩れてゆく。[p.183 l.12-13]


関西が拠点の劇団は宝塚と大阪松竹。
松竹は浅草なので、大阪弁を操る団員が複数いたとは考えにくいですね。
となれば、三島の言う「少女歌劇」は宝塚と大阪松竹のどちらかに絞られました。

一人の踊り子の黒絹のパンツに、大きな鍵裂きの跡の縫われているのが目についた。この質実な縫目は、朝子の質実な心に親しく触れた。(中略)継ぎをした黒絹の腰は、ほかの大ぜいの黒い腰に紛れてしまい、張物の裏の薄明の彼方へ去った。[p.183 l.12-18]


きらびやかな夢の世界から一気に現実に引き戻すひとつのほころび。
主婦であるヒロインならではの視線を細やかに描き出した三島の筆が冴えます。

つくろった跡の残る衣裳を身にまとい、精一杯の笑顔で舞台に立ち、夢を届ける少女たち。
華やかな舞台の裏に隠された、役者稼業のおぼつかなさ、猥雑、哀愁。
しかし、それらを振り切る少女たちの健気さを、かぎ裂きひとつで浮き彫りにする手腕は見事

辛いことなど微塵も感じさせない、輝くような懸命さこそが少女歌劇の醍醐味。
2ページほどの短文に、そのエッセンスが凝縮されています。

ある作品から本筋とは外れる特定のモチーフだけ抜き出し、あれこれ述べるのは作家の意図するところではないかもしれません。
しかし、その中から今も昔も変わらぬ(少女)歌劇の魅力を拾い出せたことは嬉しい発見でした。

※すべて、三島由紀夫著/真夏の死―自選短編集―/新潮文庫(平成6年4月20日 42刷)より抜粋
新潮社公式サイトはこちら│ISBN 978-4-10-105018-8

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚は底なし沼―「いいな」と思う生徒さんが多いほどヅカファン生活は楽しい!

子どもの頃はトップスターや真ん中付近の生徒さんにしか目が行かなかった私。
大人になり、ヅカ熱が再燃してからは、それまで意識が向かなかった専科さんや、芸達者なバイプレーヤーに注目するようになりました。

甘み、苦み、渋み、旨み―物語を美味しくする役者たちに心惹かれる


私自身が成長し、人の心の機微を多少なりとも理解できるようになり、お芝居の面白さに目覚めたことも大きいかと思います。
自分以外の誰かの感情に寄り添えるようになると、お芝居ってグンと面白みが増すんですよね。

物語に、より濃い味わいをもたらす様々な個性を持った役者たち。
現実世界と同じで、いろんな人がいるからドラマが生まれる。

必ずしも完全無欠で優れた人間である必要はなくて。
ときに愚かだったり、臆病だったり…
そんな一面にどうしようもない愛おしさを感じることもある。

カッコいいだけじゃない、綺麗で可愛いだけじゃない。
そんな人間の奥行きを表現できる生徒さんに自然と心惹かれるようになりました

また、年若い女性が中心の宝塚のお芝居に、深みや渋み、滋味を添える専科さんや組の上級生。
ベテランの味の良さを覚えたのも第二次ヅカブームに入ってからです。

「いいな」と思う生徒さんが多いほど、ヅカファン生活は楽しい!


宝塚って観れば観るほど好きな生徒さんが増えて目が足りませんね。

もちろん贔屓はただひとり。
比べるべくもない存在ですが、それとこれとは話が別。

むしろ贔屓が愛する宝塚だからこそ、ファンも宝塚をまるごと愛するようになる。
そんなふうに意識が変わりました。

「いいな」「素敵だな」「輝いてるな」と思う生徒さんは多ければ多いほど、ヅカファン生活は楽しい!

舞台で目に留まるだけでなく、TwitterなどのSNSを通して、今まで知らなかった生徒さんの魅力に気づくこともあります。
どなたかのつぶやきで興味をそそられ、次の観劇で注目して観るようになることも…
生徒さんへの愛あふれるメッセージは読むだけで楽しいですね。

魅力的な生徒さんが次から次へと現れる、底なし沼な第二次ヅカブーム。
まだまだ当分抜けられそうにありません。
(たぶんアナザーワールドへ行くまでずっと好き)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

百年(ももとせ)の 夢のひと皿 すみれ色―念願の「すみれシチュー」いただきました!

