FC2ブログ

異文化の扉を開く│東京ジャーミイ・トルコ文化センター(代々木モスク)ガイドツアー参加記録

突然ですが、日本国内にあるモスク(イスラム教の礼拝堂)の数をご存じでしょうか?
なんと大小合わせて約80ヶ所もあるそう。
その中でも最大の規模と美しさを誇る『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』を訪れました。
img-20170805_12.jpg
『東京モスク』『代々木モスク』とも呼ばれ、親しまれるこちら。
ずっと気になっていたのですが、なかなか機会がなく…
調べたら、土日にガイドツアーが行われるとのことで早速足を運んできました。

大きなドームに覆われた礼拝堂。
img-20170805_3.jpg
『ジャーミイ』とは金曜礼拝を含む1日5回の礼拝が行われる大規模なモスクで『人の集まる場所』という意味もあるそうです。

ガイドさんがとても気さくな方で、ユーモア混じりの巧みな話術にグイグイ引き込まれ、90分のツアー時間もあっという間。
イスラム教の歴史、文化、東京ジャーミイについて。
多岐にわたるお話を興味深く伺いました。
馴染みが薄く、なんとなく遠い存在だった異文化が、ぐっと身近に感じられるようになったのは大きな収穫。

緻密な装飾とアラビア文字のカリグラフィで彩られたドーム。
ベースとなる構造は六角形。
真下に立って見上げると、それは美しい雪の結晶のような図形が視界いっぱいに広がります。
img-20170805_4.jpg
そもそもの起こりは、ロシア革命で国を追われたタタール人信者のための礼拝堂。
ところが、金沢の宮大工たちの手で建てられた初代の建物は雨漏りがひどく修理不能になったため、現在のものに建て替えられたそう。

設計はトルコの会社で、躯体工事こそ日本の鹿島建設が請け負いましたが、内外装はすべてトルコからやってきた職人たちが仕上げたそう。
職人たちの技と、その美しさを是非観て欲しい、とはガイドさんの弁。
ちなみにイスラム世界では建築で活躍する女性が非常に多いとか。
新国立競技場のデザインコンペにおけるザハ・ハディド氏の件は記憶に新しいですね。
img-20170805_5.jpg
白を貴重に、鮮やかな青のステンドグラスや絨毯。
右の三角屋根の部分は説教台。
img-20170805_13.jpg
礼拝堂2階の女性専用スペースからの眺め。
img-20170805_9.jpg
華やかながら、静かで厳かな佇まい。
祈りの場に相応しく、自然と敬虔な気持ちが湧き起こります。
img-20170805_10.jpg
職人の技術の結晶。
非常に緻密な幾何学文様の螺鈿細工が施された説教台。
img-20170805_6.jpg
じっと見ていると吸い込まれそう。
いたるところが、こんな装飾文様に埋め尽くされて、見飽きません。
img-20170805_7.jpg
色がいまいちでごめんなさい。
実物は輝くように荘厳な美しさです。
是非、現地でご覧いただければと思います。
img-20170805_11.jpg
ガイドさんイチオシの造形美。
わざわざ撮影タイムを設けてくださった礼拝堂の扉。
img-20170805_2.jpg
当日は、各国の信者さんが祈りを捧げてらっしゃいました。
トルコ、インド、ベトナム、ウイグル…
ガイドさんの言葉で最も心に残ったのは「なぜ、イスラム教が世界で16億人もの人々の信仰を集めているのか」。

正直、礼拝堂の中まで私たちが足を踏み入れることを許してくださることには驚きました。
彼らにとって、最も大切な祈りの場を開き、招き入れてくださること。
その心はおそらく「もっとイスラムについて知ってほしい」。
これに尽きると思います。
img-20170805_1.jpg
独特の装飾文様や壮麗な建築に惹かれて訪れた東京ジャーミイですが、得られたのはもっと広く大きなものでした。
未知の世界の扉を開き、異文化に触れ、相互に理解を深めること。
『人が集まる場所』の名に相応しく、温かく豊かな場所でした。
行ってみて良かったです。

駆け足の講義でしたが、興味深かったのはイスラムと数学や哲学や科学の関わり。
ガイドツアーに参加すると面白さ倍増!
是非足をお運びください。

○東京ジャーミイ・トルコ文化センター
住所/東京都渋谷区大山町1-19(小田急線・東京メトロ千代田線『代々木上原駅』すぐ)
館内見学/10:00~18:00
※ガイドツアーは毎週土曜・日曜の14:30から(予約不要)
※肌の露出は避け、女性は髪を覆うスカーフを持参ください(貸出も有)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**