FC2ブログ

“山岸尚美”として生きた朝月希和+キャスト別感想(高翔みず希/帆純まひろ/珀斗星来/青騎司)│マスカレード・ホテル

宝塚版『マスカレード・ホテル』の話をしていて「瀬戸かずやの新田浩介」と言おうとして「新田かずや」と言ってしまった私。
違和感なさすぎて、しばらく間違いに気づきませんでした。
「新田あきら」もしっくりきますね。

『マスカレード・ホテル』原作が半分ほど読み進みました。
お芝居では端折られた部分も細かく描写され、ますます面白いですね。

あの人物にはこんな背景があったのか。
あのエピソードはこんなに掘り下げられていたのか。
舞台の記憶と重ね合わせ、二倍にも三倍にも楽しんでいます。

“山岸尚美”として生きた朝月希和


朝月希和さん演じる、ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク、山岸尚美。
潜入捜査のためホテルに送り込まれた警視庁捜査一課の刑事、新田浩介(瀬戸かずや)とバディを組むうち、次第に彼と心を通わせていく役どころ。

仕事に誇りを持ち、常にお客様へ最上のサービスを提供しようと努める彼女。
たとえ、それが理不尽な要求であったとしても…

「お客様がルール」と主張する彼女に反発を覚える新田。
しかし、山岸の仕事ぶりを間近に見るうち、徐々にホテリエという仕事への理解を深めていく新田。

彼女のモチベーションはどこから湧いてくるのか?
山岸の言葉で強く印象に残ったのがこちら。
「受験のとき、ここに泊まり、ホテリエを志した」

いい台詞だな、と思いました。
脚本ではたった一行かもしれません。
しかし、この台詞には山岸尚美のすべてが詰まっているのです。

大学受験を控えた彼女がコルテシア東京に宿泊し、プレシャスな体験を得た。
ここで働きたいと憧れ、夢を叶えて、いまここに居る。
ひとことで彼女の人生が浮かび上がる言葉。

ひらめちゃん(朝月)が山岸尚美として生き、心からの言葉で語ったからこそ、私の心に彼女の想いが届いたのです。

原作では過去のエピソードが詳細に描かれ、ひらめちゃんのお芝居とオーバーラップして目頭が熱くなりました。
宝塚版には無い、藤木総支配人(汝鳥伶)との交流も味わい深いものがあります。

キャスト別感想(高翔みず希/帆純まひろ/珀斗星来/青騎司)


アリバイやトリックに関する複雑な説明も、小説ならすぐに読み返せますが、舞台はそういきません。
脳みそをフル回転させ、言葉を取り込んでは咀嚼し、理解しないと置いていかれます。
膨大な説明台詞もするする伝わり、迷子にならずにすんだのは花組の皆さんと汝鳥伶さんのおかげ。

いつもの宝塚観劇とはちょっと違う、心地よい疲労感と満足感を味あわせてくださったキャスト。
特に印象に残った方を中心に。

・栗原健治(高翔みず希)
そこらへんを歩いてるおじさんが舞台に紛れ込んだのかと思っちゃいました。
というくらい「あー、いるいる、こういう人」感あふれる、さおたさん(高翔)。
人生につまづきっぱなしの男の悲哀、やりきれなさを感じさせて秀逸でした。
ほろ苦さの奥にかすかなぬくもりが残る後味が、物語にさらなる奥行きを与えました。
いい役者さんです。

・杉下キャプテン(帆純まひろ)
ベルスタッフの責任者、杉下に扮したホッティー(帆純)。
姿の良さ、佇まいの美しさが際立ちました。
ゲストに「サービスを受けた」と感じさせない、さりげなく、流れるようなエスコート。
コルテシア東京を満たす空気のように自然でした。

フィナーレの男役群舞では一転、ギラついた男の色香を振りまいて美しかったです。

・龍崎(珀斗星来)
「(月組の白雪)さち花さんがいる!?」って思っちゃいました。 笑
谷正純さんの茶目っ気でしょうか?
宝塚ファンには嬉しいサプライズでした!

