FC2ブログ

『カンパニー』大好き!―手練れの演出家、石田昌也先生

素直で分かりやすい『カンパニー』。
意味深な仕掛けがいっぱいの『BADDY』。
今回の月組公演は組み合わせの妙が光りました。

心温まるお芝居と、刺激的なショー。
甘辛のバランスがちょうど良く、何回観ても飽きません。

特に『カンパニー』は観るたびにお芝居が深まり、芸名の生徒さんではなく、本当に青柳君や美波ちゃんや高野さんがそこに息づいているよう。
観客である私たちもカンパニーの一員のように、彼らと同じ目線で喜んだり、悲しんだり…
一緒に公演を成功させ、晴れやかな気持ちで祝賀パーティーに出席しているような。
そんな錯覚に陥ります。

若干引っかかる台詞や、登場人物の心の動きで理解しにくい部分はありましたが、トータルとしてはマイナスよりプラスが上回る。
観れば観るほど、ひとりひとりが愛おしくてたまらなくなる。
「役者が舞台で生きている」ことが身にしみて感じられる、そんな作品です。

* * *

まず感じたのは「石田昌也先生が楽しんで書いてらっしゃる」こと。
「観客を喜ばせたい」「客席を楽しませたい」
あふれんばかりの気持ちが伝ってきました。

少年のような瑞々しい好奇心と茶目っ気。
いくつになられても衰えない創作意欲。
プログラムのお写真を拝見しても、昔とあまりお姿が変わってらっしゃらないように思いますが、フェアリーに囲まれていると年を取らないのでしょうか?

お芝居を観慣れない人にもついていきやすい素直なストーリー運び。
登場人物それぞれの背景がきちんと描かれ、いつの間にか彼らと一緒に笑ったり泣いたり。
大団円では温かな拍手が劇場を満たします。

幕間のロビーでは「分かりやすくて良かった」「眠くならなかった」とのお声を耳にし、嬉しく思ったものです。
難解なところがなく、きちんと生徒の魅力を引き出し、2,000人の観客に一定の満足を与える。
宝塚の座付きとして欠かせない才能です。

一見さんに優しいのはもちろん、熱心なヅカファンには嬉しい仕掛けも。
特に今回は、石田先生の遊び心を強く感じました。
ちゃぴちゃん(愛希れいか)演じる美波と太陽王ルイ14世を絡めたり。
「ここ禁煙です」「善と悪を演じ分けるなんて大変そう」「月が綺麗ですね」「月が綺麗だなんてとんでもない」と、併演のショーを匂わせてみたり。

* * *

観客を退屈させず、物語をぐいぐい引っ張る腕前は「さすが」の一言。
なかでも心に残ったのは、負傷した紗良(早乙女わかば)の代役で白鳥を演じることになった美波がステージへ向かう一瞬。

「怖いんです、恐ろしいんです」
練習の成果を出せるか、思うように踊れるか、失敗してしまうのではないか。
美波の不安はよく理解できます。

私も学生時代にお芝居の経験がありますが、袖から舞台へ出る瞬間の恐怖といったら。
そんなとき、誰かに抱きしめてもらうと落ち着くんですね。
青柳君と美波ちゃんのようなロマンチックな抱擁ではありませんでしたが、私たちもお互いにやっていました。

人肌のぬくもりに自信を得て、薄暗い舞台袖から観客の待つステージへ向かう。

上手袖から射す一筋の光が照らし出すものは…
満場の客席。
期待と高揚、そして、踊る喜び。
美波の行く先に広がる明るい未来。

心憎いまでの演出は、さすがの手練れ。

* * *

プレお披露目の『アーサー王伝説』からわずか数作で、再びのご縁。

石田先生の書かれる珠様(珠城りょう)は、強くて、温かくて、真っ直ぐで。
その奥に見え隠れする人間らしい弱さ、脆さにも心惹かれます。
珠様のちょっととぼけたユーモアを、絶妙なさじ加減で引き出してくださるのも嬉しい。

『歌劇』誌の「珠城りょうトップ特集」に石田先生がお寄せくださった「贈る言葉」を読んでいたら、今の公演とオーバーラップする言葉がたくさん。
思わず胸が熱くなりました。

というわけで、私も石田先生風に…
“『カンパニー』と云う素晴らしい作品に出会えて心から感謝!”

