FC2ブログ

名作は時代を超えて―“星の申し子”礼真琴と、奇跡のキャスティングで甦った『アルジェの男』

昭和、平成、令和。
3つの時代を股にかける『アルジェの男』。

1974年(昭和48年)星組で初演。
主演は鳳蘭さん。
1983年(昭和58年)と84年(59年)に星組で再演、再々演。
主演は峰さを理さん。
2011年(平成23年)月組で再々々演。
主演は霧矢大夢さん。

そして、2019年(令和元年)再び星組で4度目の再演。
主演は礼真琴さん。

足かけ45年。
およそ半世紀にわたり、再演を繰り返してきた宝塚の財産と言える名作。

“星の申し子”礼真琴によって令和の時代に甦ったのも、なにかの巡り合わせかもしれません。

華やかなりし日々を再び


長くヅカ離れしていた私が宝塚と衝撃の再会を果たしたのが月組アルジェ。
それから8年。
2019年5月18日、仙台のイズミティ21ホールで礼真琴率いる星組の『アルジェの男』に出会ったのです。

あの全国ツアーからまもなく一年。
たった一年とは思えないほど遠くへ来てしまったように感じます。

去年の手帳の5月のページ。
ゴールデンウィーク初日に東宝で月組『夢現無双』を観て、翌日から大阪へ。
梅芸で星組『鎌足』を観て、東京に帰ってまた月組月組、そして仙台でアルジェ、東京に戻って青年館で鎌足鎌足鎌足…
劇場にいない日は仕事終わりに連日ジム。

元気ですねーーー 笑
それ以上に、こんなにもヅカ充していたのが夢のようです。
予定キャンセルの×印以外は真っ白なままの今年のスケジュールとは大違い。

『鎌足』の予習がてら奈良県の明日香村まで足を伸ばしたり、仙台では観劇の合間をぬって仙台市立博物館(阿弖流為関連の資料にわくわく!)に行ったり、楽しかったなーー
一緒に行った友だちとは「今の状況が落ち着いたら、また行こう」と話してます。

仙台では別の友だちと合流して3人で牛タンを食べながらヅカトーク。
旅先の高揚感もあり、やたら楽しかった思い出です。

美味しいものを食べて、たわいないおしゃべりをして、宝塚を楽しむ。
こんな日常を再び作り上げなくてはいけませんね。

令和アルジェ、奇跡のキャスティング


もう100回くらい言ってますけど、令和アルジェは奇跡のキャスティング。

音波みのりサビーヌの最後の言葉は、礼真琴ジュリアンに輝く未来を捨てさせるのに十分な説得力。
愛月ひかるジャックの「よぉ」は天下一品。
朝水りょうボランジュ総督が昔ワルかったの納得。
小桜ほのかアナ・ベルの打ち砕かれた無垢。
極美慎アンドレの背中の芝居。
桜庭舞エリザベートの高慢と変心。

何度観ても飽きないし、演じ手が変わるごとに新しい発見がある。

ジュリアンにアナ・ベルを“託す”ときの万里柚美シャルドンヌ夫人の意味深な表情。
すべてを知りながら素知らぬ顔でジュリアンを支え続けた紫藤りゅうミシェルの度量。

人の心のひだの奥深くに分け入る面白さ。
時代が変わっても色褪せない「物語の力」を感じる作品です。

5度目の再演がいつになるか分かりませんが…絶対観たい!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
スポンサーサイト



2020年5月3日、幻の星組千穐楽│眩耀の谷

今日は本当なら東京宝塚劇場で『眩耀の谷/Ray』を観ているはずでした。

2020年5月3日、幻の星組千穐楽


今日は星組。
明日は文京シビックホールで望海風斗さんのコンサート『NOW!ZOOM ME!!』。
ヅカ三昧のゴールデンウィークを送るはずだったのです。

予定を立てていた頃、まさかこんな事態になるとは思わず…
パラレルワールドに迷い込んでしまったような不思議な気持ちです。

「寂しい」「悲しい」なんて感情は、とっくに消えました。
薄皮一枚隔てた隣の世界では星組が千穐楽を迎え、雪組が熱いステージを繰り広げているのではないか。
そんな気すらしています。
そうあって欲しい、私の願望なのかもしれません。

XXXX年X月X日、宝塚歌劇再始動の日


一度も幕が上がらなかった星組東京公演。
2020年5月3日。
本日の千穐楽は幻となりましたが、いつかまた、晴れやかにこの日を迎えられることを願っています。

そして、XXXX年X月X日。
宝塚歌劇再始動の日。
いつ、どの組、どの作品で再開されるかは分かりません。
しかし、すべての宝塚ファンが待ち望む“その日”が必ず訪れることを信じています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

宝塚再始動!星組千穐楽と万里柚美さんのこと│眩耀の谷

星組千穐楽おめでとうございました。
宝塚歌劇公演再開の先駆けとなる『眩耀の谷/Ray』。
つつがなく幕が下りたようで何よりでした。

再開を知ったときの喜びと不安の入り混じった気持ちは今も消えません。
しかし、船が出てしまった以上、無事に港へ帰れることを祈るばかりです。

明日の雪組再開、金曜日の花組初日。
そして、星組東京公演、宙組赤坂ACT公演…
これからが正念場です。
今の緊張感をキープし続けたまま劇場に通いましょう!

