FC2ブログ

円熟のショースター・蘭寿とむの魅力全開!花組『Mr.Swing!』感想

2013年の花組ショー『ショー・オルケスタ Mr.Swing!』。
作・演出は稲葉太地先生。
主演は蘭寿とむさん、蘭乃はなさんの蘭蘭コンビ。
二番手は月組から異動されたばかりの明日海りおさん。
先代雪組トップスターの望海風斗さんも花組にいらした頃の公演。
豪華な顔ぶれですね。

82期首席で入団された蘭寿さん。
『歌劇』の「初舞台生特集」のお顔が既にスターの風格を漂わせていたことを覚えています。

彫りが深く、端正。
「研一にして、この完成度!」の驚き。
私がヅカ離れしていた間に花組トップに就任されたことを知り、「やはり」と思いました。

いかにも花組のトップさんらしいダンディズムを感じさせる男役さんでした。

宝塚の王道!こういうショーが観たかった!


“最高にクールで最高に情熱的、躍動感に溢れリズムを生み出し舞台を燃え上がらせる人=Mr.Swing”
Mr.Swingこと、主演の蘭寿さん。
看板に偽り無し!
ショーテーマそのものの姿!
円熟期を迎えたショースターである彼女の魅力を余すところなく楽しめる舞台でした。

「スウィングしなけりゃ意味が無い!(It don't mean a thing)」。
ジャズの名曲に乗せ、ダンスに長けた花組の面々が軽やかに華やかに舞台を彩る、粋なムードのオープニング。

世界一スーツ&ソフト帽が似合う女性、蘭寿とむ登場!
軍服や宮廷服のコスチュームもハマるけど、やはり蘭寿さんはスーツ!
素顔はエレガントなお姉さんなのに、どうしてこんなにソフト帽が似合うのか?
長年積み重ねてきた男役芸の賜物ですね。

踊りながら、脱いだソフト帽をビシッと飛ばす。
いかにも「宝塚!」という仕草で大好きですが、舞台袖でどなたかが必死でキャッチしているかと思うと、ちょっと微笑ましいですね。

ここで、蘭寿さんと明日海りおさんがちょっと絡む場面があるのですが…
帽子で口元を隠した蘭寿さんが明日海さんに何事か語りかけ、ニヤリと微笑む明日海さん。
いったい何を囁かれたのかしら?

『Mr.Swing!』のタイトル通り、「Sing,Sing,Sing」「In the Mood」とスウィングジャズの名曲が続きます。
このあたりのスタンダード・ナンバーはどれも大好きなので嬉しいですね。

ここでもう一つの「スウィング」登場。
野球のユニフォーム姿でバットを構える蘭寿さんの姿が銀橋に!

「俺はいつでもフルスウィング!」的な歌を歌いつつ客席にちょっかいを出す蘭寿さん。
余裕綽々。
貫禄十分のトップさんならではのコミカルな味がまた楽しい。

男チームvs女チームの対決をダンスで見せるこの場面。
女子チームの可愛いお色気に惑わされ、なかなか点の入らない男子チーム。
途中、女子の一人に股間を蹴り上げられる(ような振り)男子がいて目を疑いました。
すみれコードは大丈夫?

終演後、連れ合いが「あれはダジャレだったのかな?」と言ってましたが…
ホームランジュってこと?

明日海さんを中心としたエキゾチックなシーン。
アラビアの王子様的ターバン姿の明日海さんが、蘭乃はなさん演じる精霊(?)に幻惑されます。
蘭乃さんは両性具有的なイメージで、対になる柚香光さんと入れ替わり立ち替わり現れ、明日海さんを翻弄します。
明日海さんはこういう役が似合いますね。

演出の稲葉太地さんのショーは『ルナロッサ』といい『Celebrity』といい、ターバン場面が多いですね。
1ショー必ず1ターバン。
中近東テイストがお好きなのかしら?
機会があれば是非「アラビアンナイト」がテーマのショーを演出していただきたいものです。

「In the Mood」に乗せて、明るいムードの豪華客船シーンが始まります。
「新入りでーす!」と歌うのは水兵服姿の明日海さん。
月組から花組へ異動後、初めての本公演ということで、このような演出になったのでしょうが、温かい雰囲気で◎

他にも今回で卒業される春風弥里さんが活躍される場面が多くあり、嬉しかったですね。
お辞めになる方にも、新しく加入される方にもしっかり見せ場を用意する。
座付き作家ならではの粋な計らいです。

船旅のシーンでは航海長(?)の天真みちるさんがチャーミングな笑顔を振りまいていました。
愛嬌たっぷりな彼女は舞台のどこにいても目を引きます。

続いて客席が息を飲んだ禁断の果実の場面。
妖しい紫の衣装の蘭寿さんと、目隠しをしたグリーンのドレスの女が登場。
男が目隠しを外すと…現れたのは柚香さん。
ねっとり度200%増しの望海風斗さんが歌う「This Masquerade」をバックに、仰け反り喘ぎつつ絡み合う男女。