○カンパニー関連記事はこちら↓
「華麗VS実直」るりたまコンビが相性抜群な理由を探る│カンパニー
「早乙女わかばのキスでヒキガエルも王子様になる」生粋のお姫様、花園を去る│カンパニー
【公演ドリンクレビュー】月組『カンパニー』オリジナルカクテル/黒鳥☆☆☆☆☆
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
月組『カンパニー』非公式公演ドリンク!?サッポロビール“月のキレイな夜に”
やはり劇団は珠城ファンのツボを押さえている!│カンパニー
阪急MEN’S館の広告かと思った!男前すぎる珠城りょう│カンパニー
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



「るりたま」という名前の花がある!

月組ファンの皆さま!

「るりたまあざみ」という花をご存知ですか?

今をときめく月組のワンツー、珠様(珠城りょう)とみやさん(美弥るりか)=るりたま(たまるり)コンビにぴったりのお花!
それが、こちら!
img-20180425_1.jpg
美しい青色の花がボール状に咲くことから、漢字表記は「瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)」
別名「エキノプス」「ブルーボール」とも。

爽やかな色合いの可愛らしい姿に似合わず、花言葉は「鋭敏」「権威」など。
トゲトゲしたお花の形からでしょうか?

月組カラーの「紅花(ベニバナ)」とのアレンジメント。
元気いっぱいの月組にぴったりな組み合わせです。
img-20180425_2.jpg
花束やアレンジメントで「るりたまあざみ」を目にしたことはありましたが、今回初めて名前を知って驚きました。
「るりたま!?」って。
宝塚に関すること、まして大好きな月組なら、ささいな発見でも嬉しいものですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

「華麗VS実直」るりたまコンビが相性抜群な理由を探る│カンパニー

美弥るりか→華奢で中性的ながら、醸し出すものは骨太。
珠城りょう→がっしりして男性的、肉感的で柔らかな雰囲気。

温かさで包み込む珠城りょう。
煌めきで魅了する美弥るりか。
見た目も芸風も“正反対”な二人がツートップを飾る、いまの月組。
だからこそ、いい。
持ち味が真逆だからこそ出せる味がある。

珠城りょうがトップに就任してからの『アーサー王伝説』『グランドホテル』『All for One』。
どれも「芝居を観る喜び」を深く味あわせてくれる作品でした。

珠城りょうと美弥るりかの関係に絞って見ると、『アーサー王伝説』はちょっと特殊。
義理の姉弟を演じたふたりの絡みは淫靡で背徳的。

打って変わって、『グランドホテル』では束の間の友情を結ぶ男ふたり。
これはぴたりとハマりました。

『All for One』は月組ひとりひとりの持ち味が爆発した作品。
温かく、幸せいっぱいのコメディ。
水を得たように生き生き、舞台狭しと跳ね回る若鮎のようなダルタニアン(珠城)。
ダルタニアンの兄貴分、アラミス(美弥)のカッコよさ。
ふたりの掛け合いから生まれるヴィヴィッドな魅力は忘れがたいものがあります。

そして、いよいよ脂が乗ってきたところで迎えた『カンパニー』。
青柳誠二と高野悠。
これが、最高!
歯車が滑らかに噛み合うような相性の良さ。
まったく違う世界に生きるふたりが、少しづつ互いへの信頼を深めていくさまが、ごく自然に描かれているのですね。

ショー『BADDY』では恋人同士。
退屈なくらい真面目なサラリーマンも孤高のプリンシパルもどこへやら。
コミカルでセクシーで、底抜けにチャーミングな関係を見せてくれます。

ここにトップ娘役の愛希れいかが加わった「たまちゃぴるり」のトライアングルが、これまた最高!
三者三様それぞれの個性が心地よくぶつかり合う、素晴らしいパワーバランス。
盤石の布陣から生みだされる舞台は見応え充分。
観客の満足度も高まります。

恵まれた体格とおおらかな包容力が魅力の珠城りょう。
卓越した男役芸で、どんな役も自分のものにする美弥るりか。

冒頭に二人は“正反対”と書きましたが、共通するのは「男・女に関わらず、人間を演じることに長けている」点でしょうか。
男役の枠にとらわれない役を演じることも多い美弥るりか。
どんなアプローチもどっしり受け止める珠城りょう。

トップと二番手は友情もしくは敵対の関係に置かれることがほとんどですが、このふたりならばもっと幅広いつながりを描けるような気がします。

たまるりコンビは、まだ始まったばかり。
まずは、次に控える『雨に唄えば』がめちゃくちゃ楽しみです!!

