FC2ブログ

愛月ひかる、スターの煌めき│ESTRELLAS

星組全国ツアーの感想、第4弾はショー『ESTRELLAS ~星たち~』の愛ちゃん(愛月ひかる)について。

お芝居『アルジェの男』の感想はこちら。
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男

ウェルカム!「ザ・男役」愛月ひかる


星組全国ツアーの収穫のひとつに「星組×愛月ひかる」の相性の良さを確認できたことがあります。

愛ちゃん(愛月)の専科異動後初舞台が星組と知ったときは「おっ!」と思いました。
いいじゃないですか!
“青いミラーボール”星組ד濃紫のベルベット”愛月ひかる。
どんな相乗効果をもたらすか、わくわくしかありません!

骨太な芝居らしい芝居、スターの素の魅力を引き出すショー。
新生・愛月ひかるのデビュー戦には申し分ない二本立てです。

正統派二枚目から宝塚の枠を超える汚れ役まで、広い役幅(と肩幅)を誇る愛ちゃん。
こってり濃厚な「ザ・男役」が星組に加わる。
ウェルカム!ウェルカム!です!

愛月ひかる、スターの煌めき


素晴らしかったのは「星サギの夜」。
愛ちゃんが舞台に現れた瞬間、鳥肌が立ちました。
純白の衣装をまとった愛ちゃんの姿が、ぐーんと大きく見え、劇場を覆い尽くすように思えたのです。

きらきら明るい輝きをまとった愛ちゃん。
黒い役も似合うけど、やっぱり愛ちゃんは「白い貴公子」だな~~

そして、歌!
すっごく上手になってる!!

愛ちゃんの歌を聴いたのは、昨年末の宙組公演『白鷺の城/異人たちのルネサンス』以来。
技術はもちろん、歌声に艶と深みが増していて、驚きました!

専科に異動されてから短期間で、ここまで上達されるなんて凄い!
愛ちゃんがどれだけ努力を重ねてこられたかが伝わってきました。

〽あれがシリウス リゲル プレアデス
満員の劇場を眺め渡しながら歌う愛ちゃんの指先の向こうに、たしかに“無限の宇宙”の広がりが見えました。

同時に、優しく包み込まれるようなぬくもりも感じました。
「慈愛」ともいうべき温かな眼差し。
心洗われるような感動を覚え、大好きな「星サギの歌」がまた更に好きになりました。

なにより印象的だったのは、愛ちゃんの圧倒的な華。
トップスターのために作られた場面ですから、真ん中に立つ方の存在感が引き立つのは当然ですが、その場の空気を一気に“愛月ひかる色”に染める力に、胸を打たれました。

劇場を支配する。
これは誰にでもできることではありません。

スターとは観客に“感動”を与えられる人。
舞台のどこにいても、ファンの心を動かすことができる人は「スター」です。

この目で観て、耳で聴いて、心で感じた愛ちゃんの「スターの煌めき」。
この場面を観るためだけでも仙台に行った甲斐がありました!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』
スポンサーサイト



芝居を適切に楽しむための語彙力│アルジェの男

宝塚は全組観劇派の私。
一年中ほぼ休みなしの公演の波に、感想を書くのが追いつかず、埋もれてしまうことがあります。

初夏に行われた星組全国ツアーもそのひとつ。
年を越してしまわないうちに、残しておきたい感想をUPしておきます。
『アルジェの男』観劇記録はこちら

芝居を適切に楽しむための語彙力


やや古風な言い回しが多い『アルジェの男』。

観劇後、友人に「タタキって何?」と訊かれました。
ジュリアンの台詞にある「たたきと殺しはやってない」ですね。
「たたき」は「強盗」の隠語ですが、いっぱしの悪党ぶった彼もさすがに「強盗」「殺人」にまで手を染めてはいないということですね。

ワルぶってはいるけれど、せいぜい街のチンピラ風情のジュリアン。
ひょんなことから成功の糸口を掴むが、昔なじみの格上のワル(ジャック)に目をつけられ、破滅していく。

