FC2ブログ

他万喜(天彩峰里)という女│夢千鳥と地獄変

天彩峰里に惚れました!
『夢千鳥』の他万喜、最高ですね。
和希そらVS天彩峰里のガチンコ芝居、まさかここまで魅せてくれるとは!
峰里ちゃん、あなたは間違いなく『夢千鳥』のMVPです!

「和希そら」を全部魅せた!│夢千鳥(配信)

他万喜(天彩峰里)という女


「他万喜(たまき)」って名前がいいですよね。
他者に数え切れないほどの喜びを与える女。

彼女が夢二(和希)に与えた喜びって何でしょう?
単なる男女の愛を超えた何か。
それはインスピレーションです。

“夢二の筆を動かすことができるのは私だけ”
他のどの女より、自分こそが夢二の唯一のミューズであるという強烈な自負
それが他万喜を衝き動かすのです。

“あなたを最も理解しているのは私”
であればこそ、他の女を夢二にあてがってやることも辞さない。

笠井家に乗り込んで「お嬢様を私の夫のお嫁さんにください」と談判するのは傍目には狂気ですが、他万喜にとっては理にかなった行動なのでしょう。

彦乃(山吹ひばり)の存在が夢二の創作に必要ならば妻妾同居もいとわない他万喜は、誰よりも「画家・竹久夢二」のファンなのです。

「私はあなたの姉ということにして」
夢二の側にいられるなら、夢二に霊感を与えられるなら、肩書きなんかはどうだっていい。
私は夢二の才能の種を芽吹かせる命の水なのだから。

ふと、芥川龍之介の『地獄変』が頭に浮かびました。

自分が殴って傷つけた女が泣く姿を嬉々としてスケッチする男、夢二。
崇拝と献身と支配欲と狂気がないまぜになった女、他万喜。

『地獄変』に描かれる“表現者の業”。
他万喜ならば、夢二の絵のために、むしろ進んで炎の中に身を投じるでしょう。

単なる自己犠牲ではない、もう一歩踏み込んだエゴイスティックな欲望。
夢二の最高傑作が観たい欲。
夢二の絵の中で永遠に生き続けたいと願う欲。
その欲が叶うことが、夢二のミューズであり崇拝者である他万喜のエクスタシーなのです。

役者・天彩峰里


無我夢中でスケッチする夢二は、目の前にUFOが墜落しても気づかないほどの極度の集中状態に陥っているはずです。
寝食を忘れて絵筆を握る“絵描きの業”。

他万喜は泣き崩れながら愉悦に浸っていたはずです。
この男をここまで追い詰めることができるのは自分だけ、と。

芸術とインスピレーションに対する深い理解。
男に蹂躙されているようでいて、その実、自分の手のひらで転がしている。
そんな女を容赦なく描いた栗田先生。
余すところなく表現した峰里ちゃん。

目つき、身のこなし、声色、男のあしらい方。
妖しくぬめる白い肌。
可愛い可愛い峰里ちゃんはどこへ行った!?
こんな表現ができるのか!こんな女を演れるのか!
役者だ!!!

「お嬢様はもう、女です」の凄み。
忘れられません。

夢二は「どうして他万喜は俺を理解してくれないんだ」と嘆きますが、誰よりも夢二を理解していたのは彼女だったのです。
そして、白澤に対する礼奈も。

「素直じゃない女は得意なの」の言葉でフッと魔法が解けます。
他万喜は消え、礼奈が残る。
舞台を下りた役者から役の魂が抜ける瞬間を、舞台の上で観る不思議。

栗田先生が描きたかったテーマに合致するエピソードを持った竹久夢二という男がいた。
和希そらという役者がいた。
天彩峰里という役者がいた。
この巡り合わせに感謝です。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢千鳥』関連記事はこちら↓
「和希そら」を全部魅せた!│夢千鳥(配信)
和希そらの新しい扉が開いた!夢二好きの血が騒ぐ『夢千鳥』ヴィジュアル解禁
夢千鳥&ロミジュリB日程が観られる!-はじめての「タカラヅカ・オン・デマンド」
スポンサーサイト



「和希そら」を全部魅せた!│夢千鳥(配信)

いやいやいやいや!いいもん観させてもらいました!
こんないい作品、お蔵入りになってたら宝塚の損失ですよ!
ブラボー!ブラボー!素晴らしかった!

劇団さん、『夢千鳥』の特別配信に踏み切ってくださり、誠にありがとうございました!
観られて本当によかった!
(このためにわざわざ無観客で幕を上げてくださったんですよね?)

