FC2ブログ

イメージぴったり!物語に血が通い出した―武蔵配役│夢現無双

月組ファンお待ちかね、『夢現無双』のキャストが出ましたね。
月組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』その他の配役決定

どこかよそよそしかった原作のキャラクターに、馴染み深い月組の生徒さんのお顔が重なり、脳裏で活き活きと物語が動き出します。
思わず「いいね!いいね!」と胸がときめきました。

生徒さんひとりひとりの個性を活かすことにかけては人後に落ちない齋藤吉正先生。
月組武蔵もきっと納得の配役をしてくださるだろう、と思ってましたが…
おおむねイメージ通りで満足です。

どこからピックアップするか迷いますが、学年順に。
ネタバレしないよう心がけますが、気になる方は薄目でご覧くださいね。

イメージぴったりな方々


どなたが配役されるか気になっていた沢庵和尚は光月るうさん。
武蔵が「獣」から「人」に変わるきっかけを与える人物ですね。
るうさんならば安心です。

夏月都さんのお杉は容易に目に浮かびます。
又八への妄執に近い愛、どこかもの悲しく、滑稽にも思える母の業。
なつこさん(夏月)で間違いない配役です。

武蔵の父、新免無二斉は紫門ゆりやさん。
ゆりちゃんが珠様(珠城りょう)のお父様!

色っぽくて、したたかなお甲は白雪さち花さん。
パーフェクトな選択です。
さち花さん以外の配役は考えられません。

わくわくしながら待っていた、まゆぽん(輝月ゆうま)のお役は祇園藤次。
「そう来たか!」
藤次の台詞や行動が、すっとまゆぽんの声色や姿で浮かびました。
しっくりくる、いい配役ですね。

武蔵の姉、お吟は楓ゆきさん。
きりりと芯の強い女性像は、たんちゃん(楓)にぴったり。
ゆりちゃん、珠様、たんちゃんで新免ファミリー揃い踏みですね。

本位田又八は月城かなとさん。
武蔵との因縁がどう描かれるか楽しみ!
(酒と女に溺れて身を持ち崩すれいこさん[月城]も楽しみ)

朱実は叶羽時さん。
大役ですね!おめでとうございます!
時ちゃん好きとしては喜ばしい限り。

気になる方々


辻風典馬に颯希有翔さん。
『ON THE TOWN』冒頭のソロがとても良かったので、ますますのご活躍が楽しみです。

日観の周旺真広さん。
ぬくもりと懐の深さを感じさせる日観は、すおっち(周旺)にぴったり!
個人的に好きなキャラクターなので嬉しいですね。

思わず心の中でガッツポーズを決めたのは、城太郎の結愛かれんさん。
城太郎大好き!
可愛いんですよね~~
かれんちゃんの愛くるしい城太郎が観られるなんて嬉しい!

壬生源次郎の羽音みかさん。
舞台を観る限り、かなりお背が高いようですので、すっきり美しい少年姿が期待できますね。

卒業される方々


珠城りょうさん、美園さくらさんの新トップコンビお披露目であり、4名がご卒業される『夢現無双』。
美弥るりかさん、響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんの魅力が存分に花開く舞台となりますように。
また、大劇場を部分休演される海乃美月さんの一日も早いご快復を願っています。

送る人、送られる人、そしてファンも。
揃って笑顔の千穐楽を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢現無双』関連記事はこちら↓
「イイネ!」を100万回押したい!珠城武蔵×美園お通のヴィジュアルが出た!│夢現無双
「粗にして野だが卑ではない」珠城武蔵に早く会いたい!―吉川英治『宮本武蔵』を読む│夢現無双
齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双
スポンサーサイト



『台湾甜商店』でタピオカミルクティーデビュー│大劇場105周年幕開け

毎週末、星組大劇場へ通った怒涛の1月も残りわずか。
今年に入ってタクシーに乗った回数より飛行機に乗った方が多いという…
悪天候で足止めを食うことなく、体調を崩すことなく、無事に一ヶ月乗り切れてホッとしています。
img-20190128_1.jpg

宝塚歌劇団、105周年の幕開き


劇場隣に移転する宝塚ホテルの工事用目隠しも105周年バージョンに変わりました。
img-20190128_2.jpg
劇場外装工事の覆いも105周年尽くし。
img-20190128_12.jpg
お正月飾りも宝塚らしく、すみれ色が基調。
img-20190128_4.jpg
劇場ロビーの装花は星組カラーの青に、船の外輪モチーフを添えて。
img-20190128_3.jpg
新たな節目を迎えた宝塚歌劇団。
105年目も愛と夢に満ちた舞台を期待しています。

『台湾甜商店』でタピオカミルクティーデビュー


ソリオ宝塚にオープンしたばかりの『台湾甜商店』。
台湾スイーツやタピオカドリンクを求める人々で連日大賑わい。
img-20190128_7.jpg
タピオカミルクティー中毒のヅカ友、Mさんと行って来ました。
台湾公演で初めて飲んだ美味しさが忘れられず、すっかりハマったそう。

コーヒーはブラック、紅茶はストレート派の私。
Mさんの熱意に負け(?)、タピオカミルクティーデビューを果たしました。

都内各店のタピオカミルクティーを飲み比べたMさん曰く、『台湾甜商店』が本場の味に最も近いそう。
タピオカミルクティーを始め、里芋のお団子「芋圓(ユーチェン)」、ハーブのゼリー「仙草」、豆腐で作ったヘルシーな「豆花(トウファ)」、かき氷などバラエティ豊かなメニューが揃います。
img-20190128_9.jpg
キッチュで可愛い店内。
お茶会帰りのかなり遅い時間に通りかかったときも、まだお客さんがいらして驚きました。
台湾は夜市の文化があるから閉店が遅いのでしょうか?
宝塚店の営業時間は11時から22時までだそうです[2019年1月末現在]。
img-20190128_8.jpg
まずは看板メニューの「テンミルクティー」を注文。
私好みにホット+無糖でオーダー。
img-20190128_10.jpg
紅茶のたっぷり豊かな香り、ミルクの濃厚な味わい。
タピオカはもちもち食感、コシのある歯ごたえ、ほんのり黒糖の甘み。
まろやかなミルクティーに、つるんとしたタピオカがマッチして美味しかったです。

