FC2ブログ

歌える!踊れる!芝居ができる!輝月ゆうまの超絶技巧が光る『雨に唄えば』

輝月ゆうまが巧い!巧すぎる!!

「歌えて、踊れて、芝居もできる」まゆぽん(輝月)が、「歌えない、踊れない、芝居ができない」女優リナを演じる可笑しみ。
もちろんファンは彼女が舞台のオールラウンダーであることを知っています。
「本人とは正反対の役をどんな風に演じるのか?」
興味は尽きません。

「まゆぽんなら大丈夫」
「とびきり魅力的なリナちゃんを見せてくれる」
ファンが彼女に寄せる絶対的な信頼と言ったら!

リナは『雨に唄えば』で一番の儲け役です。
しかし一歩間違えば、舞台を壊しかねない難役でもあります。
やりすぎてはいけない。
引きすぎてもいけない。
極めて高度で繊細な技術を要求される役。

これは他の役にも言えます。
いたるところに温かく上質な笑いが散りばめられた『雨に唄えば』。
客席の受けが良ければ、ついエスカレートしてしまう危険をはらんでいます。
うっかりすると、役ではなく芸名の自分が顔を出してしまったりして。
ですが、舞台は一人のものではありません。
全体の調和を乱し、内輪受けに走っては興ざめです。

『雨唄』メンバーはこの辺りが巧みですね。
皆が役として笑いを取っている。
笑わせるために動くのではなく、真摯に動くことで笑いを得る。
ドンやコズモを筆頭に、シンプソン、デクスター、発声法の先生…
皆の優れた連携が、快い笑いを呼び起こすのです。
素晴らしいカンパニーの在り方です。

特に、まゆぽんの匙加減は絶妙です。
押し付けがましくなく、強烈でチャーミングな女優を怪演。
自身の芸を客観視できている証です。
『雨唄』の舞台で、輝月ゆうまに求められるもの、果たすべき役割を、きちんと認識した上でのリナ・ラモントなのです。

ちょっと浅はかなところもありますが、キュートで、憎めなくて、愛おしい。
つい応援したくなっちゃう女の子。
舞台をご覧になった方全員がリナのファンになったのではないでしょうか。

素っ頓狂で、ワガママで、猪突猛進。
そんなリナが皆の心を捉えて離さないのは、その自己肯定感の高さゆえではないでしょうか?
リナはとっても真っ直ぐ。
「ママにも電話するわ」の台詞にもあるとおり、愛されてすくすく育ったことがうかがえます。

だから、自信たっぷりで底抜けに明るい。
ドン(珠城りょう)に邪険にされても気にも留めません。
めげずに何度でも立ち向かっていきます。
そのパワフルさ。

しかし、リナは強いばかりの女の子ではありません。
ソロナンバー『WHAT'S WRONG WITH ME?』。
「なぜダメ?なぜ嫌うの?」
こんなに愛してるのに、どうしてダメなの?
いじらしい胸の内を覗かせるリナの姿に、なぜだか泣けて仕方ありません。

「あたしのミスター・ラモント」に込められた愛と希望。
ドンは「勝手に明るい未来を想像するな」と突き放しましたが、このときばかりはドンが憎たらしくなりましたね。
リナちゃんに冷たくしないで!と言いたくなっちゃいます。

「脳天気に見せてるけど、あたしだって冷たくされたら辛いのよ?」
彼女の胸の奥の哀しみに思いを馳せると切ない気持ちになりますね。
もっとも最終的には「ダメじゃない!」と自分を肯定するのが、さすがのリナちゃん。
立ち直りが早い!

* * *

内面の愛らしさもさることながら、女っぷりも凄い!
もともと目鼻立ちのくっきりした美人さんですが、珠ドンへの愛に彩られたまゆぽんの美しさ、可愛らしさと言ったら!
全身から愛嬌がこぼれ落ちるよう。
ドンを好きで好きでたまらない気持ちが、表情からも仕草からも溢れて輝いています。

くるくる変わる表情も魅力。
ぷっと頬を膨らませた顔すら、とびきりの可愛さ!

スタイルも抜群!
売れっ子女優らしい華やかさで数々の衣装を着こなします。
「感じて このスタイル」で、妖艶な笑みを浮かべながら脚を組みかえるのを真正面で観たときは目のやり場に困りましたー。

* * *

そして、輝月ゆうまのスーパーテクニックを思う存分味わえるのが、歌!

「下手」 が 「上手い」!

