FC2ブログ

宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ―おすすめの紙・ペン・インク・文具店

自他共に認める文房具好きな私。
お手紙文化が根強い宝塚は一挙両得の趣味です。
img-20190611_1.jpg

お気に入りの紙・文具店など


季節に合ったレターセットや切手を探すのも楽しみのひとつ。
春の桜、初夏の紫陽花…

お気に入りは「MIDORI」の「紙シリーズ」。
色鮮やかで大胆な四季折々の花模様。
上質な和紙で書き心地も抜群。
シーズンごとに出る新柄を心待ちにしています。
ミドリオンラインストア│季節柄「紙シリーズ」

控えめで上品なデザインの「G.C.PRESS」もお勧め。
G.C.PRESS ONLINE SHOP
シンプルな「紙司撰シリーズ」がお気に入り。
良質な用紙、文字の邪魔をしない美しい罫線が特長。
観劇の感想など長い文章を書くときに愛用しています。

東京宝塚劇場からすぐ、数寄屋橋交差点近くに直営店があります。
観劇ついでに便利ですね。
G.C.PRESS 銀座直営店

多くの文具店が軒を連ねる銀座界隈。
私好みの品が揃うのは「伊東屋」、「鳩居堂」、「榛原」。
五十音」は、いつ訪れてもわくわくします。

筆記具について―万年筆、ガラスペン、インク


筆記具は表情豊かな文字が書ける万年筆を。
好きなインクを選べる楽しみもありますね。
私はウォーターマンやシェーファーの万年筆を愛用しています。

お勧めの万年筆専門店は南青山の「Pen Boutique 書斎館 Aoyama」。
充実の品揃え、商品知識豊かなスタッフ。
お気に入りの一本が見つかります。

調整・修理は文京区千石の「川窪万年筆店」。
きめ細かい対応が◎。

ガラスペンもお手紙に最適。
万年筆のように面倒な洗浄が要らないので、色々なインクを楽しみたい方に。
イタリアのフランチェスコ・ルビナート Francesco Rubinato のガラスペンは書き味がよく、姿も美しく、素敵です。

ガラスペンや羽根ペン、シーリングスタンプなどクラシカルな文具がお好きな方に。
吉祥寺の「ジョヴァンニ Giovanni」が最高です。
(買い付けのため長期休業が多いので、営業日をご確認ください)

インクはエルバン HERBIN。
宝塚ファンにお勧めは「ヴィオレパンセ Violette Pensée」
華やかで上品なすみれ色です。

日本の美しい情景をイメージしたパイロットの「色彩雫 iroshizuku」も綺麗。
今の季節は、紫がかった柔らかい青の「紫陽花」、抜けるような青空を思わせる鮮やかな「天色」をよく使います。

宝塚のお手紙文化よ、永遠なれ


ファンも筆まめですが、中の人(生徒さん)もまめ。
折りに触れていただく、さりげなく心のこもったメッセージにお人柄がしのばれます。
ほのぼのした手書き文字のぬくもりは、いかにも宝塚にふさわしい味わいですね。

心をこめてしたためる宝塚のお手紙文化。
末永く続いてほしいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

mohamed HassanによるPixabayからの画像
スポンサーサイト



日本最大級の文房具のお祭り『文具女子博』に行って来ました!

大好きな文房具のイベント『文具女子博』に行って来ました!

文房具のお祭りと言っても、鉛筆を持って踊り狂ったり、神社の境内からノートをばらまいたりするわけではありません。
お馴染みの文具メーカーや各地の文具店が一堂に会し、3日間に渡り展示即売が行われるのです。
img-20171216_1.jpg
メインターゲットは女性ですが、もちろん男性も参加可能。
とは言え、来場者の9割方は女性でしたが…

私も文房具好きの女友達と一緒に。
朝の待ち合わせから、イベント終了後の夕食まで12時間、朝から晩までずーっと文房具の話ばかり。
それでも話は尽きず。
傍から見れば狂気の沙汰でしょうが…
類は友を呼ぶ、ですね。

前日のワールドビジネスサテライトで取り上げられたり、当日も各メディアの取材が入ったりと、文具業界に対する注目度の高さには驚かされました。
そして、なにより入場制限がかかるほどの盛況っぷりに驚き!
こんなに大勢の文具を愛する仲間がいるなんて…感激!

フォトスポットにて。
ペンの模型を抱え、コクヨの「立つペンケース ネオクリッツ」を模したソファに座ってご満悦な私。
img-20171220_3.jpg
私のお目当ては、MOLESKINE・ライフ・ツバメノート・ステッドラー・セーラー万年筆・デザインフィル・マークスetc.
そして、神戸のナガサワ文具センター・鎌倉の文具と雑貨の店コトリ・経堂のハルカゼ舎。
いずれも文房具好きにはたまらないラインナップ。
ブースごと買い占めてしまいたいくらい魅力的でした。
(今回は出店されていませんでしたが、本郷のスコスや蔵前のカキモリ、吉祥寺の36 SubloGiovanniもお気に入り)

ワークショップも多彩。
大人の塗り絵アートや、ペーパーフラワーのお正月飾り作り、水彩パステルで小物作りなど。
私は、消しゴムはんこ作家ERICさんのリングメモ作り体験をチョイス。

まずは用紙選びから。
ハガキ大の無地・横罫・縦罫・方眼から100枚を選び、ERICさんのはんこでデコレーション。
私は3mmと5mmの方眼を50枚ずつ綴じていただきました。
文字も図形も書きやすい方眼が大好き。
紙質は薄くて滑らか、筆記用具を選ばず、気持ちよくペン先が滑ります。
万年筆でもインクの滲みや裏写り、裏抜けはありません。
ストレスなく書ける上質な紙で、メモ帳にするにはもったいない感じ。