ちょっとだけ、ご注意を。
ホットのミルクティーをストローで勢いよく吸い込んだら、熱々のタピオカ直撃で唇をヤケドしちゃいました。
慎重に召し上がってくださいね。

もうひとつ、タピオカは澱粉質なので、一杯でかなりのボリューム。
次の食事に響きますので、召し上がるタイミングにはお気をつけくださいませ。

次回はスイーツも試してみたいですね。
仙草や愛玉子(オーギョーチ)などゼリー系の台湾デザート、大好きなのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○おやつや、ちょっとしたお土産にお勧めの宝塚大劇場周辺グルメ関連記事はこちら↓
『たからづか牛乳』ヨーグルトサンデー・ざらめヨーグルト
『たからづか牛乳』ざらめヨーグルト/『ルマン』サンドイッチ
『いかりスーパー』焼き菓子

台詞からひもとく、フロリアン(礼真琴)の揺れ動く心│霧深きエルベのほとり

珠玉の言葉がそこかしこに散りばめられた『霧深きエルベのほとり』。
MY初日観劇後は友人とお気に入りの台詞について延々ヅカトークしました。

とくに心に残るのは、礼真琴演じるフロリアン・ザイデルの言葉。
婚約者を他の男に奪われた彼。
台詞の端々に揺れ動く心が映し出されて興味深いですね。

○関連記事はこちら↓
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり

台詞からひもとくフロリアンの心


自制の塊みたいなフロリアン。
頑なに心の内を覗かせない彼から、ぽろりぽろりこぼれる本音。

フロリアンの台詞のいくつかをピックアップし、巧みに押し隠された彼の内面をひもといてみたいと思います。

1. 一度散った木の葉を再び元の枝につけて緑に輝くと、君は思うかい?


失われた時は二度と取り戻せない。
愛の無慈悲を鋭く捉える言葉に、彼の達観が読み取れます。

2. ほんとうはカールなんて、僕にはどっちでもいい


フロリアンの目に映るのはマルギットだけ。
カールという人間は単に「マルギットの心を捉えた男」という記号に過ぎない。
フロリアンの中では、カールは同じ土俵に乗っていないのです(この時点では)。

3. あるいは君を愛するかもしれない


愛は変化するもの。
1.同様、愛の真理を表す言葉ですが、使いどころがまずいですね。

『エルベ』を潤色された上田久美子先生の『金色の砂漠』でも同様の台詞があったことを思い出しました。
芹香斗亜さん演じるジャーの言葉です。
「かつて激しく燃えた愛情も、時を経れば穏やかに、兄弟や家族へ向けるようなものに変化することもある」
そんなニュアンスでした。

しかし、これはいけません。
「もしかしたら君を愛するかもしれない」
自分を慕う少女にかける言葉としては不適切にも程があります。

貴乃花と宮沢りえの婚約破談会見を思い出しました。
婚約破棄の理由を聞かれ、「愛情がなくなった」と答えた貴乃花。

そう言われては引き下がるしかありません。
一片の未練も残させない、ある意味優しいかもしれませんが残酷な言葉です。
あまりに人の心の機微に疎い物言いです。

「愛情がなくなった」とは真逆の「君を愛する“かもしれない”」。
これまた酷な言い草です。
真摯な愛の告白に対する返事ではありません。

大人の女性なら「いつか、は来ない」「もしも、は無い」と諦められますが、うら若い少女には思わせ振りすぎます。

シュザンヌ(有沙瞳)を縛り、先へ踏み出させない言葉。
フロリアンがどういった思惑で口にしたかは分かりませんが、彼の青さを露呈する台詞です。

4. 皆で話し合おうじゃないか


フロリアンの「分かってなさ」がモロに出た台詞ですね。
ボロボロに傷ついた女にかける言葉ではありません。
カールやロンバルトならこんなとき、黙って女の肩を抱くでしょう。

シュザンヌも「よくお話をすれば、マルギットはあなた(フロリアン)を愛するようになるかもしれない」と言いますが、一体どういう心理からこの言葉が浮かぶのか、さっぱり分かりません。
「話せば分かる」「心を打ち明け合えば気持ちは通じる」というのでしょうか?

「愛」が心のどこから湧いてくるのか?
「愛」の不思議さ、不確かさを、まだ自分のものとして感じたことがないのかもしれません。

フロリアンを「分かっていない」と書きましたが、正解はないのですよね。
皆が正しいことばかり言ってたら、そもそもドラマは生まれない。
そもそも「正しい愛」などあるのでしょうか?

