FC2ブログ

舞台を愛するすべての人へ│映画『新世紀、パリ・オペラ座』感想

パリ・オペラ座のドキュメンタリー『新世紀、パリ・オペラ座』を観て来ました。
舞台芸術を愛する方ならば、少なからず心打たれる映画だと思います。

フランスが誇る芸術の殿堂パリ・オペラ座は迷っていた。
ルイ14世の時代から350年以上にわたり、オペラやバレエにおいて世界トップレベルの伝統を維持してきたが、時代の波はそんな彼らにも容赦なく押し寄せる。
世の中や観客の変化に伴い、オペラ座はどうその姿を変えるのか。選ぶべきは、由緒ある歴史の継承か、時代を牽引するリーダーシップか。
混迷を極めた今の時代に、彼らは自問し続ける。
「今、オペラ座に求められるものは何なのか──?」
2017年モスクワ国際映画祭にてドキュメンタリー映画賞を受賞、本国フランスではオペラ座を描くドキュメンタリー映画史上最高の動員記録を樹立した。[公式サイトより抜粋]


登場するのは、ごく普通の人ばかり。
表舞台に立つ人も、裏方に徹する人も。
誰か一人が突出するわけではなく、皆がそれぞれ自分の役割に取り組み、粛々とオペラ座の舞台を作り上げる。
その様子が淡々と描かれます。

面白かったのは、『モーゼとアロン』に登場する生きた雄牛。
牛のオーディションから、本番で怯えないように牧場で毎日、録音した合唱を聴かせる練習風景(?)。

衣装係や清掃係など舞台の裏側で働く人々。
チケット料金を決める会議。
舞台を維持するのに、いかに多くの人が携わっているのか。
当たり前ですが忘れがちなことに目を向けさせてくれます。

様々な側面からオペラ座に光を当てる本作。
散漫な印象にならないのは、さりげなくあるひとりの人物にスポットが集められているからでしょう。
アカデミー入学のためのオーディションを受けにやって来た、ロシアの田舎出身のバリトン歌手、ミハイル・ティモシェンコ。

フランス語もおぼつかない、あどけない顔をした青年ミーシャ(ミハイル)の目を通して、観客はオペラ座の一年を追体験するのです。
素朴な笑顔がチャーミングな彼。
ひとたび歌い出せば、ドン・ジョヴァンニとなり、ドン・キホーテとなり。

しかし、あることをきっかけにしばらく画面から姿を消します。
ミーシャはどうしたの?
年若い友人のような親しみを感じるようになった彼に、すっかり惹かれてしまった私は気が気ではありません。
果たしてミーシャはどうなってしまったのか?
それは観てのお楽しみといたしましょう。

* * *

さて、最も心に残ったシーン。
『ラ・バヤデール』と共に描かれる、同時多発テロ後のオペラ座の様子。

“The Show Must Go On!”

ステファン・リスナー(オペラ座総裁)の声明に込められた力強いメッセージ。
劇場の灯は絶やしてはならないのです。
どんな時でも喜びと感動は必要です。

幕を上げよ!
我々は舞台に立ち続ける!
理不尽な暴力に、我々は決して屈しないと見せつけてやるのだ!

観客がいなければ舞台は成り立ちません。
私たちも劇場に向かう足を止めることはないでしょう。
宝塚OGの伝記で読んだ記憶があるのですが、第二次大戦後、大劇場の再開を待ちわびる人々が宝塚大橋のところまで列をなしたそうです。

美しい音楽、胸弾む舞踊、心打たれる芝居。
どんな時も心を照らす希望の光。
何人たりとも、その温かな輝きを消すことはできません。

何によって心の光が灯るか。
それは人それぞれでしょう。
しかし、どの光も同じきらめきを持っているはずです。
舞台がお好きな方にも、そうでない方にも是非観ていただきたい映画です。