ジャックに脅されたとき、彼が既にたたきや殺しに手を染めていた男であったなら、結末は違っていたでしょう。
己の保身のために邪魔者を即排除するに至らなかったジュリアンの「平凡」な青年らしさが、彼自身の寿命を縮めたとも言えます。
「たたきと殺しはやってない」は、それが良く表れた台詞です。

「たたき」はおよそ半世紀前(1974年)の初演時には、すんなり通じていたのでしょうか?
他にも、現代では一般的でない言葉、文語的な表現がたびたび登場する柴田侑宏作品。

たとえば、ジュリアンの歌。
〽きらきら光る 黄金の旨酒を
「旨酒(うまざけ)」も耳で聴くと、一瞬「馬酒」を連想しちゃったりして…

ジュリアンの野望と絶望が交錯する大切な場面。
ここはどうしたって「黄金の旨酒」でなくてはいけません。
「金色の美味しい酒」では間が抜けます。

作品に独特の香気を与える言い回し。
非日常の言葉だからこそ生み出せる感動や満足
演じ手のためにも、観客のためにも、そして次代の作品を生み出す座付き作家のためにも、ときにはこんな作品を上演することも必要です。

未知の言葉を噛み砕くことに意識を取られると、物語の理解がおろそかになりがち。
結果として、本来得られるはずの感動が浅くなる。
それではあまりにもったいない。
「芝居」を面白く味わうためにも、耳から入った音を適切に処理して、正しく脳内変換できるよう、語彙力を高めたいと思います。

他に耳慣れないのは、ジャック(愛月ひかるさん)の「総督と鉢合わせするなんざぁ、いい辻占だ」の「辻占(つじうら)」でしょうか。
(陥れようとしていた)総督と鉢合わせなんてツイてる、といった感じでしょうか。
なぜか、べらんめえ口調なジャック…

仙台公演の思い出


私が行ったのは仙台公演。
すっごく楽しくて大満足でした!
会場の「仙台銀行ホール イズミティ21」は音響も良く、広々と見やすいホールでした。
東京からたったの1時間半だし、また行きたいですね。

普段なかなか会えない友だちと一緒だったのも嬉しかった!
めちゃくちゃタイトスケジュールでしたが、美味しい牛タンを食べて、おしゃべりして…
楽しかった~~

お土産はもちろん、礼真琴さんがイメージキャラクターを務める菓匠三全さんの「萩の月」!
ボランジュ邸でのアドリブで「これでもか!」とアピールされて食べたくなっちゃいました。
いつ食べても、ふんわりまろやか~~

『アルジェの男』は、あっけない幕切れが特に好き。
(初めて観たときはポカ~ンでしたけど)
蛇足を付け加えては台無しです。

気になった生徒さんについて


2011年月組版で千海華蘭さんが演じられたピエール(礼真琴さん演じるジュリアンの取り巻き)。
今回の星組版で、登場第一声「いいなぁ」と思ったら天飛華音さんでした。
憧れのジュリアンが手の届かない存在となったのを察し、本を地面に叩きつけて去る様子が切なかったですね。

そしてなんと言っても、はるこさん(音波みのり)!
一途にジュリアンを慕う、健気なヒロインを好演されました。
さまざまな想いのこもった「ジュリアン!」の言い方が耳に残ります。

全国ツアー当時は想像だにしなかった、愛ちゃんの組替え。
まさか再び、琴×愛×はるこの並びが見られるなんて…
『眩耀の谷』で3人がどのように絡むのか、楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『アルジェの男』関連記事はこちら↓
ジャック(愛月ひかる)が作品世界を支配する│アルジェの男
礼真琴、ありがとう!―生まれ変わり、輝きを増した『アルジェの男』
朝水総督おめでとうございます!ところで、アンリはどこへ行った?│アルジェの男
そう来たかー!!星組振り分け 鎌足&アルジェの男
2019年GW!星組が梅田芸術劇場をジャックする☆彡
今ひとたびの『アルジェの男/Dance Romanesque』

生きることとは食べること―『食聖』食レポ(公演メニュー/ドリンク/デザート)

大劇場は観劇以外の楽しみも充実していて嬉しいですよね。
遠征のたびに「あれをしよう」「これを食べよう」と計画する楽しみがあります。

「歌劇の殿堂見学編」につづき、公演メニューの食レポを。
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」