様々な考えの人間がいて、違う考えの人間と交わるから面白いのです。
「話し合おう」という言葉が刺さる相手もいるかもしれません。
そう言い合ってるフロリアンとシュザンヌの心が結びつかないのも面白いところですが。

揺れ動くフロリアン


4つの台詞からはフロリアンの迷いが見て取れます。
彼もまた、愛に惑い、混乱しているのです。

同じ台詞でも、観る回によって正反対の印象を受けることもあります。
しかし、琴ちゃん(礼)の演じ方が不安定なのではありません。

ちょっとしたコンディションの差、芝居相手との呼吸。
生身の人間が演じるのですから、日々違う人物が生まれるはず。
その日生まれたフロリアンは、前日のフロリアンではありません。

観る側の体調や心理状態にも左右されます。
芝居は役者と観客のコール&レスポンスであり、捉え方に正解などないのです。

フロリアンの台詞ひとつとってみても、『霧深きエルベのほとり』は生の舞台の面白さを存分に味わえる演目です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

「世界は輝く、この一瞬のため」ありえない奇跡と星組に感謝!│ESTRELLAS

星にちなんだJ-POPメドレーがある、との事前情報を得た『ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~』。
J-POPに疎い私は初めて耳にする曲ばかり。
どれも場面にぴったり合った選曲で、新鮮な気持ちで楽しむことができました。

恥ずかしながら、ピンときたのは黒燕尾の「情熱大陸」のみ。
他は終演後に連れ合いやヅカ友さんから教えてもらいました。
デュエットダンスの曲が特にお気に入りです。

自分メモとして、歌手名と曲名と感想を合わせて残します。
間違いなどありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

ESTRELLAS備忘録


第7章『フィナーレ』のデュエットダンス。
MISIAの「逢いたくていま」は、カールとマルギットが別の世界で結ばれたような気がして、涙が溢れます。
あんるちゃん(夢妃杏瑠)と、ほのかちゃん(小桜ほのか)の澄んだ美声でさらに感動が増しますね。

第2章『スターライト』は、SEKAI NO OWARI の「スターライトパレード」。
明るくキャッチーなメロディと裏腹の意味深な歌詞。
琴ちゃん(礼真琴)のハスキーな声質に合う曲ですね。

卒業生への愛


本公演をもって卒業されるカイちゃん(七海ひろき)は、平井堅の「POP STAR」と、flumpoolの「星に願いを」。
〽流れ星にかけた願い 叶うのが今なら 行かなくちゃ
胸がじーんとしました。
カイちゃんの「行き先」が光に満ちた場所でありますように。
銀橋を渡るカイちゃんの清々しい笑顔と共に忘れられない曲となりました。

同じくご卒業のせっきーさん(瀬稀ゆりと)とカトリーヌさん(華鳥礼良)のデュエット、MISIAの「僕はペガサス 君はポラリス」。
せっきーさんはお芝居の最後の台詞も素敵でしたね。
共に歩んできた英真なおきさんとグラスを合わせ、万感の吐息をもらす。
素晴らしい餞のシーンでした。

卒業生に向ける中村暁先生の温かな眼差し、優しいエール。
退団者への愛情は座付き作者ならではの計らいですね。

適材適所の愛


第3章『星夢(スタム)』の使用曲「今夜はANGEL(Tonight Is What It Means To Be Young/Jim Steinman)」。
めちゃくちゃカッコいいですね!
連れ合いは「ヤヌスの鏡だ」と申しておりました。
好きだったドラマの主題歌に使われていたようです。

このシーンは、漣レイラさんの力強くドラマティックなダンスが印象的。
輝咲玲央さんや遥斗勇帆さんの歌、天飛華音さんのダンス。
歌手やダンサーに確実に場を与えてくださるのも中村先生の愛ですね。

男役はカッコよく、娘役は美しく


第4章『Back!』は琴ちゃんを中心とした若手男役のナンバー。
曲はK-POPの「Back/INFINITE」。
『Dance Romanesque』の「月色男子」を思い出すシーンですね。

琴ちゃんのセクシーボイス+キレキレダンスに負けじとギラつく若き星男たち。
紫藤りゅうさんの品、天希ほまれさんの美貌、極美慎さんの輝き、天飛さんの色気に心を奪われ、目が足りない!
魅力的な若手スターさんが目白押しで、星組の将来は安泰ですね。

そして、星ショーの密かな楽しみは朝水りょうさんのヘアスタイル。
今回も気合い入ってますねー!
「求愛ダンス」を踊る南国の鳥かと思いました。
自分独自の色を出そうという気概が感じられて好きです。
(そろそろ彼にVO5イメージモデルのオファーが来てもいい頃)

第5章『アスタリスクメドレー』は、誰もが一度は耳にしたことがある「Hot Stuff/Donna Summer」。
無条件でテンションが上がりますね!
フレッシュな星色男子と打って変わって、アダルトな男役の魅力が炸裂します。

髪を振り乱して無心に踊る玲央さん(輝咲)がむちゃくちゃカッコいい!
「男役はカッコよく、娘役は美しく」の定石に則ったシーンは満足度が高いですね。
この場面については別記事で改めて。

あーちゃん(綺咲愛里)筆頭の娘役ナンバーは「Turn The Beat Around/Vicki Sue Robinson」。
いい男には、いい女。
これまた目が足りない美女たちの競艶です。

琴ちゃんと4組のカップルの「Sunny/Bobby Hebb」。
気だるく濃密な色気を振りまく琴ちゃん。
ぞくぞくするほどカッコいい低音。

カップルは七海ひろき/有沙瞳、瀬央ゆりあ/音波みのり、 紫藤りゅう/夢妃杏瑠、極美慎/紫りらの組み合わせ。
ところどころ男女の学年が逆転しているにもかかわらず、瑞々しさをキープしている娘役さんは凄い!
(特に、はるこさん[音波])

怒涛のナンバーは続く


トップコンビのデュエットダンスは、大好きな「Libertango/Astor Piazzolla」。
逃げる女(綺咲)、追う男(紅ゆずる)。
胸をかきむしるタンゴの音色が刹那の愛を彩る。
短いシーンでも確実にドラマを生み出す紅あーコンビ、さすがです。

中詰はORANGE RANGEの「チャンピオーネ」。
早口言葉みたいで楽しい曲ですね。
元気いっぱいで星組にぴったり!

劇場が一体となる客席降りの楽しさと言ったら!
生徒さんとのコール&レスポンスは文句なしに幸せ!