新世紀、パリ・オペラ座公式サイト

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



役者の命は“声”―美声の“希望”コンビ誕生に快哉を叫ぶ│ひかりふる路

役者の命は“声”。

“劇場の空気”を動かすのは“音”。
“音”とは、すなわち空気の振動(音波)です。

劇場という密室空間で、(物質的な)空気を動かすことで、(観念的な)空気を動かす。
役者が発する音、付随音楽の波動が観客の心を揺さぶり、強い感動を呼び起こす。

「音を支配する者は、劇場を支配できる」と言っても過言ではないでしょう。

役者の体内から出る音で、最も強いインパクトを受けるのは何でしょう?
“声”ですね。

『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』で本公演お披露目を果たした望海風斗と真彩希帆は、共に素晴らしい声の持ち主です。
加えて、高い歌唱力を誇るふたり。
“音(声・歌)”で“空間(劇場)”を支配できる彼女らがタッグを組むのです。
雪組新主演コンビ発表の知らせを聞き、快哉を叫んだのは私だけではないでしょう。

だいもんさん(望海)と、きーちゃん(真彩)が同じ舞台の真ん中に立つ!
どんなに素晴らしい歌が聴けるのか。
わくわくしながらMY初日を待ちました。

* * *

幕開き、ステージを貫く一筋の光。
ロベスピエール(望海)が見た理想の未来への道筋のようであり、多くの人々の命を奪い、やがて彼自身の人生を断ち切ったギロチンのようでもあります。

待ちに待った、ロベスピエールの第一声。
体の隅々まで沁み通るような豊かな響き。
「いい声」って、こういうことかと納得。

どこまでも滑らかで引っかかりのない声。
まろやかに太く、力強いのに、柔らかい。
食べた瞬間からエネルギーに変わるのが実感できる、上質な赤身肉のような歌。
聴いたそばから、細胞のひとつひとつが潤いで満たされる思いがします。

* * *

対する、マリー=アンヌ(真彩)。
美しい!
ひたすら美しく、透き通る声。
聴く者の耳から脳を貫き通す鋭利な刃。
ひんやり冷たく、陰鬱。
なのに、触れればたちまち溶けて無くなる薄氷のような繊細さ。

一番の魅力は、どんなにか細い台詞でも、言葉がくっきり際立って聞こえる口跡の良さ。
物語を正確に確実に、観客の耳へ届けるのも役者の務めです。

* * *

話はそれますが、私が使っている手帳の欄外に『今日の一言』的な短い文章が載っています。
そこで目にした柄本明さんの言葉。

(俳優とは、どのようなお仕事でしょうか」と問われて)
そこに書いてあることを言うんですね。
それも、他人が書いたことをね。
で、それを、別の他人が見てるんだね。
それ以上でもなければ、それ以下でもないです。
――『21世紀の「仕事!」論。俳優篇』の中で


含蓄のある言葉ですね。

他人(脚本家)が書いた台本に書いてある台詞を言う(俳優)。
それを別な他人(観客)が見る。
ただそれだけのことですが、なぜ人間は太古の昔から芝居を愛し、のめり込んできたのか?

台詞は単なる言葉の羅列ではありません。
台詞が役者の肉体を通り抜けるとき、不思議な化学反応が起こるのです。
役者の腹の底から湧き上がる感情、旨み・渋み・苦みのエッセンスにまみれた言葉が喉から飛び出す。
その味わいは様々。
それが役者の“味”になるのです。

* * *

美しいだけじゃない、聞き取りやすいだけじゃない。
ロベスピエールへの憎しみが愛に変わる過程で、艶やかな温もりを増していったマリー=アンヌの声。
硬い根雪が溶け、新しい命が芽吹くような瑞々しさ。
目を閉じても、彼女の心の再生が伝わってきます。

たとえ、愛する人と共に歩むことが叶わなくとも、彼女が大いなる愛に満たされ、その後の生涯を豊かに歩み続けたであろうことを予感させる幕引き。
美しく、希望に溢れたお披露目公演でした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スッパインジャー!パインは入ってナインジャー!でも、オイシインジャー!│ひかりふる路

2018年の観劇初めは『ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』。
『私立探偵ケイレブ・ハント』以来、実に1年ぶり以上の雪組観劇でした。
何度かお誘いいただいていたのですが、繁忙期や他組公演と重なり、涙を呑んでいたのです。
ちぎさん(早霧せいな)のご卒業、見送りたかったなぁ。

お正月の華やぎが残る東宝ロビー。
img-20180111_2.jpg
松・竹・南天・胡蝶蘭・百合・オンシジウム…新春を彩る素敵なアレンジメント。
お披露目公演にもぴったりですね。