あおいさん(美風舞良)お疲れさまでした!
宙組誕生からずっと組子を明るく照らし続けてくださったあおいさん。
配信とはいえ、ファンの前で一区切りをつけられたことを嬉しく思います。
しかし、宝塚はひとつ!
引き続き花組の舞台で美しい歌声を響かせてくださることを楽しみにしています。

「和希そら」を全部魅せた!


上手っ!面白っ!怖っ!凄っ!巧っ!面白っ!あぁ…
(配信視聴中の私の心の声)
観たかった「和希そら」が全部観られて大満足!

和希そらの新しい扉が開いた!夢二好きの血が騒ぐ『夢千鳥』ヴィジュアル解禁

昭和の映画監督・白澤優二郎と、大正期の画家・竹久夢二の二役に挑戦したそらちゃん。
複雑な時系列を行ったり来たり。
白澤なのか、夢二なのか。
夢とうつつを行ったり来たり。
やがて二つの世界が溶け合い…

「ようやく君を愛し始めたんだ」で、混沌からハッと目覚める快感。
夢二と白澤が一つになった瞬間です。

「幸せにおなり」の言葉と共に、自身を閉じ込めていた鳥かごから飛び立つ白澤。
夢二はどこへ行ったのか?
他万喜は?
彦乃は?
お葉は?
あんなにも激しい愛憎をぶつけ合った男と女たちはすべて幻だったのか?
白昼夢から覚めたように、しばし呆然としてしまいました。

「愛」とは何か?


そらちゃん、いい役を書いてもらえてよかったですね。
『夢千鳥』は間違いなく彼女の代表作の一つになると思います。
当たり役を得ることは役者にとって最大の幸せですが、その瞬間を共有できる観客も幸せです。

男役の完成度も凄かった!
どこか不安定な夢二から匂い立つ色香。
男盛りの自信にあふれる白澤のしっかり骨太な艶。
(前者は芸者の前で座布団を枕にしどけなく横たわる姿、後者は撮影現場でディレクターズチェアに沈み込み物思いに耽る姿に強く感じました)
両者をきちんと使い分けて魅せてくれました。

そらちゃんは抱きしめたくなるような男を演じるのが上手いですね。
どうしようもない男だけど、なぜか心惹かれる。

夢二の愛の原風景には姉の松香(有愛きい)がいたのでしょうか?
無条件に受け入れ、包み込んでくれる愛。
姉を失った喪失感を埋めてくれる女を求め続け、さまよう夢二。

しかし、愛は誰かに与えてもらうのを待つだけではいけない。
また、奪うだけでは心は満たされない。

愛の卵は二人で温め続けなければ孵らない。
そう悟った白澤が赤羽礼奈(天彩峰里)を優しく抱き寄せて、幕。

栗田優香先生に寄せる期待


この物語はどこに着地するんだろう?と思ったら…
そう来たか!

現在と過去、現実と虚構が入り乱れる物語。
複雑な場面展開をものともしない巧みな構成にぐいぐい引き込まれ、急転直下、現実に引き戻される。
脳みそをぐるぐるかき回されて、突如ポン!と放り出される心地いい刺激。
中毒性の高い芝居ですね。
すっかり栗田ワールドの虜になりました。

でも、これは生で観たかった!!!
こんな素晴らしい舞台が中断を余儀なくされたこと、改めてコロナを憎く思いました。
とはいえ、配信のおかげで観ることができて幸せですね。

栗田先生、デビューおめでとうございました。
得がたい才能が宝塚に入ってくださって嬉しいです。
これからどんどん先生の作品を観られると思うとわくわくします!

和希そらさん、宙組の皆さま、栗田先生とスタッフの皆さま、素晴らしい舞台をありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『夢千鳥』関連記事はこちら↓
和希そらの新しい扉が開いた!夢二好きの血が騒ぐ『夢千鳥』ヴィジュアル解禁
夢千鳥&ロミジュリB日程が観られる!-はじめての「タカラヅカ・オン・デマンド」

グレブ(芹香斗亜)再生の歌―流れるネヴァ川、春は近い│アナスタシア

心に残るフレーズが多い『アナスタシア』。
一番好きな台詞はアーニャ(星風まどか)の「未払いの給料を貰いに行く!1ルーブルだって無駄にできないでしょ!?」。
一番好きな歌はグレブ(芹香斗亜)の「ネヴァ川の歌」。