リナちゃん甘いわ!
本物の音痴はそんなもんじゃない(ソースは私)!と思っちゃいました。
ひとつひとつの音の外し方が緻密で、まさに職人芸。
考えてみれば、本当の音痴ではこの役はできないのですよね。
「記号」としての下手。
下手の「型」にハマっていれば良いのです。

トーキーの撮影現場で、マイクが拾う声が近づいたり遠ざかったりするのも、まゆぽんの手加減によるもの。
まゆぽんの驚異の超絶技巧で描く「下手」は間違いなく『雨唄』の見どころのひとつです。

ところで私、困ったことに何度か観ている間にリナが悪声とは思えなくなってきたのです。
耳が慣れた??
最初こそ驚きましたが、いまではちょっと個性的だけどいい声じゃない?とまで。
そうなると、ますますリナの可愛さがクローズアップされて、彼女への肩入れが増してしまうんですよね。
贅沢な悩みですねー。困った、困った。

リナちゃんの好きな台詞は「ドニ~~~!」かな?
ドンの親友に対する「コズ」呼びも同様ですが、“自分だけの特別な呼び方”をもっていると親密度が高まりますね。
だから、キャシー(美園さくら)がドンの名を呼んだとき「あんたが生まれるずっと前から「ドン」って呼んでたのよ!」という言葉につながるのですね。
「私だけが、愛する男の名を口にできる唯一の女でありたい」といったところでしょうか?

他にも「バッカみたーい」「トイレにジャーッ」と、リナ語録は枚挙にいとまがありません。

密かにキーポイントだと思うのは「ともだち~~~!」かな?
キャシーを巡って利害が一致したリナとゼルダ(叶羽時)ですが、ちゃんとした「女友達がいる」のはリナという人物を紐解く上でとても大切な要素です。
ドンにはコズモ。
リナにはゼルダ。
心許せる友人は、人生の豊かさの象徴です。
ドンには振られてしまったけれど、リナには慰めてくれる友達がいる。
リナはそんな幸せに恵まれていることが嬉しいですね。

* * *

フィナーレではありがたいことに本来の男役姿も観られます。
中村一徳先生の粋な計らいですね。
ひときわ目立つ長身でセンターに立つまゆぽん。
金髪リーゼントに黒燕尾、しかし、お顔は女化粧のまま。
ちょっとローリー寺西を彷彿させるような、なんとも妖しい色気を醸し出しています。

その姿で存分に男役の美声を響かせるのですが…
一瞬リナの顔が覗くとき、客席がどよめくのが面白いですね。
初観劇の方はあの美しくもカッコいい紳士と、リナちゃんが同一人物とは気づかないのではないでしょうか?
こんないたずらっぽい仕掛けも楽しいものです。

さて、吹き替えが知られてしまったリナはその後どうなったのでしょう?
転んでもただでは起きなさそうな彼女のことですから、案外、ユニークな声のコメディエンヌとして大活躍するかもしれません。
いずれにせよ、リナちゃんの声も含めて丸ごと愛してくれる素敵な人と出会って幸せになって欲しいものです。

○『雨に唄えば』関連記事はこちら↓
ドンとキャシーの甘酸っぱい恋にぴったり!『雨に唄えば』公演デザート「マンゴープリン」
珠様のファッション+炸裂する月組子の芝居心→『雨に唄えば』は1粒で4度おいしい!
お芝居が、私たちにくれるもの│雨に唄えば

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



ドンとキャシーの甘酸っぱい恋にぴったり!『雨に唄えば』公演デザート「マンゴープリン」

梅雨時にもかかわらず連日カンカン照りの月組公演。
さすが珠様、すっごい晴れ男役っぷり!

私の観劇日も雨どころか毎回サングラスと日傘が欠かせないピッカピカの晴ればかり。
カラッと気持ちよくて嬉しいんですけど…
『雨唄』のために傘を新調したのに使う機会がまったくありません。
私は一体、いつになったら雨に唄えるのかしら?

週間予報だと千秋楽まで晴天続き。
このまま使わずに終わりそうですね。

* * *

東宝のダジャレデザートファンの私。
公演ごとに細々と感想をまとめていますが、実のところ、赤坂ACT公演のデザートを頂くのは初めてなのです。

今回は珠城りょう赤坂初主演を祝して!挑戦してみました。

美味しかったです!
こんなに美味しいなら、もっと早く食べておけば良かった。
「ダジャレじゃないから」とスルーしていたのが悔やまれます。

『雨に唄えば』の限定メニューは、公演のイメージに合わせたカラーと傘のモチーフが可愛いドリンク&デザート。
img-20180628_2.jpg
夏が待ち遠しくなるトロピカルな雰囲気の「マンゴープリン」。

なめらかなマンゴープリン×とろける口溶けのマスカルポーネムース。
甘酸っぱいマンゴーと、こく深いチーズが相性抜群!
るりたまのように息ぴったりのコンビネーション!
カリッと甘いココナッツの風味が楽しいアクセントです。