宝塚歌劇105周年×Le CINQ創刊200号記念特別メニュー「レビューランチ」


公演にちなんだ「大劇場おすすめ公演ランチ」を頂くつもりでしたが、テリーヌの誘惑に負け、宝塚歌劇105周年×Le CINQ創刊200号記念特別メニューの「レビューランチ」を選びました。

オードブルは「サーモンと野菜のテリーヌ」。
10種類の野菜とサーモンのテリーヌにピンク色のソース。
涼し気なヴィジュアル、つるりと爽やかな喉ごしの前菜です。
img-20190815_8.jpg
メインは「牛バラ肉の赤ワイン煮込み」。
赤ワインとビーフブイヨンでじっくり煮込んだ牛バラ肉。
セロリなどの香味野菜がきいたしっかりめのお味。
カボチャに押された焼き印が105周年をアピール。
img-20190815_9.jpg
公演にちなんだデザートは「エッグタルト」。
コック帽の飾りが可愛いですね。
img-20190815_10.jpg
特別メニュー限定のオリジナル缶バッジがついてきます。
図柄は各組トップさん+専科の轟悠さんの6種類。
宙組トップスター真風涼帆さんのバッジが当たりました。

公演オリジナルカクテル


幕間のお楽しみは公演カクテル。
ふんわりほろ酔い気分でショーを観るのが好きです。
img-20190815_2.jpg
公演オリジナルカクテルは「大金星(グランド・ゴールデン・スター)」。
かなり甘口だけど美味しかった!

大金星《グランド・ゴールデン・スター》をイメージして、あんずのお酒「杏露酒(シンルチュウ)」をラズベリーシロップとソーダで割り、甘酸っぱくフルーティなカクテルに仕上げました。(税込800円)[公式サイトより抜粋]


公演ノンアルコールドリンクは「ファンタジア」。

カクテル「チャイナブルー」をノンアルコールにアレンジしました。
ライチシロップ、グレープフルーツジュースをソーダで割り、最後にブルーキュラソーシロップで仕上げた爽やかなノンアルコールドリンク。(税込800円)[公式サイトより抜粋]


チャイナブルーが好きなのでノンアルコールじゃなかったら、こっちを選んだのですが…
ライチシロップをディタに替えて作ってみようかな。

公演デザート


img-20190815_7.jpg

「ピーチ杏仁」杏仁豆腐とピーチムースを合わせたデザートです。
「グランド・ゴールデン・スター」マンゴープリンを、3つ星を表現した星型のナタデココとマンゴーでデコレーションしました。 (共に税込400円)[公式サイトより抜粋]


15時公演の幕間に行ったら2種類とも完売で、翌日11時公演開演前にリトライ!
どちらも美味しそうで迷いましたが「ピーチ杏仁」を。

公演メニューって要は普通のお食事やカクテルなんですけど、宝塚の「愛」や「夢」がスパイスになっていっそう美味しいし、食べる楽しみが増すんですよね。
生きることとは食べること、そして楽しむこと。
これからもいっぱい楽しみたいものです。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
綺咲愛里のヒロイン力―紅ゆずると二人三脚でたどり着いたゴール│食聖
紅ゆずるから「観客を笑顔にする力」を受け継いだ礼真琴―リー・ロンロンの好きなところ│食聖
「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

綺咲愛里のヒロイン力―紅ゆずると二人三脚でたどり着いたゴール│食聖

私が初めて宝塚を知った頃、星組トップ娘役だったシギちゃん(毬藻えり)。
華やかで大人っぽい美貌。
豪華なドレスにも負けない抜群の存在感。
子ども心に、なんて美しい人かと憧れました。
以来、シギちゃんが私の中の「宝塚のトップ娘役」のひとつの規範となったのです。

舞台のきらびやかなイメージに反して、内面はごく控えめでおとなしい方だったようで、そのギャップも魅力でした。
「守ってあげたい娘役」として、星組の男役さんの間で「シギちゃんを守る会」があったほど。
今は専科でご活躍のハッチさん(夏美よう)もメンバーのひとりでした。