生徒さん同士のじゃれ合いも可愛くって目が足りませんね。
せおっち(瀬央)が琴ちゃんにかめかめ波(?)をお見舞いしたり、玲央さんが両手でメガネを作りながらカトリーヌちゃんを覗き込んだり…

『ESTRELLAS』のおかげで沢山の新しい音楽を知り、世界が広がったのが嬉しいです。

やっぱりオリジナル曲はいい!


中村ショーの特徴のひとつに、主題歌の覚えやすさがあります。
『Dance Romanesque』『GOLD SPARK!』『CRYSTAL TAKARAZUKA』『VIVA!FESTA!』…
どれも超音痴な私でも一回で覚えられるキャッチーさ。

観劇後に花のみちを歩きながら鼻歌が出る。
そんな歌が宝塚のショー作品にはふさわしいと思います。

既存曲の多い『ESTRELLAS』ですが、オリジナル曲はメインテーマの『エストレージャス』はもちろん、『星サギの歌』が大のお気に入り!

〽世界は輝く、この一瞬のため
銀橋を渡るベニーさんの姿を観たら、いろんな想いがこみ上げ、涙が浮かびました。

今この瞬間、大好きな宝塚の舞台を観ていられるのは、さまざまな条件が重なった上での好運であること。
決して当たり前ではありません。

この一瞬の輝きを享受できる幸せ。
まさに「ありえない奇跡」を味わっているのだ、と。

改めて、自分を取り巻くすべてのものへの感謝が湧いてきました。
そして、こんなふうに思わせてくれた紅さんと星組の皆さまと中村先生に。
素晴らしいショーをありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』関連記事はこちら↓
オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

オリバー(麻央侑希)から得た気づき―社会の寛容と、因果応報と、聖なる光│霧深きエルベのほとり

麻央侑希さん演じる船乗りオリバー。
MY初日からずっと気になる存在でした。

なぜ、オリバーが気になるのか?


ぽわんとした喋り方、のんびりした動作、年下の子どもに馬鹿にされてもどこ吹く風。
なにもかも周囲からワンテンポずれている。
最近、エンタメの世界でこういうキャラクターをみることが少なくなりました。

とぼけた味わいで憎めないオリバー。
ひりひりするような恋の物語にあって、一服の清涼剤の役目を果たす彼。
いつの間にかすっかり好きになってしまいました。

ちょっと鈍くて融通のきかないところはあるけれど、オリバーにはそれを補って余りある良さがいっぱいあります。

助けを必要とする人に自然と手を差し伸べること。
人の幸せを素直に喜べること。

「水夫長に頼んでみようよ」
自分を馬鹿呼ばわりするヨーニー(天飛華音)に働き口を与えるため、トビアス(七海ひろき)に取りなしてみたり。

「いいなぁ」
トビアスとベティ(水乃ゆり)の結婚を羨ましがりつつ、祝福してみたり。

純真で無垢な魂。
その言動には聖なる光すら感じます。

ぽわぽわした台詞回しがまったく嫌味にならないのが、まおちゃんの個性。
彼女の根っこにある素直さ、明るさ、邪気のなさが上手く作用しているようです。
(殺無生を演った人とは思えない)

時代の寛容


まかり間違えば、「ぐず」「のろま」「うすのろ」という言葉で片付けられるであろうオリバー。
効率や生産性だけを追い求める社会では、「役立たず」として爪弾きにされそうなキャラクターです。

愚鈍なところはあるけれど、心優しく、朗らかで、いつだって前向きなオリバー。
彼が当たり前に受け入れられていることに、舞台となった1930年頃の「時代のゆとり」を感じました。

以前、似たような話を友人としたことがあります。
落語の世界にもオリバーのような人物が登場します(甚兵衛、与太郎など)。
ちょっと抜けてて、そそっかしくて、いつも騒動を巻き起こす。

『ANOTHER WORLD』の阿呆の喜六(七海ひろき)も同様のキャラクターです。

一見危なっかしい彼らですが、お節介なご隠居さんだったり、面倒見の良い長屋の連中の助けで、自立して生きていける。
「互助」が機能しているんですね。

フランクフルト号の船員たちに、同じ懐の深さを感じました。

海は一歩間違えば死に直面する厳しい世界。
だからこそ仲間との信頼と連携が何より大切。

ともすれば足手まといになりそうなオリバーですが、彼が生き延びてこられたのはカール(紅ゆずる)を始めとする仲間たちのサポートも大きいでしょう。
船は家庭であり、水夫仲間は家族、そして命綱でもある。
心優しき海の男の一員として、オリバーは立派にその役割を果たしているのです。

現代はどうでしょう?
オリバーのような人物や社会的弱者にとって、生きやすい世の中か?

多様性に対する寛容はあるか?
互いの違いを受け入れ、共存できているか?

オリバーを通し、「社会の余裕」について考えさせられました。

善き人が果報を得る


オリバーについて、ひとつ印象的なシーンがあります。
シュラック家近くの水辺で釣り糸を垂れる船乗りたち。

オリバーだけが大魚を釣り上げる。
これには深い意味があるように思います。

善き人が果報を得る。
因果応報に則ったシーンと感じるのは考えすぎでしょうか?
これには何らかの教訓が潜むように思います。

また、ビア祭りの最中、オリバーは女性にモテモテです。
女は男を見抜くのでしょう。

オリバーとムイシュキン、純真と無垢


オリバーに注目するうち、ふと上田久美子先生の『神々の土地』が思い浮かびました。
愛月ひかるさん演じるラスプーチンの取り巻き、聖痴愚の二人(花音舞・瀬戸花まり)を覚えておいででしょうか?