* * *

ところで、るりたま?たまるり?
どちらの呼び方が主流なんでしょう?
学年順で、るりたま?
それともトップさんが先にくるものなのかしら?
ヤンミキもオサアサも年功序列ですよね。
何か法則があるのでしょうか?

○カンパニー関連記事はこちら↓
「早乙女わかばのキスでヒキガエルも王子様になる」生粋のお姫様、花園を去る│カンパニー
【公演ドリンクレビュー】月組『カンパニー』オリジナルカクテル/黒鳥☆☆☆☆☆
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
月組『カンパニー』非公式公演ドリンク!?サッポロビール“月のキレイな夜に”
やはり劇団は珠城ファンのツボを押さえている!│カンパニー
阪急MEN’S館の広告かと思った!男前すぎる珠城りょう│カンパニー
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

「早乙女わかばのキスでヒキガエルも王子様になる」生粋のお姫様、花園を去る│カンパニー

若葉の季節に、わかばちゃんが花園を去る。
これ以上を望めないほど美しいご卒業ですね。

大好きな大好きな娘役さん。
華やかで、可憐で、観るだけで気持ちが明るくなるような。
「宝塚の娘役」と聞いてぱっと頭に浮かぶ、現実離れした夢の世界のお姫様そのものなわかばちゃん。

そこにいるだけで「あの子がヒロイン(もしくはそれに準ずる役)」と分かる。
天性の華は得難い魅力です。

お名前も素晴らしい。
「早乙女わかば」
萌えいづる新緑、瑞々しい初夏を思わせる響き。
華美に走らず、難読でなく、字の並びも音の連なりも綺麗。
清楚な娘役らしさもあり、宝塚の芸名の美しさとしては最高峰だと思います。

一番の美点は、隣に立つ男役さんを輝かせる力。
わかばちゃんが放つ光が組んだ男役さんの魅力を何倍にも引き出し、カッコよく見せる。
さらに相手からの反射を受け、わかばちゃん自身がますます輝く。
うるわしい相乗効果です。

わかばちゃんという娘役さんを端的に表した言葉。
「私のキスでヒキガエルだって王子様に変身するの」
これは最高の賛辞ではないでしょうか?

なんて素敵で温かな台詞。
長い間、舞台に可憐な花を咲かせ続けた娘役さんへのはなむけとして、これ以上のものがあるでしょうか。

いつも生徒に寄り添い、見守り続けてきた石田昌也先生ならではの計らい。
溢れんばかりの愛に、心が優しいもので満たされる思いがしました。

もうひとつ、好きな台詞。
「私が、私の王子様を選んだの」
自分の意思で自分の王子様を見つける。
あくまでも愛らしく、あっけらかんとした逞しさも持ち合わせているわかばちゃんにぴったりな言葉です。

最後の役は「王女」。
ふわふわした金色の髪、フリルが幾重にも重なったドレス、きらきら輝く髪飾り。
絵本から抜け出したプリンセスそのもの。

紗良、芳蓮、フラムシェン、ねね、ミカエラ、アマーリア…
さまざまな花を咲かせてきたわかばちゃん。

王女から感じられるのは、純潔、無垢、慈愛…
何色にも染まっていない、真っ白に還ったかのようなラストステージ。

白はすべての色を含む光でもあります。
夢の花園を、まばゆい光で照らし続けたわかばちゃん。
千秋楽まで舞台を明るく彩っていかれることを期待しています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
【BADDY公演デザートレビュー】頬張ってぃみたよ!GOODなお味でした!+珠ちゃぴリフトの話
善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY
世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

【BADDY公演デザートレビュー】頬張ってぃみたよ!GOODなお味でした!+珠ちゃぴリフトの話

ジムのトレーナーさんが、はーちゃん(晴音アキ)似でウキウキな私。
『怒りのロケット』ではいつものほんわかした雰囲気から一転、気迫のこもった表情を見せるはーちゃん。
カッコよくて大好きなシーンです。

先日、はーちゃん(仮名)に体組成を測ってもらったら体内年齢マイナス13歳でした。
「現状をキープしつつ、もう少し筋肉量を増やしたい」と伝え、筋トレメニューを組んでもらったのでしばらく続けたいと思います。

宝塚のショーではかなり華奢な男役さんでもリフトで娘役さんをぶんぶん回してて、凄いですよね。
あれは乗る方乗られる方のテクニックが物を言うのでしょうが…
つい「あんな細腕で」と考えてしまいます。