ドンとキャシーの恋物語のように甘く爽やかな味わいのデザート。
ご観劇の際は是非お召し上がりくださいませ。

メニューは以下の2種。
・マンゴーとオレンジの夏らしい爽やかなドリンク 650円(税込)
・マンゴープリン(ふわふわのマスカルポーネムース入り) 350円(税込)

○『雨に唄えば』関連記事はこちら↓
珠様のファッション+炸裂する月組子の芝居心→『雨に唄えば』は1粒で4度おいしい!
お芝居が、私たちにくれるもの│雨に唄えば

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

あなたもオスカル様になれる!?│ネスレの『ベルサイユのばら』風似顔絵メーカー

皆さま、ネスレの『アイスクレマで似顔絵メーカー』をご存じですか?

『ネスカフェ アイスクレマ プロジェクト』で提供されるサービスで、スマートフォンの特設ページに自分の顔写真をアップすると、顔の特徴を認識して『ベルサイユのばら』風の似顔絵を生成してくれるのです。

<あなたのお顔がベルばら風に!アイスクレマで似顔絵メーカー>
なめらかな泡で上質な香りを閉じ込めたアイスクレマコーヒー。
その泡に浮かぶ、あなたの似顔絵があの「ベルサイユのばら」風に作れちゃいます。
スマホから顔写真を送って、あなたも優雅な貴婦人の仲間入りを。[公式サイトより抜粋]


早速やってみました。
img-20180627_1.jpg
自分で言うのもなんですが、雰囲気はかなり近いです。
もちろん漫画風に美化されてはいますが、よく特徴をとらえているなーと。
(連れ合い曰く「当社比200%増し」だそうですが)

イラスト上部の帯には登録した名前が入ります。
私は「○○伯夫人」でしたが、友人は「○○嬢」でした。
男性の場合はどうなるのでしょうね?
「□□伯爵」とか「□□将軍」とか?

大の池田理代子先生ファンな私。
もちろん『ベルばら』も大好き。
何度読んでもオスカルが亡くなるところは涙がこみ上げます。
不朽の名作ですよね。
そんな憧れの池田先生の絵で自分の顔を描いてもらえるなんて夢みたい。

* * *

最近、クレマコーヒーって流行ってるのでしょうか?
フィットネスウェアを探すついでによく立ち寄る新宿高島屋8階ウェルビーフィールドの一角にある『WELLBE CAFÉ25°by ucc(ウェルビーカフェニジュウゴド)』の「Ice Brewed Coffee」も美味しくてお気に入り。
ふんわりクリーミーな泡、フルーティーで軽やかな味わい。
さっぱり後味の良いコーヒーです。

余談ですが、初宝塚が『ベルサイユのばら(1989年雪組)』だった私。
ヅカ版ベルばらには並々ならぬ思い入れがあります。
歴代一番のオスカルは、ちぎさん(早霧せいな)。
溌剌として男らしさと女らしさのバランスが絶妙。
清々しく「白薔薇の人」のイメージそのもので好きでした。

ところで、タカラジェンヌのお顔でアイスクレマを実行したらどうなるんでしょうね?
舞台化粧なら、ほぼ池田先生の絵なのであまり変わらないかも?という気もしますが…

『アイスクレマで似顔絵メーカー』は期間限定のサービスです。
ベルばらの世界に浸ってみたい方はお早めにどうぞ!
ネスレ公式サイト

他、ネスレの宝塚関連記事はこちら。
中井美穂さんと歌劇団OGのトークコーナーです。
過去のゲストは、安蘭けいさん・朝海ひかるさん・朝夏まなとさん・早霧せいなさんら。
宝塚☆スタートーク

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

限りなき愛の賛歌、谷正純先生の大傑作誕生!│ANOTHER WORLD

ANOTHER WORLD最高!大好きです!!

谷正純先生の和物が好きな私。
演目発表時点から楽しみで楽しみで、わくわくしながら迎えたMY初日。
期待に違わぬ素晴らしい舞台でした!

お芝居って、楽しい!
お芝居って、面白い!
シンプルにそう思える作品でした。

脚本の出来栄えとしては今年、いえ、近年でも一番かもしれません。
私の拙い言葉では例えようもありませんが、あえて言うならば最高点!