ダジャレ公演デザートマニアな私。
今回のネーミング『スッパインジャー』もツボでした。

“シークワーサーゼリーの中に、いちご、キウイ、グレープフルーツを入れ、レモンスライス、レモンマーマレード、ナタデココをトッピング。 思わず「スッパインジャー」と声を出したくなるようなデザートです。(税込410円)[公式サイトより抜粋]”
img-20180111_4.jpg
食感が異なる様々なフルーツが醸し出す、豊かな酸味のハーモニー。
とっても美味しかったです。

個人的には昨年の『ダルタニ杏仁』と並ぶヒット!
レモンスライスがいい仕事をしていて、食べ終わった後も口の中に爽やかな柑橘の香りが残ります。
ゼリー部分はかなり酸味がきいています。
酸っぱいものが苦手な方でしたら、思わず「スッパインジャー!」と声に出てしまうかも?

ところで『スッパインジャー』なのに、パイン(パイナップル)が入ってないのは何故!?
花組の『かんパイン!!』とかぶるからでしょうか?

公演オリジナルカクテルとドリンクはこちら。

○公演オリジナルカクテル│Revolution(革命) グラス税込800円
雪組カラーをイメージして、公演の舞台となるフランスで有名なリキュール酒「シャルトリューズ」とキウイシロップを合わせ、ソーダを満たし、ハーブの香りと甘みのあるカクテルに仕上げました。
※「シャルトリューズ」
「シャルトリューズ」は、「リキュールの女王」とも称される、フランスを代表するリキュールです。ブランデーをベースに砂糖やアンゼリカ(セイヨウトウキ)、シナモン、ナツメグなど130種類のハーブを加え、樽で熟成させ、5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製されております。公演オリジナルカクテルに使用している「シャルトリューズ ジューヌ」は、ハーブに加えて蜂蜜の様なとろりとした甘さをもっており、カクテルにもよく用いられます。[公式サイトより抜粋]

○公演ドリンク│グラン・クール ボルドー ルージュ グラス税込800円
望海風斗のトップ就任と新生雪組に合わせて、フランス語で大いなる心(情熱)と言う意味を持つボルドーの赤ワインをご用意しました。[公式サイトより抜粋]

『シャルトリューズ』は『グランドホテル』の公演カクテル『シャルトリューズ&フランボワーズ』でも使われていましたね。
こちらは次回観劇時に試してみたいと思います。

ところで、『ポーの一族』のオリジナルカクテルは『バラのエナジー』と名付けられたのですね。
そこは『バラの“エネジィ”』にして欲しかったなぁ。
原作の『生気』『血』に振られた『エネジィ』のルビに、何とも言えない胸の高鳴りを覚えた身としては…
(『エナジー』だと元気もりもりになってしまいそう)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

翔ぶがいい、カモメよ―愛希れいかの卒業

翔ぶがいい、カモメよ。

あの素晴らしい才能が、花園を去る。
第一報に接した私の脳裏をかすめたのは『エリザベート』の一節でした。

常に新鮮な驚きと深い満足を、私たちファンに与えてくれるちゃぴちゃん(愛希れいか)。

いつかはこの時が来ると知りつつも…
まだまだもっと観ていたい!
次はどんな驚きを与えてくれるの?
ずっと、私たちをわくわくさせ続けてくれるんじゃないか?
そんな錯覚を起こしていたのです。

無垢な少女から淫婦、狂女、そして青年王。
ちゃぴちゃんは一体どこまで翔ぶのか?
そんな問いは、最新作の近寄りがたいほどに気高く美しかった姫の姿に、ひとつの答えを見た気がしました。

彼女が立つと空気が変わる。
舞台のテンション(張力)が上がるのです。
自らも物語を引っ張り、そして、全体の力も底上げさせられる。
素晴らしい熱を持つ役者です。

ここ数年はとくに、いわゆる“宝塚らしい娘役”の枠から解き放たれたかのような女性の人生を演じ続けた彼女。
“演じた”というより、むしろ“生きた”という言葉がしっくりきますね。

女性が男性を演じる“男役”に対して、女性が女性を演じる“娘役”という特殊性。
その境界を軽々と飛び越え、“人間”を写し取る役者として、稀有な彼女。
観客は彼女の肉体を借りて、古今東西を旅し、そこに生きた女性たちの人生を追体験することができるのです。