『BADDY』のデュエットダンスのリフトも大技ですよね。
ちょっと前に、公演をご覧になったOGの方のお話を伺う機会があり、「あれは相当難しい」と仰ってたのが印象に残っています。
名ダンサーで鳴らした方の言葉ですので説得力がありました。

クリアポスターは静止画かと思う美しさです。
これが動きの中の一瞬だなんて、にわかに信じがたいですが、珠ちゃぴの息の合いっぷりが伝わってきますよね。
珠様(珠城りょう)の片手ホールドもさることながら、ちゃぴちゃん(愛希れいか)のキープも凄い。
ちゃぴちゃんの体を見ると、筋トレのモチベーションが上がります。

* * *

筋トレの話の後でアレですが…
恒例の公演デザートを頂きました。
もはや名前からは、どんな内容か想像のつかない『頬張ってぃ ―おやつは次々やってくる―』。

“チョコレートプリンに、スパイス(カルダモン)をふり、 白いコーヒーゼリー、ホイップクリームをのせ、カカオをトッピング。ハートのチョコレートを添えて…SWEETなHEARTのチョコレートが乗った、ちょっと大人のGOODなデザートを頬張ってください。(税込410円)[公式サイトより抜粋]”
img-20180418_1.jpg
「和」のアンコ、「中」の杏仁に続き、「洋」のチョコレート。
これで珠様(珠城りょう)トップ就任以降は、和洋中制覇しましたね。

実物を見たとき、生クリームてんこ盛り+すごく甘そうに感じ、「残念だけど今回はパスかなー」と諦めかけたのです。
しかし、ダジャレ公演デザートファンとして月組ファンとして「これを食べないなんてダメ!絶対!」と、意を決して挑戦したところ…

美味しい!

見た目の印象より、ずっとあっさり、つるりとした喉ごしのチョコレートプリン。
白いコーヒーゼリーもさっぱりして美味しい!

カカオのカリッとした歯ごたえ、SWEETなHEARTの優しい口溶け。
GOODなデザートです。
もっと早く食べておけば良かった!
星4つ☆☆☆☆★

こちらは、大劇場の公演デザート『チョコレートケーキ』。
img-20180329_1.jpg
チョコレートプリンに固めのチョコ生地。
濃厚ですが、甘すぎず、サラリとした味わいで美味しかったです。
ベリーの酸味が良いアクセント。
星5つ☆☆☆☆☆

『エリザベート』はどう攻めてくるでしょう?
まぁ様(朝夏まなと)のときは『ダンゴ』でしたから油断はできませんね。
再演が多いものはネタ切れしてしまいそうです。

ちなみに好きなネーミングは『パクパクPUCK』と『1789(イイナパクパク)』。
直球ぶりが最高です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
『緊張』と『緩和』入り乱れる、これこそファンを操るBADDY心理学│BADDY小ネタ集(3)
善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY
世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

どこのミュージアムですか!?―「死と乙女」珠ちゃぴエリザベート画像解禁

ロングでしたね―!

「珠トートは短髪では?」との大方の予想を覆し、ロングヘアで登場の珠様(珠城りょう)トート。
公式サイトはこちら

なーんてセクシーなんでしょう!

お顔周りは濃色のバイオレットで引き締め、耳下は黒い衣装に映えるシルバー。
ミステリアスな雰囲気を醸し出すツートーンが素敵。

風をはらんだように逆立つサイドの髪がワイルド!
気が早い話ですが、フィナーレナンバーが楽しみ!
銀色部分を外したバイオレットのアシンメトリーヘア希望。
そんなの振り乱して踊られたら、私、黄泉の国へ旅立ってしまいます。

かつてないマッチョっぷりが目立つ閣下。
隠しきれない二の腕の張り具合がツボ。
身、詰まってますねー。

ちょっぴり削げた頬が、精悍さを増しているようで…
So sexy guy!

眉間のあたりはちょっと険しいですが、表情そのものはどことなく柔らかい。
概念としての「死」は恐ろしいものではなく、シシィにとっては「安息」をもたらすものでもありますので、このまなざしは珠トートの在り方や方向性を指し示しているのかな?とも思います。
珠様がどのようにアプローチしてくださるか、楽しみですね。

そして、お化粧薄めで際立つお顔立ちの美しさ。
強い視線、通った鼻筋、引き締まった口元。
すべての土台となる、ぬめるような象牙色の肌。

ふと、横溝正史が好んで使う「おんもら」という表現が浮かびました。
金田一耕助シリーズの『獄門島』に鵜飼君という美少年が登場するのですが、「肌は白くて、上質の練り絹のような、おんもらとした光沢を持っていた」という描写があるんですね。
ぼんやりおぼろがかったような魔性の美を表すのにドンピシャな言葉選びと感じるのですが、いかがでしょう?