この学年にして「女装の男」に見えるのは凄いですね。
『蘭陵王』の頃から、どっしり安定したお芝居に注目しています。
どこにいてもパッと目を引く華があるのが何より。

・吉永(青騎司)
花組観劇のお楽しみ、青騎司くん。
相変わらず男前でした。
男役群舞はひときわ鋭い眼光で目立ちます。
私の周りでもファン急増中の青騎くん、これからますます楽しみです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『マスカレード・ホテル』関連記事はこちら↓
愛すべき男、能勢金治郎(飛龍つかさ)―二次元(小説)を三次元(演劇)化する面白さ│マスカレード・ホテル
最高のバディ!男役・瀬戸かずや×娘役・朝月希和コンビに拍手喝采!│マスカレード・ホテル
谷正純×瀬戸かずやに歓喜!!!│マスカレード・ホテル
スポンサーサイト



愛すべき男、能勢金治郎(飛龍つかさ)―二次元(小説)を三次元(演劇)化する面白さ│マスカレード・ホテル

まだ心が「ホテル・コルテシア東京」にステイしたままな私。
いい作品でしたね。
ひとことで言うなら、上質な舞台。
東野圭吾ファンの友人にも観てもらいたい!と思う作品でした。

まるで当て書き?原作『マスカレード・ホテル』


ミステリの舞台化って結構難しいと思うんですけど(アリバイだのトリックだの説明台詞が多くなりがちだし)、上手くまとめてあり、なおかつ宝塚らしい華やかさもあって…

想像以上の出来栄えでした!

もっと深く知りたくなって、帰り道に本屋さんへ。
瀬戸かずやさんの表紙は残り一冊でした。
危なかった~~

東野作品を読むのは何年ぶりでしょう?
前職の上司が東野ファンでよくお借りしていたのですが、転職して以来すっかり遠ざかっていました。
餞別に戴いた『容疑者Xの献身』が最後かな?

懐かしい思い出に浸りながら、ひもといた『マスカレード・ホテル』。
ページをめくった瞬間、日本青年館の空気が甦ります。

冴月瑠那さん演じる久我は「整った顔」。
和海しょうさんの稲垣は「低いが、よく響く声」。
細かい描写のひとつひとつが当て書きのよう。

エピソードの取捨選択が巧みで、ベテラン谷正純先生の手練れを感じます。
原作そのままの台詞も多く、あきらさん(瀬戸)やひらめちゃん(朝月希和)のお芝居で再生されるのが楽しいですね。

愛すべき男、能勢金治郎(飛龍つかさ)


意外だったのが能勢金治郎(飛龍つかさ)。
あの人物が、ああ変わるのか!という新鮮な驚き。
飛龍くんの個性に合わせたアレンジがいいですね。

話している内容はほぼ同じなのに、台詞の緩急、それに伴うアクションでまったく別人に生まれ変わる。
二次元(小説)が三次元(演劇)化される面白さを感じました。

飛龍くんの暑苦可愛さ!

あの憎めなさは異常です。
暑苦しい…うるさい…邪魔くさい…
なのに、愛おしくってたまらなくなる。
ブンブンしっぽを振るワンコみたいな品川署の刑事が登場するたびに沸く客席。

絶妙なタイミングでの「もう来てます!!!」には大爆笑。
しばしショーストップするほどでした。

彼もまた、山岸尚美(朝月)同様、新田浩介(瀬戸)のバディなのですね。
こちらは正真正銘の相棒ながら、新田からは疎まれがち。
しかし、持ち前のへこたれなさと仕事に対する真摯さで、わだかまりを乗り越え、新田との間に確かなパートナーシップを結ぶのです。

パッカーーーン!と屈託のない笑顔。
独特のファッションセンス。
立て板に水のごとく繰り出される早台詞。

ただでさえ説明台詞が多い『マスカレード・ホテル』。
他キャストよりも更に早口でまくしたてるような剣幕ながら、言葉ひとつひとつが正確に伝わるのはさすが。

ラストのちゃっかりぶりには大笑いしました!
「お義兄さん」の破壊力!