万里柚美組長のこと


今日は『眩耀の谷』東京千穐楽翌日をもって専科に異動される星組組長・万里柚美さんの、組子として最後の大劇場公演でした。
1984年の初舞台から星組一筋だった柚美さん。
36年間、本当にありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。

礼真琴さんトップ就任を見届けるように異動される柚美さん。
星組最後のお役が琴ちゃん(礼)のお母さんだなんて…
ふたりの歌声が重なる子守唄に物語以上の物語を感じて、目頭が熱くなります。

宝塚は本当に温かいところです。

柚美さんの思い出


私が柚美さんを知ったのは30年前。
まだ新公学年だった彼女。
キリッと華やかなお顔立ちの、それはそれは美しい娘役さんでした。

あれから数十年。
長い間ヅカ離れしていた私が再び宝塚の世界に戻ってきたとき、柚美さんがいらしてくださった喜びといったら!
言葉には表せません。

当時の美しさは変わりなく、優しさやまろやかさ、深みが増して、いっそう輝いてらした柚美さん。
ぬくもりあふれる微笑みは、まさに“星組のお母さん”。

星組の熱い団結は管理職の皆さまの目がしっかり行き届いていればこそ。
組子がのびのび安心して舞台に立てるのも、じゅんこさん(英真なおき)、柚美さん、みきちぐさん(美稀千種)が盤石の体制を築いてくださっているからでしょう。

柚美さんがずっとずっと星組を見守っていてくださったことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

星組子さんのお茶会で漏れ聞こえてくる素顔は意外にも茶目っ気十分。
可愛らしいお方だなぁと、勝手に親しみを覚えていました。

エレガントな貴婦人、高貴なマダムのお役は十八番ですが、『阿弖流為』での男役(桓武天皇)も印象に残っています。
素晴らしく雅な美男子ぶりに拍手喝采しました。

『霧深きエルベのほとり』のときだったかな?
劇場で柚美さんファンと思しき若いお嬢さんと隣り合ったことがあります。

緞帳を背景に柚美さんのスチール写真と公演プログラムが収まるようにお写真を撮ってらっしゃる様子が、楽しそうで幸せそうで…
私まで嬉しくなってしまいました。
素敵なファンに愛されて、タカラジェンヌ冥利ですね。

東京公演の舞台でお目にかかれることを心待ちにしております!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷/Ray』関連記事はこちら↓
公演再開!やっぱり宝塚は私の元気の素!&貸切チケット払い戻し備忘録│眩耀の谷
宝塚歌劇公演中止―いまの気持ちと、これからのこと│眩耀の谷
礼真琴×カンフー(中国武術)!そんなの「最高」に決まってる!│眩耀の谷
礼!麗!令!…霊!?さまざまな“Ray”に期待が高まる『Ray -星の光線-』
無邪気な笑顔でプロテイン補給する礼真琴???―眩耀の谷 稽古場キャストボイス
ネタバレ全開!?妄想に拍車がかかる『眩耀の谷』人物相関図
星組名物!?客席降り連続記録更新!『Ray -星の光線-』稽古場キャストボイスにわくわく!
丹礼真(礼真琴)は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?―漢字でひもとく眩耀の世界│眩耀の谷
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目、は星尽くし☆彡│眩耀の谷

公演再開!やっぱり宝塚は私の元気の素!&貸切チケット払い戻し備忘録│眩耀の谷

明日から遠征予定だったんです、私。
宝塚大劇場星組『眩耀の谷/Ray』。
3月7日(土)11時の貸切と8日(日)の15時の2回分。
新型肺炎の影響による公演中止で幻になっちゃいました。

意外とアナログ?貸切チケット払い戻し手続き


公演中止から、はや一週間。
昨日、公式サイトにチケット払い戻しに関するお知らせが出ました。
宝塚歌劇団│2月28日公演および2月29日~3月8日上演中止公演の払い戻しについて

宝塚友の会や一般発売分は公式サイトの専用フォームから手続きができます。
しかし、貸切公演は貸切元へ問い合わせねばなりません。

7日はいわゆる“VISA貸切”ですので三井住友のサイトへ。
Vpassチケットからチケットぴあに飛ぶと、ようやく払い戻しの案内にたどり着きました。
チケットぴあ│払い戻しについて

生まれて初めて、公演中止によるチケット払い戻しを経験した私。
VISAカードにひもづいてるんだから、黙ってても口座に返金されるだろうと思ったら…
甘かった!