* * *

閑話休題。
ちゃぴちゃん(愛希れいか)のシシィも素晴らしい!
そばに立つトートの存在に、まったく気づいていない感じ!
ただひとり孤独に立ち尽くしている様子が、トート(死)の非現実感をあらわにします。

これ、ふたり並んで撮影したんですよね?
同じフレームに収まっているのに、お互い別な次元に存在している感じ。
じっと眺めていると、トート閣下がふわぁっと現れたり消えたりしそう。

見れば見るほど絵画的。
画面を覆い尽くす暗雲、舞い散る火の粉、不吉を感じる鳥の群れ。
しかし、雲の切れ間からわずかに覗く光。
さまざまな寓意が含まれているようで、わくわくしますね。

とても雄弁な一枚で、ミュージアムで観る名画みたい。
ギュスターヴ・モローやアントワーヌ・ヴィールツの描く絵を思わせます。
特にヴィールツの『麗しのロジーヌ』。
骸骨(死)と向き合う裸体の若く美しい女性(生、愛)。
「死と乙女」すなわち「トートとシシィ」。

「生と死」「愛と死」は表裏一体。
見方を変えれば、「男と女」「人間同士」より、さらに強く結ばれた「生(愛)と死」。
分かち難い絆でつながる「トートとシシィ」が珠ちゃぴのラストステージと思うと、感慨深いものがあります。

* * *

余談ですが、シシィに触れそうで触れない閣下の右手のトリックアートっぽさが凄いですねー。
めちゃくちゃ浮き上がって見えます。
握手したい。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

『緊張』と『緩和』入り乱れる、これこそファンを操るBADDY心理学│BADDY小ネタ集(3)

○ファンを翻弄するBADDY
『BADDY』の中毒性の高さは『緊張』と『緩和』の連続にあるのかもしれません。

スイートハートの艶っぽい吐息♪So sexy guy♪からの「いーまー帰ったよぉーーーん」。
キメキメバッディの「やあ…また会ったね」からの「はーい、一冊百万円」。
アダルティなムードをぶち壊す、脱力系台詞の応酬。

コミカルなシーンの後は、一気に緊迫感が高まるアジト包囲、カオス・パラダイスでドライブがかかり、そしてリミッター解除されるバッディ覚醒。

トドメは燃え立つ紅蓮からの純白。
限界まで達した熱が、一気に放出されます。

緊張と緩和が入り乱れて、ぐるぐるぐちゃぐちゃ。
頭は混乱、心はドキドキ。
ファンの感情は、上がって、下がって、振り回されて。
息つく暇もありません。
そりゃ夢中になりますよねー。

また、あの刺激が欲しくてたまらなくなる。
すっかり劇団の思うツボです。

○ファンを翻弄するYATTY(1)
『ビッグシアターバンク式典舞踏会』を盛り上げる、まゆぽん(輝月ゆうま)宇宙人のソロ。
場面の緊張感も相まって、大好きで大好きで。
毎回聞き惚れてしまいます。

MY初日は「“ヤムヤム”言ってた宇宙人ヤッティが突然素晴らしい美声で歌い出す」という状況に頭がついていけず、歌詞をまったく聴き取れませんでしたが、何度か観るうちに耳が慣れました。

ここは、超絶カッコいいオールバック+黒燕尾バッディ(珠城りょう)も観なくちゃだし、めちゃ色っぽいドレス姿のスイートハートさん(美弥るりか)も観なくちゃだし、謎にチャーミングなポッキー巡査(月城かなと)も観なくちゃだし…
もちろん、指先をピロピロさせながら熱唱するヤッティも観るので大忙し。

このシーンに限らず、『BADDY』は観るもの聴くものが多すぎて、脳の情報処理がおっつかないのですよね。

予言じみた、警告のような歌詞がいいですね。
頭取に化けて、頭取夫人から金庫の暗証番号を聞き出そうとするバッディ。
〽あの親しい面影も今夜は他人のよう
顔を隠し、グッディと踊るバッディ。
〽曖昧な面影が今夜の恋人

信じたこと、囁いたこと、見知ったこと、触れたこと。
すべて、夢、幻。
信じてはいけない、と告げる声。
どこか切なく、どこか不穏で、ひんやりした危うさをはらんだメロディと詞。