* * *

物語のテーマは、逆説的な「メメント・モリ(Memento mori)=死を想え」と、受け止めました。
登場人物の殆どが「死んでいる」という特異なシチュエーション。
しかしながら、なによりも鮮やかに生の輝き、愛の喜びを描き出して秀逸でした。

幕開きは豪華絢爛なチョンパ。
さざなみのようなどよめきが客席に広がります。
きらびやかさに圧倒されたまま、サイケデリックな色彩の渦に翻弄され、康次郎(紅ゆずる)と共に“あの世”へ入り口に立つ観客。

当然ながら、劇場にいる誰も“死後の世界”を見知った人はいません。
「これからどうなる?」「この先なにが待ってる?」
未知を前に高まる期待と一抹の不安。
難しいことは考えず、ただ物語の流れるままに任せる心地よさ。
一気呵成に物語の世界へ引き込む手法に、谷先生の手練れを感じます。

* * *

立て板に水のごとく繰り出される笑いの数々、オーバーリアクション。
コミカルにデフォルメされた「あの世」の住人たち。

登場人物は普通の人ばかり。
カッコよくもなければ、立派でもない。
ちょっと間抜けだったり、享楽的だったり、欲深だったり。
反面、情にもろくて、仲間を助けるために割に合わないことをしてみたり。
良くも悪くも、とても人間臭い人たちばかりです。

悪ふざけ寸前に見せつつ、その奥にあるのは尽きることのない「人間」への愛。
ちっぽけで、不完全、それでも愛すべき「人間」を見つめる谷先生の目の、限りない優しさ。
「善」への絶対的な信頼。

「あの世」で懸命に生き(死に?)、懸命に愛し、自分以外の誰かのために奔走する。
見返りを求めず、愛のままに情のままに、ひたむきに生きる康次郎の姿はベニーさん(紅)に重なります。
嘘のない真摯な芸に、勇気と優しいぬくもりをもらいました。

「あの世」を描きながらも、その本質は「死」の対極である「命」の尊さを高らかに歌い上げた舞台。
命あること、生きることは素晴らしい。
『ANOTHER WORLD』は、まばゆいまでに鮮烈な「生」の賛歌なのです。
ひとりでも多くの方に観ていただきたい素晴らしい舞台でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

珠様のファッション+炸裂する月組子の芝居心→『雨に唄えば』は1粒で4度おいしい!

舞台は、映画の都「ハリウッド」。
主人公は、きらめく銀幕のスター「ドン・ロックウッド」。
時代は、「サイレント」から「トーキー」へ。

「映画」が重要なモチーフになる『雨に唄えば』。
劇中でも沢山の映像が流れます。
まるでお芝居と映画の二本立てを観ているようで、とってもお得な気分!
しかも!

珠様(珠城りょう)のスーツ物とコスチューム物をいっぺんに観られるんですよ!!

最高じゃないですか!!??

もうねー、どのスタイルも本当に本当に素敵!!
なかでもヴォーカル・レッスンのカジュアルなニット姿は今までにない、くつろいだ感じでお気に入り。
みやさん(美弥るりか)演じるコズモとお揃いなのも可愛いんですよね。
コズモと発声法の先生と息の合った掛け合いを見せるこの場面。
肩の力が抜けてリラックスした笑顔が印象的。
生徒さんが心から楽しんで演じてらっしゃる雰囲気が伝わって好きなんです。
(実際は早口言葉+アドリブでキリキリかもしれませんが)
そして、

珠様といえばタキシード!タキシードといえば珠様!

もはやタキシードを着て生まれてきたと言っても過言ではない男役、珠様!
もちろんスーツも燕尾も軍服も鎧すら着こなしてしまう珠様ですが、タキシードのカッコよさは格別!

カマベルトで腰高!脚長!が強調された惚れ惚れするようなスタイル!!
特に今回はシャツにフリルがあしらわれたドレッシーな拵えで素敵!
珠様のセクシーさが際立って、惚れ直しちゃいますねー。

そして、そして、劇中劇で披露される『宮廷の反逆児』と『踊る騎士』。
この2本がとっても良くて!

宮廷服の珠様がめちゃくちゃカッコいいんです!!
珠様とまゆぽん(輝月ゆうま)の『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』かな?と思うくらいの美しさ!

『宮廷の反逆児』は短い中にも起承転結があり、見応え十分!
立ち回りも大迫力!!
珠様の素晴らしい剣さばきが観られるんですよー!贅沢!!
『月雲の皇子』『アーサー王伝説』『All for One』…数々の主演作で鍛え上げた鋭い身ごなし。
さすが、“珠様=格闘ジェンヌ”の面目躍如。
敵役の蒼真せれん君もキビキビと小気味よく、一層場面を盛り上げました。

なんと、珠様とまゆぽんのキスシーンまでも!!
『Bandito』から幾星霜…
珠様の「心の相手役」から、とうとう「現実の相手役」に!
まゆぽん、おめでとうございます!