大劇場遠征の最重要ミッションは「すみれシチュー」攻略!

宝塚歌劇団創立105周年を記念した、すみれ色のシチュー。
ずっと気になっていたのですが、どうしても勇気が出ず…
清水の舞台から飛び降りるつもり(おおげさ)でチャレンジしました!
おまえが食べたシチューなら 私も食べてみせよう すみれシチュー

百年(ももとせ)の 夢のひと皿 すみれ色


青や紫の寒色は食欲を減退させる色として食品には不向きとされます。
しかし、宝塚のイメージカラーは「すみれ色」。

比較的カラフルな配色が許されるデザート系でなく、あえてシチューとはなかなかのぶっこみっぷり。
守りに入らずガンガン攻めてくる姿勢、好きです。
公式発表時の宝塚ファンのざわめきは忘れられません。

しかし、蓋を開けてみれば大人気!
レストラン・フェリエのそこかしこで、すみれシチューを味わう方の姿が見られました。

○宝塚大劇場オリジナル「すみれシチュー」※バターライス付き デザート・コーヒーまたは紅茶セット 2,000円
宝塚歌劇団創立105周年を記念して、鶏肉と鶏団子が入った、すみれ色のシチューをご用意しました。アクセントには組カラーをイメージした薬味を添えております。宝塚大劇場でしかお召し上がりいただけない「すみれシチュー」をどうぞお楽しみください。[公式サイトより抜粋]


前菜のサラダはいたって普通。
爽やかなマリネが食欲をそそります。

添え物は左から、桜漬け・コーンピクルス・コルニッション・小玉葱・しば漬け。
ひときわ異彩を放つ青色の酢漬け小玉葱。
明らかに食品ではない色ですが、味は◎
img-20190814_1.jpg
真打ち登場。
組カラーの付け合わせは左から、スパム・パプリカ・ロマネスコ・うずら卵・キドニービーンズ。
他にも黄色いズッキーニやカリフラワー、じゃがいもなど多彩な食材が使われています。
「105」と書いてあるのは春巻の皮だそう。
お皿の上のものは全部食べられます。
img-20190814_2.jpg
ルーの色は紫薩摩芋のピューレによるもの。
ベースはあっさりまろやかなホワイトシチュー。
タカラヅカニュースですみれシチューを紹介された、星組の輝咲玲央さんと夢妃杏瑠ちゃんが仰った通り、鶏と野菜のエキスが活きた優しいお味。
鶏肉は柔らかく、鶏団子はきめ細かい口当たりです。
img-20190814_3_1.jpg
デザートは『食聖』にちなんだエッグタルト。
コーヒーによく合います。
ホン(紅ゆずる)のコック帽モチーフが可愛いですね。
img-20190814_4.jpg

ひと夏の 夢のかけらを 閉じ込めて


改めて眺めるとすごいポスターですよね。
知らない人には宝塚と分からないかも…?
img-20190815_12.jpg
ロビーの装花。
「大劇場に来た!」という気分になれる大好きな場所です。
img-20190815_13.jpg
105周年のオブジェ。
皆さま右端に座って記念撮影してらっしゃいました。
もちろん私も撮りましたよ。
img-20190815_1.jpg
すみれシチューが気になる方はお早めにどうぞ!
105周年記念メニューなので、おそらく年内いっぱいだと思います。
とか言って、来年「好評につき定番メニューになりました」になったりして…
(それはそれで嬉しい)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖

笑って泣いて、また笑って、心がほかほか暖かくなるハートフル・コメディ『GOD OF STARS-食聖-』。
東京公演初日おめでとうございます!
大千穐楽までご安全に、充実の舞台となりますように!

前回につづき、せおっち(瀬央ゆりあ)演じるニコラスの父親、レオ(輝咲玲央)の見どころを。
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖

レオパパ、オタ芸に燃える


子煩悩で愛妻家。
ちょっとコミカルで家族思いなレオパパ。
最大の見どころは「オタ芸」

ニコラスがリーダーを務めるご当地アイドルグループ「パラダイス・プリンス」の一番熱心なファンのパパ。
完全に振り切れたキレッキレのダンスは必見です。

なぜか超真顔(目が座ってる)、髪を振り乱して踊るレオ。
激しく動く上半身と、がっつり大股開き、微動だにしない下半身のコントラストがツボ。

最初のうちこそ「スーツが裂けるんじゃないか」と心配しましたが、大劇場千穐楽が近づくにつれ「首がもげるんじゃないか」「腕が抜けるんじゃないか」レベルの激しさに

宝塚の舞台でオタ芸が披露されるのは初だそう(振付はダンスパフォーマンス集団「梅棒」の伊藤今人さん・楢木和也さん)。
小柳先生は宝塚の世界をどんどん広げてくださいますね。