強く、明るく、逞しく。アーニャ(星風まどか)は人々の願いの結晶│アナスタシア

グレブ再生の歌―流れるネヴァ川、春は近い


「流れるネヴァ川、春は近い」
キキちゃん(芹香)の歌を聴きながら、頭の中にレニングラードを流れる氷の川のイメージが浮かびました。

酷寒のロシアの冬。
凍てついたネヴァ川。
水がぬるみ、氷が解け、ゆるやかに流れ出せば、待ちわびた春は近い。

ギシギシ、ガリガリ、ゴツンゴツン…
氷が動き、塊同士がぶつかって音を立てる。
荒々しくも美しい北の大地の春の訪れは、囚われた過去から逃れ、父の影から解き放たれようとするグレブの心象風景のようです。

厚く張った氷にひびを入れたのは何か?
アーニャ(星風まどか)への情です。

果たされなかった父の任務。
グレブの執務室、彼の頭上にのしかかるように影を落とすレーニン像のシルエットが象徴的です。

ボリシェヴィキへの忠誠と、アーニャへの想いの板挟みになるグレブ。

分厚い氷に覆われたネヴァ川。
しかし、その下には氷の裂け目を探して溢れ出ようとする水が渦巻いているのです。

アーニャを撃てなかったグレブ。
彼女への情ゆえに引き金を引かなかった(引けなかった)。
しかし、それは誇るべきことです。

「父の息子にはなれなかった」
自身に課した期待に応えられなかった絶望というより、むしろ肩の荷が下りた安堵が勝るように感じました。

銃口を突きつけられ、自分は「皇帝の娘」だと言ったアナスタシア。
この瞬間、グレブの中の同志アーニャは消えたのでしょう。

「アナスタシアはいなかった」

憑き物が落ちたような眼差し。
これからは“父の息子”としてではなく、グレブ・ヴァガノフという一人の男としての人生を歩むでしょう。
光に満ちた春は近いのです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アナスタシア』関連記事はこちら ↓
アナスタシア│個別感想(寿つかさ/和希そら/紫藤りゅう/優希しおん)
強く、明るく、逞しく。アーニャ(星風まどか)は人々の願いの結晶│アナスタシア
皇女アナスタシアのアナザーストーリー│島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』

アナスタシア│個別感想(寿つかさ/和希そら/紫藤りゅう/優希しおん)

ようやく東京も初雪…と思いきや、またまた降らずじまいだった週末。
とはいえ、冷たい雨で凍えそうな寒さ!
『アナスタシア』観劇にぴったりのお天気となりました。

というわけで、宙組感想・第二弾は男役さん編。
強く、明るく、逞しく。アーニャ(星風まどか)は人々の願いの結晶│アナスタシア

マリア皇太后(寿つかさ)


事前情報ゼロで臨んだら、すっしーさん(寿)が女役でびっくり!
神々の土地でも同じ役でしたよね??
マリア皇太后専任役者? 笑

革命によって愛する者をすべて奪われた老女。
救いようのない孤独にあっても、凛として強靭な烈女。

渋く枯れ果てた中にも、かくしゃくとした品があり、かつての大国の皇太后という説得力がありました。
『アナスタシア』の成功の一端は確実にすっしーナナのものですね。

ロットバルト(優希しおん)


「ロットバルトが凄い!」とつぶやいた途端、皆さま一斉に優希しおんさんと教えてくださいました。
ヅカネットワークありがたや~~

目が覚めるような跳躍、ダイナミックでしなやかな踊りに釘付け!
一人だけ男性ダンサーが交じってる?と思うほどの力強さ。
劇中劇であることを忘れる迫力。

このシーンを観られただけでもチケット代の価値があります。
もっと彼女のダンスを観てみたい!

セルゲイ/コンスタンチン(紫藤りゅう)


今回の楽しみのひとつは、星組から異動された紫藤くんを観ること。
最後に彼女の舞台姿を観たのは2019年12月『ロックオペラ モーツァルト』池袋公演。
なんと一年以上ぶり!
元気そうでよかった~~

甘いマスク、ノーブルな雰囲気はそのままに、男っぷりに磨きがかかりました。
相変わらず白目が効くね~~
フィナーレの挑むような目線がカッコよかったです!

リリー(和希そら)


『WEST SIDE STORY』のアニータでも感じましたが、優れた役者は役の性別を問いませんね。
知的で情が濃く、色事にさばけた肉食美女リリーを好演したそらちゃん。
(ヴラドずんちゃん[桜木みなと]に襲いかかる野獣っぷり、最高でした 笑)

歌よし、踊りよし、芝居よし。
ショーアップされた酒場のシーンでは、芯になって安定したパフォーマンスを見せてくれました。
華やかで自信に満ちた態度は、革命前のロシア社交界の花であったことを思わせます。

男役が芝居で女役を務める場合、フィナーレのみ男役で踊り、パレードはまた女役というのがスタンダードですが…
(女化粧の黒燕尾は倒錯した美しさがあり、それを観るのも楽しみ)

フィナーレ大階段。
真風涼帆さんを囲む美女の群れに金髪ショートカット(地毛?)の美女がひとり。
そらちゃん!?!?
これは反則でしょーー!
しかも真風くんとの絡みが妙に長い&濃いんですよね。
(顎クイとか)

続いて登場のキキちゃん(芹香斗亜)とも組み、キキそらデュエットが実現!
グレブさん(芹香)は本編でほとんど笑わないので、ここでキキちゃんスマイルが見られて嬉しい!