『踊る騎士』の撮影現場は月組子の芝居心が冴え渡ります。
普段の貴公子っぷりはどこへやら、れんこんちゃん(蓮つかさ)渾身の三枚目っぷり!
こまこました動き、猫なで声で必死にリナちゃんのご機嫌を取り結ぶ様子。
あくまでも真面目に場面を組み立て、観客の笑いを引き出すのが見事。

3メガホンズ(朝霧真・空城ゆう・礼華はる)の愉快な連携に見られるナンセンスなおかしみ。
涙ぐましいウィリー(朝霧)の踏み台の扱いには愛おしさすらこみ上げます。

すべてのキャラクターに共通するのは、映画という「夢」への情熱、憧れ。
目標はただひとつ。
面白い映画を作り、ヒットさせること。
これは演劇人としての生徒さんたちの想いと通じるところがあるでしょう。
良い舞台を作り、観客の心に刻みつけること。

台頭するトーキーの波に押し流されそうになりつつ、新しい技術を貪欲に取り込み、生き延びていこうとするモニュメンタル社の人々。
必死に変化に順応しようとする彼らの姿に、胸を打たれるところがありました。
このシーンは見どころがいっぱい過ぎて、目がいくつあっても足りませんね。

『宮廷の反逆児』と『踊る騎士』を単なる劇中劇にしておくのはもったいないと思います。
皆さま、全編を観てみたくはありませんか?
私は観たいです!
特にメイキング映像が面白そうですよね。
どうかBlu-rayに特典映像がつきますように!

○『雨に唄えば』関連記事はこちら↓
お芝居が、私たちにくれるもの│雨に唄えば

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

お芝居が、私たちにくれるもの│雨に唄えば

待ちに待った『雨に唄えば』MY初日!
img-20180619_1.jpg
とーっても楽しかったです!!
なんてチャーミングな演目なんでしょう!!

心浮き立つ音楽、胸弾むダンス。
温かな友情、頼もしき仲間たち。
そして、得も言われぬ甘いロマンス。

ミュージカルを観る喜びが、たくさん詰まった舞台。
特別な人なんていなくて、みんなつまづいたり転んだりしながら、一緒に進んでいく。
登場する人すべてが愛おしく、幸せな気持ちいっぱいのまま、劇場を後にしました。

「楽しかった」「面白かった」
口々にそう言い交わしながら、笑顔で帰路に着くことができる。
『雨に唄えば』は、そんな作品でした。

ちょうど先日、芝居好きの友人とこんな話をしていたのです。
「演劇に何を求めるか?」
「何を観たくて劇場へ足を運ぶのか?」
友人の答えは「いろいろ観たけど、一周回って、いまは最後に「楽しかったなー」と思えるものが一番」とのことでした。
『雨に唄えば』は、まさにそんな作品。
タイムリーな話題でした。

実は私、この日は仕事を中抜けして観たのです。
開演10分前に赤坂に着き、終演10分後にはトンボ返り。
赤坂に居たのは正味3時間20分。
幻のような時間でした。
それでも、観る前と後の気持ちは大違い。
うきうきと、色とりどりの傘の花が胸いっぱいに咲いたような気分。

ひととき現実を忘れ、夢の世界に遊ぶ。
希望とぬくもり、明日への活力をもらって、それぞれのねぐらへ帰る。
『雨唄』は大人のおとぎ話なのかもしれませんね。

いつもならジメジメして憂鬱な季節ですが、今年は違います。
『雨唄』を観れば、いつでもハッピー!
楽しい梅雨になりそうです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

星風まどかさんについて、組の名刺代わりのショー『シトラスの風』について

『天は赤い河のほとり』の感想。
かなりスピーディーな展開でしたが、原作を知らず予習もせずに観た私にも分かりやすく、楽しむことができました。
自分の頭の中の知識と、劇中の出来事がパズルのようにサクサク当てはまっていくのも快感。
ネフェルティティの胸像が隻眼である理由など、エピソードを上手く取り入れてるなぁと感心したものです。

小柳奈穂子先生の脚本は気取ったところがなく、平易で親しみやすいのがなにより。
物語の流れの見せ方が巧みで、原作ファンも多く訪れる『天河』の演出に彼女を起用したのは正解だったと思います。
原作ファンの友人も「ヴィジュアル再現度が高く、よくまとまったストーリーだった」と話していました。

とはいえ、膨大な原作を90分に圧縮した弊害はいたるところに。
多少の駆け足感は否めません。
「これはこういうことかな?」「原作ではきちんと描かれているのだろう」と適当に補いつつ観ましたが、少々不親切ですね。
せめて一本物だったら良かったのですが、宙組誕生20年で『シトラスの風』を併演する都合上、仕方なかったのでしょうか?