「食聖コンテスト」のホン(紅ゆずる)とリー(礼真琴)のラップバトルで、さらにパワーアップしたオタ芸を披露するレオ。
右手には「N」のリストバンドが。
パパ…(涙)

タン・ヤン(有沙瞳)の手にも似たようなリストバンドが。
タンちゃんがお揃いで作ってくれたのでしょうか?

この場面は本当に目が足りない!
銀橋でバトるホンVSリー。
下手花道でオタ芸炸裂のレオ夫妻&パラプリ。

本舞台はさらなるカオス。
巨大な熊の手をかかげるみきちぐさん(美稀千種)。
甲殻類と戯れるレン(如月蓮)・マオ(麻央侑希)コンビ。
もう何がなんだか…

勝ったホンを迎えるときは、マイクを通さないレオの大音量「ホンさぁ~~~ん☆彡☆彡☆彡」が聴けます。
(なぜかホンが大好きなパパ)
中の人のさゆみさん愛がダダ漏れてる??

レオは星の熱血お兄さん・オレキザキにどんぴしゃなお役ですね!

身に覚えのありすぎる「オタ芸」


「オタ芸」という言葉が初耳だったので調べてみました。

オタ芸(オタげい)とは、コンサートなどにおいてファンが繰り広げる、独特な動きを伴う踊りや掛け声のことである。
文字通りアイドルオタク(追っかけ)等がアイドルや声優などのコンサート・ライブなどで行っている、アイドルのために捧げる応援の芸(パフォーマンス)、応援方法である。[Wikipediaより抜粋]


へえ~~
私の知らない世界だわ…


いやいや!
私もよーーく知ってる世界でした!

90年代、空前のバンドブームで熱い盛り上がりをみせたヴィジュアル系。
なかでも名古屋系好きだった私。
(当時は「お化粧バンド」と呼んでいた)
(今も昔もコッテリメイクカルチャーが大好きな私)

ヘドバンやら手扇子やら。
やってました!やってました!
懐かしい~~
あれもオタ芸の一種ですよね?

そうと知ったら、ますますレオパパに親近感がわきます。
レオのオタ芸は「最愛の息子に捧げる応援のパフォーマンス」と思えば、あのように真摯な態度も腑に落ちます。

そもそも「舞踊」とは神に捧げる原始の祈りから派生したもの。
「オタ芸」は偶像(アイドル)に捧げる供物として最適なパフォーマンスなのかもしれません。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

香りで魅了するタカラジェンヌ―演劇と香りの素敵な関係

五感に訴える芸術、演劇。
視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚…

演技や踊りで視覚を、音楽で聴覚を満たす。
なかでも格別印象に残るのは、嗅覚。

「演劇」と「香り」で思い出すのは、学生時代に観たPARCO劇場の『葵上・卒塔婆小町』。
主演は美輪明宏さん。

客席後方から突如現れ、ゆるゆると言葉を紡ぎながら舞台へ向かう美輪さん。
手を伸ばせば触れられるほどの距離に近づいて来る美輪さん自身より早く、私のもとに届いたのは「香り」でした。

豪奢で奥行きのある濃密な香り。
20年以上経った今でも深く心に残っています。

他の感覚に比べ、記憶を呼び覚ます作用が強いとされる嗅覚。
印象深い香りと共に味わった舞台は、生涯忘れ得ぬものとなるのかもしれません。

宝塚歌劇と香り


ずいぶん前の記事ですがコンスタントに読まれ続けているのが、宝塚の生徒さんと香りについて書いたこちら。
満開の金木犀―タカラジェンヌと香り

客席降りやファンイベントなどで生徒さんの香りに触れる機会は多いですが、どなたもいい匂い!
何の香水を使ってらっしゃるのか、いつも気になっています。

先日大劇場千穐楽を迎えた星組の『GOD OF STARS-食聖-』では、礼真琴さん演じるリー・ロンロンが、憧れのアイドルと握手した後の手の匂いを嗅いでいましたね。
小柳先生の演出なのか、琴ちゃん(礼)自身のアイディアなのか…
妙に親近感が湧く仕草です。