歌上手な飛龍くん、本編では歌が聴けなくて残念…と思ったら、フィナーレの歌手で存分に美声を響かせてくれました。
お芝居の三枚目ぶりから一転、キリッと華やかな花男への変身も鮮やか。
歌えて踊れて、お芝居も◎
いい男役さんですね。
これからますます注目していきたいと思います!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『マスカレード・ホテル』関連記事はこちら↓
最高のバディ!男役・瀬戸かずや×娘役・朝月希和コンビに拍手喝采!│マスカレード・ホテル
谷正純×瀬戸かずやに歓喜!!!│マスカレード・ホテル

最高のバディ!男役・瀬戸かずや×娘役・朝月希和コンビに拍手喝采!│マスカレード・ホテル

『マスカレード・ホテル』千穐楽おめでとうございました!
ミステリとして面白く、宝塚として美しい。
期待を遥かに上回る素晴らしい作品でした。

ミステリとして面白く、宝塚として美しい


幕開き、瀬戸かずやさんが現れた瞬間「ポスターの人だー!」って興奮しちゃいました。
何十年宝塚観てるのよ、って感じですが 笑
毎回新鮮な感動があるんですよね。
本当にカッコよかったです、あきらさん(瀬戸)。

この作品の良さって、アリバイ崩しやトリック破りなどミステリを読み解く面白さとは別に、「宝塚を観る」満足感を存分に味わえるところにありますね。

シックなアール・デコスタイルの装置、華やかな衣装、登場人物の心を伝える音楽。
目に楽しく、耳に心地よく、するするっとミステリの世界に入り込むことができました。

なかでも一幕最後の“仮面舞踏会”は「宝塚ならでは」の綺羅びやかさ。
ホテルはさながら仮面舞踏会。
素顔を仮面に隠し、束の間の非日常を夢見る人々が集う“マスカレード・ホテル”。

犯人はどこだ?目的はなんだ?標的は誰だ?
仮面の群れに翻弄され、謎の迷宮をさまよう刑事・新田浩介(瀬戸)。
彼の心象風景と幻想の舞踏会をオーバラップさせる演出が見事でした。

最高のバディ!男役・瀬戸かずや×娘役・朝月希和コンビに拍手喝采!


最大の満足は「人間がきちんと描かれている」こと。

反発しあっていた新田と山岸(朝月希和)が、互いに助け合い、認め合い、成長してゆく。
刑事として、ホテリエとして。
そして、ひとりの人間として。

新田と山岸はあくまで対等。
宝塚では描かれることの少ない「男役と娘役のバディもの」が新鮮です。

立場も性格も違うふたり。
唯一の共通点は、自らの仕事への誇り

刑事として、ホテリエとして。
ふたりがぶつかり合うのも、互いの本分を全うしようとする真摯な思いゆえ。

相手に自分と同じ矜持を嗅ぎ取ったからこそ、ふたりは惹かれ合ったのでしょう。

新田がさりげなく放つ「あなたが言うなら間違いない」という台詞がとても好きです。
“私はあなたの仕事を信じます”
深い信頼がこもる言葉。
仕事を持つ人間として、これほどの喜びはありません。

ちょっと斜に構えた、しかし、心根は熱い刑事をサラリと自然に息づかせた瀬戸かずや。
生真面目な優等生の殻の奥に、熱い理想を燃やすホテリエに命を吹き込んだ朝月希和。

共に男役・娘役キャリア十分のふたりがタッグを組む。
信頼と尊敬に裏打ちされた新しいバディもの誕生に拍手喝采!
ラストシーンは宝塚らしい甘さにときめきました。

あきらさん、ひらめちゃん(朝月)、花組の皆さま、谷正純先生、素晴らしい舞台をありがとうございました!
大満足です!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『マスカレード・ホテル』関連記事はこちら↓
谷正純×瀬戸かずやに歓喜!!!│マスカレード・ホテル

踊る喜び―柚香光の命の輝きに魅了される│DANCE OLYMPIA

いやー、まさかここまでやるとは思いませんでした。
いくら「ダンスコンサート」と銘打っても、こんなに踊る??