聞き手の脳味噌に直接揺さぶりをかけてくるような圧巻の歌声
たわわに実る葡萄の房の下、取り憑かれたように歌う男。
狂ったように踊る男女(全員女性ですけど)。
何となく居たたまれないような気分になる濃厚なダンスでした。

ねっとりした歌で女装の男役を踊らせるのが最近の演出家のブームなのかしら?
(『Amour de 99!!』の某場面を思い出しました)

最も心惹かれたシーンは一連のフィナーレナンバー。
「宝塚=黒燕尾」と常々思う私は、黒燕尾場面が無いとショーを観た気がしません。

キリリと引き締まった燕尾姿は蘭寿さんの真骨頂。
ここまでくるとショーも終盤。
バラエティ豊かな構成で、あっという間に時間が過ぎます。
名残惜しい気持ちを抑え、一人一人の姿を目に焼き付けるようにステージを見つめました。

続く「Blues in the Night」に乗せてのデュエットダンスは、大階段の高低差を駆使した見応えのあるもの。
身体能力の高い蘭寿さんと蘭乃さんならではのアクロバティックな振付。

蘭寿さんの手をするりとかわし「じゃあね」とばかりに袖に引っ込む蘭乃さん。
「やれやれ振られちまったぜ」と反対へはける蘭寿さん。
アダルトで洒脱な雰囲気を持つ彼女たちならではの軽妙なシーンですね。

全編を通して、蘭寿さんを始めとする花組メンバーの大人の魅力を堪能できるショーでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94
スポンサーサイト



花組個別感想(瀬戸かずや/永久輝せあ)│NICE WORK IF YOU CAN GET IT

国際フォーラム公演千穐楽おめでとうございます!
登場人物の誰も彼も愛おしくなる最高にハッピーなミュージカル!

想像を遥かに上回る面白さに、新年から幸せいっぱい☆*。
引き続き、梅芸の大千穐楽まで温かな笑いを届けてください!

そして昨日、待ちに待った『アウグストゥス』のポスターが出ました!
宝塚歌劇団│アウグストゥス-尊厳ある者-/Cool Beast!! ポスター

ヴィジュアル最高!
めちゃめちゃ観劇意欲をそそられる!!
れいちゃん(柚香光)は本当にフォトジェニックですよねー

華ちゃん(華優希)もぐっと大人びて、二人のラストステージがどうなるか…
寂しいですが、楽しみです。
(それにしても『NICE WORK』との落差 笑)

れいちゃん=オクタヴィウス、ポンペイア=華ちゃんは確定と思いますが、カエサル、アントニウス、ブルートゥスはどなたでしょう?
あきらさん(瀬戸かずや)がアントニウスで、ブルートゥスがひとこちゃん(永久輝せあ)?
わくわくしますね。

というわけで、『NICE WORK』のあきらさんとひとこちゃんについて。

クッキー(瀬戸かずや)


あきらさんがいてくださる安心感といったらないですね。
ビリー(華)やデューク(飛龍つかさ)の兄貴分として、安定感ある芝居で全体をグッと締めてくださいました。
(コメディセンスも抜群)
(背中芸が絶品)
座長としてのご挨拶も堂に入ったもの。

れいちゃんとのバディ感が最高!
明らかにニセ執事のクッキーを自然に受け入れるジミー(柚香)。
ちゃらんぽらんに見えて世話焼きなクッキー。
ナイスコンビです。

「最高の執事」と「信じない理由がない」。
二人の関係を象徴する大好きな台詞です。
大千穐楽まで更に深まっていくのが楽しみ!

今回のお気に入りワードは「ペンギンスーツ」。
クッキーらしい言葉のチョイスです。

オムレツはあきらさんの当て書きでしょうか?
客席からも温かい笑いが起きてましたね。

アイリーン(永久輝せあ)


ひとこちゃん(永久輝)を見る目が変わってしまいました…
シュッとした貴公子と思ってたのに!
あんな底知れない魅力を隠し持ってたなんて!!!

観ながら「あれホントにひとこちゃん?ホントに???」って思ってました。
いまだに信じられない…
永久輝せあ恐るべし!