最近はどうか分かりませんが、以前は『歌劇』や『宝塚グラフ』などの機関誌で生徒さん愛用の香りを知ることができました。
今も変わらぬ貴公子ぶりが麗しい紫苑ゆうさんは資生堂の「むらさき」。
お名前に「紫」の字があるシメさん(紫苑)。
徹底してますよね~~

香りで魅了するタカラジェンヌ


シメさんファンで「むらさき」を使っている方はいらっしゃるのでしょうか?
好きなタカラジェンヌと同じ香りをまとう。
どこか秘密めいた悦びが感じられますね。

実は私、偶然にもある生徒さんと香りがお揃いだったことがありました。
ふたりで写真を撮らせていただくことになり、お側に寄ったら、覚えのある香り…

まさかの同じ香水!
心臓が止まるかと思いました…

しかも!一度だけならまだしも、別の日の別の香水もお揃い。
たまたまとはいえ、二度もかぶるとは。
こんなことってあるんですね~~

ふたつとも似たテイストの香りなので、好きな系統が同じなのかも?
目に見えるもの以上に、「香り」という形のないものの好みが一致するのは格別な喜びがありますね。

以前、「香りでファンを魅了することも、タカラジェンヌのセンスの見せどころ」と書いた私。
五感の中で最も深く記憶に刻み込まれる嗅覚。
上手に香りの魔力を操り、ファンを魅了できるジェンヌさんは素敵ですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

魂は細部に宿る―星組『霧深きエルベのほとり』小道具展示│宝塚歌劇の殿堂

ちょっと間が空きましたが、『GODOFSTARS-食聖-/ÉclairBrillant』大劇場公演中に開催された「歌劇の殿堂」特別展示の感想の続きです。
紅ゆずるさんの特別企画「Memories of 紅ゆずる」はこちら↓
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」

公演展示は今年のお正月公演『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』。
観劇回数最高記録を大幅に更新した思い出深い公演。
何度観ても新鮮な感動がある大好きな作品です。
霧深きエルベのほとり関連記事

○衣装展示はこちら↓
霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS│歌劇の殿堂 星組ステージ衣装コレクション

霧深きエルベのほとり 小道具展示


左上から時計回りに。
ホルガー(美稀千種)お手製のパン、ビア祭りの女王(万里柚美)らの持ち物、オリバー(麻央侑希)が釣り上げた魚、ベティ(水乃ゆり)の婚礼のヴェールとブーケ、マルギット(綺咲愛里)のバッグ、カール(紅ゆずる)がもらった手切れ金、カールのジャックナイフ、カウフマン警部(天寿光希)の拳銃、マルギットのブーケとバッグ、アンゼリカ(音波みのり)が落としたグラス。
img-20190820_8.jpg
左上から時計回りに。
デュッケ(瀬稀ゆりと)のご馳走(残り物?)、マルギットのトランク、オリバーのおやつ、カールとマルギットが食べたプレッツェル、フロリアン(礼真琴)の落ち葉、トビアス(七海ひろき)のパイプ、マルギットの写真。
img-20190820_9.jpg
食品サンプル好きにはたまらない、手の込んだパンや料理の数々。
img-20190820_7.jpg
img-20190820_6.jpg
このホットドッグが美味しそうで、11時公演のときはお腹が減って辛かったのを思い出します。
img-20190820_5.jpg
オケピの方が毎回、一所懸命にオリバーの釣り糸の先につけていましたね。
たまに糸が絡まったりしてハラハラしました。
img-20190820_4.jpg
カールがかつての恋人と鉢合わせする湖のレストランのシーン。
繊細な心理描写が見応えたっぷりで大好きでした。
img-20190820_3.jpg
マルギットの写真は、公演グッズ(スチール写真)のモノクロ版。
スチールはかなり早い段階で撮影されるので、マルギットの髪は当初、短めの設定だったのでしょうか。
img-20190820_2.jpg

未来からやってきたお金?