余談ですが、私の恩師のかつての教え子がシギちゃんだったそうで「当時から綺麗だった」と聞かされました。
ですよね~~

あーちゃん(綺咲愛里)も私の「理想の宝塚の娘役像(のひとつ)」を体現する娘役さんです。

黙っていても「あの人がヒロイン」と思わせる華。
万人に受け入れられる愛らしさ。
何より必要なのは、隣に立つ男役(トップスター)を、よりカッコよく輝かせる力。

シギちゃんにしろ、あーちゃんにしろ、この点が抜群。
いわゆる「姫役者」と言いますか…
ずば抜けた「ヒロイン力」が魅力なのです。

紅ゆずると綺咲愛里、二人三脚でたどり着いたゴール


あーちゃんの舞台姿を初めて意識したのは『ダンサ セレナータ』のカロリーナ。
真風涼帆さん演じるルイスと駆け落ちする両家のお嬢さん役ですが…

第一印象は、ちょっと頼りない…?
(役柄には合ってましたが)
『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』のマリーも、可愛いけど、お芝居が不安定という感想。

そんな印象を一気に覆したのは『桜華に舞え』のヒサ。
それまでの可愛らしいイメージとは一転、どっしり地に足のついた、生々しい感情をあらわにする大人の女。
「あーちゃんのお芝居、すごくいい!」
短いシーンですが、深く印象に残りました。
歌よし、踊りよし、芝居よし!男役、礼真琴が発する色気と凄み│桜華に舞え

そして、お披露目の『THE SCARLET PIMPERNEL』。
満を持してコンビを組んだ紅ゆずるさんとの並びは最高!

以後、公演を重ねるごとにピタリピタリと足並みを揃えてくるのが素晴らしかったですね。
紅さんが心からあーちゃんを可愛がってらっしゃるのが伝わるし、あーちゃんも紅さんを慕っているのが分かる。
ファンが宝塚のトップコンビに求めるものって、やはりこれなんです。

トップスターの孤独や重圧は計り知れませんが、心通じる相手役の支えがあればこれほど頼もしいことはない
『Éclair Brillant』のデュエットダンスで、互いに向けられた嘘のない笑顔。
愛しげにあーちゃんを抱きしめる紅さんから思わずこぼれる幸せなため息…
生徒さんの心は観客に通じます。

宝塚っていいな、トップコンビっていいな、って思います。
二人三脚でゴールまで駆け抜けたふたり。
素晴らしい「愛」をありがとうございました。

仁義にあつくていい女


あーちゃんのスタンダードなお芝居は『鎌足』で見納めかと思ったら…
予想に反して『食聖』がめちゃ深くていい話で大喝采でした。

直近の『エルベ』も『鎌足』も『食聖』も、根っこはすべて「愛」。
紅あーコンビが描く多彩な「愛」の物語。
どれもそれぞれに魅力です。

当代屈指の姫役者、あーちゃんのラストヒロイン。
ピンクのへそ出しジャージに健康サンダルで現れたときは、ぶったまげましたけど…

アンチヒーローの紅孩児に憧れ、家族や仲間を守るため率先して戦うアイリーン。
真っ直ぐで瑞々しく、繊細で柔軟な心。

「仁義にあつくていい女なんだよ」
当て書きに優れた小柳先生が贈る言葉。
これが娘役・綺咲愛里への評価なのですね。

自分の足で歩き、ときには誰かを救うヒーローにもなれる。
時代が要求する新しいヒロイン像を確立して花園を去る
とても素敵です。

「いい答えが見つかるよ」
「あなたは冒険の途中なのね」
タン・ヤン(有沙瞳)やエレノア(音波みのり)とのシーン、いいですよね。
娘役さん同士ががっぷり四つに組む芝居、好きなんです。

青い小さな花から、ピンクの大輪の薔薇へ。
堅いつぼみがみるみるほぐれ、あでやかな変貌を遂げたあーちゃん。
その変化は唯一無二の相手役、紅さんと共に歩み、組を引っ張っていくなかで育まれたものと思います。

ご卒業おめでとうございます。
これからはふたり揃って客席から星組の舞台を観てくださることを楽しみにしています。

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
紅ゆずるから「観客を笑顔にする力」を受け継いだ礼真琴―リー・ロンロンの好きなところ│食聖
「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

紅ゆずるから「観客を笑顔にする力」を受け継いだ礼真琴―リー・ロンロンの好きなところ│食聖

礼真琴演じるリー・ロンロンが、とにかく可愛い!
男役さんの褒め言葉に「可愛い」はどうかな?と思いますが、可愛いものは可愛い!