これもまた中毒性が高いですね。
近頃では、ヤッティソロ聴きたさに劇場へ足を運ぶと言っても過言ではない私です。

○ファンを翻弄するYATTY(2)
善悪が入り乱れる『カオス・パラダイス』。
白(善)チームのヤッティが、黒(悪)チームのバッドボーイと向き合って踊る一瞬。
組んだつっちー(颯希有翔)の顔を、微笑みながら覗き込むヤッティ。
このときのつっちーのお顔が最高なのです。
バッディの「ガビーン!」に勝るとも劣らない表情を拝めます。

『舞踏会』で王子(暁千星)と踊るヤッティ。
『歌劇』4月号で、ありちゃん(暁)が「宇宙人さんの目が優しい。本当に子どもを見るような目で見てくれる」と仰ってるので、「どれどれ」と注目してみたら、確かに温かく慈愛に満ちた目で王子を見つめるヤッティの姿が。
ヤッティさんはいつも他者に対して友好的な微笑みを絶やさないんですね。

パレードで銀橋に並んだときの、とびきりの笑顔も好き!
お芝居の山田君もですが、まゆぽんの笑顔ってどうしてあんなに可愛らしいんでしょう?
思わず、つりこまれて笑ってしまいます。
周りを幸せにする笑顔って素敵ですよね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY
世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

善か悪か?白か黒か?の世界に潜む「グレー」―千海華蘭のシェフ│BADDY

月組観劇の大きな楽しみのひとつが、からんちゃん(千海華蘭)。
歌良し、踊り良し、芝居良し。
さりげない台詞、仕草のひとつひとつに言いようのない洒脱さがある、大好きな生徒さんです。
本公演以外で組が分割されるときは真っ先に「からんちゃんはどこチーム?」と探す私。

今回のショーは芝居仕立てと聞き、楽しみにしていました。
『ノバ・ボサ・ノバ』みたいな感じかな?と。
からんちゃんの役はシェフ。
どのようにストーリーに絡んでくるのか、わくわくしながらMY初日を待ちました。

* * *

禁酒・禁煙・禁○○…のはずの地球。
しかし、オープニングでは公爵(綾月せり)を始め、大勢のキャラクターが煙モクモク、アルコールぐびぐび。

禁止されているものが、どうして手に入るの?
密売?密造?他の星からの密輸入?
戦争も犯罪も、あらゆる悪は鎮圧されたんじゃなかったの?
まあ、されていないからグッディ捜査官がいるんですよね。

シェフ姿のからんちゃんも盛大にジョッキを傾け、タバコをふかします。

必ずしも地球人全員がルールを守っているのではない。
反発する意志がある者もいる。
ピースフルプラネットの住人は、完全に『善』の価値観に洗脳されているわけでない。
ある程度の健全さも持ち合わせた社会であると言えます。

* * *

からんちゃんがシェフを務める『ブルーラグーン』。
表向きはシーフードレストランですが、果たして実体は?

コキーユ(愛希れいか)を連れ出そうとするバッディ(珠城りょう)をとがめる「お持ち帰りするなら、お代を」。
単に料理のテイクアウトを指しているのではありません。

タバコもアルコールもダメなら、ギャンブルや違法薬物もダメでしょう。
もちろん性の売買も。
何食わぬ顔で危ういサービスを提供するブルーラグーン。
そこに関わるシェフはなかなかの反乱分子のようです。

外(月)からやって来た悪、バッディ。
内(地球)なる悪、シェフ。
女王に極めて近い立場の公爵(綾月せり)が喫煙者という時点で、ピースフルプラネットの結束はそれほど堅固なものではない。
ひとつの価値観のみで構成される社会はどこかで歪みが出る。

バッディの悪事は単純なものですが、シェフを通して描かれる『悪』は一筋縄ではいきません。
嗜好品としての酒やタバコを楽しむゆとり。
性への健やかな関心と欲求。
人間の欲望に関わるところを、すべからく抑圧しようとする行為こそが『悪』ではないでしょうか。

人々が不満を溜めて暴発しないよう、ガス抜きができる場所。
ブルーラグーンは必要悪として目こぼしされているのかもしれません。

* * *

『BADDY』の世界は必ずしも「BADorGOOD」、「BLACKorWHITE」ではなく、「GRAY」もある。

「からんちゃんは俯瞰的視線を持つ役がハマる」との思いが、私の中にあります。
『Bandito』のマイケルしかり、『アーサー王伝説』のマーリンしかり。
中心人物たちの輪を、ちょっと離れた位置から眺めつつ関わるような役。