さて、記念すべき宙組20周年。
真風涼帆さんと星風まどかさんの新トップお披露目も重なり、二重の喜びとなりました。
まどかちゃんは初の生え抜きトップ娘役でもありますね。

私が宝塚を観始めた頃はまだ4組制で、しばらくお休みして戻ってきたら5組に増えていて驚きました。
そこから、大空祐飛さん、凰稀かなめさん、朝夏まなとさんと歴代トップの舞台を拝見してきましたが、常に変わらないイメージは「大人っぽくて、ゴージャスで、スタイリッシュな宙組」。
真風君が就任されてからも、その印象は引き継がれ、むしろ一層強化され、嬉しい限りです。

面長で体格の良い真風君と、丸顔で小柄なまどかちゃん。
ゆったり鷹揚で頼もしい芸風の真風君と、可愛らしく三拍子揃った実力の持ち主まどかちゃん。
見た目も中身のバランスもぴったり。
素敵なトップコンビ誕生に、心よりおめでとうを申し上げます。

* * *

前回の記事は男役さん中心でしたので、今回はまどかちゃんについて。

お芝居のユーリ役は、ショートカットがよく似合う活発なヒロインで、フレッシュな魅力を振りまきました。
賢くて、意志が強く、思いがけない状況に陥っても、前向きに進もうとする姿が印象的。
現代に残してきた家族や友人、ボーイフレンドに未練はないのかな?と思いましたが、原作ではもっとページが割かれているのでしょうね。

むしろ、カイル(真風)と共に戦いに身を置くことで次第に「自分が過去に呼び寄せられたのは意味のあること」「自分に課せられた使命は、カイルと共に平和を実現すること」と悟っていきます。
特に、「自分が享受していた平和は、過去の誰かの犠牲の上に成り立っている」という、物語の最も大切な部分がきちんと伝わってきたのがなによりでした。

ショーは「ノスタルジア」が秀逸。
クラシカルで美しく、これぞ宝塚という場面。
優しくリリカルなまどかちゃんの“O mio babbino caro”で幕を開けます。

数年前に観た全国ツアーでは、同じシーンでみりおんちゃん(実咲凜音)の歌声を堪能しました。
透き通るように繊細なみりおんちゃん、柔らかくまろやかなまどかちゃん。
代替わりしても美声を楽しめるのは嬉しいことです。

組を象徴するような作品、名刺代わりになる作品を持っていることは幸せですね。
宙組の『シトラスの風』しかり、花組の『EXCITER!!』しかり。
世代を超えて受け継がれ、観客もまたその時々のスターさんの輝きと、組の伝統を味わえる。
とても素敵です。

閑話休題。
ひとりの女性を巡る恋の鞘当て。
定番のシチュエーションながら、非常にドラマティックな盛り上がりを見せる場面です。
“Nessun Dorma”に乗せて対立する男ふたり。
ふたりの間を揺れ動く女。

胸元を開けたシルバーのサテンシャツのキキちゃん(芹香斗亜)は華やか。
襟元の詰まった純白のシャツの真風君は禁欲的。
異なる色気がぶつかり合って、めちゃくちゃカッコいいですね!

やがて、キキちゃんが真風君に手袋を投げつけ…
結末は誰にも分かりません。
決闘はどちらが勝ったのか?それとも相討ちだったのか?
“若さ”ゆえの美と無謀。
“青春”の儚さや虚しさ。
「ロマンチック・レビュー」の粋を集めたような名シーンです。

また長くなってしまいました。
続きは改めて。

○『天は赤い河のほとり/シトラスの風 -Sunrise-』関連記事はこちら↓
カッコいい あぁカッコいい カッコいい│『天は赤い河のほとり』の男たち(真風涼帆・芹香斗亜・愛月ひかる)
ダジャレ完成度の高さと美味しさは比例する?『天は赤い河のほとり』公演デザート「シトラスの果ゼリー-三倍酢-」

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

カッコいい あぁカッコいい カッコいい│『天は赤い河のほとり』の男たち(真風涼帆・芹香斗亜・愛月ひかる)

カッコいい あぁカッコいい カッコいい

観劇後、思わず浮かんだヅカファン川柳。
いやー、本当にカッコ良かった…
出てくる男、出てくる男、ことごとくカッコいい!

カイル(真風涼帆)が出てきてカッコいいーーー!!!

ラムセス(芹香斗亜)が出てきてカッコいいーーー!!!

マッティワザ(愛月ひかる)が出てきてカッコいいーーー!!!