精巧に作られた20マルク(ZWANZIG MARK)紙幣。
img-20190820_10.jpg
これは第二次大戦後に発行された東ドイツマルク(Mark der Deutschen Demokratischen Republik)ですね。
今回の『エルベ』の時代設定は1930年代なので、これでは未来からやってきたお金になってしまいます。
初演時の設定(1960年代)であれば、この紙幣で問題ないのですが。

…なんてことを、一緒に行った「五・七・五で語る宝塚~タカラヅカ川柳~」のみーさんと話していました。

もうひとつ時代のヒントを。
みーさんによると、カウフマン警部の銃は「ルガー P08(Ruger P08)」だそう。
img-20190904_1.jpg

1908年にはドイツ陸軍に制式採用され、第一次世界大戦から第二次世界大戦を通じて1943年まで生産され続けた。1938年に後継モデルのワルサーP38が制式採用されるまでの約30年間、ドイツ軍の制式採用銃であった。[Wikipediaより抜粋]


こちらは『エルベ』の時代設定と矛盾しませんね。

○参考記事↓
激動の1930年代―『エルベ』の時代背景と、登場人物たちのその後│霧深きエルベのほとり

魂は細部に宿る―歌劇の殿堂見学の醍醐味


小道具担当は下農直幸さん。
ひとつひとつをじっと眺めていると、エルベの住人たちの息遣いが感じられるよう。

「魂は細部に宿る」と言いますが、小道具は舞台を彩る重要なファクター。
小さな持ち道具ひとつでも、物語を読み解くきっかけとなる
「歌劇の殿堂」を見学する楽しみはここにあります。
観劇中はなかなかじっくり観ることができませんので、こうしてゆっくり触れられる機会があるのは嬉しいですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
愛の難破船、ヴェロニカ(英真なおき)―すべては揺るぎない土台あってこそ│霧深きエルベのほとり
父権社会の権化―ヨゼフ・シュラック(一樹千尋)のパターナリズム│霧深きエルベのほとり
夢のひとときにブラボー!カール(紅ゆずる)の愛と哀しみ│霧深きエルベのほとり
忙しかった星組祭りも、終わりと思うと名残惜しい―キャスト別感想(瀬稀/瀬央/天飛/朝水)│霧深きエルベのほとり
第三の男、ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり
劇場をアミューズメントパークに変える星組ショー│ESTRELLAS
中村暁の流儀―生徒の輝きを最大限に引き出す「偉大なるマンネリズム」│ESTRELLAS
オレキザキを探せ!―ロンバルト役以外の輝咲玲央の見どころ│霧深きエルベのほとり
目は口ほどに物を言う―視線の魔術師、輝咲玲央│霧深きエルベのほとり
紫藤りゅう×朝水りょう―逸材揃いの星組中堅スターたち│ESTRELLAS
アンゼリカ(音波みのり)について―諍い果てての契り、「嘘」が取り持つ夫婦の縁│霧深きエルベのほとり
愛の勝者は誰か?―カール・フロリアン・トビアス・ロンバルトを比較する│霧深きエルベのほとり
激動の1930年代―『エルベ』の時代背景と、登場人物たちのその後│霧深きエルベのほとり
“ノブレス・オブリージュ”マインラート夫人(白妙なつ)と、お歴々(大輝/漣/ひろ香/極美/星蘭)│霧深きエルベのほとり
ファッションからひもとく『エルベ』の世界(1)―おしゃれ番長・ロンバルト(輝咲玲央)│霧深きエルベのほとり
トビアス(七海ひろき)の指輪―男役の儀式│霧深きエルベのほとり
七海ひろき、ダンケシェーン!―「足るを知る者は富む」トビアスとベティの愛の形│霧深きエルベのほとり
6つの台詞でひもとく、ロンバルト(輝咲玲央)の心│霧深きエルベのほとり
100の台詞よりも雄弁―ロンバルト(輝咲玲央)の芝居力│霧深きエルベのほとり
エルベがお江戸にやって来た!大劇場から変更点・ざっくり感想など│霧深きエルベのほとり
紅カールがさらに優しく、輝咲ロンバルトがさらに悩ましく│霧深きエルベのほとり
星の実り 共にさあ祝いて 飲もう 食べよう│星組『霧深きエルベのほとり』公演メニューレビュー
台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS│歌劇の殿堂 星組ステージ衣装コレクション

2019年 霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~│歌劇の殿堂 星組ステージ衣装コレクション。