悪にも善にも属さず、彼らのぐるぐるぐちゃぐちゃを傍観する。
善に偏りすぎて歪んだ世界を健全に引き戻す錘。
グレーゾーンを担う役割に、からんちゃんを据えたのはひとつの面白さだと感じます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

世界よ、宇月颯色に染まれ―炎のデュエットダンス│BADDY

としさん(宇月颯)との出会いは、第二次ヅカブームのきっかけとなった『アルジェの男』のラストシーン。
主人公は霧矢大夢演じるジュリアン。
貧民街に生まれ、女性たちの愛を踏み台にのし上がり、栄光を目前にして、愛のしっぺ返しを食う男。

〽泥にまみれた俺の青春 暗い惨めな俺の青春

叩きつけるような影ソロ。
鼓膜を突き抜け、ダイレクトに脳を刺激する力。
「この歌手は誰?」

いつか陽の当たる道を登っていこう、輝くような黄金の道を…
志半ばにして空しくなったジュリアンの無念が、聴く者の胸に染みとおる。
その歌声の持ち主が、としさんだったのです。

あれから、7年。
宝塚生活最後の公演を迎えられたとしさん。
お芝居でもショーでも美声を披露されていますが、圧巻はデュエットダンスの影ソロ。

初めて聴いたときの衝撃は、体が覚えています。
背中が椅子に押しつけられるような圧。

劇場を赤く染め上げるエモーショナルかつドラマティックな歌声。
燃え尽きて崩れ落ちる寸前のアジトで、ぶつかり合い、命と引き換えにひとつに溶け合おうとする男と女。

互いに銃を突きつけ合っても、引き金を引くことはできず。
ついには銃を捨て、素手でつかみ合う。
かつてないほど激しく、愛憎渦巻く、芝居仕立てのデュエットダンス。
ただでさえ濃密な感情に支配された場面に、としさんの歌声が拍車をかけます。

身じろぎひとつせず、息を詰めて見守る観客。
目はダンスへ、耳は歌声へ。
空気の密度が変わり、劇場がひとつになります。

クライマックス。
〽善と悪よ 抱き合え 地獄に落ちても 共にゆけ 罪人 ふたり

すべてが解き放たれ、爆発音すらかき消すように響き渡る歌声。
炎の中に姿を消すふたり。

激しい高揚からの沈静。
一本のお芝居を観終わったような充足感。
素晴らしいドラマでした。

音響の具合もあるのでしょうが、大劇場で聴いたときは劇場内壁に反射した音に包み込まれるよう。
東宝では体の中を気持ちよく吹き抜けるように感じました。

宇月颯の集大成である『罪』の歌声。
としさんが今まで演じてこられたすべての役が息づいているように感じられます。
クール、阿久津、アトス、運転手、浅井長政、ヴィトー、飯沼…

渋くて、温かくて、知的で、頼り甲斐があって、時々やんちゃで…
全体をピリッと引き締めるスパイスのような役者ぶり。
キレよく、しなやかで、言葉より雄弁なダンス。
磨き上げられた、美しい男役さんです。

そして、ラストダンスは『魂』。
重力を感じさせない軽やかな身の運び。
満面に浮かぶ透き通った笑み。
何もかもが削ぎ落とされた清々しさ。
こんなにも満ち足りた時間を共有できることは、観客にとっても大きな喜びです。

「颯」のお名前通り、力強く爽やかな風のような男役さん。
風薫る5月、ご卒業の日まで健やかに舞台を務められますよう、心よりお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○宇月颯関連記事はこちら↓
美弥アラミス・宇月アトス・暁ポルトス・蓮パスカル・風間ジョルジュの好きなところ│All for One
大劇場と東京は別物!?│グランドホテル台詞追加・演出変更点
「○○しちゃいなさいよ」不気味な存在感が光る宇月颯│グランドホテル
金で幸せは買えないが、金で手に入る幸せはある│グランドホテル
“運転手=宇月颯”にガッツポーズ!そしてダメンズ(?)珠様の魅力―『グランドホテル』配役発表

○BADDY関連記事はこちら↓
自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

自分にとっての“ワルいこと”を探せ!―BADDYからのメッセージ

〽ワルいことがしたい いい人でいたい
「悪いこと」の対が「善いこと」でないのがミソ。

自分の欲求としては「悪いこと」がしたいけれども、それによって世間から後ろ指を指されるのはイヤ。
周りから見て「いい人」でありたい。
これは誰にしも思い当たる気持ちではないでしょうか。

人間は社会的な生き物ですから、世の中からの評価を避けては通れない。
だからこそ、枠組みの外にいるバッディたちが魅力的に映るのでしょう。

「あれはダメ」「これもダメ」冗談じゃねえ!!