誰かが登場するたび、ひたすら「カッコいい!カッコいい!」と叫び続ける私の脳みそ。

さらに、ザナンザ(桜木みなと)、ルサファ(蒼羽りく)、カッシュ(和希そら)、ミッタンナムワ(留依蒔世)…
後から後から姿を現す美しい男役さんたち。
『NICE GUY!!』の“イケメンオークション”のシーンを思い出しますねー。
宙組の層の厚さを実感しました。

それにしても、真風君は堂々たるものですね。
もう3年くらいトップスターをやってるんじゃないかと思わせる落ち着きっぷり。
ゆったり鷹揚な色気。
王者の風格も申し分なし。
可愛らしいまどかちゃん(星風まどか)との並びもぴったり、お似合いのコンビです。

浅黒い肌×金髪のキキちゃん(芹香)は危険ですねー。
ちょっと遊び慣れた感じの艶っぽさ。
時折見せる猛禽類のような鋭さ。
武将としての佇まいも見事で、主人公(カイル)に対する敵役として、しっかり存在感を示しました。
ラストシーンで「俺の子孫とお前の子孫が結ばれる」的な台詞があり、物語の壮大さを感じさせました。

愛ちゃん(愛月)マッティワザも存在感抜群。
短い場面ながら、姉タトゥーキアへの愛もしっかり見せ、深く印象に残りました。
切ない愛、やるせない想い、愛ちゃんはそういった感情を見せるのが本当に巧いですね。

ところで、ひとつ分からないことが。
どうしてマッティワザはユーリにタトゥーキアのイヤリングを託したのでしょうか?
たぶん私が前後を見逃したせいですが、いまいちこの部分が分からなくて。
ご存知の方、よろしければ教えてくださいませ。

真風君、キキちゃん、愛ちゃん。
こんなに素敵な3人が揃ったなんて奇跡のよう。
全員、スタイル抜群でハンサム。
成熟した大人の男役としての味がある。
しかし、見事なほど個性がかぶらない。
ひとりひとりも魅力的ですが、3人並ぶと大人っぽさとゴージャスさとスタイリッシュさが何倍にも増すのです。
さらに嬉しいのはコスチューム物がばっちりハマること!

この完璧なトライアングルと、まどかちゃん、そして宙組生たちが一丸となった舞台。
新生宙組がこれから私たちにどのような世界を見せてくれるのか…
わくわくが止まりません!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

ダジャレ完成度の高さと美味しさは比例する?『天は赤い河のほとり』公演デザート「シトラスの果ゼリー-三倍酢-」

今回の東宝デザートも冴えまくってますね。
Sunrise 三倍酢 って!!

ゼリー系の公演デザートは当たりが多いので期待していましたが…

過去最大級の美味しさ!!
img-20180611_4.jpg

○シトラスの果ゼリー-三倍酢- 410円(税込み)
ヨーグルトババロアに、りんご酢ピンクグレープフルーツゼリーとグレープフルーツの果実をトッピングしました。
シトラスが放つ“清々しく、爽やか”な風味と、酸味を詰め込んだ甘酸っぱいデザートです。[公式サイトより抜粋]


ババロアの甘く優しい口当たりに、ゼリーの爽やかさがぴったり!
グレープフルーツ果実のほろ苦さが利いて、とっても美味しかったです。
また食べたいと思わせるお味。
個人的には、月組『All for One』のデザート『ダルタニ杏仁 ~たべたいよう~』に匹敵するかも?

ところで私、公演デザートに関してある発見をしました。
すなわち…

ダジャレ完成度の高さと美味しさは比例する。

さっぱり夏向きのお味ですので、これからの季節にいいですね。
手軽に作れそうですので真似してみようかと思います。
ヨーグルトババロアに、りんご酢とグレープフルーツ果汁を加えたクラッシュゼリーとグレープフルーツ果実をトッピングすれば再現できそう。
公演デザートはピンクとホワイトのグレープフルーツが乗っていましたが、グリーンやゴールドのキウイフルーツやマスカットを足しても彩りが綺麗でしょうね。

今回は頂きませんでしたが、公演ドリンクはこちらの二種。

○公演オリジナルカクテル「オリエンタルの宙」
宙組公演『天は赤い河のほとり』に因んで、トルコで飲まれている「ラク」(ブドウをベースにアニス(セイヨウウイキョウ)を加えて蒸留した酒)をベースに、ブルーキュラソのシロップを合わせ、オリエントの空(宙)をイメージしたカクテルをご用意しました。

○公演オリジナルノンアルコールドリンク「シトラス」
ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』に因んで、フルーツを使ったノンアルコールドリンク「サングリア」とレモンジュースを合わせた爽やかなカクテルをご用意しました。
グラス各800円(消費税込み)[公式サイトより抜粋]


次の星組の公演デザートも気になりますね。
『ANOTHER WORLD』か?『Killer Rouge』か?
お芝居にちなんで和菓子?ショーにちなんで赤い何か?
お芝居が抱腹絶倒と聞いておりますので、デザートも傑作ダジャレに期待しています!
楽しみですねー!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