チケットぴあにチケットを送り返し、確認後、折返し返金があるんですって(「配送引取」の場合)。
払い戻し受付期間終了後3~4週間ほどで「郵便振替払出証書」が届く、とのことですが…

「郵便振替払出証書」って何?

「郵便振替払出証書は、郵便貯金事務センターより緑色の封筒にて届きます。本人確認証をご持参のうえ、郵便局にて換金してください」ですって。
へえ~~
こんな便利なものがあるんですね、知らなかった!

届くのは4月末頃なので、うっかり忘れて「これ何だっけ?」となりそうです。
ちゃんと覚えておかなければ。

公演再開!やっぱり宝塚は私の元気の素!


返送するチケットを封筒に収めていると、じんわり「公演中止」の実感が湧いてきました。
観たかったなぁ。

明日の今頃は、友だちとお酒でも飲みながら感想を語り合う楽しい時間だったに違いありません。
明後日は「歌劇の殿堂」を見学して、公演ランチを食べて、15時公演を観て…

嘆いても失われた時間は戻りませんが、ひとつの救いは公演再開が決まったこと。
星組千穐楽、花組初日、そして雪組再開。
止まっていた時間が再び動き出したようです。

そして、もうひとつ嬉しいこと。
先ほどVISA貸切東京分のチケットが届きました!
なんというグッドタイミング!

西は残念でしたけど、東は観られる!
やったーーー!!!
さっきまでメソメソしてたのに、すっかりゴキゲンな私。
体調管理に気をつけて楽しんできます!

やっぱり宝塚は私の元気の素!

3月7日の三井住友カード・宝塚友の会共同貸切の払い戻し期限は3月31日(火)までです。
皆さま、お忘れなく!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷/Ray』関連記事はこちら↓
宝塚歌劇公演中止―いまの気持ちと、これからのこと│眩耀の谷
礼真琴×カンフー(中国武術)!そんなの「最高」に決まってる!│眩耀の谷
礼!麗!令!…霊!?さまざまな“Ray”に期待が高まる『Ray -星の光線-』
無邪気な笑顔でプロテイン補給する礼真琴???―眩耀の谷 稽古場キャストボイス
ネタバレ全開!?妄想に拍車がかかる『眩耀の谷』人物相関図
星組名物!?客席降り連続記録更新!『Ray -星の光線-』稽古場キャストボイスにわくわく!
丹礼真(礼真琴)は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?―漢字でひもとく眩耀の世界│眩耀の谷
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目、は星尽くし☆彡│眩耀の谷

宝塚歌劇公演中止―いまの気持ちと、これからのこと│眩耀の谷

ご無沙汰しております。
2月は観劇ラッシュに繁忙期が重なり、更新がおろそかになってしまいました。

ようやく仕事も落ち着き、ゆっくり公演の感想を…と思った矢先、宝塚歌劇公演中止の発表がありました。

宝塚歌劇公演中止


数日前から各地の興行中止のニュースを見聞きし、宝塚も時間の問題と覚悟していました。
四季に続き、東宝、松竹…
宝塚は?
まさかこのまま続けるの?

どんなときも決して劇場の扉を閉ざすことのなかった宝塚。
しかし、今度ばかりは事情が違います。
目に見えない災厄に、どう対処していくのか?

昨夜ようやく公式サイトに公演中止のお知らせが上がったとき、「やはり」の思いと共に、どこかホッとした気持ちもありました。
もちろん、心待ちにしていた観劇の機会を失ったことは寂しく、悲しく、無念です。
胸にぽっかり穴が空いたようです。

命がけで舞台を作り上げる生徒さん、スタッフや劇場の方々にとっても不本意な決定でしょう。
今回の決断は宝塚歌劇団のみならず、エンターテインメント業界にとって苦渋の選択です。

続けるのか?続けないのか?
他の劇場が相次いで休演を決めるなか、「なぜ宝塚は閉鎖しないんだ」との厳しい声もあったでしょう。

私は“宝塚なら、もしかして”の一縷の望みを胸に抱いていました。
ならばせめて客席降りは中止してほしい。

観たい気持ちと、大切な方を危険にさらしたくない気持ちがぐるぐる…
そして、自分の身の安全も。

未曾有の事態に、どう対処するか?
劇団には観客と生徒と社会に対する責任があります。
“宝塚が提供する、あらゆること”に対するBestを探り、ギリギリまで協議を重ねてくださったであろう劇団、公演を続けてくださった現場の方々には感謝しかありません。