たくさん買いました(ほんの一部)。
右下がワークショップで作ったリングメモ。
中央は文具女子博オリジナルグッズのボールペン。
その下はMOLESKINEのノート。
他にもこまごましたものをあれこれ。
img-20171216_4.jpg
イタリアの「MOLESKINE(モレスキン)」。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイらが愛用したことでも知られるノート。
ゴムバンド付きの黒いハードカバーが有名ですが、こちらはもう少しカジュアルな「チャプターズコレクション」シリーズ。
名前通り、6つのチャプターに分かれ、プライベート・仕事・趣味・家族…と項目ごとにアイディアやメモを残せる優れもの。
特殊な綴じで180度ぺたりと開き、書きやすいのです。
色合いも美しく、思わず方眼のミディアムサイズを全色買ってしまいました。

フランスの文具メーカー「BIC(ビック)」のボールペン「クリックゴールド」。
シックなカラーにゴールドのアクセントがエレガント。
書き心地も抜群、安価ながら超優秀なロングセラー。
お土産用に選びました。

他に気になったのは「Kino.Q/フォントかるた」のブース。
欲しいと思いつつ、なかなか手を出せない「紙神経衰弱」や「フォントかるた」。
同業者と遊んだら盛り上がりそうだなー。
全部異なる種類の真っ白な紙26枚で作られた『紙神経衰弱』のことを友人に話したら「紙だけに神業」ですって。
座布団一枚!

今回一番の収穫は「ネットde手帳工房」。
なんと!自分好みの手帳を一冊から作れるサービスです!
豊富なサンプルからレイアウトを選び、カラーやフォントをカスタマイズ。
データ入稿もできますので、文字通り世界に一冊だけの手帳も実現可能。
これは是非、挑戦してみたいものです。
img-20171216_3.jpg
しっとり滑らかな紙を滑るペン先の心地よさ。
自分の手を動かし、質感や感触がダイレクトに伝わるアナログ文房具は私に多くの喜びを与えてくれます。

大好きな文房具に囲まれて大満足なイベント。
また来年も参加したいですね。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます↓
更新情報メイン(たまにつぶやき)

‎@noctiluca94

キャトルレーヴの組柄スタンプ捺し比べ(紙質との相性・裏抜けなど)

先日発売されたキャトルレーヴの「組柄スタンプ」。
手帳に観劇スケジュールを書き込む時に使ったら楽しいだろうなぁと思い、購入しました。

各組のマークのスタンプが一本のペン型になっています。
TCAオンラインショップ 組柄スタンプ

形としては昔懐かしの「ロケット鉛筆」を想像していただければ一番近いと思います。
使いたいマーク部分を軽くひねると印面が露出しますので、そのままポン!
簡単に組マークのスタンプが捺されます。

印影のサイズは花月雪星は全て5mm四方。
宙のみ4mm×8mm。
土星の輪のような部分が幅をとるので、どうしても横長になってしまうようです。

発色や滲み具合、インクの裏移りや裏抜けが気になり、捺し比べてみました。
試した用紙は、一般的な手帳用紙とデッサン用の薄手の紙の二種です。

↓トモエリバー 手帳用紙(表)
t_omote.jpg

↓トモエリバー 手帳用紙(裏)
t_ura.jpg

↓月光荘画材店 スケッチブック 『ウス』(表)
g_omote.jpg

↓月光荘画材店 スケッチブック 『ウス』(裏)
g_ura.jpg

いかがでしょう?
小さいながらもそれぞれの組マークがくっきり浮かび上がります。
私の捺し方がまずくてボケてますが、実際は雪の結晶や星の輝き部分がもう少しシャープです。

濃い目の色は若干裏抜けがありますね。
たまたま薄手の用紙ばかりに捺したせいかな?と思い、他の紙でも試してみましたが、どれも多少の抜けはあるようです。
モレスキンペーパーやLIFEのノーブルノートに捺した場合も、トモエリバーと同等の抜け具合でした。
オフィシャルのスケジュール帳との相性はいいのかな?

ポストカードなどのアート紙やコート紙ですと裏抜けの心配はありませんが、乾くのに少々時間がかかるかもしれません。
気になる方はご注意くださいね。

ちなみに、トモエリバーは糸井重里さんが発行されている『ほぼ日手帳』にも使われている用紙です。
ヅカファンにもご愛用の方が大勢いらっしゃるのではないかと思い、ピックアップしました。

気になる点としては、やはり専科マークがないこと。
専科公演の時はどうしたら良いのでしょう?
ダイヤモンドマークも欲しいですよね?

一本あたり何回捺印可能かも気になりますね。
どこかの文具メーカーのOEM製品とすれば補充インクを使えるのですが。
または、このスタンプを定番として継続販売していただくか。

スタンプの取り外しには少しコツを要します。
引っかかりのツメがありますので、噛み合うように開け閉めしてくださいね。
きちんと閉まってないとインクが乾いて使い物にならなくなってしまいますので。

というわけで、コンパクトで持ち運びしやすく、一本あれば何かと便利。
ヅカライフをよりカラフルに彩る楽しい商品としてオススメです。

以上、文房具マニアのヅカグッズレビューでした。
2017年1月のスケジュール欄には月マークをいっぱい捺せるといいなぁ。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

プロフィール

noctiluca(ノクチルカ)

Author:noctiluca(ノクチルカ)
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
1位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**