なんだか憎めない、ぶっ飛んだ美女。
リアルバービーなルックスと素晴らしいプロポーションで、ドキッとするような入浴シーンも生々しくならず、ひたすらチャーミング。
綺麗に伸びる歌も、いつもの男役声からは想像もつかない美しさ。

アイリーンについては何を書いてもネタバレになってしまうので難しいですが…
ひとつ言えるのは、今回の大収穫は間違いなく永久輝せあのアイリーンです!
(クッキーとの「ビスケット!」「クッキー!」の応酬も好き)

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』関連記事はこちら↓
ビリー(華優希)はシンデレラじゃない│NICE WORK IF YOU CAN GET IT
動く芸術品、柚香光│NICE WORK IF YOU CAN GET IT
新春初笑い!花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました

ビリー(華優希)はシンデレラじゃない│NICE WORK IF YOU CAN GET IT

ロングアイランド育ちの私に、甘い郷愁を呼び起こさせる『NICE WORK』。
禁酒法が廃止されたのは1933年。
子どもの頃、もしかしておじいちゃんおばあちゃんになったジミーやビリーとすれ違ってたかもしれない…なんて想像すると楽しくなります。

動く芸術品、柚香光│NICE WORK IF YOU CAN GET IT

ロングアイランドの小リス、ビリー


華ちゃんの当たり役は『はいからさんが通る』の紅緒さんと思ってましたが、ビリーも負けず劣らず代表作になりますね!
生きるために少年に身をやつし、酒を密売する少女。
自分とは正反対の境遇のジミー(柚香光)に惹かれ…

仕事のため、色仕掛けでジミーを誘惑しようと、彼の寝室に忍び込むビリー。
セクシーなナイティに身を包み、きわどい言葉でジミーに迫っても、成功しそうな気配はゼロ。
そこがビリーがビリーたる所以。

すみれコードはクマちゃんが代弁。
ぬいぐるみで手招きして誘ってみたり、股を開いてみたり…
グイグイ迫るビリーにタジタジのジミーが可笑しくってたまりません。

男をその気にさせる機微ひとつ知らぬげなビリー。
いじらしさが痛々しくならないのが華ちゃんのいいところ。

ジミーへの恋を自覚し、固い蕾が少しづつ花開いていくビリーの美しいこと。
フィナーレのデュエットダンスは夢のような可憐さ。
世界一ピンクの似合う女の子、髪型とヘアアクセも素晴らしくお似合い。

メリーベルや紅緒さんなど数々の当たり役をものしてきた華ちゃんですが、今回のビリーが一番好きかも。

素顔はおっとりふわふわな華ちゃん。
はいからさんやビリーの体当たりっぷりに、どこにこんなパワーが潜んでいるのかと驚きます。

華ちゃんの魅力は第一に、愛くるしいルックス。
くるくる変わる表情、はしっこく動き回るビリーは小リスのよう。

ロングアイランドはリスが多いところで、朝ごはんを食べていると、窓の外を走り回るリスをよく見たものです。
そんな景色を思い出しました。

第二は、声の美しさ。
透き通って優しいヒロインの声。
どんなにガサツに振る舞っても、ぶっきらぼうに喋っていても、ふいに唇から出る声は柔らかく、聴く者の耳を潤します。
心地よく伸びる歌声も◎

ビリーはシンデレラじゃない


『NICE WORK』のお気に入りポイントは、ビリーがシンデレラじゃないところ。
「白馬の王子様との結婚」がゴールではない!なオチが最高!

女手ひとつでジミーを育てた母・ミリセント(五峰亜季)とのやり取りもグッときます。
詳しく書くとネタバレになるので控えますが…

仕事に誇りを持って生きてきたビリーにふさわしい爽快なラスト。
ぜひ、ご自分の目で確かめてください。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』関連記事はこちら↓
動く芸術品、柚香光│NICE WORK IF YOU CAN GET IT
新春初笑い!花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました

動く芸術品、柚香光│NICE WORK IF YOU CAN GET IT

ポスターを見た瞬間、楽しそう!観たい!と思った『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』。
(略してナイワ?ナイスワーク?)
期待を裏切らない最高にハッピーなミュージカルでした!

新春初笑い!花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました

動く芸術品、柚香光


主役のジミーは、四度目の結婚を控えたプレイボーイのれいちゃん(柚香光)ですよ!?
面白くないわけがないじゃありませんか!

最初は「なんだか掴みどころがない男だなー、でもお気楽ミュージカルだから内面が深く描かれなくてもいいのかな?」なんて思ってたんです。
ごめんなさい、私が浅はかでした。
物語が進むにつれて、じわじわジミーの魅力が伝わってくるんです。

そりゃ、好きになっちゃうよね。
女が(ときには男も)ほっとかないよね、こんな男。

口先だけの甘ったれですが、どこか純で憎めないんです。
反発しつつも惹かれちゃうビリー(華優希)の気持ち、分かります。
ジミーの瞳の奥に隠れたシャイなぬくもりを見つけたのですね。