「佯狂者」「聖愚者」とも呼ばれる「聖痴愚(ユロージヴイ/ユロージヴァヤ)」。
ラスプーチンと共に、強い印象を残す役でした。

○関連記事↓
ラスプーチンが動けば、物語も動く―愛月ひかるが果たした役割とは│神々の土地

愚者とされる存在にこそ神が宿る。
私がオリバーに感じた光、聖なる輝きと無関係とは思えません。

同じロシアの物語、『白痴』のムイシュキンにも通じるところがあります。

純粋無垢な魂、オリバー。
彼の存在から得た気づきが沢山ありました。

見る角度により様々な表情が現れる『エルベ』。
観れば観るほど面白さが増す作品です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男

星組ファンお待ちかね、初夏の特別公演と全国ツアーの出演者情報が出ました!

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/日本青年館ホール公演『鎌足−夢のまほろば、大和し美し−』出演者決定

全国ツアー公演『アルジェの男』『ESTRELLAS ~星たち~』出演者決定

どっちも魅力的すぎるー!
これは忙しくなりそうですね~~
東京(国際フォーラム)と兵庫(大劇場)を行ったり来たりした今月の大忙しが再び…な予感。
まあ、嬉しい悲鳴ですね。

輝咲玲央さんの和物が観られる!


玲央さんは『鎌足』チーム。
やったー!
「和物が好き」と仰ってたので希望が叶って良かったです。

グッドタイミングなことに、まさに今日23:00よりスカイ・ステージで玲央さんご出演の『名作 ことばの泉#28 「たまゆらの記」』が放送されます。
タカラヅカ・スカイ・ステージ公式サイト
共演は紫りらさんと彩葉玲央さん。
楽しみですねー!

思いがけない振り分け


意外だったのが全国ツアー(アルジェの男)チーム。
巡業先に広島・秋田・青森が含まれているにもかかわらず、各地の出身者がことごとく他チームに振り分けられたこと。

広島出身のせおっち(瀬央ゆりあ)、秋田出身のみっきーさん(天寿光希)は『鎌足』。
青森出身のりらちゃん(紫)は、ぴーすけ君(天華えま)と共に、轟悠さんのディナーショー『Yū 35, A new world』。

故郷に錦を飾るチャンスかと思いましたが…またの機会を期待します!

愛月ひかるさん、専科初出演おめでとうございます!


『アルジェ』チームには、2月26日付で専科に異動される愛ちゃん(愛月)が出演されます。
愛ちゃんファンの友人とやきもきしておりましたので、早々に次回作のご予定が発表されて良かったです。

星組×愛月ひかるで生まれる新たな世界が楽しみです。
琴ちゃん(礼真琴)との掛け合いも思いがけない味が出そうでわくわくします。

気になるボランジュ総督はどなたでしょう?
個人的にはかなえさん(漣レイラ)か、はると君(遥斗勇帆)希望です。
苦みばしったかなえ提督、重厚なはると提督、どっちも観たい~~

サビーヌ、エリザベート、アナ・ベルのキャスティングも気になります。

ヅカ復活一作目が霧矢大夢さん時代の月組『アルジェ』だったので、とても楽しみなのです。
琴ジュリアンの「愛ってやつが俺の胸を叩いてるんだ!ガンガンとな!」を早く聴きたい~~

絶対、私の胸をガンガン叩くに違いないです、この台詞。
(琴ちゃんのお芝居でいつも泣かされる私)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○関連記事はこちら↓
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡

輝月ゆうま、ここにあり!―愛すべき男ピットキン│ON THE TOWN

『ON THE TOWN』は国際フォーラムにオーケストラピットを用意しての生演奏。
軽やかに心浮き立つバーンスタインと一体になる幸福。
海軍帽をかぶった甲斐正人先生がタクトを振ってらっしゃるところから、もう楽しい!

珠様(珠城りょう)と、さくらちゃん(美園さくら)の新トップコンビお披露目となった本公演。
皆さま、舞台のあるところに素敵なメッセージが隠れていたのはお気づきでしょうか?
って、実は私もある方からのコメントで教えていただいたのですが。
(M様、ありがとうございました!)

第2~4場「ニューヨークの大通り」でゲイビー(珠城)たちがマネキンの美女と戯れるシーンがありますよね?
ショーウィンドウの看板にご注目!
下手から「PEARL COMPANY」「MOON PALACE Co.」「CHERRY Co.」なのです。

珠・月・さくら!!

版権の都合上、アダプテーションは認められなかったそうですが、装置は治外法権だったのかな?
新生月組の門出を祝ってくださるスタッフの方々の温かなお心が嬉しいですね。

輝月ゆうま、ここにあり!


まゆぽん(輝月)に関しては感想を書く気が失せますね。
素晴らしすぎるんですもん。
彼女の豊かな芸は私の拙い言葉では追いつきません。

しいて言うなら、ありがとう!!

まゆぽんが舞台にいてくれることが喜びです。
本当にそれだけ。

ピットキンに関しては、輝月ゆうまの存在が見えませんでした。
完全に「ピットキン・ブリッジワーク」という一人の人物として、そこに居るのですね。

宝塚の男役さんが演じているという感じがまったくせず、ただ、ピットキンという愛すべき男性がそこにいる。
そんな印象でした。

奔放な婚約者(蓮つかさ)に振り回されっぱなしの、生真面目が服を着たような紳士。
恋人が間男しようが、約束を反故にされようが、待ちぼうけを食わされようが、ひたすら「〽分ーかーるーよーーー」。

物分りが良いんだか、病的に忍耐強いのか。
コミカルでちょっぴりもの悲しい輝月ピットキン。

眉一筋動かさず発する、無駄にいい声の「〽分ーかーるーよーーー」。
真面目に演ずれば演ずるほど可笑しくて。
しまいには、まゆぽんが姿を現すだけで客席から笑いが起こるほど。

しゃちこばって突っ立ってるだけで、なんとも言えない可笑しみを醸し出す。
どこかぎこちない(サンダーバード人形っぽい?)動きが四角四面なピットキンを“らしく”見せるのでしょうか?