浮世絵と宝塚歌劇│『浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…』展感想

町田市立国際版画美術館で開催中の『浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…』を観てきました。
img-20180611_5.jpg
江戸期に隆盛を極めた浮世絵版画。
しかし明治に入ると新聞や写真などに押され、衰退していきました。
そんな状況を救ったのが、オーストリア出身の版画家フリッツ・カペラリを始め、ヘレン・ハイドやエミール・オルリックら、ジャポニズムの影響を受けて来日していた外国人たち。
彼らと、「渡辺版画店(現:渡邊木版美術画舗)」を営んでいた渡辺庄三郎の協力により、浮世絵の近代化、復興が実現されたのです。

「新版画」と呼ばれるそれらの作品、前後期合わせて約300点を集めたのが今回の展示。
せっかくなので、宝塚歌劇や歌舞伎など舞台芸術に関わりのある作品を中心に取り上げます。
(一部作品撮影可)

まずはサブタイトルにもある「深水の美人」。
深水とは、宝塚歌劇団の娘役として活躍された朝丘雪路さんのお父様でいらっしゃる伊東深水画伯のこと。
深水の美人画の特徴は匂うような健康美。
湯上がりの上気した肌や襟足、乳房の柔らかさ。
触れれば体温を感じられそうなぬくもりは木版ならでは。

橋口五葉の『浴場の女』。
img-20180611_10.jpg
同じ橋口の『夏衣の女』の顔が当代の坂東玉三郎そっくりで驚きました。
「絵に描いたような美しさ」という言葉がありますが、玉三郎をモデルに描いたかと思うほど。

玉三郎つながりで、山村耕花(豊成)の『梨園の華 十三世守田勘彌のジャン・バルジャン』。
img-20180611_7.jpg
玉三郎の養父が十四世守田勘彌、十四世の養父が十三世ですので、玉三郎は十三世の孫にあたるのですね。
鬼気迫る表情、一瞬を見事に捉えた一枚です。

こちらも耕花(豊成)の『四世尾上松助の蝙蝠安』。
img-20180611_11.jpg
他にも、大橋月皎の『六世尾上梅幸(?) お富』のゾクッとするような色気。
役者の人格まで写し取るような役者絵の数々は見応え充分。

小早川清の『ダンサー(レヴュー)』。
1932年の作品です。
img-20180611_6.jpg
関東大震災から復興を遂げた新東京で流行したレヴュー。
浅草松竹座や東京宝塚劇場のダンサーがモデルとされています。

同じく、小早川の『近代時世粧ノ内 六 口紅』。
img-20180611_9.jpg
バラのかんざし、棒紅、指輪、腕時計…
「モガ」と呼びたくなるような風情。
襟元にパイナップルらしき模様が見えるのも面白いですね。
その時代の風俗を写すのが“浮世”絵の使命とすれば、この美人画はまさにその役割を果たしていると言えます。

* * *

サブタイトルのふたつめ「巴水の風景」。
実は私の第一目的はこちらでした。
川瀬巴水、大好きなのです。

『東京十二題 深川上の橋』。
img-20180611_12.jpg
『旅みやげ第一集 十和田湖千丈幕』の深い湖水、『旅みやげ第二集 小千谷旭橋』の水面に映る月影、水をかく櫂の音すら聞こえそうな静けさ。
『東京二十景 神田明神境内』、同じく『桜田門』、『荒川の月(赤羽)』、『馬込の月』、いずれも深い青が印象的。
この馥郁とした青色は、印刷では決して再現できるものではありません。
是非、本物をご覧ください。

『日本風景集 東日本篇 平泉中尊寺金色堂』の冴え冴えした月明かりの表現も見事。
巴水は撮影不可の作品が殆どでしたので、よろしければこちらをどうぞ。
渡邊木版美術画舗│川瀬巴水
ため息が出るばかりです。

* * *

思いがけず嬉しかったのは、最後に大好きな橘小夢の作品を見られたこと。
淫靡で悪魔的な美しさをたたえた『唐人お吉』、『お蝶夫人』、『澤村田之助』の三作。
とどめは、突き抜けた妖しさが魅力の小村雪岱で幕を下ろします。

新版画誕生のキーマンとなったカペラリやハイド、全盛期を築いた深水や巴水、そして、小夢や雪岱。
新版画の成り立ちから発展までを辿った『浮世絵モダーン』展、おすすめです。

東京は今週末までですが、三重県のパラミタミュージアムで巡回展示が行われます。
12月6日(木)から2019年1月14日(月・祝)まで。
お近くの方、どうぞお運びくださいませ。

○浮世絵モダーン 深水の美人!巴水の風景!そして…
会期/2018年4月21日(土)~ 6月17日(日) ※月曜休館
開館時間/平日10:00~17:00(入場は16:30まで)、土日祝10:00~17:30(入場は17:00まで)
会場/町田市立国際版画美術館(東京都町田市原町田4-28-1)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**