もろもろの決まり事を吹き飛ばすバッディ。

「○○なら、こうあるべき」「□□なら、こうすべき」邪魔よ、どいて!

心のままに振る舞うスイートハート。

* * *

初めて「ワルいこと」に触れたピースフルプラネットの住民たちの反応はさまざま。

退屈していた王子様は、バッディへの憧れを原動力にゆりかごを飛び出し、「正義のため生きる」。

自信喪失していたポッキー巡査は、バッディと行動を共にするうち、「本当の男のカッコよさ」を知り、自らの意志に殉ずる。

そして、忘れていた感情が甦り、「生きている実感」を取り戻したグッディ捜査官。

* * *

人間の行いは、悪事のみ、または善事のみに傾くものではない。

悪党バッディですら、ときには「善いこと」をします。
落ち込むポッキー巡査をなぐさめ、モテるコツを教えるよう恋人に委ねる。

バッディは損得を勘定しない男なのでしょう。
思いつくまま、心のままに動く。
その無邪気さがたまらなく可愛い。
バッディから溢れ出す愛嬌。
これは、男役・珠城りょうの貴重な持ち味です。

さて、「ワルいこと」が自分の欲求を叶えるものだとしたら、「いいこと」は何を指すのでしょう?
バッディの行動からも分かるとおり、己のためでなく他者の利益になる行為ですね。

グッディや王子が歌う「この地球(を)守る使命だから/正義のため生きる/みんなの期待(に)応え/みんなのためなら勇気100倍」。

「誰かのため」「みんなのため」が彼らの行動原理なのです。
「いい人」であろうとして行う「いいこと」ではなく、誰かのために動くことが自分に充足感をもたらす。
これも、愛希れいか(グッディ)と暁千星(王子)の真っ直ぐな個性が活きる配役です。

* * *

『BADDY』のテーマは、“抑圧された自己の解放”です。

「善いこと」も「悪いこと」も、判断基準は自分の心。

自分にとっての「ワルいこと」「人目を気にせず、本当にしたいこと」を探して生きよ。
自分以外の誰かの幸せのための「いいこと」を為せ。

世間が望む「いい人」であろうとするあまり、自分を見失うことはない。
「善と悪」「白と黒」を行きつ戻りつ、自分が一番心地よいと感じるところを探れ。

Be Free!

これが、天衣無縫の“大悪党”バッディからのメッセージだと感じました。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94


○BADDY関連記事はこちら↓
一発芸か?至高の傑作か?―『BADDY』について真面目に考えてみた
完璧なピースが揃った“月組ジグソーパズル”│BADDY
宝塚屈指の美女、ザリガニになる―バルタン星人な月城かなと│BADDY小ネタ集(2)
紫門ゆりやの役名は『エレガント』だったかもしれない説│BADDY小ネタ集(1)
「あなた」でも「おまえ」でもなく、恋人を「きみ」呼びするスイートハートに心ときめく│BADDY
YATTYのいないBADDYなんて気の抜けたビールでしょ!輝月ゆうまの宇宙人力│BADDY
『退屈』を打ち破れ!「眠られないんだ」が意味するもの―覚醒する暁千星│BADDY
おやつが月からやって来た!│カンパニー/BADDY公演メニュー
なんてタイムリー!STAR JEWELRY Girlの“BADDYすぎる”アクセサリー☆彡
パンセクシュアルなバッディ(珠城りょう)×性別越境者なスイートハート(美弥るりか)が登場する意義とは│BADDY
月組の新しい扉が開いた。もう『BADDY』を知らなかった頃には戻れない
ハッハッハ!なんだ、こりゃ!?めちゃくちゃ面白いじゃないか!│BADDY
今しか書けない!?BADDY妄想―月よりの使者“バッディ(珠城りょう)”は地球の救世主となるのか?
BADDYさーん!!3週間ぶりの珠様が想像を超えるカッコよさ!
サラリーマンだって、宇宙人だって、珠城りょうならば成立するのです!
「いまの月組だからこそできる」珠様率いる月組の無限の可能性にわくわくする!2018年演目発表

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**