それにしても、そらちゃん引っ張りだこ 笑
まかそら、キキそら、ずんそら、そらしど…
どなたと組んでもピタッと決まるのが凄いところ。

次に控える主演作『夢千鳥』は多くの女性と浮き名を流す映画監督(と夢二の二役?)。
リリーと真逆ですね 笑
一公演まるまる女役に専念した後の男役。
今回の経験を存分に活かし、そらちゃんの男役力の爆発を期待しています!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アナスタシア』関連記事はこちら ↓
強く、明るく、逞しく。アーニャ(星風まどか)は人々の願いの結晶│アナスタシア
皇女アナスタシアのアナザーストーリー│島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』

強く、明るく、逞しく。アーニャ(星風まどか)は人々の願いの結晶│アナスタシア

昨年の『El Japón/アクアヴィーテ!!』以来、一年ぶりの宙組!
『アナスタシア』を観てきました!
なんて素敵なミュージカル!

役者よし、音楽よし、装置よし、照明よし。
特に映像の使われ方が素晴らしく、無限に広がるレニングラードやパリの景色に、登場人物と共に旅する気分を味わえました。

非日常の贅沢な時間を楽しむ。
やっぱり宝塚は最高の娯楽ですね~~

「アナスタシア伝説」は人々の願いの結晶


ロマノフものといえば苛烈で陰惨な物語が多い印象で、今回の『アナスタシア』はどう展開するんだろう?と思ったら…
そう来たか!
こういう切り口なんだ!
と、新鮮に楽しむことができました。

以前の記事で、人々の心を捉えてやまない「アナスタシア生存説」について書きました。

一家全員処刑されたロマノフの皇女アナスタシアが、実は生きていたとされる「アナスタシア伝説」。

なぜアナスタシア生存説は、これほどまでに人の心を捉えるのか?
後世の人々の罪悪感の裏返しではないかと思います。

民衆の手によって命を絶たれた高貴な人。
しかし、一家皆殺しは寝覚めが悪い。
せめて誰か生き延びていてくれたなら後ろめたさが薄れる。
身勝手でアンビバレンツな感情ですが、“物語”として消費するならロマンティックです。
皇女アナスタシアのアナザーストーリー│島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』より抜粋]


観劇後、人々がアナスタシアの物語を求めるのは、やはり「罪悪感の裏返し」であるとの想いが強くなりました。

強く、明るく、逞しく。
自らの頭で考え、自らの足で歩き、自らの手で幸せを掴むことができる少女。
彼女なら、ひとり処刑を免れ、生き延びて幸せになっていたとしてもおかしくはない。

アレクサンドル三世橋の上で、恋人とキスを交わし、パリの街へ溶け込むように消えていくアーニャ(アナスタシア)。
皇女ではなく、ひとりの女性として。

そうあって欲しい、そうであって欲しいと願う人々の願いがミュージカル『アナスタシア』に結晶したのだと感じました。

私が一番好きな台詞はアーニャ(星風まどか)の「未払いの給料を貰いに行く!1ルーブルだって無駄にできないでしょ!?」。
このしたたかさ、行動力、頭の回転の良さ。
彼女が独りぼっちで生き延びてこられた理由が詰まっていますね。

『アナスタシア』で宝塚時計の針が一周した!


『アクアヴィーテ!!』ではバリバリ客席降りしていたのが嘘みたいです。
たった一年前なのに遠い夢のよう。

真風くん(真風涼帆)やキキちゃん(芹香斗亜)が「あなたの犬になりたい(だっけ?)」とか「鎖につながれたい」とか「あなたのお膝で昼寝したい」とか言わされ…楽しかったですねーー!

2020年2月末から相次ぐ公演中止や延期に見舞われた宝塚。
出演者の減員や客席の千鳥配置など、その時々のベストを尽くしながら、定期公演を続けてくれました。
いかなるときも観客ファーストな宝塚。
本当にありがたいことです。

そして一年。
再び宙組の舞台を観ることが叶い、ようやく私の中の宝塚時計の針が一周しました。
もう二度と時計の針が止まったり、逆戻りすることのないように祈ります。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**