琴ちゃん(礼)って「恋する男の子」の表現が抜群なんですよね~~
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の捲殘雲は最高でした!
リーも同じく、初心な恋のときめきやワクワク感がストレートに伝わってくるのが好き!

お相手のひっとん(舞空瞳)とは相性抜群。
もう何作も一緒に組んでるみたいにお似合い
なんでしょう?このしっくり感…

ラストシーン、お揃いの服で登場するふたり。
めちゃくちゃ可愛い!!
お顔立ちや、並んだときの雰囲気がぴったりで違和感がないんですよね。

ひっとんは星組にもすっかり馴染んでいるようで何より。
個人的には、エリック(華形ひかる)の「もしもし?…メールだ」のズッコケぶりが最高!
体を張ったコメディもこなせるなんて…
頼もしすぎる!

リー・ロンロンの好きなところ


身体能力が高いので漫画チックな動きが巧い!
ワゴンを押しながらコソコソ現れる地味なメガネ男子が琴ちゃんとは!
ポスターの印象とだいぶ違うなぁと思ったら…
そういうことだったのね!

ワゴンの車輪が溝にはまってなかなか進めないとことか、ホン(紅ゆずる)に包丁をぶん投げられてのけぞるとことか、エリックに持ち上げられてピョコッと立ち直るとことか、虚勢を張ってギクシャク歩くとことか…

どの動きも完璧!
仕草、表情、台詞回しの工夫で、とことん面白くする。
オーバーアクションをオーバーアクションとして見せる力が凄い!

何が凄いって、決してやり過ぎない塩梅の良さ。
琴ちゃんの“笑い”は、あくまでも計算ずく。
与えられた枠内でパーフェクトに収める。
日によってムラがなく、安定しているのが特徴でしょうか。

なんといっても好きなのは…

ドラゴン・リー覚醒!!スーパー礼真琴タイム!!

このシーン大好き~~

バリッバリ!キレッキレ!に歌い踊る琴ちゃん。
礼真琴はこうでなくちゃね
胸がスカッとします~~

メガネとコック帽を投げ捨て、勝負服に変身すると顔つきまでガラッと変わるの!
自信に満ちた瞳、輝く表情!
前髪サラリがたまりません~~

ホン×リー、細かいけど好きなとこ


「ドラゴンボート・フェスティバル」で顔を合わせるホンとリー。
カッコつけて出てきたリーに思わず「ロンロン!」と呼びかけるホン。
「ドラゴン!」すかさず訂正するリー。

このときの「ごめんな」「いいよー」のやり取りが好きで好きで…
ただの紅琴じゃないですか!
敵同士のはずなんですけどね~~
ふたりの普段の関係性が垣間見えて面白いです。

大劇場の最初の頃って、この掛け合いありましたっけ?
記憶があやふやですが…
脚本にはない台詞なので、アドリブが定着したのかな?

根っからの悪人は一切出てこない。
絶妙にゆるい紅琴のやり取り。
紅さんの卒業公演が優しい世界で嬉しいですね。

一緒に空を飛ぼう!


「食聖コンテスト」に敗れ、会場を飛び出すリー。
いたずらっぽい微笑みを浮かべ、彼を追うクリスティーナ(舞空)。
このシーンがめちゃくちゃ好きなんです!!

めざとく見つけたSeala(星蘭ひとみ)が、エクリプスのメンバーたちに「ねえねえ、みんな見た?」ってするとこも女の子らしくって大好き!

すべての場面が大好きな『食聖』ですが、リー×クリスティーナの銀橋は最高!!!
「これからも、仲良くしてね」って2019年優秀台詞賞じゃないですか!?