踊る!踊る!踊る!
踊って、踊って、ひたすら踊りまくる115分!

弾ける笑顔、飛び散る汗、いっときも休まず刻まれるリズム。
手加減など知らない若い肉体同士が火花を立ててぶつかり合うパフォーマンス。

新生花組の力の奔流が客席を熱くたぎらせる『DANCE OLYMPIA -Welcome to 2020-』。
圧巻でした!

「踊るトップスター」柚香光、誕生!


私が宝塚を知った頃、こんなキャッチフレーズがありました。
ダンスの花組、芝居の月組、和物の雪組、コスチュームの星組。
「トップの得意分野=組の特色」だったのですね。

当時の花組トップスターは大浦みずきさん。
言わずと知れたダンスの名手です。
その後も安寿ミラさんや蘭寿とむさんら、時代を代表するダンサートップがその命脈を保ってきました。

そして今、新時代の花組を担うトップスターとして柚香光さんが就任。
昭和、平成から令和へ。
「ダンスの花組」を継ぐ新たなトップスターの誕生です。

今回は華優希さんとの新トップコンビお披露目、雪組から異動された永久輝せあさんの花組デビュー作でもあります。
いくつもの喜びに彩られた『DANCE OLYMPIA』。
新生花組の未来は明るい!と確信する素晴らしいステージでした。

「踊るトップスター」柚香光誕生!おめでとうございます!

キーワードは「踊る喜び」


一幕は「ギリシア神話の英雄が現代にタイムスリップして巻き起こす悲喜こもごもを描いたストーリー仕立てのショー」。
「テルマエ・ロマエみたい」と思いましたが…
想像以上にテルマエ・ロマエでした 笑

現代に放り込まれたアキレウス(柚香)のルシウス感と言ったら!!
「彫刻ばりの完璧な美貌×生まれたての子犬のような無防備」が生み出す絶妙な可笑しみ!
ぽわ~っとした表情と、とぼけた心の声の間が最高!

さすが座付きの稲葉太地先生。
れいちゃん(柚香)独特の味をフルに活かしきってくださいました。

「…くねくね」と「…たのしい」の“ひらがな感”が特にお気に入り。

パット(水美舞斗)らに導かれ、ダンスの楽しさに目覚めるアキレウス。
朝日を浴び、古代に戻った彼がひとりごちる台詞「あれは夢か…いや、夢ではない」「踊る喜びを感じた」。

踊る喜び。
これこそ『DANCE OLYMPIA』が伝えたかった“柚香光の芯”でしょう。

柚香光の命の輝きに魅了される


柚香光の一番の魅力。
それは腹の底から舞台を楽しむ姿。
心と体を全部さらけ出して、今この瞬間、舞台に立つ。
その喜び、その楽しさ。

全身からあふれ出す歓喜。
命が燃えて、その輝きが劇場を照らす。
観客は彼女の命の輝きに魅了されるのです。

これは天性の華です。

れいちゃんは真ん中に立つべき人であり、なるべくしてトップになった。
そう思わせるに十分な説得力のある舞台。

もっとも強く感じたのは「フラメンコ」。
静まり返った劇場に轟くハレオ。
観客の鼓動と一体化するサパテアード。
人間の声と肉体が生み出す熱に酔う喜び。

和太鼓やフラメンコなど初めての試みとなる生徒さんも多かったと思います。
タイトスケジュールを縫い、どれだけお稽古を重ねたのか。

ひたむきに真摯に作品と向き合い、ファンに最上のパフォーマンスを届けようと努める心。
身を削り、命を燃やす柚香光と花組生の全身全霊の舞台に、我知らず涙がにじみます。

“感動する”ってこういうことなんだなぁと胸に落ちました。

つい忘れがちになる「素直に宝塚を楽しむ心」を思い出させてくれた『DANCE OLYMPIA』。
柚香光さん、花組の皆さま、稲葉太地先生、素晴らしい舞台をありがとうございました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