いまの気持ち


久しぶりの記事がこんな内容になるとは予想だにしていませんでした。
しかし、良しにつけ悪しにつけ「記録」は大切です。
2020年に何があったのか、自分のために残しておきたいと思います。

公演中止は以下の5作(発表順)。

○月組御園座公演/赤と黒/2月29日(土)~3月4日(水)
○轟悠ディナーショー(パレスホテル東京)/2月28日(金)
○星組宝塚大劇場公演/眩耀の谷 ~舞い降りた新星~/Ray -星の光線-/2月29日(土)~3月8日(日)
○雪組東京宝塚劇場公演/ONCE UPON A TIME IN AMERICA/2月29日(土)~3月8日(日)
○月組東京建物Brilliaホール公演/出島小宇宙戦争/2月29日(土)~3月1日(日)


ノンストップの宝塚に「延期」はありません。
基本的にすべて「中止」です。

卒業する方、卒業を発表された方、組子として最後の大劇場公演となった方、最初で最後の新人公演主演の方…
さまざまな事情を抱える生徒さんがいます。
もちろん観客も、ただ一度の機会、たった一枚のチケットだった方も大勢いらっしゃるでしょう。

私自身も3月7日と8日に星組の観劇予定がありました。
先週末、観劇とお茶会で幸せいっぱいだったのが遠い昔に思えます。
「また来週」と宝塚を後にしたのに、まさか、あの日が大劇場MY楽になるとは。

幸い東京でも観劇の機会はありますが、舞台はなまもの。
二度と同じものはありません。

観れば観るほど感動が深まる『眩耀の谷』。
大勢の生徒さんに見せ場がある『Ray』。
お蔵入りとなった9日間の公演。
一体どんな世界が広がっていたのか。

たったいまの正直な気持ちは…

観たかったーーー!!!

生徒さんへのお手紙やTwitterなんかでは「致し方なし」なんて聞き分けいい子ぶってますが、本音は「やだやだやだー!観たいよー!行きたいよー!生徒さんに会いたいよー!」です。
(皆さまも同じ気持ちですよね?)

とはいえ、心のどこかで今の事態を察していたような気もします。
2月24日の舞台が凄かったんです。
生徒さんたちの並々ならぬ気迫。
もちろん、彼女らはいつだって全身全霊ですが、それだけでは収まらない“何か”を感じたんですね。
「熱」というか、「圧」というか。

印象的だったのは、ある生徒さんの目。
言葉にならない想いが溢れるような…
薄氷を踏むような日々、ただならぬ緊張感のなか、立派に舞台を務め、いつもと変わらぬ愛をくださったこと。
決して忘れません。

これからのこと


再開後すぐに『ONCE UPON』の観劇予定がありますが、そのとき状況はどうなっているのか。
先が見えない状態は不安ばかりが募り、嫌なものです。
娯楽に限らず、私たちの暮らし全般にかかわることですが…

劇場に行けばいつでも宝塚はそこにある。
そんな日常は決して当たり前ではないと、改めて身にしみました。

やり場のない気持ちはまだ消えませんが、劇場再開の日まで引き続き体調管理に努め、次の観劇日を笑顔で迎えようと気持ちを切り替えました。

皆さま、元気出していきましょう!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『眩耀の谷/Ray』関連記事はこちら↓
礼真琴×カンフー(中国武術)!そんなの「最高」に決まってる!│眩耀の谷
礼!麗!令!…霊!?さまざまな“Ray”に期待が高まる『Ray -星の光線-』
無邪気な笑顔でプロテイン補給する礼真琴???―眩耀の谷 稽古場キャストボイス
ネタバレ全開!?妄想に拍車がかかる『眩耀の谷』人物相関図
星組名物!?客席降り連続記録更新!『Ray -星の光線-』稽古場キャストボイスにわくわく!
丹礼真(礼真琴)は真心あふれる真っ直ぐで誠実な人物?―漢字でひもとく眩耀の世界│眩耀の谷
謎の男って誰!?管武将軍(愛月ひかる)は白か黒か!?妄想が膨らむ『眩耀の谷』配役発表+グループ分け配役図
「お前(紅ゆずる)以上に幸せになってやる!」が早くも実現!?礼真琴の決意が見える『眩耀の谷』ヴィジュアル公開
思う存分に光り輝け!星組新トップコンビ(礼真琴・舞空瞳)お披露目、は星尽くし☆彡│眩耀の谷

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**