没入型の役者であるちゃぴちゃんと、熱く情の濃い芝居を見せる珠様(珠城りょう)。
押せば引く、引けば押す。
時に火花が散るほど激しくぶつかり合う。
絶妙なパワーバランスの上で、濃密な駆け引きを行うふたりの芝居がとても好き。

ふたりなら、どんな高みへも翔べる。
そんなトップコンビの姿が好きなのです。

想いは尽きず、止めどもありませんが…
彼女はまた新しい宝石を私たちに残してくれようとしています。

まずは、齋藤吉正先生の『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』。
“キューティーステージ”という副題に、先生の愛情がたっぷり詰まっているようで嬉しいですね。
元気いっぱい、弾むような愛くるしさ。
ちゃぴちゃんのキュートな魅力が200%発揮されそうです。
キャリアを重ねても、こんなイメージがぴたりとハマるのも彼女の魅力。

そして、娘役として最高の花道『エリザベート-愛と死の輪舞-』のタイトルロール。

彼女は“むき出せる役者”です。
役を通して自らの内に潜む業を躊躇なくさらけ出しつつ、返す刀で、観る者の心の皮を容赦なく剥ぎ取る。
露わにされた柔らかな部分に情動の錐を突き立てる。
あどけないほどの素顔が一転、舞台に立てば牙をむく役者。
その荒々しさに、獣性すら覚えることもありました。

そんな彼女が集大成として演じるエリザベート。
ラストシーン、心に纏ったすべてを脱ぎ捨て、まっさらに解放される姿。
新しいエリザベート像の誕生に期待が高まります。

野獣が野に放たれた時、どこまで遠く跳べるのか。
最高峰の頂から、さらに広く大きな空を目指した時、どこまで高く飛べるのか。

翔ぶがいい、カモメよ。
僭越ながら、やはり、この言葉がちゃぴちゃんへの餞にふさわしいと思うのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

こいつぁ春から縁起がいいわえ!珠ちゃぴ鏡開き&浪漫の騎士より新年のご挨拶

新年おめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
旧年中は多くの方にご訪問いただき、誠にありがとうございました。
ブログを通して、宝塚ファンの皆さまと楽しい交流の時間を持てたこと、たいへん嬉しく思います。
相変わらずの拙さではございますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、お正月はゆっくりお休みになれましたでしょうか?
私は毎年の恒例行事で、両親を連れて近場の温泉に行ってまいりました。
いいお湯で日頃の疲れを癒やし、美味しいものを頂き、史跡巡りやクルージングを楽しみ…
ささやかな旅ではありますが、皆元気で今年もつつがなく過ごせたことが何よりの喜びです。

旅行から帰ってからも、初詣や初売りに出かけたり、映画を観たり、お正月らしいお正月を満喫しておりました。
そんなこんなで、気づけば一週間近くヅカ情報に触れておらず、すっかり浦島太郎状態。
慌てて公式ニュースをまとめ読みしているところです。

東宝雪組公演のデザートが発表されましたね。
『スッパインジャー』なのにパイン(パイナップル)は入っていない不思議。
ゼリー系のお菓子が好きなので、これは食べてみたいと思います。

新春鏡開きは月組トップコンビ。
昨年のお元日はお披露目公演の『グランドホテル』初日だったのですから、月日の経つのは早いものです。
珠様(珠城りょう)は水色、ちゃぴちゃん(愛希れいか)はピンクのお召し物。
新春にふさわしく、初々しく溌剌としたふたりの姿を見ることができ…

“こいつぁ春から縁起がいいわえ”ですね!

そして、月組『カンパニー』の新人公演メインキャスト発表!
おだちん(風間柚乃)、さくらちゃん(美園さくら)、あち君(輝生かなで)、おめでとうございます!
現代日本が舞台、等身大のお役はなかなか難しいところもあるかと思いますが…
皆さまのご健闘をお祈りしています。

しばらくぶりの更新ですが、この記事でちょうど400本めとなりました。
(書きかけで下書きフォルダに入っているのが100本あるので、実質は300本めですが)
新年初記事が収まりの良い数字で、ちょっと嬉しくなっちゃいました。

今日が仕事始めで、明日から三連休。
せっかく温まったエンジンを冷やすようで調子が狂いますが、今日はリハビリだと思って週明けからまた頑張ります。
(とは言え、今日は出張でいきなりフルスロットルだった私…)

皆さまにとりまして、健康で笑顔いっぱいの一年になりますようお祈り申し上げます。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**