ニック(水美舞斗)とフローレンス(城妃美伶)のスピンオフが観たい!│青い薔薇の精

名実ともにトップオブトップとして、ここ数年の宝塚人気を牽引してきた花組トップスター・明日海りおさんのラストステージ『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』を観てきました。
ひとことで言えば「素晴らしかった!」。

設定はほぼ想像通りでしたが、展開は予想外。
(演目発表時から公演解説の内容がかなり変わったことに、いま気づきました)
(当初はハーヴィーやシャーロットの名前がなかった)
明日海りおはフェアリーか?―「青い薔薇の精」と「美少年(ヴェニスに死す)」│A Fairy Tale

好きなところ、お気に入りのところ、全部


タイトルの「A Fairy Tale」の意味が分かった瞬間、「あ、あ、あぁっーーー!」ってなりました。
残りわずかの公演回数ですが、これからご覧になる方は前情報を入れない方が楽しめると思います。

どなたもハマり役で、トップさんの卒業公演らしさも十分。

みりおさん(明日海)演じる青い薔薇の精・エリュと、れいちゃん(柚香光)ハーヴィーが交わす堅い握手。
「君なら美しい花を咲かせられる」
明日海りおから柚香光へ受け継がれる花園(花組)。
ふたりの姿に重なって、涙なしには観られません。
素敵な引き継ぎシーンでした。

松井るみさんの装置が美しくて眼福!
花盛りのウィールドンの庭は目が覚めるよう。
冒頭の荒れ果てた景色すら、禍々しい美にあふれ、するりと物語世界に引き込まれました。
書籍や薬品、植物と紅茶の香りが漂ってきそうなヴィカーズ商会のセットも私好み。

「シャーロック・ホームズ風の私立探偵」と紹介されたMr.ディケンズ(冴月瑠那)の登場シーン。
さりげない「BAKER STREET」の標識が嬉しいですね。

本作をもって星組に異動される、あかちゃん(綺城ひか理)。
花組での最後の舞台姿を見納めてまいりました。
堅実なお芝居、魅惑の低音がウリのあかちゃん。
星組でどんな花を咲かせてくださるか楽しみです!

ケヴィン(優波慧)とネリー(春妃うらら)のグリフィス夫妻。
何気ないやり取りに温かな家庭を想像できて心に残りました。
春妃さんは声が綺麗ですね。
艷やかな潤いのある台詞に聞き惚れました。

美声といえば和海しょうさん。
オリヴァーが言葉を発するたびに、あまりの声の良さにびっくりして思わず目を向けてしまいます。

Mysterious Old Lady(謎の老婆)の美花梨乃さん。
美花さんはいつも活き活きと役を楽しんでらしていいですね。
とっても好きな役者さんです。

ニックとフローレンスのスピンオフが観たい!


物語の起点となるエピソード、ヒロイン・シャーロット(華優希)の母フローレンス・ウィールドン夫人(城妃美伶)と、庭師ニック・ロックウッド(水美舞斗)のささやかな心の交流。

彼らがいなければ始まらない、大切な役どころ。
ふたりの関係が印象的でした。

深く温かな慈しみ。
互いの心は手に取るように通じ合っている。
ほとばしる想いを抑え、ふたりが歌う「Dear Friend」。
“大切な友”という言葉が彼らの愛をよく表しています。

ラストシーンは、舞台の端と端から、ただ見つめ合う視線だけで泣けました。

美しい庭を捧げることで愛を昇華したニック。
フローレンスを想い、妻を娶らなかった彼が、養子に迎えたのが物語のキーマン・植物学者のハーヴィー・ロックウッド(柚香光)。

フローレンス亡き後、荒れ果てた庭を蘇らせたハーヴィー。
ニックの息子ハーヴィーから、フローレンスの娘シャーロットへ。
想いの連鎖が見えて胸がいっぱいになりました。

マイティー(水美)、いいお役を書いてもらえて幸せですね!
ふたりのスピンオフが観たいくらい、素敵なエピソードでした。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**