ピットキンの導きで人類学者を志したクレア(蓮)。
一人の女性の人生に道筋をつけ、羽ばたかせる。
ピットキンのヴィジュアルも相まって、ヒギンズ教授を思い出しました。
(色々だいぶ違うけど)

真骨頂は「ペロペロキャンディの歌」。
観客の心を根こそぎかっさらう歌唱。
「輝月ゆうま、ここにあり!」を見せつけました。
ブラボー!

そして、まさかのルーシー(叶羽時)とのロマンス。
これは嬉しいですね~~
お姫様抱っこで退場する二人の後ろ姿に心からの拍手を送りました。

カッコいいまゆぽん、よりどりみどり


限られた人数での小劇場公演。
ピットキン役以外でも到るところでまゆぽんの姿を見つけることができます。

まずは幕開きの「大紐育の男」。
パッと目を引く華と色気。
芸はもちろん、ヴィジュアルも優れたスターさんです。

そして、「海軍士官」。
雑踏の中、ゲイビーとすれ違いざまにタイの乱れを正し、敬礼して去る。
この間、一切セリフ無し。
なのに雄弁。

シワひとつ無いまばゆい士官服の背中に、ゲイビーとの立場の差を明確に示し、思わずうなりました。
一瞬にその人物の人生を浮かび上がらせるテクニック、お見事!

フィナーレD『タイムズスクエア・バレエ(男役群舞)』。
ティーティー様をあんなふうに抱ける男役さんはまゆぽんだけですよね~~
むせ返るような濃密な色気にやられました~~

デュエットダンスの影ソロは反則!
姿が見えないと、声そのものの美しさが際立ちます。
劇場を温かな愛で染め上げる歌声。
幸せに満ち足りた気持ちになりました。

「書く気が失せる」と言いながら長々書きましたね。
観れば観るほど魅力的なまゆぽん。
〽好ーきーだーよーーー!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ON THE TOWN』関連記事はこちら↓
強く、逞しく、美しく―カンパニーを牽引する娘役たち(白雪さち花/叶羽時)│ON THE TOWN
輝月ゆうまが蓮つかさのフィアンシー!?│ON THE TOWN
サクラサク!月組次期トップ娘役に美園さくらさん&新演目『ON THE TOWN』上演決定!

強く、逞しく、美しく―カンパニーを牽引する娘役たち(白雪さち花/叶羽時)│ON THE TOWN

優しいぬくもりと一抹の寂しさを残し、幕を下ろした『ON THE TOWN』。
ふとした瞬間、バーンスタインのご機嫌なメロディが耳に甦ります。

そして、増え続ける“まゆぽん(輝月ゆうま)語録”。
『雨に唄えば』の「バッカみた~~い」「にゃい!」に続き、新たに「分ーかーるーよー」が追加されました。

幕開き第一声。
朗々たるソロを披露した、つっちー(颯希有翔)。
深く良く響く声。
「これは面白い作品になるに違いない」との期待を呼び起こす力がありました。

予感は的中!
月組らしい芝居力が爆発する素晴らしい舞台。

「芝居力」とは何か?
一言で言えば「実存感」でしょうか。
「こんな人いるよね」と思わせる人間臭さと言いますか。

月組は下級生に至るまで、そういう演技が本当に巧い。
特に印象に残った生徒さんを中心にピックアップします。

カンパニーを引っ張る力


「今回のMVPは?」と問われたら、間違いなく「白雪さち花」と答えるでしょう。

白雪さち花は最高!!!

なんて魅惑的な女性を演じるんでしょう!
歌・踊り・お芝居・表情のひとつひとつがとっても豊かで見飽きない!

あけっぴろげで、欲望に忠実で、行動力抜群。
ヒルディ(白雪)の自分に真っ正直なところが大好き!
自分の人生を自分の手足でガシガシ切り拓いていく逞しさを感じます。

一番好きなのはチップ(暁千星)を乗せてニューヨークの街を疾走する「家においでよ(Come Up To My Place)」。
痛快です!
飛ぶように過ぎていく街並み。
急停車!急発進!遊園地のアトラクションのような荒っぽいドライブを、わずかの装置と映像とマイムのみで再現する。
素晴らしい技術です。

ありちゃん(暁)のずっこけ方がまた巧いんですよね。
ちょっとした動きに、身体能力の高さ、観察眼の鋭さを窺わせます。

さち花ヒルディの良さは、悪びれないところ。
ホコリだらけのフライパンは最っ高でした!!
(声を出して笑ってしまった)
(というか、なんでソファの下からフライパンが出てくるの?)

賑やかさだけではありません。
チップの乗船時間が迫り、サブウェイで束の間の愛を惜しむ「またいつか(Some Other Time)」。
それまでの気丈さは影を潜め、どこか聖女を思わせるような深い慈しみを現します。

強引な部分が目につきがちな彼女ですが、言い換えれば、面倒見の良さ、情の深さが魅力の姉御肌。

それは同居人ルーシー(叶羽時)の存在からも明らか。
女性の価値は、その友人との関係性により推し量れるところがあります。

たとえば、『雨に唄えば』のリナ・ラモント(輝月ゆうま)とゼルダ・サンダース(叶羽)。
嬉しいことも悲しいことも分かち合える女友達。
恋に破れたって友達のなぐさめがあれば、また立ち上がることができる。

ルーシーを持て余しつつも、決して邪険にはしないヒルディの友情が彼女の人柄を物語るのです。

ともだちーーー!!!