物語のふたりの台詞でもあり、新生星組を背負って立つ琴ひとコンビへのエールでもあり…
MY初日は幸せすぎて目から火花が出ました☆彡

〽一緒に空を飛ぼう、で寄り添って羽ばたきポーズをするふたり。
ひっとんの目を優しく覗き込む琴ちゃんの表情がたまらなくいいんですよね~~
お顔に「し・あ・わ・せ」って書いてあるみたい 笑

決まった相手役を迎えた男役さんって、どうしてこんなに魅力的なんでしょうね?
観ているだけでニコニコしちゃいます。
琴ひとの「観客を笑顔にする力」は紅あー譲りだなぁと思っちゃいました。

次期コンビへの温かい祝福のこもった演出がたまりません!
これぞ、座付き作家の仕事ですね。
小柳菜穂子先生ありがとうございます!!!
紅あーだけにとどまらず、琴ひとや組子の皆さまへも、たっぷり愛情を注いでくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

最優秀台詞賞候補は「ホン・シンシン、見てろよ!いつかお前以上に幸せになってやるからな!」。
これはあれですよね、ベストカップルで名高い紅あーコンビよりも幸せに、という決意表明ですよね!
どこまでも温かい餞の言葉。

紅あーから琴ひとへ。
頼もしい上級生からヤル気みなぎる下級生まで、パンパンに充実しきった最高の状態の星組を引き継げること
誰もが納得する交代劇を見られるのは、ファンにとってもこの上ない幸せです。

紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖

最高の二番手ラストステージから、いよいよトップスターへ。
ひとりでも高く翔べる琴ちゃんですが、ひっとんとならもっともっと果てしなく、どこまでも高く翔べる。
無限の可能性を秘めた琴ひと率いる星組のこれからが、とっても楽しみです!

↓ブログランキングに参加しています↓
よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓Twitter(ブログ更新情報)↓
‎@noctiluca94

○『食聖』関連記事はこちら↓
「愛の人」紅ゆずる、ご卒業おめでとうございます│食聖
紫の霧の人、天華えま―「ちょっと気になる」が危ないらしい│Éclair Brillant
\年に一度の特別な日を祝う!/9月28日 輝咲玲央さんお誕生日公演備忘録│食聖
アイリーン(綺咲愛里)とレオ(輝咲玲央)―2つの台詞からひもとく、大きな愛の物語│食聖
紅い彗星・紅ゆずるから、輝く流星・礼真琴へ―最高の引き継ぎをありがとう!│食聖
ニコラス(瀬央ゆりあ)に捧げる愛―レオパパ(輝咲玲央)、オタ芸に燃える│食聖
パパ(輝咲玲央)はいつだって全力投球!―レオの見どころあれこれ│食聖
紅ゆずるの「みんなをハッピーにする力」―幸せいっぱいの誕生日公演│食聖
星組・朝水りょう、注目度急上昇!―検索ワードは人気のバロメーター?│食聖
紅ゆずるの魅力、まるごと全部!宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 紅ゆずる」
宝塚のエレガンス、ここに極まれり―美の洪水、宝石箱のようなレビュー│Éclair Brillant
愛すべき人、紅ゆずる―笑って泣いて幸せいっぱい!最高傑作で卒業!│食聖
早く来い来いMY初日!100%星組尽くしの宝塚大劇場満喫計画│食聖
朝水りょうさん、桃堂純さん、彩葉玲央さん、初スチールおめでとうございます!そして、ラスボスの破壊力!│食聖
ぶっ飛びメーターが振り切れた!―『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図に高まる期待!
玲央がレオ!?役名だけで面白い!愛情たっぷり小柳流ネーミング術│食聖
輝咲玲央さん、おめでとうございます!紅ゆずるさんディナーショー『Berry Berry BENNY!!』出演決定
星組はいつも「わくわく」をくれる!新作はアジアン・クッキング・コメディー&ゴージャス・レビューの二本立て!

プロフィール

野口 留香 noctiluca

Author:野口 留香 noctiluca
宝塚歌劇と共にまもなく30年(ブランクあり)。
月組/星組比重高めの全組観劇派。
美丈夫タイプの生徒さんが好み。
宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログ。
◇更新情報はこちら◇
Twitter‎@noctiluca94

ブログ内検索とタグクラウド

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

宝塚歌劇団人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
2位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

noctilucaにメッセージを送る

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QR

**