霧深きエルベのほとり 衣装展示


紅ゆずる/カール・シュナイダー
img-20190820_21.jpg
綺咲愛里/マルギット・シュラック
img-20190820_16.jpg
礼真琴/フロリアン・ザイデル
img-20190820_18.jpg
有沙瞳/シュザンヌ・シュラック
img-20190820_17.jpg
七海ひろき/トビアス
img-20190820_19.jpg
天寿光希/カウフマン警部
img-20190820_15.jpg

ESTRELLAS~星たち~ 衣装展示


「第1章 プロローグ」紅/エストレージャス男S
img-20190820_13.jpg
同、綺咲/エストレージャス女S
img-20190820_11.jpg
左:綺咲/エストレージャス女Sの頭飾り
右:「第8章 パレード」綺咲/パレード女Sの頭飾り
img-20190820_23.jpg
「第4章 Back!」礼/流星S
img-20190820_14.jpg
「第5章 アスタリスク・メドレー」七海/アスタリスク男A
img-20190820_22.jpg

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚ブログ開設3年目の人気記事ランキングTOP10

2016年9月1日のレビュー記念日に開設した当ブログ。
一昨日で丸3年を迎えました。

とぎれとぎれながら続けてこられたのも、ひとえにお読みくださる皆さまのおかげと深く感謝しております。

自己満足の覚え書きとはいえ、3年も積み上げれば一財産。
たまに読み返すと、その時々の舞台の感動が鮮やかに甦ります。
宝塚に対する自分の考えや楽しみ方の変化もつぶさに分かり、我ながら面白かったり…

思考は放っておけば雲散霧消しますが、形に残しておけばいつでもその足跡をたどれる。
「記録」の大切さを実感しています。

全642記事のなかで、皆さまの関心が高かった(閲覧数が多い)記事をまとめました。
1年目の結果はこちら↓
月組東京初日おめでとうございます!+ブログ開設1年目の人気記事ランキングTOP10

2016年9月-2019年9月│人気記事ランキングTOP10


1.星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖

2.美女たちの競艶、仙名彩世筆頭のエイト・シャルマン│博多座 Santé!!

3.「紅柳紅子の部屋」如月蓮の優しさと機転、天寿光希×輝咲玲央「星を継ぐ者たち」│紅ゆずるディナーショー Berry Berry BENNY!!

4.「好きだから」は理由にならない―“善意”による無邪気な侵害│宝塚歌劇団の「著作権」と「肖像権」

5.珠城りょうの「役者の目」―お茶会備忘録

6.めちゃくちゃ面白い異世界ファンタジー!サンファン個別感想(七海ひろき/輝咲玲央)│Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

7.いい仕事してますねぇ!鉄壁の二番手、礼真琴について│ANOTHER WORLD

8.中の人(美弥るりか)が証言する!月組と星組の違い│15th ICHIGO-ICHIE リターンズ

9.観劇マナーは誰のため?―劇場にいるすべての人(役者も観客も)が気持ちよく過ごせるように

10.生田大和、会心の一作!紅ゆずる率いる星組に新たなる傑作誕生!│鎌足

今、最も宝塚ファンの関心を集めているのは誰?


星組5件、月組2件、花組1件、その他が2件。
個人では、OGの#美弥るりかさん、#仙名彩世さん、#七海ひろきさん、現役の#紅ゆずるさん、#如月蓮さん、#天寿光希さん、#輝咲玲央さん、#珠城りょうさん、#礼真琴さん、#朝水りょうさん、そして座付きの#生田大和先生のお名前が上がっています。

9月1日現在、礼真琴さんと朝水りょうさんは検索ワードランキングでもぶっちぎり。
皆さまの関心の高さがうかがえますね。
(1位 礼真琴、2位 紅ゆずる ディナーショー、3位 朝水りょう)

4位に「著作権・肖像権」、9位に「観劇マナー」についてがランクイン。
同じ宝塚を愛する者同士でも温度差の大きいテーマ。
誰のためのルールやマナーなのか?
根本に立ち返ってみることが大切ですね。

ブログ開設当初に比べ、一日の訪問者もグンと増えた今。
お時間を割いて読んでくださる皆さまに、少しでも有益な情報をお届けできればと思います。

温かなコメントをくださったり、ランキングや拍手ボタンを押してくださる方、いつもありがとうございます。
同じ宝塚を愛する方々と交流させていただけることが、何より嬉しく、励みになっています

新しい一年も、楽しく美しい思い出をたくさん残せますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**