「友達になりたい女の子」を演らせたら天下一品の時ちゃん。
『雨唄』に続く好演を見せました。

どこにでもいそうな、地に足の着いた女の子。
コツコツ真面目に生きて、身の丈に合った幸せをつかむ。

ピットキン(輝月)とのエピソードは嬉しかったですね~~
お姫様抱っこで退場するふたりに、思わず拍手を送ってしまいました。

ヒルディとルーシー、フロッシー(妃純凛)とその友人(花時舞香)が良い対比になっていたのも面白いところ。

「間」の達人、佳城葵


忘れちゃいけないウーパーマン。
ヒルディの上司として絶妙な味を見せたやすちゃん(佳城)。
とぼけた味わいで客席をほのぼのした笑いに包みます。

彼女の芝居の「間」は国宝級。
呼吸ひとつで観客の心を操ることができる。
恐るべきテクニックです。

強く、逞しく、美しく


振り切った芝居でアルコール依存の声楽教師を怪演した、なつこさん(夏月都)。
美貌を封印し、正義感あふれる元気なおばあちゃんを活き活き演じた、くれあさん(玲実くれあ)。
歌に踊りに八面六臂の活躍をみせた、はーちゃん(晴音アキ)、せんりちゃん(麗泉里)。
溢れんばかりのコケットで舞台を彩った、かれんちゃん(結愛かれん)。

女性たち(娘役)が、その力強さでカンパニー全体を引っ張る立役者となったことは間違いありません。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『ON THE TOWN』関連記事はこちら↓
輝月ゆうまが蓮つかさのフィアンシー!?│ON THE TOWN
サクラサク!月組次期トップ娘役に美園さくらさん&新演目『ON THE TOWN』上演決定!

無私の愛、そして献身―フロリアン(礼真琴)の愛の形│霧深きエルベのほとり

礼真琴演じるフロリアンについて気になること。

前回の記事で「フロリアンがよく分からない」と書きましたが、その原因のひとつは「マルギットへの愛の形がどんなものか分からない」ことなのです。
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり

本当にマルギットを愛してる?


フロリアンに問いかけたい。

本当にマルギットを愛してる?
あなた、カール(紅ゆずる)に嫉妬していないでしょう?

愛していたら嫉妬にさいなまれるはず。
シュザンヌ(有沙瞳)と共に行方不明のマルギットを探し回る最中も、どこか諦め半分のような。

「マルギットがそう望むなら仕方ない」
そんな心の声が聞こえてきそうなフロリアン。
妙に老成した態度。

なりふり構わず騒ぎ立てるのは自分らしくない態度だ。
騒ぎを大きくしては、マルギットやシュラック家にとって不利益だ。

もしもカールが同じ立場ならば狂ったようにマルギットを探し回るでしょう。
フロリアンには愛する女を「何が何でも探し出す」という執念が見えないのです。
それはなぜか?

なぜならば、マルギットの心に自分は住んでいないことを悟っているから。

マルギットを愛しているから、縛りたくない。
彼女が自由を望むなら、叶えてやりたい。

激しい自制と、無私の愛、そして献身。
これもまたひとつの「愛」ではありますが、しかし、あまりに苦しい想いです。
生身の人間がそのような愛の形に耐えられるのか?
いつか崩折れてしまうのではないか?

あまりに辛いから、マルギットがカールと幸せになることを望んでしまう。
愛する人が幸福ならば自分もまた幸福であるという、苦行者のような愛。
フロリアンは自己の愛を「聖なる愛」に昇華させようとしているのか?

激しく求めるだけが愛ではありませんが、彼の若さには不釣り合いな愛の形に思えます。

フロリアンがいつもこんなふうにマルギットに接していたのだとしたら、恋に恋する年頃の彼女にとって、ちょっと物足りなかったのではないでしょうか?
もっとちゃんと自分と向き合って欲しい。
もっと激しく求めて欲しい、と。

フロリアン、爆発する


フロリアンに関しては終始、若いのだからもっと感情をあらわにしなさいよ、と歯がゆく思っていました。
それとも、真正面からぶつかって傷つくのが怖いのか?とも。

しかし、あることをきっかけに彼の印象が変わりました。
シュラック家でのカールの愛想尽かしのシーンです。

口汚くマルギットを罵りながら、手切れ金の束で彼女を打ち据えるカールに、フロリアンの拳が飛びます。

あるいは、女性が辱められているのに傍観することはできない、という騎士道精神の表れかもしれませんが。
冷静沈着なフロリアンが唯一、感情をむき出しにする場面です。

これは今まで抑えに抑えてきた思いが爆発したのだと考えたいですね。
理性より感情が勝る瞬間。

フロリアンは気づいていたのでしょう。
ヨゼフすら気づいていない、カールの本心を。

「カールが身を引くのはマルギットのため」と察してなお、カールを殴る。
殴らずにはいられない。

これは激情です。
マルギットのために怒る。
これこそ「愛」です。

「良かった、これなら大丈夫」と思いました。

カールが本気で痛がるほどの渾身のパンチ。
聖人君子の仮面が外れ、活き活きと血が通い出したフロリアンは、明らかに何かが変わりました。

未熟ゆえに揺れる心が愛おしい


若さゆえ、経験値の低さゆえ、己の心を鎧っていたフロリアン。
感情のタガを外し、カールを殴ったことで、本来の自分を取り戻したようにも思えます。

彼は決して完璧な男ではありません。
カールと出会い、成長したのはマルギットだけではないのです。
フロリアンもまた、違う世界に住む男と濃密に関わることで変わった。

いみじくもカールが言った「マルギットには俺よりふさわしい相手がいる」。

「俺よりマルギットを幸せにする」ではなく、「俺よりマルギットを愛する」でもなく、「ふさわしい」なのがミソです。
確かにフロリアンはマルギットの夫(保護者/庇護者)にはふさわしいかもしれません。

しかし、あの激情に駆られたフロリアンならば、マルギットともう一歩踏み込んだ関係を築いてゆけるのではないか、と淡い期待を抱いてしまいました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり』関連記事はこちら↓
紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

紅ゆずるのぬくもりと、星組の輝きに包まれる『ESTRELLAS~星たち~』

『ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~』いいですねー!
ベニーさん(紅ゆずる)率いる星組の魅力がいっぱい詰まってて大好き!
始まったと思ったら、あっという間にパレード!
体感時間5分かも!?

