FC2ブログ

“肉体は滅んでも、志は不滅”散り際の美しさに心惹かれる物語│阿弖流為

“マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや”

『阿弖流為』観劇後、素晴らしかった舞台を反芻していたら、ふと寺山修司の一節が浮かびました。
なぜ阿弖流為の物語にこんなにも深く心を打たれるのか?

マッチを擦る一瞬、小さな炎の向こうに浮かぶ霧深い海。
乳白色に濁った視界の先は何も見えない。
私には命と引き換えに守るほどの祖国はあるのだろうか。

蝦夷の未来と、人としての誇りを賭けて戦い、果てた阿弖流為。
朝廷のため、武人として職務を全うした田村麻呂。

立場は違えど、命にかえても守るべきものがあったふたり。
寺山の言う“祖国”が彼らの信条を示すものとして、これに該当します。

信じるに足る理念を持たず、命を賭けるほどの価値あるものを持たない者の鬱屈を歌った“マッチ擦る-”。
かたや、守るべきもののために身を捨てた阿弖流為、蝦夷たち、そして田村麻呂。

* * *

メリハリのきいた演出が特徴の大野先生ですが、今回うなったのは阿弖流為(礼真琴)処刑の描き方。
阿弖流為から別れの盃を受ける田村麻呂(瀬央ゆりあ)。
逡巡の末、その盃を干したのを合図に暗転。

舞台に光が戻った刹那、目に飛び込むのは阿弖流為と母礼(綾凰華)の首級。
ショッキングな場面でした。

べちゃべちゃした愁嘆場にせず、スパリと断ち切る巧さ。
お見事!と言うより他ありません。

阿弖流為と母礼の不在を、容赦なく視覚に訴えかけるふたつの物体。
むごたらしい朝廷の仕打ち。
儚く消えた友の命。
切れ味鋭い演出に、観客は田村麻呂の無念をも疑似体験することができるのです。

しかし、見方を変えれば、阿弖流為の魂は肉体から解き放たれ、あくまでも爽やかに潔く世を去ったのだと思わせる光景でもあります。

そして、場面は春爛漫のみちのくへ。
季節は巡り、蝦夷の心は子に引き継がれ。
阿弖流為が命と引き換えに守った世界はこんなにも美しく輝いている。

肉体は滅んでも、その志は不滅。
為すべきことを為し、真っ直ぐに人生を駆け抜けていった彼ら。
その眩しさ、愛おしさ。
深く心に残る作品となりました。

* * *

阿弖流為感想(1)(2)はこちら。
阿弖流為(礼真琴)×坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)、役に生きたふたりの男│阿弖流為
男たちの爽やかな生き方に憧れる/音咲いつき/天華えま/綾凰華│阿弖流為

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

スポンサーサイト



プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**