当て書きかな?って思うほど、のびのびジミーを楽しんでるれいちゃん。
とってもチャーミングです。

特筆すべきは身体の使い方。
目が吸い寄せられるんです。
座る、立つ、歩く、走る、踊る、口説く、キスをする。
一挙一動、どの瞬間を切り取っても美しい。

絶品はタップ。
微動だにしない上半身と、軽やかにステップする下半身のコントラスト。
華麗な足さばきに惚れ惚れします。

一瞬たりとも緩まない。
意味のない動きがない。
美しくないポーズを取らない。
これって凄いことです。

周囲から浮き上がるような輝きを放つれいちゃん。
彼女はフォトジェニックなんですよね。
すべての関節、すべての筋肉、すべての表情が完璧に決まってるんです、いかなる瞬間も。

れいちゃんの動きは、完璧に美しい瞬間を写し取ったポートレートを何枚も重ねてコマ送りするアニメーションのよう。
映写機にかければ流れるような動作が再現される。
そんな印象を受けます。

『NICE WORK』は動くれいちゃんを観るだけでチケット代の価値があります。
柚香光は動く芸術品なのです。

れいちゃんの主演舞台を観るたびに「宝塚に入ってくれてありがとう」と思いますが、今回も!
いっぱい笑わせて、いっぱいときめかせてくれて、ちょっとホロリとさせてくれるジミーが大好きです!
ありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』関連記事はこちら↓
新春初笑い!花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました

新春初笑い!花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました

お誘いいただき、『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』初日を観てきました。
最高の観劇初めでした!
2021年初宝塚が『NICE WORK』でよかった!

新年初笑い!初泣き!初ほっこり!
面白すぎて、どうしましょう~~という感じ☆*。
絶対事前情報無しのまっさらな目と心で観るのがオススメです!

まさか!まさか!!まさか!?の連続!!!


れい華(柚香光×華優希)のお似合いっぷりは言わずもがな、あきらさん(瀬戸かずや)面白カッコいい!

新境地開拓のひとこちゃん(永久輝せあ)、安心安定の飛龍つかさくん&音くり寿ちゃん!

要所要所をバシッと締める汝鳥伶さん、まゆみさん(五峰亜季)!

怪演が光る鞠花ゆめさん、唯一の常識人(だったはず)の和海しょうさんの××っぷり!

上級生から下級生まで、みーんなハマり役!
舞台狭しと暴れ回る花組生&専科さん。
まさか!まさか!!まさか!?の連続!!!

息つく暇もない怒涛の二幕。
畳みかけるような展開に、笑い、泣き、また笑い…
意外すぎるカップルも誕生し…

心も身体もほかほか温まる、めちゃめちゃ幸せなハートウォーミング・ミュージカル!
最高!大好き!

舞台は観客が入って完成する


おなじみのあの曲から、「これもガーシュウィンだったの!」と思う曲まで、耳に馴染んだメロディに彩られた『NICE WORK』。
大ダンスナンバーもたっぷりあって見応え抜群!

原田諒先生といえば、装置の美しさも見どころのひとつ。
丸い鍵盤に光が灯り、虹色にくるくる回れば、心も踊り出す☆*。

れいちゃん(柚香)の開演アナウンスも明るく弾み、これからどんな世界に連れてってくれるの?とウキウキ。
期待を裏切らない、期待以上のハッピーを届けてくださったNICE WORKチームに感謝!

二回目のカーテンコールで上手下手どっちに戻るのか分からなくなったっぽい(?)れい華コンビ。
舞台センターでわちゃわちゃしながら、れいちゃんが「あっち?」って下手を指したら、華ちゃんが両手で「あっち!」って上手を指して、二人仲良く上手袖に引っ込んでました。
お互いが逆袖を指したことにより、結果的に抱き合うような形になり!
可愛かったです!!

今回はあきらさんが座長。
二番手さんであり、組子最上級生であり、あきらさんがいらっしゃることの安心感は筆舌に尽くしがたいですね。

あきらさんの温かなご挨拶に続き、主演のれいちゃんの言葉。
緊急事態宣言や日本海側の大雪により観劇を断念せざるを得なかったファンにも触れてくださり…

感極まったのか、絞り出すようにポツリポツリと紡がれる一言一言。
ご自分のお心そのものがあふれ出すようで聴く者の胸を温めますね。
優しく、純な方だと感じました。

初日を目前に控えての緊急事態宣言再発令。
厳しい状況に不安もあったかと思います。
「お客様が入ってこその舞台」という、れいちゃんの言葉がすべてですね。

舞台は観客と一緒に作るもの。
満場の笑顔と笑いを、彼女らに届けられてよかったです。

花組と専科の皆さま、スタッフの皆さま、原田諒先生。
2021年の幕開けを明るく彩る素晴らしい舞台をありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。全組観劇派。美丈夫タイプの生徒さんが好み。谷正純・酒井澄夫・木村信司・大野拓史作品が好き。観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。

◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**