お芝居について書きたいことの半分も書けてませんが、ちょっと休憩。
一度、ショーの感想を軽くまとめておきます。

黒燕尾バンザイ!


どのシーンも素晴らしくて迷いますが…まずは!

星組の黒燕尾を観られて嬉しい!

「そろそろ星組の黒燕尾が観たい」との夢が叶いました。
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

変わり燕尾も素敵ですが、正統の黒燕尾は「男役の華」。
待望の星男たちの黒燕尾のカッコいいこと!
最高です!!

デュエットダンスは『エルベ』のアナザーエンド?


黒燕尾からデュエットダンスの流れも最高!
黒燕尾のベニーさんと、淡いピンクのドレスのあーちゃん(綺咲愛里)。

互いを見つめる優しい視線。
柔らかなぬくもりに包まれるような影デュエット。

〽戻りたい あの日 あの時に 叶うのなら 何もいらない
幸せそうに踊るふたりの姿にカールとマルギットの姿がオーバーラップし、視界が滲みました。

あーちゃんにそっと手を差し伸べるベニーさん。
はにかむような表情のベニーさんに、満面の笑みで応えるあーちゃん。
手をつないで銀橋を渡るふたりの姿に涙腺崩壊。

ベニーさんがあーちゃんを抱きしめるとき、心底嬉しそうな溜め息をもらされるのですよね。
愛しい人をようやく捕まえた安堵。
本当に幸せそうで、観ているこちらまで胸がいっぱいになります。

お芝居では結ばれなかったカールとマルギットがようやくひとつになれたと思えるデュエットダンス。
素敵な素敵なエンディングを用意してくださってありがとうございます!

男役はカッコよく、娘役もカッコよく


中村暁先生のショーで好きなところは、ほぼ毎回娘役だけのシーンを用意してくださること。
今回はなんと二回も!

あーちゃんを芯にバリバリ踊る娘役さんたち。
カッコいいーーー!

艷やかで、大人っぽくて、ちょっと挑発的。
思い思いのスタイルで自分の魅力をアピールする星娘たちに釘付けです。

特に好きなのは「フィナーレB」。
ショートカットのあーちゃんが絶品!
クールさがたまりません。

つい目を奪われるのは紫りらちゃん。
マリリン・モンローみたいなヘアスタイルがとてもお似合い。
コケティッシュな仕草、くるくる変わる表情がまぶしくて、観ていて飽きません。
大好きな娘役さんです。

中村ショーでもうひとつ好きなのは、男役さんの女装シーンが少ないこと。
たまになら効果的ですが、乱発されると娘役さんがないがしろにされるようで好きではないのです。

「男役はカッコよく、娘役は美しく(たまにカッコよく)」の基本に則った中村ショーは私好みです。

嬉しい!楽しい!客席降り


お芝居も含め、何度も客席降りがあるのでテンションが上がりますね。
印象的だった方を中心に。

『エルベ』のビア祭りでは、ひろ香祐さんの弾けるような笑顔に引き込まれます。
お芝居では美声と温かなお芝居を、ショーではダイナミックなダンスを披露され、大活躍ですね。

『ESTRELLAS』のプロローグは、漣レイラさんのカッコよさにやられました。
ときに甘く、ときに苦みばしった表情。
じっと狙いを定めてからの指差し。
上級生男役ならではの重厚感あふれる釣りは破壊力抜群。

中詰は輝咲玲央さん。
パッカーン!とした笑顔が最高!
舞台大好き!星組大好き!の気持ちが溢れ出すパフォーマンス。
星の熱血お兄さんは誰よりもアツい!
「楽しんでる?」と問いかけるような優しい眼差しもたまりません。

笑顔と言えば、有沙瞳さん。
目がなくなっちゃうくらいニッコニコ!
華奢で可愛くて、「娘役」という概念がドレスを着てるみたいな方ですね。

今回ご卒業の七海ひろきさん。
優しく穏やかな微笑み、爽やかな残り香が印象的。
カイちゃん(七海)の周りだけ違う空気が流れているような、静かな美しさがありました。

紅ゆずるのぬくもりと星組の輝きに包まれる


軽くまとめ…と言いつつ、長い!
それだけ楽しいショーだということで。

切ないお芝居と、きらびやかなショー。
最高の組み合わせで何度リピートしても飽きません!

『ESTRELLAS』の一番の魅力は、客席も組子もすべて、劇場全体をおおらかに包み込むベニーさんの愛。
そして、適材適所で力を発揮する綺羅星のような組子たち。
ベニーさんを中心に描かれる星空の輝きが何より素晴らしいショーです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』関連記事はこちら↓
「役者冥利に尽きる役」礼真琴のフロリアン│霧深きエルベのほとり
「夢の女」マルギット(綺咲愛里)の愛の形│霧深きエルベのほとり
カール・シュナイダーは、紅ゆずるの登場を待っていた│霧深きエルベのほとり
面白い芝居が観たい!―『霧深きエルベのほとり』を観て
奥深きエルベのほとり―さまざまな愛の形
一文字違いで意味深に…輝咲ロンバルトと音波アンゼリカを結ぶ「赤い糸」│霧深きエルベのほとり
「輝咲ロンバルト×音波アンゼリカ」で妄想が暴走☆彡│霧深きエルベのほとり
伝統のバトンは紅ゆずるに託された―名作の復活│霧深きエルベのほとり

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**